藤原紀香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふじわら のりか
藤原 紀香
本名 片岡 紀香(かたおか のりか)(旧姓:藤原)
生年月日 (1971-06-28) 1971年6月28日(48歳)
出生地 日本の旗 日本兵庫県西宮市
国籍 日本
身長 171 cm
血液型 A型
職業 女優、モデル、タレント
ジャンル テレビドラマ、舞台、映画
活動期間 1993年 -
配偶者 陣内智則2007年 - 2009年
片岡愛之助2016年 - )
公式サイト 藤原紀香 オフィシャルサイト
主な作品
テレビドラマ
WITH LOVE』/『あきまへんで!』/『ナオミ
危険な関係』/『億万長者と結婚する方法
愛と青春の宝塚』/『スタアの恋
海の上の診療所
テンプレートを表示

藤原 紀香(ふじわら のりか、1971年6月28日 - )は、日本女優モデルタレント。本名は片岡 紀香(かたおか のりか)。

兵庫県西宮市出身。西宮市立生瀬小学校親和中学校・親和女子高等学校神戸親和女子大学文学部英米文学科中退。高輪エージェンシー→バーニングプロダクションサムデイ所属。

第24回ミス日本グランプリ受賞。夫は歌舞伎俳優・片岡愛之助

略歴[ソースを編集]

人物[ソースを編集]

英語検定2級、着物着付け3級の資格を持つ。趣味は、写真釣り、加圧トレーニング、映画鑑賞、タンゴスポーツ全般(特技も)、アロママッサージ。「三分前は過去」「一期一会」「NO PAIN NO GAIN」が彼女自身の好きな言葉だという。

建築設計事務所経営の父、専業主婦の母と3歳下の弟がいる。和歌山県出身の両親が結婚前によく紀ノ川周辺でデートをしており、思い出深い「紀ノ川」の「香り」にちなんで紀香と命名された。父は満州生まれであり、引揚げの際に家族を失っている[6]

小学生時代は、当時男児しか入れなかった少年野球チームに特別に入り、3番ファーストだった[7]。中学・高校時代は阪急電鉄で通学。中学時代はバスケットボール部に所属し、高校時代は落語研究会に所属していた。芸名は「親和亭かつお」だった。

海洋動物が大好きで、小学校の頃の夢はイルカショーのお姉さん。一緒に寝泊りして飼育することに憧れていたという[8]。ほかにも、高校生のときは世界史が好きで歴史考古学者の助手が夢、歌が好きで小学校のころはピンクレディーになるのが夢だったという。

母親は紀香よりも身長が高く、高校時代には「オリーブ」と呼ばれていた。その後、ミス和歌山コンテストに出場して最終選考まで残ったが、厳しかった父親に反対されて諦めた。娘にその望みを託し、「お見合いの箔つけにでもなれば」とミス日本グランプリに紀香に知らせず応募。その後、通知が来た際、紀香に伝え、最終選考まで残りグランプリを受賞。が、芸能界入りには両親ともに最初は反対であった。2006年12月10日の結納時に、あまりにも報道陣が取り巻いていたため、タクシーにうつむいて乗車、報道陣に影武者と書かれ、写真を撮られているが、影武者のつもりはなかった。実際に母子でのツーショットの写真が掲載されたときには美人であったという高い評価があった[9]

自著である『藤原主義』によると、芸能界デビュー当初は神戸の実家から新幹線や飛行機で東京などの仕事場に通っていたが、阪神・淡路大震災で知人を亡くして「やり残したことを後悔しながら死ぬのは嫌だ。これからは自分の夢に向かって生きていこう」と決意し、親元から離れて上京することを決意した。その時、家族会議が行われ、母から「あんたの帰るところはここやで。ダメやと思ったら自分で引き際を決めて帰ってきなさい」と言われ、上京。父親は最後まで首を縦に振らなかったとインタビューで答えている。が、上京の際、父がトラックに荷物を積んで無言で東京まで運んでくれたという。

2013年9月、「特定秘密保護法案」を危惧する発言をブログで行った[10]。それが縁で日本共産党の機関誌しんぶん赤旗にも寄稿している[11]

ラジオDJパーソナリティである玉川美沙とは、同年齢で同じ関西人という繋がりで親交がある。2006年10月13日には、当時文化放送で放送されていた玉川の番組『玉川美沙 たまなび』にゲスト出演した。また、FM NACK5の『The Nutty Radio Show 鬼玉』で玉川から電話で「今日くる?」と言われ、スタジオがある銀座へ行って番組出演してしまったことがある。このエピソードは、番組の関連書籍『マル決本 3』に記されている。

