中西麻耶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中西麻耶 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 中西麻耶
ラテン文字 Nakanishi Maya
国籍 日本の旗 日本
種目 短距離走走幅跳
所属 阪急交通社
生年月日 (1985-06-03) 1985年6月3日(35歳)
出身地 大阪府大阪市
成績
パラリンピック 100mT44 6位(2008年
200mT44 4位 (2008年
走幅跳T44 8位(2012年), 4位(2016年
世界選手権 世界パラ陸上競技選手権大会
走幅跳T64 優勝(2019年)
地域大会決勝 アジアパラ競技大会
100mT64 2位(2018年)
走幅跳T64優勝(2018年)
国内大会決勝

ジャパンパラ陸上競技大会
100mT44 優勝(2007,08,09,11年)
200mT44 優勝(2007,08年)
走幅跳F44/T44 優勝(2009,11,12,14,15,17年)
日本パラ陸上競技選手権大会

走幅跳T44/T64 優勝(2014~18, 20年)
自己ベスト
100m 13秒84(2009年)
200m 28秒52(2008年)
走幅跳 5m70cm(2020年)
 
獲得メダル
日本の旗 日本
陸上競技
世界パラ陸上競技選手権大会
2019ドバイ 走幅跳T64
アジアパラ競技大会
2018ジャカルタ 走幅跳T64
2018ジャカルタ 100mT64
編集 テンプレートのヘルプを表示する

中西 麻耶(なかにし まや、1985年6月3日-)は、義足(右脚下腿切断)の陸上競技選手。北京パラリンピック日本代表、ロンドンパラリンピック日本代表。リオデジャネイロパラリンピック日本代表。2017年シーズンまで、陸上競技障害クラスT44。2018年シーズンからは、新設された陸上競技障害クラスT64。日本記録・アジア記録保持者。

略歴[編集]

北京パラリンピックまで[編集]

大阪市に生まれ、小学生の時に父親の仕事の都合で大分県大分郡庄内町に移り住む[1]

大分県別府市にある明豊高等学校在学中に、ソフトテニスの選手として全国高等学校総合体育大会(インターハイ)及び国民体育大会に出場[1]。2004年3月に高校を卒業した後は社会人として働いていたが、2008年に地元で開催されるチャレンジ!おおいた国体が開催されることを知り、大会出場を目指し、2006年にソフトテニス競技に復帰[2]

2006年9月に、仕事中の事故で右足の膝から下を切断[3][4][5]。事故後に義足でソフトテニスを続けることを断念し[6]、陸上競技に転向[7]。2007年3月に義肢装具士の臼井二美男と出会い[7]、白井作成の義足を借用して出場した同2007年10月のジャパンパラリンピック陸上競技大会において、早くも100m走200m走で日本記録を樹立。2008年3月の九州チャレンジ大会で北京パラリンピックのA標準記録を突破し、2008年北京パラリンピック日本代表となる[8]

北京パラリンピックでは、100mで6位入賞、200mで4位入賞の成績を残した[9]

ロンドンパラリンピックまで[編集]

北京パラリンピックの決勝で世界との差を感じたことから、2008年に渡米[10][11]サンディエゴのオリンピック・トレーニング・センターに練習拠点を移し、アル・ジョイナーコーチの指導を受けた[12][13]。渡米後もたびたび一時帰国して国内の試合に出場し、日米を往復する生活を送った[12][14]。2009年9月のジャパンパラリンピックでは走幅跳びでも日本記録を樹立した[15]

しかし当時、障害者が海外に拠点を置いて海外のコーチをつけることに対し批判も多かった[16]。活動資金の調達にも苦しみ、渡航費用等の不足から2011年の世界選手権には出場できず[17]、滞在費がひっ迫し車中泊をしながら練習を続けた[18]。そこでスポンサーを見つけ、活動資金を捻出するため、2012年3月にセミヌードカレンダーを発売した[19][20]。撮影はパラリンピックスポーツの撮影を続けていた越智貴雄が行った[19]

