オープンウォータースイミング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
オープンウォータースイミング

オープンウォータースイミング(英語: open water swimming)は、海、川、湖など、自然の水域で行なわれる長距離の水泳競技である。国際水泳連盟が定める競技規則のもと、国際的に統一されたルールで行われる点で、遠泳とは異なる。OWSと略される。

世界や日本の有力選手には競泳水球の経験者も多いが、プールでの競泳競技と違い、速く泳ぐ技術だけでなく、天候(水温・気温・風向・潮流等)、潮汐、海洋生物との接触(主にクラゲ)、選手同士の接触(時には衝突)など、競技中は外部から様々な影響を受けるため、危機管理も含め自然の中で泳ぐ経験や知識も必要となる。

日本各地で、5月から10月にかけて、一般の人向けの大会が開催されている。OWSは、2008年北京オリンピックより、10kmの距離で、夏季オリンピック正式競技となった。また、2016年希望郷いわて国体より、5kmの距離で、国体の正式種目となった。

呼称[編集]

OWSは日本では臨海学校などで古くから行われてきた遠泳と比べ、自然環境のもとで行なわれる点では同じだが、OWSは国際水泳連盟が定める競技規則に則り行われる競泳である。(遠泳も参照)。

このほかオーシャンスイミングラフウォータースイミングなどの呼称を使っている大会や団体もあるが定着にはいたっていない。

歴史[編集]

1980年代、国際水泳連盟がオープンウォーターにおけるオーストラリアの水泳大会を基礎に競技規則を作成、整理して誕生した競技である。以降、ヨーロッパやアメリカ、オセアニア地域でさまざまな競技会が開催されるにいたった。日本では1995年8月6日に静岡県熱海市で国内初のOWSと銘打った大会が開かれ180人の一般の水泳愛好者が参加し、現在も「熱海OWS」として一般社団法人日本国際オープンウォータースイミング協会に引き継がれ毎年7月初旬の日曜日に開催されている(2010年で第16回を数える)。翌年の1996年8月10日には本格的な競技大会として福岡国際オープンウォータースイミング競技大会が福岡市大原海水浴場で開催された[1]。この競技会を国内初のOWS競技大会としている教本もある。

21世紀に入り、競泳の長距離選手がトレーニングの一環としてOWSに取り組むケースが増加した。このような選手を競泳とOWSの2種目の泳者という意味で、デュアル・スイマーと呼んでいる。デュアル・スイマーの登場はOWSの5km・10km種目のスピード化につながった。

国内では、2012年ロンドン五輪で貴田裕美平井康翔が初めて日本代表に選出された。

種目[編集]

国際水泳連盟の定義によると、OWSのうち、最長10km以下の距離を泳ぐものをロングディスタンススイミングと呼び、これに対して10kmを超えるものをマラソンスイミングという[2][3]

世界オープンウォータースイミング選手権(世界OWS選手権)では男女ともに5km、10 km、25kmで競技が行われる。世界選手権でも2001年よりこの形式である。

オリンピックでは10kmのみが行われる。10kmのタイムはトップ選手で2時間程である。

市民レースは大半が5km以下であり、10kmを開催しているのは湘南オープンウォータースイミングなどがある。

競技条件と服装[編集]

いずれの場合も、2010年から国際水泳連盟が施行している水着規則で承認されたものを用いなければならない。

  • 水着
    • 10kmなどのエリートレースの場合、ウェットスーツは不可。袖があるものや、スパッツタイプの水着は可。オープンウォータースイミングだけ使用が承認されている水着もある。
    • 5km以下の市民レースは一般的にはウェットスーツ可。
  • ゴーグル
  • スイムキャップ(水泳帽)

水着が擦れて皮膚が傷むことがあるため、競技前にワセリンラノリン軟膏を塗る。また、日焼けを防ぐための日焼け止めもつける。

しかし競技会によってウェットスーツ着用の可否のばらつきがあり、また自然相手の競技であることから気象条件により選手が体を壊し命の危険にさらされるケースもあった。そこで国際水泳連盟はアメリカ・ポーツマス大学の協力を得て科学的調査を行った結果として、2017年から以下の競技ルールを導入した[4]

  • 水温が20℃以上においてはプール競技と同様の服装条件とする(ウェットスーツ着用禁止)
  • 水温が18℃以上20℃未満に於いてはウェットスーツを任意で着用可
  • 水温が16℃以上18℃未満に於いては身体保護のためウェットスーツに加え保護帽の着用を強制
  • 水温が16℃未満に於いては競技中止