入浴時、湯船にはたっぷり日本酒を注ぐ。シャンプーの前にはたっぷりの塩を頭からかぶる。彼女なりの健康法であるという[8]

2015年12月6日、自身のブログに弟の誕生日を祝う記事が書かれている。弟は甲南大学時代にアメリカンフットボール部に所属していた。

週刊文春の「女が嫌いな女」ランキングでは、長年に渡って上位入りの常連である[12][13][14][15]。また、同誌の「嫌いな女優」部門[16][17][18] や「嫌いな夫婦」部門でも上位入りの常連である[19][20]

女優業[ソースを編集]

1993年の映画「ビッグタウンふたりの朝」でデビューした。

1999年のテレビドラマ「ナオミ」で初主演を務めた。

女優業では演技力を疑問視する声がマスコミからは上がっており、批判的な記事が掲載されることも少なくない[21][22][23][24][25]。また、ヒット作がないことから、代表作はバスロマンやレオパレスのCMと書かれたこともある[26][27][28]

国際活動や人道支援への協力[ソースを編集]

  • 2002年には、韓国の女優キム・ユンジンとともに日韓国民交流年の際、サッカー・ワールドカップ日韓共催大会の親善大使に起用され、両国の交流に貢献し、青瓦台にも訪問。
  • 内乱後のアフガニスタンに赴き、戦災についてのテレビレポートを行ったほか、元々は趣味から身につけた写真技術を駆使して現地での取材を行い、2004年から2005年にはJICA(独立行政法人 国際協力機構)の『ピース・トーク・マラソン』に賛同して、写真展を日本各地で行い、人道支援の寄付募集などのチャリティー活動に努めている。
  • 2006年には、国連スタッフと共に独立運動の混乱の最中であった東ティモールへ向かって写真取材を敢行し、当時のラモスホルタ外相(現在は首相)の家にも招かれた。後にニューヨーク市内で国家支援を訴える写真展を開催し、その開会式においてスピーチを行った。アナン事務総長にも面会。
  • 2007年日本赤十字社の広報特使になり、2008年1月バングラデシュに赴き、ハリケーン被害を受けた村を取材。
  • U2のボノとも親交があり、ボノが来日すると連絡を受け、現在のアフリカや国際貢献に関しての話をする(ボノ作成のサミットへのメッセージビデオにも出演している)。
  • 2009年赤十字広報特使として、ケニアへIHOP事業の視察へ。乳幼児や、5歳未満で死亡してしまう子どもたちの現状を視察。
  • NHK特番「SAVE THE FUTURE」で3年連続司会を務め、その取材で、NYにて環境学者レスター・ブラウンと対談。環境大国スウェーデンや、国土が海に沈んでしまうかもしれないツバル、日本では屋久島へ渡航。環境問題にも精通している。
  • 2009年8月 STC「OPPAIプロジェクト」に賛同し、プライベートでベトナムへ渡航。帰国後、母乳育児をしないベトナムの民族の現状、母乳育児の重要性を表参道のAOビルでチャリティ写真展を通して伝える。
  • 2011年5月「JHP学校を作る会」とともにプノンペンへ行き、自身のNPO「スマイルプリーズ藤原紀香世界こども基金」の活動においてカンボジア二校目の学校の完成セレモニーに出席。カンボジア政府からメダルを贈与される。
  • 2011年7月 自身のプロデュースする番組「地球VOCE」(テレビ東京、テレビ東京系列)で、二度目の東ティモールへ行き、ラモスホルタ大統領と再会。日本と東ティモールの関係における対談をした。

スポーツに対する造詣[ソースを編集]

サッカーに関してはW杯の日韓親善大使以外にも、2002年10月から12月に横浜FCのユニフォームスポンサー(NORIKA NET)に就任したこともあった。現在もトレーニングウェアのスポンサーとなっている。

格闘技にも精通し、フジテレビで放送の『K-1』の中継の司会を務めていた。また、2003年から2007年までフジテレビが独占放映中の2年に1度の『世界柔道選手権大会』の司会も務めていた(2007年は「スペシャルサポーター」として出演)。格闘技情報番組『SRS』の初代ビジュアルクイーンだったが、1999年に卒業。その際、藤原の卒業を祝って、アンディ・フグ桜庭和志フランシスコ・フィリォなどの著名格闘家が一堂に会し、それぞれエキシビションマッチや演武を披露した。その際アンディ・フグに「あなたがこの番組を卒業しても、あなたは格闘技の歴史の一部です。いつまでも格闘技を愛し続けてください。」という言葉を贈られ、たいへん心を打たれたという[29]

