日本選手権(25m)水泳競技大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本選手権(25m)水泳競技大会(にほんせんしゅけんにじゅうごメートルすいえいきょうぎたいかい)は、競泳短水路(25mプール)の日本一を決める競技会である。

概要[編集]

会場となる東京辰巳国際水泳場

以前は2月下旬ごろに偶数年は世界短水路選手権の選考会、奇数年は海外招待選手も加えた国際オープン大会として行われていた。ただし、2010年は世界短水路選手権が12月開催のため、奇数年と同じ国際オープンとして実施され、選考会は別に行われた。

2013年度からはFINA競泳ワールドカップとの併催に伴い10月ないし11月に実施している。ただし、2015年度のみW杯が長水路で実施したため併催されていない(日本選手権(25m)自体は中止となったが第57回大会として扱われている)[1]。公式計時はオメガ[2]。2018年は日本選手権自体が中止となったため、代わりに世界選手権代表選考会として開催された。

予選はすべてタイムレースで、上位8名が決勝へ、9~16位の選手がB決勝に進出する。ただし、800m・1500m自由形タイム決勝、400m自由形・400m個人メドレーはB決勝を行わない。決勝・B決勝進出に関して、同記録で予定人員を超えた場合は、抽選により進出者を決定する。本大会は2006年度第47回大会より日本水泳界初の賞金レースとなった。各種目3位までの入賞者、男女最優秀選手、世界新記録樹立者に賞金が贈呈される。

大会名の変遷[編集]

2006年(2005年度)の第47回大会までは「日本短水路選手権勝村幾之介記念水泳競技大会」と呼ばれていた。勝村幾之介は東京辰巳国際水泳場の建設も請け負った勝村建設(現:エム・テック)の元社長で日本水泳連盟理事長も務めた人物である。2007年(2006年度)の第48回大会から2010年(2009年度)第51回大会までの正式名称は「日本短水路選手権水泳競技大会」。

第47回大会から第51回大会までの5年間は、大会呼称として「競泳ジャパンオープン(JAPAN OPEN)」と呼ばれていた(なお、2008年よりジャパンオープンは長水路においても6月に開かれている)。

長らく前述の呼称が正式名称であったが、2011年(2010年度)の第52回大会では「日本選手権水泳競技大会競泳競技 (25m)」と変更され、さらに2012年(2011年度)の第53回大会以降は「日本選手権(25m)水泳競技大会」と正式名称が変更された。

賞金[編集]

日本選手権(25m)水泳競技大会 賞金詳細
金額 備考
世界新記録賞 ¥2,000,000 同一種目で予選・決勝と樹立した場合は1プライズ
最優秀選手賞 ¥2,000,000 男女各¥1,000,000。FINAポイントにより選定
各種目 1位 ¥100,000
各種目 2位 ¥50,000
各種目 3位 ¥10,000

競技種目[編集]

  • 50m自由形
  • 100m自由形
  • 200m自由形
  • 400m自由形
  • 800m自由形タイム決勝(女子)
  • 1500m自由形タイム決勝(男子)
  • 50m平泳ぎ
  • 100m平泳ぎ
  • 200m平泳ぎ
  • 50m背泳ぎ
  • 100m背泳ぎ
  • 200m背泳ぎ
  • 50mバタフライ
  • 100mバタフライ
  • 200mバタフライ
  • 100m個人メドレー
  • 200m個人メドレー
  • 400m個人メドレー

放送[編集]

テレビ朝日GET SPORTSで録画中継を実施。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ FINAスイミングワールドカップ2015東京大会”. 公益財団法人日本水泳連盟. 2016年11月28日閲覧。
  2. ^ 日本水泳連盟主催大会では通常セイコーが公式計時だが、FINA主催のため公式計時がオメガとなっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]