2012年6月7日、AFP(フランス通信社)が東京発で、3月に発売したカレンダーの話題を配信し[21]、以降、シンガポール・インド・イギリスなど世界各国でWebニュースなどのメディアに取り上げられる[要出典]

このような逆風を受けながらも、2012年ロンドンパラリンピックに100m、200m、走幅跳びの3種目で出場を果たした。

ロンドンパラリンピックでの結果:

  • T44 100m 14秒47 - 1組6/6・全10/12、予選敗退
  • F44 走幅跳び 4m79 - 全参加12選手中予選突破8名、決勝参加8選手中8位
  • T44 200m 30秒10 - 1組4/4・全9/9(1組参加した5選手中1選手が失格のため、出走選手は9名)、予選敗退[22]

リオデジャネイロパラリンピックまで[編集]

ロンドンオリンピックを最後にいったん引退したが [23]、翌2013年3月8日、再開した自身のBlogで現役続行を表明[24]。この間の2012年10月14日に、大分県の大分南警察署にて一日署長を務めている[要出典]。復帰後は大分に拠点を移した[25]。ジョイナー元コーチの勧めを受けて[25]、健常者の大会にも積極的に出場するようになったが、「オープン参加」の扱いであった[26][27]。活動資金は依然として厳しい状態で、資金不足により、2013年世界選手権の参加は断念した[26]

2013年10月13日、第13回全国障害者スポーツ大会に出場(100m、走幅跳び)。走幅跳びで自己ベストを更新し、佐藤真海の持つ当時の日本記録を16cm上まわる5m18cmで優勝[28]。しかしこの大会では2020年の東京五輪招致に絡み佐藤がクローズアップされていたため、優勝した中西に対して「空気読めよ!」と心ない声を浴びせる者もいた[要出典]。また日本記録についても、この大会は「障害者の社会復帰が目的」で国際パラリンピック委員会(IPC)公認大会ではなく、幻の新記録となった[29][30]

2014年9月7日、2014ジャパンパラ陸上競技大会に出場(100m、走幅跳び)。100mはフライングで失格。走幅跳びで自己ベストを更新し5m27cmで優勝[31]。この大会はIPC公認大会であり日本記録を公式に更新した。なお、第一跳躍で5m3cmを跳びその時点で新記録であった。また、2.7mの追い風参考記録ながら第二跳躍では5m33cmを跳び[32]会場をどよめかせた[要出典]

2016年4月9日、新日本製薬大分パラ陸上2016 に出場(100mは棄権[要出典]、走幅跳び)。走幅跳びで5m27の自己ベストを更新し5m48cmで優勝[33]。IPC公認大会であり自己の持つ日本記録を更新した。

2016年5月1日、第27回日本パラ陸上競技選手権大会 に出場(100m、走幅跳び)。100mは13秒90、走幅跳びでこのシーズン二度目となる自己ベストを更新して5m51cmで優勝[34][35]。自己の持つアジア記録・日本記録を相次いで更新した。

2016年リオデジャネイロパラリンピックに100mと走幅跳で出場、下記の結果を残した[36][37]

リオデジャネイロパラリンピックでの結果:

  • T44 100m 14秒40 - 2組5/6、予選敗退
  • F44 走幅跳び 5m42 - 4位

リオデジャネイロパラリンピック以降[編集]

2017年7月の世界パラ陸上競技選手権大会の走幅跳で3位となり、国際大会で初めてメダルを獲得[38][39]。2018年10月9日-10日 ジャカルタ アジアパラ大会に出場 (100m、走幅跳び)し、 9日走幅跳び 5m44で優勝、10日 100m 14秒48で2位となった[40][41]

2019年11月7日-15日 ドバイ 世界パラ陸上選手権大会に出場し、11日走幅跳び 5m37で優勝。2020年東京パラリンピック出場が内定した[42][43]。2020年9月5日の日本パラ陸上競技選手権大会の走幅跳びで5m70で優勝し、アジア記録・日本記録を4年ぶりに更新した[44]

