日本選手権水泳競技大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本選手権水泳競技大会
開始年 1914
主催 日本水泳連盟
サイト http://www.japan-swim.com/
テンプレートを表示

日本選手権水泳競技大会(にほんせんしゅけんすいえいきょうぎたいかい)は、水泳競技日本一を決める水泳大会である。

概要[編集]

大会は競泳飛込競技水球シンクロナイズドスイミングの4部門からなるが、日程・会場などの問題から4部門は同時ではなく、それぞれ別箇に行われている。競泳競技には、第81回大会(2005年)よりJAPAN SWIM(ジャパンスイム)という呼称が取り入れられている。シンクロナイズドスイミング競技は、JAPAN SYNCHRO CHAMPIONSHIP OPEN(ジャパンオープン)も兼ねており、海外招待選手も交えて実施されている。2011年よりそれまでの日本短水路選手権水泳競技大会も日本選手権水泳競技大会競泳競技 (25m)(現在の正式名称は日本選手権(25m)水泳競技大会)と改められ、5部門となった。

以降は競泳競技(50m)について記述。その他4部門はそれぞれ、日本選手権水泳競技大会飛込競技日本選手権水泳競技大会水球競技日本選手権水泳競技大会シンクロ競技日本選手権(25m)水泳競技大会を参照。

この大会において、世界選手権オリンピックなどの代表選手を選考する。五輪開催年では、五輪種目のみ行われ、一部種目を除いて準決勝が行われる。

競泳競技では、決勝レースにおいて日本水泳連盟の定める派遣標準記録を突破し、かつ上位2位以内に入った選手が自動的に代表権を獲得する。第84回大会“JAPAN SWIM 2008”においては、リレー競技を含め31名の選手が北京五輪の代表権を獲得した。

ホスト放送局はNHKであるが、世界水泳選手権との関係でテレビ朝日とも協力する。全種目優勝者は、レース直後にNHKのスポーツアナウンサーによるフラッシュインタビューを受ける。

  • 五輪開催年の大会では、NHKが総合テレビで決勝レースをプライムタイムで生中継される。ただし週末は夕方に中継される。衛星放送ではそれ以前から生中継を行っている年もあった。

歴史[編集]

元々は1914年に開催された全国水泳大会を極東選手権の選考会を兼ねて開催されたもので、主催者は大日本体育協会だった。日本水泳連盟になってからの第1回大会は当時の大日本水上競技連盟時代の1925年10月に全日本選手権水上競技大会として開催された。

以降、戦時の中止をはさんで、2014年で第90回目を迎えた。

会場として使用される東京辰巳国際水泳場

会場については、戦前は明治神宮水泳場[1]で開催されていた。1964年東京オリンピック以降は大型のプールが必要となることから、主に首都圏のプール(国立代々木競技場[2]東京体育館、現在の主会場東京辰巳国際水泳場千葉県国際総合水泳場横浜国際プール)が会場となっている。

第87回(2011年)は東京辰巳国際水泳場で開催される予定であったが東日本大震災により会場が損傷したため中止。代替としてToBiOで国際大会代表選手選考会兼震災チャリティー大会が開催された。第87回は欠番として、2012年は第88回大会とする。

歴代開催地
年度 会場 備考
1 1925 芝・玉川プール
2 1926 京都二商プール
3 1927 玉川プール
4 1928 京都二商プール
5 1929 玉川プール
6 1930 明治神宮水泳場
7 1931
8 1932
9 1933
10 1934
11 1935
12 1936
13 1937
14 1938 甲子園プール
15 1939 明治神宮水泳場
16 1940
17 1941
18 1942 明治神宮水泳場
19 1943 (中止)
20 1944
21 1945
22 1946 宝塚プール 第1回国民体育大会
23 1947 明治神宮水泳場
24 1948
25 1949
26 1950
27 1951
28 1952
29 1953 明治神宮水泳場
30 1954
31 1955
32 1956 明治神宮水泳場
33 1957
34 1958
35 1959 明治神宮水泳場
36 1960
37 1961
38 1962
39 1963 明治神宮水泳場
40 1964
41 1965 代々木オリンピックプール
42 1966
43 1967 明治神宮水泳場
44 1968
45 1969
46 1970 代々木オリンピックプール
47 1971 大阪
48 1972 代々木オリンピックプール
49 1973
50 1974 代々木オリンピックプール
51 1975
52 1976
53 1977 代々木オリンピックプール
54 1978
55 1979 大阪
56 1980 代々木オリンピックプール
57 1981
58 1982 代々木オリンピックプール
59 1983
60 1984
61 1985
62 1986
63 1987
64 1988
65 1989
66 1990 東京体育館屋内プール
67 1991 ポートアイランドSC
68 1992 名古屋レインボープール
69 1993 静岡県立水泳場
70 1994 東京辰巳国際水泳場
71 1995 福山市緑町公園屋内競技場
72 1996
73 1997 東京辰巳国際水泳場
74 1998
75 1999
76 2000
77 2001 横浜国際プール
78 2002 東京辰巳国際水泳場
79 2003
80 2004
81 2005 横浜国際プール
82 2006 東京辰巳国際水泳場
83 2007 千葉県国際総合水泳場
84 2008 東京辰巳国際水泳場
85 2009 古橋廣之進記念浜松市総合水泳場
86 2010 東京辰巳国際水泳場
87 2011 古橋廣之進記念浜松市総合水泳場 日本選手権としては中止。ただし国際大会代表選手選考会兼震災チャリティー大会として開催。
88 2012 東京辰巳国際水泳場
89 2013 新潟県立長岡屋内総合プール
90 2014 東京辰巳国際水泳場
91 2015
92 2016
93 2017 日本ガイシアリーナ[3]

