ラグビーリーグナインズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 ラグビーリーグナインズ
統括団体 ラグビーリーグ国際連盟
通称 ナインズ、フットボール、フッティ、リーグ
特徴
身体接触 フルコンタクト
選手数 15(フィールド上に9、控えに6)
男女混合 男女別
カテゴリ 屋外
ボール フットボール
競技場 ラグビーリーグ競技場英語版
テンプレートを表示

ラグビーリーグナインズ: Rugby league nines、あるいは単にナインズ)は、各チーム9人の選手でプレーされるラグビーリーグフットボールの変種である。この競技は13人制のラグビーリーグと実質的に同じであり、規則英語版にいくらかの差異があり、試合時間がより短かい。ナインズは、試合時間が短く、大会を1日または単一の週末で完了することができるため、大抵はフェスティバルでプレーされる。類似したラグビーリーグセブンズ(7人制ラグビーリーグ)よりも人気が高くなってきており、ラグビーユニオンセブンズ(7人制ラグビーユニオン)との差別化のために多くの大会がナインズを採用している。

競技規則[編集]

ナインズの競技規則は標準のラグビーリーグ競技規則と同じであるが、以下の例外がある。

  • 各チームは最大15人の選手のスカッドが許され、フィールド上には同時に9人を越える選手が出てはならない。指名された4人の控え選手については無制限の交代が可能である。
  • 試合は15分で、前後半はそれぞれ7分半である。ハーフタイムのインターバルはないが、エンドを変更するために最大1分が許されている。各ハーフはプレースキックで始まる。
  • スクラムは5人以下のフォワードから成り、フロントローは最大3人、セカンドローは最大2人である。ボールがスクラム内にある時は、各チーム4人以下がバックスとして行動するものとする。ボールはセカンドローの足の後方から出なければならない。
  • トライ成功後のコンバージョンはドロップキックの形式で行う。得点した側のチームはトライラインの後方に撤退しなくてもよいが、コンバージョンの試みに干渉してはならない。
  • 点が入った後、得点された側のチームがハーフウェイラインの中央からタップリスタートで試合を再開する。
  • チームにペナルティーが与えられた時、販促が起こった場所の10メートル前方からタップでプレーを開始しなければならない。
  • 選手による不正行為が起きた場合、審判は当該選手を5分間の出場停止とすることができる。主要なナインズの大会であるカーネギー・フラッドライト・ナインズ英語版では、これは2分間に短縮されている[1]

NRLオークランド・ナインズ[編集]

正規のナショナルラグビーリーグの試合と異なる主な規則変更は以下である。

  • 前後半9分、ハーフタイム2分
  • フィールド上に各チーム9人で6人の無制限の交代選手
  • スクラムは二重のノックオン後にのみ作られ、攻撃側がどちら側からボールをフィードするかを選択する。
  • ビデオ審判はない。1名のオンフィールド審判がいる。
  • 同点の場合、予選ラウンドでは5分間のゴールデントライ方式の延長戦、決勝ラウンドでは制限時間無しのゴールデントライ方式の延長戦が行われる。
  • 40/20[2]後はタップで試合再開する。
  • ポストの下のボーナスゾーンでのトライは5点で、2点のドロップキックコンバージョンが試みられる。
  • 得点したチームはドロップキックでプレーを再開する。
  • 3分間のシンビン(一時的な出場停止)
  • 5回のタックルで攻守交替

主要大会[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Super League (2009年8月4日). “Officials look forward to Carnegie Floodlit 9s”. Super League. 2011年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月4日閲覧。
  2. ^ 自陣40メートル以内から蹴ったボールが敵陣20メートルラインより後方でタッチへ出たら攻撃側のボールとなる規則。

関連項目[編集]