2020年から阪急交通社に所属[45] [46]

主な戦績[編集]

国際大会[編集]

年月 大会 場所 種目 結果 記録 風速 備考
2008年9月 北京パラリンピック 北京 100mT44 6位 14秒24 -0.2 [47]
200mT44 4位 28秒98 [47]
2012年9月 ロンドンパラリンピック ロンドン 100mT44 予選 14秒47 +0.1 [22]
200mT44 予選 30秒10 -0.7 [22]
走幅跳F42/44 8位 4m79 +0.4 [22]
2015年10月 世界パラ陸上競技選手権大会(IPC陸上競技世界選手権大会) ドーハ 走幅跳T44 5位 4m92 +2.2 [48]
2016年9月 リオデジャネイロパラリンピック リオデジャネイロ 100mT44 予選 14秒40 -1.9 [49]
走幅跳T44 4位 5m42 -0.5 [49]
2017年7月 世界パラ陸上競技選手権大会 ロンドン 100mT44 予選 14秒64 +1.1 [50]
走幅跳T44 3位 5m00 +1.0 [51]
2018年10月 アジアパラ競技大会 ジャカルタ 100mT64 2位 14秒48 +0.7 [40] 
走幅跳T64 1位 5m44 [40]
2019年11月 世界パラ陸上競技選手権大会 ドバイ 100mT64 予選 14秒86 +1.2 [52]
走幅跳T64 1位 5m37 -0.4 [53]

国内大会[編集]

年月 大会 場所 種目 結果 記録 風速 備考
2007年10月 2007ジャパンパラリンピック陸上競技大会 大阪府 100mT44 1位 15秒43 +0.8 [54] 日本記録
200mT44 1位 31秒85 -0.8 [54] 日本記録
2008年3月 第11回九州チャレンジ陸上競技選手権大会 熊本県 100mT44 1位 14秒55 -0.5 [55] 日本記録
200mT44 1位 30秒48 -1.1 [55] 日本記録
2008年 2008ジャパンパラリンピック陸上競技大会
兼第19回日本身体障害者陸上競技選手権大会
100mT44 1位 14秒45 [56] 大会記録
200mT44 1位 29秒73 [56] 大会記録
2009年9月 2009ジャパンパラリンピック陸上競技大会
兼第20回日本身体障害者陸上競技選手権大会
大阪府 100mT44 1位 13秒84 [15] 日本記録、大会記録(ジャパンパラ)
200mT44 棄権 [15] 
走幅跳F44 1位 4m71 [15] 日本記録、大会記録(ジャパンパラ)
2011年9月 2011ジャパンパラリンピック陸上競技大会 大分県 100mT44 1位 13秒92 +1.9 [57]
走幅跳F44 1位 4m94 +0.4 [58][57]
2012年6月 2012ジャパンパラ陸上競技大会
兼第23回日本身体障害者陸上競技選手権大会
大阪府 100mT44 2位 14秒45 +1.2 [59][60]
200mT44 2位 30秒48 [60]
走幅跳F44 1位 4m61 +1.4 [60]
2013年10月 第13回全国障害者スポーツ大会 東京都 100m 1位 14秒44 [61]
走幅跳(肢体不自由) 1位 5m18 [62][63]
2014年6月 第25回日本身体障害者陸上競技選手権大会 大阪府 100mT44 欠場 [64]
走幅跳T44 1位 4m93 -0.5 [64] 大会記録
2014年9月 2014ジャパンパラ陸上競技大会 山口県 100mT44 失格 [65][31]
走幅跳T44 1位 5m33 +2.7 [31][65] 

