全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会(ぜんこくジェイ・オー・シー・ジュニアオリンピックカップすいえいきょうぎたいかい)は、日本オリンピック委員会後援・日本水泳連盟主催の18歳以下(大学生除く)を対象とした全国水泳競技大会である。 なお本記事は2016年現在のものとして執筆する。

概要[編集]

年2回、夏季大会(8月下旬)と春季大会(3月下旬)が開催され、各地域の予選を勝ち抜いたジュニア世代のトップスイマーが集う。

競泳競技はクラブ対抗として実施され、男女総合優勝クラブにJOCジュニアオリンピックカップが授与されている。それ以外の競技においては最優秀選手に与えられている。なお競泳競技では各年齢ごとで設定されている標準記録を突破していなければ出場することはできない為、ジュニアスイマーが目標にしている大会の一つでもある。

ジュニア世代の水泳競技最高峰に位置する大会であり、この大会からはオリンピックなど世界の舞台で活躍する多くの選手を輩出している。

歴史[編集]

1978年に第1回開催。
1989年より東京海上日動(当時は東京海上)が特別後援として加わり、1992年からはJOCジュニアオリンピックカップを授かる。
第33回春季大会(2011年)は東日本大震災の影響で初の大会中止。
第36回(2013年)より夏季大会競泳で13歳以上の50m特種目(背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライ)を廃止。また競泳での15〜16歳区分を追加(リレー除く)。
第37回(2015年)より飛込も春季に追加[1]
第38回(2016年)より春季大会競泳で13歳以上の50m特種目をまとめてCS区分として施行。

会場[編集]

競泳競技会場となる東京辰巳国際水泳場

4競技それぞれ異なる会場を使用する。

競泳競技は、東京辰巳国際水泳場(以下辰巳)完成前まで、夏季大会が代々木オリンピックプール(以下代々木)、春季大会が東京スイミングセンターで主に開催されていた。辰巳完成後は、夏季・春季ともに原則的に固定開催されている(第35回春季大会(2013年)は辰巳改修工事のため、例外的に新潟県長岡市のダイエープロビスフェニックスで開催)。なお、夏季は長水路、春季は短水路で行われる。

水球競技は、春季大会は東京体育館で開催されていたものが、第27回(2004年)より千葉県国際総合水泳場にて固定開催されている。なお、夏季大会は持ち回り開催となっていたが、第36回(2013年)より東和薬品RACTABドーム(当時なみはやドーム)に固定。

飛込競技は、辰巳完成前まで代々木で開催され、完成後は第30回(2007年)まで固定開催された。その後持ち回りを経て第36回(2013年)以降は大阪プールに固定。春季大会は原則的に辰巳を使用。

アーティスティックスイミング競技は持ち回り開催。

会場変遷
年度 競泳 水球 飛込 アーティスティックスイミング
夏季 春季 夏季 春季 夏季 春季
24 2001 東京辰巳国際水泳場 東京辰巳国際水泳場 敷島公園水泳場 東京体育館 東京辰巳国際水泳場 富山県総合体育センター
25 2002 青木町公園総合運動場 日本サイクルスポーツセンター
26 2003 江津市民プール 千葉県国際総合水泳場
27 2004 敷島公園水泳場 千葉県国際総合水泳場 大宮公園水泳場
28 2005 なみはやドーム 名古屋レインボープール
29 2006 京都アクアリーナ 広島ビッグウェーブ
30 2007 児島マリンプール なみはやドーム
31 2008 なみはやドーム 千葉県国際総合水泳場 児島マリンプール
32 2009 京都アクアリーナ 横浜国際プール ダイエープロビスフェニックス
33 2010 (中止) 広島ビッグウェーブ (中止) 浜松市総合水泳場
34 2011 東京辰巳国際水泳場 なみはやドーム 千葉県国際総合水泳場 大阪プール 富山県総合体育センター
35 2012 ダイエープロビスフェニックス 大阪プール 千葉県国際総合水泳場 アクシオン福岡
36 2013 東京辰巳国際水泳場 東和薬品RACTABドーム
(旧なみはやドーム)
大阪プール 日本ガイシアリーナ
37 2014 東京辰巳国際水泳場 宮城県総合プール
38 2015 ダイエープロビスフェニックス アクアウィング
39 2016 東京辰巳国際水泳場 三重交通Gスポーツの杜鈴鹿

クラス[編集]

  • 競泳
    • 10歳以下
    • 11〜12歳
    • 13〜14歳
    • 15〜16歳
    • チャンピオンシップ(18歳以下)[2]
  • 水球
    • A区分(12歳以下男女)[3]
    • B区分(15歳以下男子)
    • C区分(15歳以下女子)
    • E区分(18歳以下女子)[4]
    第36回までは春季限定でD区分(18歳以下男子)も存在した。
  • 飛込
    • 9〜11歳
    • 12〜13歳
    • 14〜15歳
  • アーティスティックスイミング(夏季限定)
    • 10〜12歳
    • 13〜15歳
    • 16〜18歳

種目[編集]

