Rugby X

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Rugby X
統括団体 ワールドラグビー
通称 X, Rugby X
特徴
身体接触 フルコンタクト
選手数 5人
男女混合 男女別
カテゴリ チームスポーツ、屋内、ラグビーユニオンの変種
テンプレートを表示

Rugby Xは、ラグビーユニオン、より正確にはラグビーセブンズの変種であり、1チームは5人の選手(典型的には3人のフォワードと2人のバックス)からなる。試合時間はかなり短く、大抵はハーフタイム休憩なしで10分間である。

試合は、よりスピードとアクションを備えたラグビーセブンズの変種としてベン・ライアン英語版によって考案され、2019年10月29日にO2アリーナロンドン)6チームによる国際大会として初めて始まった。

ルール(規則の変動)はラグビーセブンズ (以下、セブンズ) と似ており、ワールドラグビーによって承認されている[1]

規則[編集]

試合はテンポの速いセブンズとなることが意図されているが、7人制とは対照的に、その規則はラグビーユニオンの古典的ルールとは大きく異なっている[1]

  • ピッチはセブンズの半分のサイズ。55×32 [m]と5メートル (m)のランオフ。
  • 各サイド5人の選手と7人の控え選手。控え選手はトライ後のブレーク時にピッチに入ることができる。
  • 得点はトライによる5点のみ。コンバージョン・ドロップゴール・ペナルティ (PG/PT) はない。
  • キックオフは5メートル (m) ラインからのタップスタートに置き換えられ、相手チームは10 m (テン・メーター) 下がる。
  • チップキックは許されるが、ボックスキックは反則。キックが高さ10メートルを超えると、レフリーはボール追跡システムを使ったリアルタイム通知を受け取る。
  • ラインアウトは控え選手によるクイックスローに置き換えられる。
  • スクラムは各チーム3人が参加し、プッシング(押すこと)とフッキング(ボールを足で掻き込むこと)は反則。
  • 引き分けの試合は、5メートル (m) ライン上の1人の守備選手および、ゴールから30 m離れた位置のボールを持った1人の攻撃選手による「ワン・オン・ワン」で決着をつける。攻撃側は10秒以内に得点しなければならない。サドンデス形式ペナルティ・シュートアウトのように行われる。Aチームが得点したとすると、Bチームが次に得点できなければAチームの勝ちとなる。

歴史[編集]

本プロジェクトは当初、フィジー代表のコーチとしてオリンピックで金メダルを獲得したベン・ライアンによって、ワールドラグビーRFUの協力を得て始められた。

大会[編集]

Rugby Xロンドン大会(O2アリーナ)[編集]

女子トーナメントはイングランド、男子トーナメントはアルゼンチンが優勝した。

出典[編集]

  1. ^ a b RugbyX rules”. RugbyX. 2019年12月7日閲覧。

外部リンク[編集]