これらを担保するため、ウェットスーツなどについても技術基準を設け、国際水連が承認したものの着用を義務付ける。

競技施設[編集]

ブイを設置してコースを示す。

競技会[編集]

世界選手権では1991年のパース大会から、夏季オリンピックでは2008年の北京大会以降、正式競技となった。世界OWS選手権やワールドカップもある。2006年からはパンパシフィック選手権でも正式競技種目の一つとなった。アジア競技大会では2014年まで採用されておらず、アジアビーチゲームズで競技種目の一つとして行われている。

日本国内では、日本水泳連盟の主催で、エリートレースのOWSジャパンオープン館山千葉県館山市で行われている。また、5月から10月にかけて各地で一般の選手が参加できる大会が開催されている。

主な大会
大会名 都道府県 開催月 距離 制限時間 定員 備考
真鶴町・岩海岸オープンウォータースイム(5月) 神奈川 5月 0.4 km
0.8 km
15分
30分
200人
南紀田辺・扇ヶ浜オープンウォータースイミング 和歌山 6月 0.5 km×4人
1.5 km
4 km
100人(25チーム)
100人
150人
中海OWS 鳥取 6月 3 km 2時間 200人
葉山オープンウォータースイム 千葉 7月 1.5 km
3 km
4.5 km
45分


400人
屋久島OWS 鹿児島 7月 1 km
2.5 km
5 km
150人
150人
100人
真鶴町・岩海岸オープンウォータースイム(7月) 神奈川 7月 0.4 km
1.5 km
3 km
15分
1時間
2時間
1000人
新島オープンウォータースイミング 東京 7月 1.5 km
3 km
4.5 km
1時間
2時間
3時間
100人
100人
100人
ラフウォータースイム・イン・鎌倉 神奈川 7月 0.8 km
1.5 km
3 km
1時間
1時間
2時間
250人
250人
250人
熱海ジャパングランプリ 静岡 7月 0.5 km
1 km
3.2 km
20分
40分
1時間30分
館山OWS 千葉 7月 1 km
3 km
5 km
40分
1時間20分
2時間30分
350人
250人
150人
オープンウォータースイミングジャパンオープン 千葉 7月 5 km
10 km
OWS標準記録を突破した人のエリートレース
佐渡OWS 新潟 8月 1 km
2 km
5 km
1時間
1時間30分
2時間30分
200人
200人
50人
釜石OWS 岩手 8月 500m
1 km
3 km
5 km
25分
40分
2時間
2時間30分
50人
100人
100人
100人
四万十川水泳マラソン大会 高知 8月 3.5 km
5 km
450人
ひめじ家島OWS 兵庫 8月 1 km
3.2 km
25分
1時間40分
150人
450人
三浦遠泳大会 神奈川 8月 4 km 2時間30分 900人
湘南OWS 神奈川 9月 2.5 km
10 km
1時間30分
3時間30分
1000人
450人
せとうちOWS 岡山 9月 0.5 km
1 km
2 km
3 km

1時間
1時間30分
1時間30分
60人
150人

100人
とくしま宍喰オープンウォータースイム 徳島 10月 1.5 km
3 km
40分
1時間30分
120人
120人

OWS検定[編集]

日本水泳連盟がOWS検定を行っている[5]。1〜5級まである。それぞれ出場種目の目安として、10km以下、5km以下、3km以下、1.5km以下、1km以下が推奨されている。色々なテスト項目があるが、1級の場合、1500m自由形を22分30秒以内で泳げて、400m個人メドレーを完泳できる必要がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本水泳連盟編『オープンウォータースイミング教本』大修館書店、2006年、pp. 2-3.
  2. ^ Fédération Internationale de Natation. “Open Water Rules” (英語). 2007年3月6日閲覧。
  3. ^ 国際水泳連盟 / 日本水泳連盟. “FINA オープンウォータースイミング 競技規則 2005 – 2009” (日本語). 2008年8月12日閲覧。
  4. ^ Cornel Marcilescu, FINA Executive Director (2016年10月1日). “MEMORANDOM for swimwear for Open Water Swimming Events”. FINA Office. 2017年1月30日閲覧。
  5. ^ OWS|公益財団法人日本水泳連盟 公式ホームページ

外部リンク[編集]