メドレーリレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

メドレーリレー(medley relay)は、競泳の種目の一つで、4人が同じ距離ずつ背泳ぎ平泳ぎバタフライ自由形の順でリレーしながら泳ぐ競技。

ルール[編集]

定められた距離を、第一泳者背泳ぎ、第二泳者平泳ぎ、第三泳者バタフライ、第四泳者自由形の順で泳ぐ。また、事前に提出したオーダーの通りに泳がねばならない。

スタート・引き継ぎ[編集]

第一泳者のスタートは背泳ぎ競技のスタート方法に準ずる。 審判長の笛の合図の後、背泳ぎの泳者が各コースに入水。専用のグリップに手をかけ、プールの壁に足をかける。 背泳ぎのスタートと同じく、出発合図員の「Take your marks...」で、体を壁にひきつけ構えた後は、出発合図まで静止しなければならない。出発合図の前にスタートの動作を起こした場合、失格となる。

第二泳者からは、前の泳者が壁にタッチした後に次の泳者の足がスタート台から離れればよいため、スタート台上で静止する必要はなく反動をつける動作などを行っても構わない。

泳法[編集]

それぞれの泳法の規則に従って泳ぐ。ただし自由形背泳ぎ平泳ぎバタフライの泳法で泳いだ場合は違反となる。

記録[編集]

第一泳者による途中時間は正式時間とし、その記録は公認される。これは第一泳者以外の者によるチームの失格があっても認められる。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]