大西順子 (競泳選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オリンピック
競泳
2000 女子4×100mメドレーリレー

大西 順子(おおにし じゅんこ、1974年10月18日 - )は、日本の元競泳選手。

経歴[編集]

兵庫県高砂市出身。兵庫県立高砂高等学校を経て筑波大学卒業後、ミキハウスに入社[1]

2000年シドニーオリンピックに女子バタフライの選手として、25歳で五輪初出場。女子メドレーリレーでは中村真衣田中雅美源純夏と共に3位入賞を果たし、銅メダルを獲得した。女子100mバタフライは6位入賞だった。

2001年福岡市で行われた世界水泳選手権の100mバタフライで銅メダルを獲得した[2]

2004年アテネオリンピックにも、日本女子競泳選手として史上最年長の29歳で五輪2大会連続出場を果たしたが、女子メドレーリレー(中村礼子・田中雅美・永井奉子)は5位入賞、女子100mバタフライは8位入賞に留まった。

現在はコナミスポーツクラブでスイミングアドバイザーを務めている。

脚注[編集]

  1. ^ 日本オリンピック委員会・シドニーオリンピック(水泳・競泳)
  2. ^ sanspo.com(2004年4月21日)

外部リンク[編集]