2004年、フジテレビのアテネオリンピックキャスターを務めた。

中央競馬所属の「ロイヤルキャンサー」という馬の名付け親でもある。同馬の馬主は、藤原を支援してくれているイザワオフィス代表の井澤健である。

お笑いに対する造詣[ソースを編集]

高校生時代、落語研究会に入り、「親和亭カツオ」の名で落語をし、更にデビュー後、ブレイクする前に関西ローカルの『クイズ!紳助くん』の初代アシスタント(1993年10月から1997年12月)を務めたこともあり、その際に司会の島田紳助とトーク中心に絡んでいたことが彼女のお笑いに対する理解や、女優としてコミカルな演技を求められた際の演技力向上に寄与し、プライベートでも深く影響を受けたとされている。上京を決意した時に紳助から「東京は戦う場所や!決して甘く考えたらあかん!」と激励された。

結婚披露宴[ソースを編集]

2007年5月30日、ホテルオークラ神戸にて結婚披露宴挙行。その模様は日本テレビ系にて特番「完全独占中継!おめでとう!藤原紀香・陣内智則 愛と爆笑と涙の結婚披露宴」として放送。 司会は徳光和夫松本志のぶ(当時日本テレビアナウンサー)が務め、乾杯の音頭に宇津井健、その後は郷ひろみの歌のプレゼント、島田紳助からの祝辞、ムーディ勝山からの歌のプレゼント等で盛り上げた。なお、この時列席したはるな愛が二次会の余興で披露した「エアあやや」が受けたことから、はるな愛がブレイクするきっかけとなった。さらに、陣内がコブクロの「永遠にともに」をピアノを弾きながら熱唱した。しかし、2013年11月14日にオンエアしたアメトーークで、陣内がコブクロに謝罪していたことを告白した。また島田紳助の勧めにより、テレビの前で10秒にも及ぶ濃厚なキスを披露した。

視聴率関東地区では24.7%、名古屋地区では31.0%そして2人の地元である関西地区では40.0%という高視聴率となった。

2016年の9月には、再婚した片岡との式を挙げた[30]。同月には、都内で披露宴を行った[31]。なお、司会は一度目と同じく徳光が担当し、披露宴は報道陣には非公開だったとのこと[32][33][34]

作品[ソースを編集]

シングル[ソースを編集]

  • 都市桃花源※ジャッキー・チェンとデュエットソングを台湾のみでリリース
  • START YOUR LIFEkom「レオパレス」のCMソング

出演[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

舞台[ソースを編集]

テレビアニメ[ソースを編集]

  • 川の光(2009年6月20日、NHK) - スズメの母 役
  • サウスパーク第28話「殺人金魚の事件簿」 - 大阪弁の金魚 役

配信ドラマ[ソースを編集]

ゲーム[ソースを編集]

  • プロジェクト・ミネルヴァ(2002年、D3 PUBLISHER) - 主演・アリシア 役
  • プロジェクト・ミネルヴァ プロフッショナル(2003年、D3 PUBLISHER) - 主演・アリシア 役

吹き替え[ソースを編集]

バラエティ[ソースを編集]

情報番組[ソースを編集]

音楽番組[ソースを編集]

スポーツ番組[ソースを編集]

ドキュメンタリー[ソースを編集]

  • 明日のために…今(2008年3月3日、TBS) - ナビゲーター
  • NHK環境特別番組「SAVE THE FUTURE」(2008年6月6日 - 8日、2009年6月6日 - 6月8日、2009年6月20日・21日、2010年10月11日、NHK総合テレビ) - メインパーソナリティ
  • 地球VOCE(2010年 - 、テレビ東京) - 司会
  • 伝説の美女・楊貴妃(2010年11月14日、BS朝日) - ナビゲーター
  • パナソニックプレゼンツ 世界遺産スペシャル(ナショナルジオグラフィックチャンネル) - 日本語版ナレーション(全9作品)
  • 藤原紀香と辿る〜赤十字とソルフェリーノの戦い(2012年、ナショナルジオグラフィックチャンネル) - ナビゲーター
  • 藤原紀香の"人生を変える旅"南米アマゾン源流を行く 母なる大河と古代文明に挑む(2013年2月9日、BS朝日) - ナビゲーター
  • ファミリーヒストリー(2013年10月11日、NHK)
  • イザベラ・ロッセリーニの「グリーン・ポルノ」(2015年11月、WOWOW) - イザベラの声[38]

