この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

鈴木保奈美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
すずき ほなみ
鈴木 保奈美
本名 石橋 保奈美(いしばし ほなみ)
生年月日 (1966-08-14) 1966年8月14日(51歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都大田区[1]
身長 160 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1986年 - 1999年
2008年 -
配偶者 川井一仁1994年 - 1997年
石橋貴明1998年 - )[1]
事務所 ホリプロ1984年 - 1999年
アライバル2008年 - )
主な作品
テレビドラマ
東京ラブストーリー[1]
愛という名のもとに[1]
この世の果て
総理と呼ばないで
ニュースの女
映画
いちげんさん[1]
備考
第9回ホリプロタレントスカウトキャラバン 審査員特別賞

鈴木 保奈美(すずき ほなみ、1966年8月14日[1] - )は、日本女優。本名、石橋 保奈美(いしばし ほなみ、旧姓:鈴木)。

東京都出身。アライバル所属[注 1]。夫はお笑いタレント石橋貴明とんねるず)。

来歴・人物

東京都大田区生まれ、神奈川県茅ヶ崎市出身。神奈川県立鎌倉高等学校卒業、成城大学文芸学部中退[1]。身長160cm。

1984年、高校時代に第9回ホリプロタレントスカウトキャラバンに応募し、応募総数12万人の中から審査員特別賞を獲得したのがデビューのきっかけとなる。1986年、女優デビュー。芸能活動に専念するため大学を中退。カネボウ化粧品のCMに水着姿で出演したほか、ドラマ『おんな風林火山』、NHK連続テレビ小説ノンちゃんの夢』、当時全盛期だったトレンディドラマに出演し、知名度を上げていく[1]

1991年に主演したフジテレビ月9ドラマ、『東京ラブストーリー』が大ヒット。「月曜日の夜に街から女性が消えた」と言われるほどの社会現象となる。ヒロイン・赤名リカ役で鮮烈な印象を残し、一躍人気女優となる。以後次々とフジテレビゴールデンタイムドラマの主役に抜擢され、女優としての地位を確実なものとする。また、アジア圏でも日本のトレンディドラマが放映されて高視聴率を確保していたこともあり、鈴木の名前と顔が知られることになる。特に中国や韓国で日本の化粧品に人気が集まっていたこともあいまって、鈴木がイメージガールを務めていたカネボウ化粧品のポスターを入手出来ないものかとメーカーに問い合わせが多々あった。

私生活では、1994年F1解説者の川井一仁と結婚するが、1997年に離婚。1998年に川井の友人でもある石橋貴明とんねるず)と『とんねるずのみなさんのおかげでした』のコーナー「新・食わず嫌い王決定戦」の共演をきっかけに交際を始める。妊娠3か月で再婚し、芸能界引退を発表する。既に撮影を終えていた主演映画『いちげんさん』(2000年公開)で大胆なヌードを披露したのを最後に表舞台から姿を消した。その後3人の娘を出産し、専業主婦として生活をしていた。

2008年12月4日、娘たちが小学生となったことから、石橋の事務所であるアライバルに所属し[注 2]、徐々に芸能活動を再開することを発表した。同年12月6日発売の文化出版局ミセス2009年1月号の表紙を飾り、エッセー「ほなみ食堂」を連載開始[2]2011年大河ドラマ江〜姫たちの戦国〜』で12年ぶりに本格的に女優復帰し[3]、同年公開の『のぼうの城』で11年ぶりに映画に出演した[4]2016年には『ノンママ白書』で18年ぶりに連続ドラマの主演を務めた[5]

横浜DeNAベイスターズファンである[6]。また、石橋は基本的に読売ジャイアンツファンだが、鈴木の影響や牛島和彦(2005 - 06年の同球団監督)もあって、同球団のエクゼグティブ・アドバイザーにもなっていた。

受賞歴

  • 1995年 第7回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『恋人よ』)
  • 1998年 第16回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『ニュースの女』)
  • 2013年 第17回日刊スポーツ・ドラマグランプリ・春ドラマ 助演女優賞(『家族ゲーム』)
  • 2014年 第23回TVLIFE年間ドラマ大賞2013 助演女優賞(『家族ゲーム』)