派遣標準記録[編集]

この項は主に競泳部門に関することであり、他の部門については国際大会における成績が出場資格付与に大きく関わっている。

水泳に限らず、各競技においては、参加者が多くなりすぎることを防ぐため、成績によって大会に参加できる人数に制限を加えている。競泳日本選手権においても、日本水泳連盟が指定した大会において一定の成績を収めた選手だけに、出場資格を与えている。

これとは別に、国際水泳連盟(FINA)の定めに基づき、日本水泳連盟は国際大会における日本代表選手を選考するための独自基準を設けている。その基準はFINA規定よりもさらに厳しく、日本選手権時点における世界ランキングを基に決められたものであり、レベルは非常に高い。カテゴリと設定タイムの目安は以下の通り。

  • 派遣標準記録S…国際大会3位以内(表彰台)
  • 派遣標準記録I…国際大会8位以内(決勝進出)
  • 派遣標準記録II…国際大会16位以内(準決勝進出)

国際大会の代表権は派遣標準記録IIを突破し、かつ決勝で2位以内に入った選手に自動的に与えられ、リレー選手の選考を除いてはこれ以外の方法では一切選考されない。このため、日本記録を樹立しても代表に選考されない場合がある。

リレー選手の選考に関しては、自由形リレーの場合は自由形(400mリレーの場合は100m、800mリレーの場合は200m)の決勝上位4名の合計タイムがリレー派遣標準記録IIを突破した場合、メドレーリレーは各種目(背泳ぎ平泳ぎバタフライ自由形)100mの優勝者の合計タイムが派遣標準記録IIを突破した場合に代表権が与えられる。リレー派遣標準Iは国際大会6位以内、リレー派遣標準IIは12位以内を参考に設定されている。

派遣標準記録を突破した1位の選手が3名以上または2位が2名以上となった場合は、スイムオフにより代表を決定する。リレー選考に関しても、同着・同タイムなどが生じた場合はスイムオフを行う。参照記事 asahi.com

派遣標準記録が明確に定められるきっかけとなったのは、2000年シドニー五輪の代表選考会である。女子200m自由形の優勝者千葉すずと男子100m背泳ぎで勝った大石隆文が代表から落選。これを不服とした千葉がスポーツ仲裁裁判所(CAS)に仲裁を申し立て、その結果、CASは日本水泳連盟に対し「選考基準が曖昧だった」として訴訟費用の一部負担を申し渡した(千葉は最終的には代表には選ばれなかった[4])。この裁定により、それまでの「日本選手権で2番以内に入れば代表は内定」という暗黙のルールが見直され、記録が重視されるようになった[5]

ジャーナリストの生島淳は、選考会で2位ながらオリンピックで金メダルを獲得した岩崎恭子は、もし当時、派遣標準記録が定められていたら代表に選ばれなかっただろうと指摘。中高校生は数か月で飛躍的に記録を伸ばす可能性がある為、派遣標準記録を重視する姿勢はそういった可能性の芽を摘んでしまっているという考えを示している。また、平泳ぎのように派遣標準記録の設定がレベルを高める種目もある一方で、男子自由形のように派遣標準記録が日本記録を上回っている場合も少なくなく、最初から「諦めモード」になってしまい、なかなか強化が進まない種目も存在している。マラソンの選考と比較すると「競泳の選考は分かりやすくていい」という論調があるが、生島は競泳全体の強化という視点から見れば、完璧なシステムには思えないと述べており、もっと柔軟な対応をしてもいいのではないかと語っている[5]

実施競技[編集]

  • 自由形(50m・100m・200m・400m・800m・1500m)
  • 平泳ぎ(50m・100m・200m)
  • 背泳ぎ(50m・100m・200m)
  • バタフライ(50m・100m・200m)
  • 個人メドレー(200m・400m)

脚注[編集]

  1. ^ 現在水泳場は閉鎖され、フットサル競技場の「千駄ヶ谷コート」となっている
  2. ^ 代々木オリンピックプールと呼ばれた第一体育館は現在もプールの躯体こそ残っているが、プールとしては閉鎖(まれに、そのプールの水面を使いアイススケートの開催はある)となっており、別に団体利用専用のプール「インドア50」が設けられた。
  3. ^ 陸上の日本選手権、65年ぶりに名古屋で 日テレNEWS24 2014年12月23日
  4. ^ “北島康介の落選と、千葉すずの遺産。基準を明快に運用した水連に拍手を。”. Number. (2016年4月18日). http://number.bunshun.jp/articles/-/825505 
  5. ^ a b “厳格な規準がメダルの可能性を奪う!?競泳で考える五輪代表の選考方法。”. Number. (2012年4月16日). http://number.bunshun.jp/articles/-/217114 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]