競泳競技におけるクラス別の種目
10歳以下 11~12歳 13~14歳 15~16歳 チャンピオンシップ
自由形 50m 50m,100m,200m 50m,100m,200m,400m 50m,100m,200m,400m 50m,100m,200m,400m,800m(女)1500m(男)
背泳ぎ 50m 50m,100m 100m,200m 100m,200m 50m[5],100m,200m
平泳ぎ 50m 50m,100m 100m,200m 100m,200m 50m[5],100m,200m
バタフライ 50m 50m,100m 100m,200m 100m,200m 50m[5],100m,200m
個人メドレー 200m 200m 200m,400m 200m,400m 200m,400m
フリーリレー 200m 200m 400m チャンピオンシップ 400m
メドレーリレー 200m 200m 400m チャンピオンシップ 400m

歴代成績[編集]

競泳[編集]

年度 夏季 春季
総合優勝 男子最優秀選手 女子最優秀選手 総合優勝 男子最優秀選手 女子最優秀選手
32 2009 イトマン 森洋介 福留景子 イトマン 木村勇太 高橋美帆
33 2010 イトマン 荻野公介 関根理沙 (中止)
34 2011 イトマン 小堀勇気 寺村美穂 イトマン 工藤優介 内田美希
35 2012 イトマン 山口観弘 内田美希 イトマン 丸山徹 内田美希
36 2013 東京SC 大久保琳太郎 渡部香生子 東京SC 坂井怜央 五十嵐千尋
37 2014 イトマン 林孝晟 大本里佳 イトマン 渡辺一平 佐藤千夏
38 2015 イトマン 戸澤潤也 長谷川涼香 イトマン 金子直樹 今井月
39 2016 イトマン 大﨑威久馬 牧野紘子

水球[編集]

年度 夏季 春季
A区分優勝 B区分優勝 C区分優勝 D区分優勝 最優秀選手 A区分優勝 B区分優勝 C区分優勝 D区分優勝 E区分優勝 最優秀選手
32 2009 与野水球クラブ 群馬ジュニア水球 松任中学校 藤村女子高校 与野水球クラブ 群馬ジュニア水球 川口SS AMATIAS AMATIAS
33 2010 京都踏水会 桜泳大川SS 原田学園SS 秀明英光高校 (中止)
年度 夏季 春季
A区分優勝 B区分優勝 C区分優勝 E区分優勝 最優秀選手 A区分優勝 B区分優勝 C区分優勝 D区分優勝 E区分優勝 最優秀選手
34 2011 カワサキSC 石川イーグルス 富山SP 秀明英光高校 山形水球クラブ 京都踏水会 川口SS AMATIAS 秀明英光高校 大本航生
35 2012 群馬ジュニア水球 与野水球クラブ 京都踏水会 秀明英光高校 富山SP 与野水球クラブ 京都踏水会 福岡工業高校 秀明英光高校 田嶋郁望
36 2013 原田学園SS 松任中学校 京都踏水会 全鹿児島情報高校 川本楓也 原田学園SS 大垣市水球クラブ 京都踏水会 AMATIAS 秀明英光高校 田中要
37 2014 Will SC 与野水球クラブ 京都踏水会 鴨沂水球クラブ 樋爪吾朗 三重WPスターズ 山形水球クラブ 京都踏水会 (廃止) 鈴木透生
38 2015 カワサキSC 石川イーグルス 京都踏水会 秀明英光高校 宮澤拓夢 群馬ジュニア水球 富山WPクラブ 松任中学校 稲場悠介
39 2016 福岡BRAVES 原田学園SS 松任中学校 秀明英光高校 田村瑞希

飛込[編集]

年度 夏季 春季
男子最優秀選手 女子最優秀選手 男子最優秀選手 女子最優秀選手
32 2009 関口大輝 馬淵優佳 (第37回より)
33 2010 須山晴貴 佐々木那奈
34 2011 清水日向 辰巳楓佳
35 2012 須山晴貴 佐々木那奈
36 2013 山本馨 板橋美波
37 2014 西田玲雄 板橋美波 伊熊扇李 金戸凛
38 2015 伊熊扇李 佐々木那奈 伊熊扇李 佐々木音華
39 2016 増山悟空 金戸凜

アーティスティックスイミング[編集]

年度 JOC杯
32 2009 計盛光
33 2010 小俣真乃
34 2011 泉智果子
35 2012 田崎明日花
36 2013 田崎明日花
37 2014 田崎明日花
38 2015 田崎明日花
39 2016 大屋希良々

計盛はその後ボートレーサーとして他のスポーツに転向している。

脚注[編集]

  1. ^ 第37回(2014年度) 全国JOCジュニアオリンピックカップ 春季水泳競技大会 (PDF)
  2. ^ チャンピオンシップは標準記録を突破していれば年齢に関係なく参加できるため、16歳以下の選手が出場することもある。
  3. ^ この区分は、男子のみ、女子のみ、または男女混合が可能
  4. ^ この区分は夏季限定(第37回より)。第33回までは夏季のみD区分としていた。
  5. ^ a b c 春季限定種目

関連項目[編集]

外部リンク[編集]