公認最高は5回目
5m27(+0.5)日本記録

2015年7月 第26回日本パラ陸上競技選手権大会 大阪府 100mT44 2位 14秒92 [66]
走幅跳T44 1位 5m24 +1.1 [66] 大会記録
2015年9月 2015ジャパンパラ陸上競技大会 大阪府 100mT44 欠場 [67]
走幅跳T44 1位 4m91 +0.5 [67]
2016年4月 新日本製薬大分パラ陸上2016 大分県 走幅跳T44 1位 5m48 -0.9 [33] アジア記録・日本記録
2016年4・5月 第27回日本パラ陸上競技選手権大会 鳥取県 100mT44 2位 13秒90 +1.5 [35]
走幅跳T44 1位 5m51 +1.2 [35] アジア記録・日本記録
2016年6月 2016ジャパンパラ陸上競技大会 新潟県 100mmT44 2位 14秒31 [68]
走幅跳T44 2位 5m09 -0.1 [68]
2017年6月 第28回日本パラ陸上競技選手権大会 東京都 100mT44 欠場 [69]
走幅跳T44 1位 5m35 +1.5 [69]
2017年9月 2017ジャパンパラ陸上競技大会 福島県 100mmT44 2位 14秒61 +1.1 [70]
走幅跳T44 1位 5m34 -0.4 [70] [71] 大会記録
2018年7月 2018ジャパンパラ陸上競技大会 群馬県 100mT64 2位 14秒76 +0.1 [72]
走幅跳T64 2位 5m11 -0.1 [72]
2018年9月 第29回日本パラ陸上競技選手権大会 香川県 100mT64 2位 14秒95 -2.3 [73]
走幅跳T64 1位 5m42 +0.4 [73]
2019年6月 第30回日本パラ陸上競技選手権大会 大阪府 100mT64 2位 14秒46 +0.1 [74]
走幅跳T64 2位 4m92 -0.7 [74]
2019年7月 2019ジャパンパラ陸上競技大会 岐阜県 100mT64 欠場 [75]
走幅跳T64 欠場 [75]
2020年9月 2020日本パラ陸上競技選手権大会 埼玉県 走幅跳T64 1位 5m70 +0.4 [76] アジア記録・日本記録・大会記録
2020年10月 第7回木南道孝記念陸上競技大会 大阪府 走幅跳T64 1位 5m41 +0.9 [77]

備考欄の記録は当時のもの

自己ベスト[編集]

種目 記録 風速 年月日 大会名 場所 備考
100mT44 13秒84 2009年9月22日 2009年ジャパンパラリンピック兼第20回日本選手権 長居陸上競技場(大阪府) 日本記録[78]
200mT44 28秒52 +1.3 2008年5月3日 大分陸上2008 大分市営陸上競技場(大分県) [79] 日本記録
走幅跳T64 5m70 +0.4 2020年9月5日 第31回日本パラ陸上競技選手権大会 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場(埼玉県) [76]アジア記録・日本記録・大会記録

備考欄の記録は当時のもの

出演[編集]

ドラマ[編集]

  • 陸王(2017年、TBS) - 第3話、第7話、最終話 「月刊アスリート」陸上競技担当記者・島遥香役

その他[編集]

表彰[編集]

