この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

伊藤華英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

伊藤 華英 Swimming pictogram white.svg
選手情報
フルネーム 伊藤 華英
ニックネーム ハナ
国籍 日本の旗 日本
泳法 自由形背泳ぎ
所属 セントラルスポーツ研究所
生年月日 (1985-01-18) 1985年1月18日(33歳)
生誕地 埼玉県大宮市(現・さいたま市
身長 173cm[1]
体重 61kg[1]
テンプレートを表示

伊藤 華英(いとう はなえ、1985年1月18日 - )は、日本の元水泳選手。東京オリンピックパラリンピック競技大会組織委員会職員。マネージメント会社は芸能事務所サムデイ[2]

経歴

埼玉県大宮市(現さいたま市)出身で、幼少期より実家近傍の岩槻市にあるセントラルスポーツスイミングスクールで練習した。

1997年東京成徳大学中学校2000年に東京成徳大学高等学校へそれぞれ入学する。以後、高校総体と国体東京都代表として出場し、寺川綾と並ぶ日本女子水泳界のアイドル的存在になる。寺川は伊藤のことをハナと呼んでいる。

2003年日本大学へ進学し、2004年4月のアテネオリンピック代表選考レースは3位でオリンピック出場を逃した[3]。学生時代に寺川は大学選手として大会に出場したが、伊藤は大学大会以外では「セントラルスポーツ関係者」として出場した。

2007年日大卒業後はクラブ研究所所属の正社員として、選手育成のためのプログラム開発などに携わりながら北京五輪を目指した。

2008年4月17日の日本選手権女子100m背泳ぎを日本新記録で優勝する。規定により自身初の五輪代表の座を獲得した。予選と準決勝ではハイレグカットではなくロングスパッツ式の水着を着用して出場したが中村礼子の記録を上回らず、決勝は従来のハイレグカットを着用して優勝して五輪代表選出となり、前日の予選で中村が出した日本記録の59秒96も更新した。

5月17日の日本大学と中央大学の対抗大会はレーザー・レーサーを着用し、100m背泳ぎで1分0秒59を記録した[4]。欧州遠征ではレーザーレーサーを着用し、200m背泳ぎで自己ベストの2分08秒80を記録した[5]

北京オリンピックは100mで1分00秒18の8位[6]、200mで2分09秒86の12位となった。

大学卒業後は、研究所の拠点が千葉に移転し、選手登録先も東京都から千葉県に変更した。寺川は大阪府から東京都に登録先を変えた。

北京オリンピック後は記録が振るわず2010年の日本選手権は自由形一本に絞り、同種目でパンパシフィック選手権代表の座を獲得する。広州アジア大会と翌年の世界選手権は結果が振るわず、寺川とアベック出場した2012年のロンドンオリンピックは200m自由形で決勝出場を逃し、同年のぎふ清流国体を最後に現役を引退した[7]

2013年度日本オリンピック委員会オリンピックふれあいアンバサダー[8]になる。

2014年3月に早稲田大学スポーツ科学学術院スポーツ科学研究科スポーツマネジメント専攻を修了する。

同年4月に順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科精神保健学専攻博士後期過程へ進学し、非常勤講師を務める[9]

泳ぎの特徴・課題

長身と、日本人離れした手足の長さを生かした伸びやかな泳ぎが特徴的。長い腕による無駄の少ない軌跡により、効率的に水をかいて推進力を生み出していると評される。

水着のカッティングは、男女を問わず泳法により記録などに大きな影響を及ぼす。ライバルであると同時に親友でもある同種目の寺川が、会社[10]の方針もあってハイレグカットからロングスパッツ式に変えたのに対し、伊藤はハイレグカットを好み、規則改正までは大会本番でもハイレグカットの水着で出場することが多かった(詳細は後述)。規則改正後、レースでは制限いっぱいのサイズのものを着用する一方で、練習ではハイレグカットタイプの着用を続けた。

以上の理由から、抜群のスタイルにも注目が集まっている一方で、メンタル面の弱さが課題として指摘されており、2005年までは「世界選手権代表にはなれてもオリンピックやアジア競技大会の代表にはなれない」という状態であった。このため近年では、トレーニング方法の見直しなどによりメンタル面の強化を図り、結果として代表に定着した。

水着問題への対応

高校時代は学校の部活動ではアシックスの水着でレースに臨むこともあったが、大学進学後、寺川とともに当時ミズノがライセンシーとなっていたSPEEDOイメージガールを務めていた。

その関係もありミズノが自社ブランドに切り替えてからはミズノの水着を着用していたが、北京オリンピック代表権を獲得して以降、同僚・森田智己の影響もあり、SPEEDO社の最新式水着「レーザー・レーサー」のロングスパッツ式をテスト。日本水泳連盟が自由化方針を示したことから五輪本番では「レーザー・レーサー」を着用した。[11]

戦績

国内大会

国際大会

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b ロンドンオリンピック日本代表選手団名簿”. JOC. 2012年10月4日閲覧。
  2. ^ サムデイ(伊藤華英)
  3. ^ (33)三たび、五輪目前で…”. 読売新聞. 2012年6月3日閲覧。
  4. ^ 伊藤華英 スピード社水着は「全然違う。速い」”. スポーツニッポン (2008年5月18日). 2012年6月3日閲覧。
  5. ^ 華英「破けた」…スピード水着ポロリ危機”. スポーツニッポン (2008年6月14日). 2012年6月3日閲覧。
  6. ^ 礼子6位、華英8位 二百でリベンジだ!”. スポーツニッポン (2008年8月13日). 2012年6月3日閲覧。
  7. ^ “「悔いはない」伊藤華英 涙の引退…今後は海外留学へ”. スポーツニッポン (スポニチアネックス). (2012年9月17日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2012/09/17/kiji/K20120917004135340.html 2012年9月17日閲覧。 
  8. ^ 日本オリンピック委員会「オリンピックふれあいアンバサダー」プロフィール
  9. ^ 伊藤華英 プロフィール
  10. ^ 寺川は大学卒業後、伊藤が着用している水着の供給元でもあるミズノに入社。寺川の現在の仕事は、大会出場の支援を受ける代わりに水着開発のために必要なデータを供給する「テスト・スイマー」と、自社の水着を着て宣伝する「モデル」である。
  11. ^ 伊藤の場合は当初は基本的に単なるテスト目的だったが、森田は記者会見などで「五輪本番でSPEEDO社の水着を着たい」という意向を示していた。

関連項目

外部リンク