エピソード

  • 第9回ホリプロタレントスカウトキャラバンにおいて、出場者全員に与えられた課題・ジャズダンスを披露している。その際、用意された無地のレオタードを前後逆に着用し「何だか着心地が悪い」と思ったが、そのまま審査に挑んだ。気付いたのはカメラの前で踊り始めてからだが、そのまま続行した。また歌唱力審査の際は決して上手とは言えない歌唱を披露したため、当時を振り返る番組でスタジオから笑いが起こったほどだった。こうした事情からか、後にこの映像がテレビで流れることはなくなり、また歌手活動も行っていない(同世代の女優・女性アイドルでは異例だった)。
  • プロデューサーの大多亮、ドラマで共演した江口洋介と交際していた時期があるが、破局している[7]
  • 『東京ラブストーリー』の赤名リカ役の髪型やメンズライクなファッション、スカーフ使いは当時の同世代の女性がこぞって真似をするほどであった。また、共演の織田裕二演じる永尾完治の渾名を呼ぶ「カンチ!」は流行語にもなった。
  • 石橋と親交のある極楽とんぼ山本圭一のことを露骨に嫌っている(子供の教育の件もあるとされるが、石橋によると、山本が大の広島東洋カープファンであるが故に、山本が付き合っていた女性にケーブルテレビ、もしくは衛星放送を付けるように強要したためであるとされている)。その嫌がりようは、山本が不祥事を起こす前の時代からであり、夫の石橋と交友があったため石橋家に呼んでもらおうと画策していたことを知るや、石橋に対し「あの人(山本)だけは絶対に家には連れて来ないで」と釘を刺して、山本を家に一歩たりとも入れさせなかったほどである。
  • バービーボーイズの大ファンであった。バービーボーイズの解散ライブ(1992年1月24日)とドラマ『愛という名のもとに』の撮影が重なったが、ドラマのスタッフに無理を言って30分程時間を作って貰い、解散ライブに駆けつけた。2 - 3曲ほど聞いてドラマの撮影現場に戻ったという[8]

出演

テレビドラマ

配信ドラマ

映画

バラエティ

ドキュメンタリー

  • 鈴木保奈美のハワイ体あたり・欲ばりアドベンチャー (1997年7月27日、テレビ朝日)
  • 鈴木保奈美 NY発ミュージカル・シカゴ徹底取材! (1998年12月13日、TBS)
  • 鈴木保奈美の文豪の湯 〜名作が生まれた湯けむりの里〜 (2012年2月12日、BS-TBS)
  • ラスト・ライオン 特別編(2013年3月17日、ナショナル ジオグラフィック チャンネル)ナレーション

ラジオ

舞台

CM

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ かつては、ホリプロに所属していた。
  2. ^ アライバルはもともととんねるずの個人事務所として発足した経緯があり、他の所属者は杉本清しかいなかった。

出典

  1. ^ a b c d e f g h 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.114.
  2. ^ “女優の鈴木保奈美さん、10年ぶりに芸能活動再開!”. スポーツ報知. (2008年12月4日). オリジナル2009年1月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090131191837/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20081203-OHT1T00289.htm 2014年7月23日閲覧。 
  3. ^ “12年ぶりドラマ出演・鈴木保奈美、「毎日反省ばかり」も“母性表現”には自信”. ORICON NEWS (oricon ME). (2011年1月1日). http://www.oricon.co.jp/news/83471/full/ 2017年10月7日閲覧。 
  4. ^ “鈴木保奈美 「のぼうの城」で11年ぶりに映画出演 “麻呂”風メイクで榮倉の母に”. 映画.com. (2011年2月17日). http://eiga.com/news/20110217/1/ 2017年10月7日閲覧。 
  5. ^ a b “鈴木保奈美:18年ぶり連ドラ主演 バツイチのキャリアウーマンに”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2016年6月29日). http://mantan-web.jp/2016/06/29/20160629dog00m200032000c.html 2016年6月29日閲覧。 
  6. ^ 大魔神・佐々木主浩パーティに集まった清原・イチローと超オーラな人々”. FRIDAY. 講談社 (2014年12月5日). 2017年8月17日閲覧。
  7. ^ 石橋貴明の妻・鈴木保奈美は魔性の女だった!”. exciteニュース. 2017年8月17日閲覧。
  8. ^ サワコの朝 2012年9月29日放送回”. gooテレビ (2012年9月29日). 2017年8月17日閲覧。
  9. ^ 瀧本美織×鈴木保奈美「わたしをみつけて」制作開始!”. NHKドラマ (2015年9月5日). 2015年9月5日閲覧。
  10. ^ 黒木瞳が「嫌な女」で主演! 鈴木保奈美との共演で、新たな相棒物語が生まれる”. INTERNET TVガイド (2015年11月3日). 2015年11月11日閲覧。
  11. ^ 小雪、憧れの鈴木保奈美と初共演「夢の中にいるよう」”. ORICON STYLE (2016年4月23日). 2016年4月23日閲覧。
  12. ^ “竹中直人&玉鉄で漫画「野武士のグルメ」ドラマ化”. 日刊スポーツ. (2016年12月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1747449.html 2016年12月5日閲覧。