  • 2014年12月 県賞詞(大分県) [80]
  • 2020年1月 県民表彰(大分県)[81] [82]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “義足ランナー米で練習 由布の中西さん「パラリンピックで金を」”. 読売新聞: p. 29(大分). (2011年12月23日) 
  2. ^ 中西麻耶 (2020). “特別講演会「あきらめない心:東京オリンピックに向けて」”. OISA NEWS 76: p.4-5. http://www.oisa.jp/OISA76.pdf. 
  3. ^ “義足ランナー米で練習 由布の中西さん「パラリンピックで金を」”. 読売新聞: p. 29(大分). (2011年12月23日) 
  4. ^ “躍進パラアスリート:世界女王として東京パラに臨む 女子走り幅跳び 中西麻耶選手(34)”. 朝日新聞: p. 31(大分). (2020年1月1日) 
  5. ^ 金子 2014, pp. 9-13.
  6. ^ 金子 2014, pp. 91-95.
  7. ^ a b 金子 2014, pp. 103-110.
  8. ^ 金子 2014, p. 125.
  9. ^ “絶望の中出会った義足 パラリンピック陸上短距離入賞中西麻耶選手”. 読売新聞: p. 33(大阪). (2008年9月28日) 
  10. ^ “見て 義足の体を 世界に挑むため”. 朝日新聞: p. 39. (2012年3月21日) 
  11. ^ 金子 2014, pp. 135-136.
  12. ^ a b 中西麻耶 (2020). “特別講演会「あきらめない心:東京オリンピックに向けて」”. OISA NEWS 76: p.4-5. http://www.oisa.jp/OISA76.pdf. 
  13. ^ 金子 2014, pp. 154-157.
  14. ^ 金子 2014, pp. 189-190.
  15. ^ a b c d Japan Paralympic Championships 2009陸上競技大会記録”. 日本障がい者スポーツ協会. 2020年8月18日閲覧。
  16. ^ 中西麻耶 (2020). “特別講演会「あきらめない心:東京オリンピックに向けて」”. OISA NEWS 76: p.4-5. http://www.oisa.jp/OISA76.pdf. 
  17. ^ 金子 2014, pp. 167-171.
  18. ^ “躍進パラアスリート:世界女王として東京パラに臨む 女子走り幅跳び 中西麻耶選手(34)”. 朝日新聞: p. 31(大分). (2020年1月1日) 
  19. ^ a b “見て 義足の体を 世界に挑むため”. 朝日新聞: p. 39. (2012年3月21日) 
  20. ^ 金子 2014, pp. 178-179.
  21. ^ パラリンピックを目指す女子陸上選手、「義足ヌード」カレンダーを発売 AFPBB News
  22. ^ a b c d ロンドン2012パラリンピック競技大会 2012年8月31日(金)~9月9日(日) リザルト”. 日本パラ陸上競技連盟. 2020年8月18日閲覧。
  23. ^ “私は、再び羽ばたく 義足のジャンパー中西 リオ狙う”. 朝日新聞. (2016年3月25日) 
  24. ^ お久しぶりです!!”. Maya Nakanishi official blog. 中西麻耶. 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月19日閲覧。
  25. ^ a b “躍進パラアスリート:世界女王として東京パラに臨む 女子走り幅跳び 中西麻耶選手(34)”. 朝日新聞: p. 31(大分). (2020年1月1日) 
  26. ^ a b “義足の女王、より遠くへ 走り幅跳びVの中西、5メートル18 全国障害者大会”. 朝日新聞: p. 9(夕刊). (2013年10月17日) 
  27. ^ “障害者スポーツ特集――ブラインドサッカー、競技団体の壁越えて、「基本は⼀緒」プロに学ぶ。”. 日本経済新聞: p. 28. (2016年6月27日). "2016年5月ゴールデングランプリ川崎" 
  28. ^ “義足の女王、より遠くへ 走り幅跳びVの中西、5メートル18 全国障害者大会”. 朝日新聞: p. 9(夕刊). (2013年10月17日) 
  29. ^ NEC presents Crossroad #35 中西麻耶 (NEC presents Crossroad - テレビ東京)