音声ガイド[ソースを編集]

CM[ソースを編集]

書籍[ソースを編集]

雑誌[ソースを編集]

写真集[ソースを編集]

著書[ソースを編集]

ディスコグラフィ[ソースを編集]

  • Norika Wedding Style(2007年、PULLUP RECORDS)

受賞歴[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 才色"兼美"『読売新聞』1991年11月8日30面
  2. ^ 2006年12月10日に結納を済ませたこと、2007年2月17日に生田神社にて挙式を行うことを発表した
  3. ^ 衣裳は十二単おすべらかし、お色直しは白無垢高島田
  4. ^ 京都国立博物館、藤原紀香に広報特使認定証(2013年3月29日時点のアーカイブ) - SANSPO.COM 2013年3月29日
  5. ^ 第10回紀の川市桃山まつりに、女優の藤原紀香さんが来られます!!(2015年4月3日時点のアーカイブ) - 紀の川市公式サイト 2015年4月3日
  6. ^ ファミリーヒストリー「藤原紀香〜中国の大地に誓った父の覚悟〜」
  7. ^ 哀愁探偵1756〜真冬の懐かし1時間SP』 2011年2月3日
  8. ^ a b 1億人の大質問!?笑ってコラえて! 2009年4月15日放映分にて
  9. ^ 藤原紀香、36年前の母子写真公開…美人母に絶賛の声 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト
  10. ^ 秘密保全法案って? Norika's Diary 2013年9月13日
  11. ^ 赤旗についにAKB48が登場 狙いは無党派層取り込み 産経ニュース 過去に日曜版で紹介された著名人として藤原紀香の名前が挙がっている。
  12. ^ https://www.j-cast.com/2009/10/19051954.html
  13. ^ http://news.livedoor.com/article/detail/6040029/
  14. ^ https://web.archive.org/web/20180616103436/http://bunshun.jp/articles/-/3275?page=2
  15. ^ https://web.archive.org/web/20180802050057/http://bunshun.jp/articles/-/7954?page=4
  16. ^ https://web.archive.org/web/20180619163854/http://bunshun.jp/articles/-/1649
  17. ^ https://web.archive.org/web/20180619163757/http://bunshun.jp/articles/-/6314?page=2
  18. ^ https://asajo.jp/excerpt/48956
  19. ^ https://web.archive.org/web/20180616091921/http://bunshun.jp/articles/-/4901?page=3
  20. ^ https://web.archive.org/web/20180314014516/http://bunshun.jp/articles/-/5483
  21. ^ https://www.j-cast.com/tv/2009/10/23052385.html
  22. ^ https://joshi-spa.jp/181939
  23. ^ https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1010/mcz_141010_5319943146.html
  24. ^ https://npn.co.jp/article/detail/27861772/
  25. ^ https://asajo.jp/excerpt/69087
  26. ^ https://biz-journal.jp/2015/07/post_10919_2.html
  27. ^ https://www.asagei.com/excerpt/34953
  28. ^ https://myjitsu.jp/archives/71490
  29. ^ ジャンクSPORTS』内で本人談。
  30. ^ http://www.sankei.com/west/news/160923/wst1609230031-n1.html
  31. ^ https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160929/Real_Live_30366.html
  32. ^ https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160929/Real_Live_30366.html?_p=2
  33. ^ http://asajo.jp/excerpt/17782
  34. ^ http://news.livedoor.com/article/detail/12089300/
  35. ^ “藤原紀香、ドラマで17歳差恋!鈴木伸之が相手役”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2017年11月15日). https://www.cinematoday.jp/news/N0096147 2017年11月15日閲覧。 
  36. ^ https://natalie.mu/stage/news/314541
  37. ^ 藤原紀香、結婚質問を笑顔でけん制「申し上げることございません」”. ORICON STYLE (2015年10月23日). 2015年10月23日閲覧。
  38. ^ 藤原紀香、熱愛質問集中で記者に懇願「映画のこと書いて」”. ORICON (2015年8月25日). 2015年8月25日閲覧。
  39. ^ 藤原紀香が新ブランドの顔に ちふれグループから高価格帯「ヒカリミライ」デビュー”. WWD JAPAN (2018年8月9日). 2019年4月11日閲覧。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]

先代:
-
クイズ!紳助くん」アシスタント
初代
次代:
萩原由紀
先代:
-
SRS格闘ビジュアルクイーン
初代
次代:
畑野ひろ子