中村真衣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
オリンピック
女子 競泳
2000 100m背泳ぎ
2000 4×100mメドレーリレー

中村 真衣(なかむら まい、1979年7月16日 - )は、新潟県長岡市出身の元競泳選手。

経歴[編集]

中村が幼い頃に両親が離婚し、以後母親の手ひとつで育てられた。

4歳から市内のスイミングスクール、JSS長岡に通ったが、徐々に力をつけ地元の大会で好成績を収めるようになる。中学3年生で日本選手権100m背泳ぎで初優勝を果たした。

1996年、高校2年生でアトランタオリンピックに出場するが、女子100m背泳ぎは4位入賞と惜しくも表彰台を逃した。ほか女子200m背泳ぎは9位、女子4x100mメドレーリレー田中雅美青山綾里千葉すず)は予選落ちに終わった。

1998年中央大学法学部に進学するが、故郷の母親を気遣い、引き続きJSS長岡に籍を残し、以後大学の大会以外にはJSS長岡登録選手として出場した。

大学3年で出場した2000年のシドニーオリンピックに出場。女子100m背泳ぎでは惜しくも優勝を逃したが2位入賞を果たして銀メダルを獲得。そして女子4×100mメドレーリレー(田中雅美・大西順子源純夏)では3位入賞で銅メダルを獲得、五輪で2つのメダルを獲得した。

2002年に中央大学卒業後は直ちに帰郷、プロスイマーに転向し、アテネオリンピックへの出場を目指したが、中村礼子ら後輩の成長や自身の体の衰えもあり、3大会連続の五輪出場を逃した。引退を考えていた矢先の2004年10月23日新潟県中越地震に被災、母親と数日間の車中泊も経験。そこで「もう一度奮起することで、ふるさとの人たちを勇気付けたい」と、現役続行を決断した。

しかしやはり体の衰えには勝てず、2006年に入ると、肩の不調を訴えるようになった。この年の日本選手権で代表を勝ち取った2007年の世界選手権で惨敗。間を置かずに行われた日本選手権には出場せず、同年4月27日、地元長岡で選手引退を表明した。今後については、何らかの形で水泳にかかわっていきたいとしており、現在は主に、子供を対象とした水泳指導を中心に活動している。また、同年6月27日テレビ東京系列で放送された『いい旅・夢気分』では、かつての代表としての戦友でもある田中雅美・岩崎恭子とともに伊豆を旅した(岩崎・田中は元々仲がいい友達であり同番組には度々登場していたが、中村が引退してタレント活動もできるようになったのを契機に、大学の先輩である田中から声がかかったようである)。

2013年9月から1年間アメリカ合衆国へコーチ留学を行った[1]

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞デジタル

外部リンク[編集]

記録
先代:
スペインの旗ニーナ・ズヒベインスカヤ
女子50m背泳ぎ
世界記録保持者(長水路)

2000年4月25日 – 2000年6月17日
次代:
ドイツの旗サンドラ・ボルカー