  30. ^ “義足の女王、より遠くへ 走り幅跳びVの中西、5メートル18 全国障害者大会”. 朝日新聞: p. 9(夕刊). (2013年10月17日) 
  31. ^ a b c 2014 Japan Para Championships 記録集”. 日本障がい者スポーツ協会. 2020年8月18日閲覧。
  32. ^ 女子T44 走幅跳 決勝 (2014ジャパンパラ陸上競技大会)
  33. ^ a b 跳躍 Book2-2016-jump リザルト(新日本製薬大分パラ陸上2016)”. 大分陸上実行委員会. 2017年3月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月30日閲覧。
  34. ^ T44女子走り幅跳び (第27回日本パラ陸上競技選手権大会兼リオ2016パラリンピック選手選考会)
  35. ^ a b c 競技結果速報(第27回日本パラ陸上競技選手権大会兼リオ2016パラリンピック選手選考会)”. 鳥取県障がい者スポーツ協会. 2020年8月18日閲覧。
  36. ^ “中西4位 女子走り幅跳び Rio2016Palralympics”. 朝日新聞: p. 1. (2016年9月10日) 
  37. ^ “中西感謝の跳躍: 東京へ「目指すは6メートル」 走り幅跳び4位”. 読売新聞: p. 34. (2016年9月10日) 
  38. ^ 2020へ、決意のラストジャンプ ~走り幅跳び・中西麻耶選手~ (東京2020パラリンピック)”. NHK (2020年7月16日). 2020年8月30日閲覧。
  39. ^ “女子幅跳びで中西が銅 パラ世界陸上”. 日本経済新聞. (2017年7月15日). https://r.nikkei.com/article/DGXLSSXK60650_V10C17A7000000?s=5 
  40. ^ a b c INDONESIA 2018 ASIAN PARA GAMES: RESULTS”. 日本パラ陸上競技連盟. 2020年8月18日閲覧。
  41. ^ “中西、走り幅跳びで金 陸上女子 ジャカルタアジアパラ2018”. 日本経済新聞: p. 39. (2018年10月10日) 
  42. ^ “中西麻耶、初Vで東京パラ代表内定/陸上”. SANSPO.COM. (2019年11月12日). https://www.sanspo.com/sports/news/20191112/ath19111209320001-n1.html 
  43. ^ “中西「金」:東京パラ内定 走り幅跳び”. 朝日新聞: p. 16. (2019年11月13日) 
  44. ^ “中西、アジア記録更新 垣間見えた、コロナ時代の大会風景 パラ陸上・日本選手権”. 朝日新聞: p. 13. (2020年9月6日) 
  45. ^ 2020年2月3日 Maya Nkanishi/中西麻耶 Twitter”. 中西麻耶. 2020年8月18日閲覧。
  46. ^ スポーツ振興活動”. 阪急交通社. 2020年8月18日閲覧。
  47. ^ a b 2008北京パラリンピック 記録・成績一覧”. 日本パラ陸上競技連盟. 2020年8月18日閲覧。
  48. ^ 2015 IPC Athletics World Championships 大会1日目(10月22日)”. 日本パラ陸上競技連盟. 2020年8月18日閲覧。
  49. ^ a b リオパラリンピック特設サイト:リザルト一覧”. 日本パラ陸上競技連盟. 2020年8月18日閲覧。
  50. ^ London 2017 World Para Athletics Championships 競技結果一覧 大会4日目(7月17日)”. 日本パラ陸上競技連盟. 2020年8月18日閲覧。
  51. ^ London 2017 World Para Athletics Championships 競技結果一覧 大会2日目(7月15日)”. 日本パラ陸上競技連盟. 2020年8月18日閲覧。
  52. ^ ドバイ2019世界パラ陸上競技選手権大会(第6日)成績一覧”. 日本パラ陸上競技連盟. 2020年8月18日閲覧。
  53. ^ ドバイ2019世界パラ陸上競技選手権大会・第5日”. 日本パラ陸上競技連盟. 2020年8月18日閲覧。
  54. ^ a b Japan Paralympic Championships 2007陸上競技大会記録”. 日本障がい者スポーツ協会. 2020年8月18日閲覧。
  55. ^ a b 第11回九州チャレンジ陸上競技選手権大会結果”. 日本パラ陸上競技連盟. 2020年8月30日閲覧。
