ジャパンマスターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジャパンマスターズとは、一般社団法人『日本マスターズ水泳協会』が毎年開催する『日本マスターズ水泳選手権大会』のこと。

概要[編集]

マスターズ水泳」は、国際的には25歳以上のスイマーを対象とするが、日本では慣例的に18歳から24歳までも含めて定義する。このため、18歳以上を対象とした大会である。

この大会に出るためにはマスターズ水泳協会に選手登録する必要があるが、協会を関連団体と位置づける共同主催者の日本水泳連盟が所管する他の大会に比べ出場のハードルが低いことから参加者が多く、国内最大の水泳競技会となっている。出場者は年齢世代で区切られており、高齢の参加者も多い。その模様は最高齢出場者のレースを中心にTBSテレビサンデーモーニング』のスポーツコーナーで紹介されることがある。

水着に関する規定[編集]

規定の“緩さ”を象徴するもののひとつとして水着に関する規定がある[1]

参加者の多くは一般のスイマーであることから、レース用に特化した水着が体型の問題でフィットしないというケースも多い。このため、国際水泳連盟が承認していない水着についても、それとほぼ同等であると認められるものは「記録が公認されない」(マスターズ記録としてのみ認定)という条件付きで着用が認められている。また公式記録会での使用が禁じられている女性用ブラカップについても、同様の条件で使用できる。ここが、日本水泳連盟所管大会と異なる点である。

開催実績[編集]

近年は海の日を最終日とし、その3日前の金曜日からの4日間開催としている。また東日本大震災以降は東京辰巳国際水泳場を避け、関東以外での開催が増えている。2015年は5年ぶりに東京辰巳国際水泳場で開催され、開催期間も5日間となった。2018年は第1回アジアマスターズ大会を兼ねて行われる。

開催期間 会場 参加者数(人)
1 1984 11月3日 千駄ヶ谷屋内プール
2 1985 11月3日から4日 千駄ヶ谷屋内プール
3 1986 11月2日から3日 千駄ヶ谷屋内プール
4 1987 9月12日から13日 神戸ポートアイランドプール
5 1988 7月15日から17日 代々木オリンピックプール
6 1989 7月13日から16日 代々木オリンピックプール
7 1990 7月12日から15日 代々木オリンピックプール
8 1991 10月19日から20日 平塚総合体育館プール
9 1992 9月13日から15日 福岡総合プール
10 1993 7月15日から18日 代々木オリンピックプール
11 1994 7月14日から17日 東京辰巳国際水泳場
12 1995 7月13日から16日 東京辰巳国際水泳場
13 1996 7月11日から14日 なみはやドーム(大阪)
14 1997 7月18日から21日 東京辰巳国際水泳場
15 1998 7月17日から20日 東京辰巳国際水泳場
16 1999 7月17日から20日 なみはやドーム(大阪)
17 2000 7月13日から16日 東京辰巳国際水泳場
18 2001 7月12日から15日 東京辰巳国際水泳場
19 2002 7月18日から21日 東京辰巳国際水泳場
20 2003 7月18日から21日 東京辰巳国際水泳場
21 2004 7月16日から19日 東京辰巳国際水泳場
22 2005 7月15日から18日 なみはやドーム(大阪)
23 2006 7月14日から17日 東京辰巳国際水泳場
24 2007 7月13日から16日 東京辰巳国際水泳場 6,682
25 2008 7月18日から21日 東京辰巳国際水泳場 6,875
26 2009 7月17日から20日 横浜国際プール 6,538
27 2010 7月16日から19日 東京辰巳国際水泳場 6,956
28 2011 7月15日から18日 なみはやドーム(大阪) 5,030
29 2012 7月13日から16日 千葉県国際総合水泳場 6,043
30 2013 7月12日から15日 日本ガイシアリーナ(名古屋) 4,729
31 2014 7月18日から21日 横浜国際プール 5,835
32 2015 7月16日から20日 東京辰巳国際水泳場 6,581
33 2016 7月14日から18日 千葉県国際総合水泳場 6,115
34 2017 7月14日から17日(4日間) RACTABドーム=旧称:なみはやドーム(大阪) 4,946
35 2018 7月12日から16日 日本ガイシアリーナ(名古屋) (開催前)

出典・外部リンク[編集]

一般社団法人日本マスターズ水泳協会
一般社団法人日本マスターズ水泳協会Facebook
  1. ^ “水着の取り扱いについて” (PDF) (プレスリリース), 一般社団法人日本マスターズ水泳協会, http://www.masters-swim.or.jp/rule/pdf/swim_news.pdf 2014年4月15日閲覧。