宮下純一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮下 純一
Junichi Miyashita
Swimming pictogram white.svg
選手情報
フルネーム 宮下 純一
国籍 日本の旗 日本
泳法 背泳ぎ
所属 ホリプロ
生年月日 1983年10月17日(33歳)
生誕地 鹿児島県
身長 183cm
体重 74kg
テンプレートを表示

宮下 純一(みやした じゅんいち、1983年10月17日 - )は、日本のタレント、スポーツ解説者。元競泳選手(専門は背泳ぎ)で、北京五輪男子400mメドレーリレーの銅メダリストである。 現在は、全国ネットの番組にも出演する他、地元鹿児島県のローカルタレントとして数多くのcmや番組にでている。

経歴・人物[編集]

エピソード[編集]

  • 幼稚園の時に、顔に水がかかるのが苦手でプール嫌いを直すため、5歳で水泳を始めたところ、小学校3年生頃から記録が伸び始めた[3][4]
  • 甲南高校3年次、体育祭の体育系部活動の対抗リレー種目「オリンピックへの道」で、選手代表として指揮台で挨拶し、その中で「次のオリンピックに行きます」と宣言。当時の校長は止めたにもかかわらず、リレーの数時間前に強行を決め、自身を含める水泳部員が「赤ふんどし」で走った。なお、その後、同リレーで、甲南高校の水泳部部長は赤ふんどしでアンカーを務めることが伝統になっている。
  • 同じ競泳男子100m背泳ぎのライバルで、アテネ五輪銅メダリスト森田智己に勝つために、卒業論文では、森田の得意とするバサロ泳法について研究するなど、熱心に努力して、着実に実力をつけてきた。北京オリンピックに出場し、100m背泳ぎでは決勝に進出し、400mメドレーリレーでは日本チームの銅メダルに貢献した[4]
  • 和田アキ子と北京五輪でメダルを取れば、食事をごちそうするという約束をしていた[5]
  • おネエ★MANSスペシャル』(2008年10月7日放送)に出演時、植松晃士に「ドラマ主役俳優クラスのルックスと、ショーモデル並みのスタイル」と評される。
  • 妻とは2011年に出会い、最初は友人を交えて食事をする間柄だったが、2015年秋から本格的な交際に発展した。妻に惹かれた部分について、「僕は焼酎を飲むんですけど、中々焼酎飲んでくれる人いない中で、最初からぼくと同じぐらい焼酎を飲んでくれたのが凄く良い印象だった」と、お互い焼酎好きだったことも大きな要因だったと明かした。結婚指輪も「結構頑張りました。給料の三ヶ月分?そうですね。頑張りました」と語っている。また、11月1日に入籍としたのは同日が「本格焼酎の日」ということにかけてである[6][7]

主な出場国際大会[編集]

引退後の活動[編集]

主な出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • プレシャスサンデー「鹿児島お茶大使・宮下純一のかごしま茶チャチャ」(TBSラジオ、2015年4月5日 - )

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

  • 永谷園
    • 『ラーメンパスタ』「こんなのあり?」篇 (2008年11月 - )
    • 『新すし太郎』シリーズ 和田アキ子と共演篇 (2009年1月19日 - )
    • 『かまたまらーめん』「汁なし まぜめしあり」篇 (2009年4月 - )
    • 『1杯でしじみ70個分のちから』「1年で何個分?」篇 (2009年9月 - )
    • 『カレー鍋』「おでんでね」篇 (2009年9月 - )
    • 『たまねぎのちから』(2013年9月)
  • PCA - 「会計X」篇
  • 鹿児島ユナイテッドFC

その他[編集]

  • 鹿児島県選挙管理委員会 選挙啓発キャラクター
  • 西日本スポーツ「スポーツボートレース6」コラム(第2・4月曜掲載)

出版物[編集]

雑誌[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ メシおごる! アッコが後輩・宮下の銅に感動 (2/2ページサンケイスポーツ 2008年8月18日閲覧
  2. ^ 宮下純一氏、年上女性と結婚 デイリースポーツ 2016年11月1日閲覧
  3. ^ 北京五輪・競泳宮下選手8位 南日本新聞 2008年8月12日閲覧
  4. ^ a b 五輪競泳:宮下、日本新で決勝進出 毎日新聞 2008年8月12日閲覧
  5. ^ アッコ、宮下に感動 デイリースポーツ 2008年8月18日閲覧
  6. ^ 宮下純一氏、11月1日入籍理由は「本格焼酎の日」 デイリースポーツ 2016年11月1日閲覧
  7. ^ 宮下純一氏、年上女性と結婚 デイリースポーツ 2016年11月1日閲覧

外部リンク[編集]