  56. ^ a b 2008年度の大会結果 陸上競技 ジャパンパラ競技大会”. 日本障がい者スポーツ協会. 2020年8月30日閲覧。
  57. ^ a b 2011年度の大会結果 陸上競技 ジャパンパラ競技大会”. 日本障がい者スポーツ協会. 2020年8月18日閲覧。
  58. ^ “廣道選手、200メートル制覇 走り幅・中西選手V パラリンピック陸上開幕/大分県”. 朝日新聞: p. 35(大分). (2011年9月25日) 
  59. ^ 2012ジャパンパラ陸上競技大会 レポート”. 日本障がい者スポーツ協会. 2020年8月30日閲覧。
  60. ^ a b c Japan Para Championships 2012 陸上競技大会記録”. 日本障がい者スポーツ協会. 2020年8月30日閲覧。
  61. ^ スポーツ祭東京2013 全国障害者スポーツ大会競技記録 女子100m”. スポーツ祭東京2013実行委員会事務局. 2020年8月19日閲覧。
  62. ^ “全国障害者スポーツ大会 「私はアスリート」 走り幅跳びVの中西選手”. 読売新聞: p. 39. (2013年10月14日) 
  63. ^ スポーツ祭東京2013 全国障害者スポーツ大会競技記録 女子走幅跳”. スポーツ祭東京2013実行委員会事務局. 2020年8月18日閲覧。
  64. ^ a b 第25回日本身体障害者陸上競技選手権大会結果表”. 日本パラ陸上競技連盟. 2020年8月30日閲覧。
  65. ^ a b 2014 Japan Para Championships 記録集”. 日本障がい者スポーツ協会. 2020年8月30日閲覧。
  66. ^ a b 第26回IPC公認日本パラ陸上競技選手権大会記録集”. 日本パラ陸上競技連盟. 2020年8月30日閲覧。
  67. ^ a b IPC公認2015ジャパンパラ陸上競技大会記録集”. 日本パラ陸上競技連盟. 2020年8月30日閲覧。
  68. ^ a b 東日本大震災復興支援 IPC Athletics 公認 2016 ジャパンパラ陸上競技大会 記録集”. 日本パラ陸上競技連盟. 2020年8月30日閲覧。
  69. ^ a b 第28回日本パラ陸上競技選手権大会競技記録一覧”. 日本パラ陸上競技連盟. 2020年8月30日閲覧。
  70. ^ a b Word Para Athletics 公認 2017 ジャパンパラ陸上競技大会 記録集”. 日本パラ陸上競技連盟. 2020年8月30日閲覧。
  71. ^ 東日本大震災復興支援 WPA公認 2017ジャパンパラ陸上競技大会 記録一覧”. 日本パラ陸上競技連盟. 2020年8月30日閲覧。
  72. ^ a b WPA公認 2018ジャパンパラ陸上競技大会”. 日本障がい者スポーツ協会. 2020年8月30日閲覧。
  73. ^ a b WPA公認第29回日本パラ陸上競技選手権大会”. 日本パラ陸上競技連盟. 2020年8月18日閲覧。
  74. ^ a b WPA公認 第30回 日本パラ陸上競技選手権大会”. 日本パラ陸上競技連盟 (2019年6月2日). 2020年8月30日閲覧。
  75. ^ a b WPA公認 天皇陛下即位記念2019ジャパンパラ陸上競技大会”. 日本障がい者スポーツ協会. 2020年8月30日閲覧。
  76. ^ a b 第31回日本パラ陸上競技選手権大会 成績一覧 走り幅跳び 女子”. 日本パラ陸上競技協会. 2020年9月9日閲覧。
  77. ^ 女子T64走幅跳決勝(第7回木南道孝記念陸上競技大会)”. 大阪陸上競技協会. 2020年10月24日閲覧。
  78. ^ 2014年7月27日に高桑早生選手に塗り替えられるまで日本記録。
  79. ^ 日本記録(女子)200m (2016年9月末日現在)”. 日本パラ陸上競技連盟. 2020年8月19日閲覧。
  80. ^ 知事通信「2014ジャパンパラ陸上競技大会 優勝報告会及び県賞詞授与式」”. 大分県. 2020年8月18日閲覧。
  81. ^ “中西選手に県民表彰 女子走り幅跳び パラ世界大会で金=大分”. 読売新聞. (2020年1月16日) 
  82. ^ 中西麻耶選手に大分県民表彰 世界パラ陸上で初優勝”. 大分合同新聞社. 2020年8月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 金子達仁『ラスト・ワン』日本実業出版社、2014年12月1日、251p。ISBN 9784534052384- スポーツライター金子達仁による中西のロンドンパラリンピック出場までをまとめたルポルタージュ。

外部リンク[編集]