ジャパンオープン (50m)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジャパンオープン(50m)は、日本の競泳大会である。大会名は年号が入り、「ジャパンオープン20XX(50m)」となる。ジャパンオープンは2006年(2005年度)から2010年(2009年度)まで、日本短水路選手権水泳競技大会(現在の日本選手権(25m)水泳競技大会)の通称でもあったため、現在でもこの大会において(50m)が付される。

2008年のみ正式名称が『ジャパンオープン(長水路)』であった(日本水泳連盟公式ポスターでの「長水路」表記は2010年大会まで続いた)。

概要[編集]

2008年より毎年6月頃に東京辰巳国際水泳場で開催。ただし2011年はなみはやドーム、2013年はさがみはらグリーンプールで開催。

この年に行われる国際大会の選考会、さらにオリンピック世界選手権の壮行会も兼ねる。

予選はすべてタイムレースで、上位8名が決勝へ、9~16位の選手がB決勝に進出する。ただし、800m・1500m自由形タイム決勝のみ。決勝・B決勝進出に関して、同記録で予定人員を超えた場合は、抽選により進出者を決定する。

2008年大会では北島康介選手が200m平泳ぎ決勝で2分7秒51の世界新記録を樹立した。

競技種目[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]