貝谷八百子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

貝谷 八百子(かいたに やおこ、1921年3月15日 - 1991年3月5日)は、日本バレエダンサー振付家である。本名・貝谷スミ子[1]

貝谷八百子バレエ団特別公演『ロミオとジュリエット』上演パンフレットより、ジュリエット役の貝谷。1956年2月頃

生涯[編集]

貝谷 八百子は、1921年に貝谷真孜の三女[2]として福岡県大牟田市で生まれた。生家は鉱山主で、豊かな家庭だったといわれる。1933年文化学院に入学するため上京し、1934年からエリアナ・パブロワバレエを学んだ。1938年、17歳になった彼女は貝谷バレエ団を立ち上げ、歌舞伎座を借り切ってデビュー公演を行った。

第2次世界大戦後の1946年、貝谷は蘆原英了小牧正英などとともに東京バレエ団[3]を結成した。東京バレエ団はその年の8月9日帝国劇場で第1回公演『白鳥の湖』全幕を日本初演し、彼女が主役を務めた。

貝谷は1950年に東京バレエ団が解散した後も長きにわたってバレエ界で活躍を続け、1965年に貝谷芸術学院を設立して、後進の育成や指導にあたった。日本バレエ協会副会長や、全日本舞踊連合の理事などの要職も務めた。

貝谷没後の2007年、貝谷バレエ団の敷地内に「日本における『白鳥の湖』発祥の地記念碑」が建立され、同年8月9日に除幕式が行われている[4]

主な振付作品[編集]

出演[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

主な受賞歴[編集]

関連項目[編集]

  • 永光基乃 - 女優・バレエダンサー。貝谷の門下でバレエを学び、1992年の貝谷八百子追悼公演『コッペリア』で主役を踊っている。
  • 糸川英夫 - 「日本の宇宙開発・ロケット開発の父」と呼ばれた工学者。60歳で貝谷バレエ團に入団し、貝谷は「有名な科学者でも、他の団員と同じように基礎から練習をしてもらいます」と下のクラスから始めさせた[7]

脚注[編集]

  1. ^ 貝谷バレエアカデミー ホームページ 貝谷八百子バレエ団の歴史(2016年11月7日閲覧)
  2. ^ 大牟田市史編集委員会編『大牟田市史』下巻、大牟田市、1968年、898頁。『人事興信録』第11版 改訂版 上、人事興信所、1938年、カ60頁。
  3. ^ 現在の東京バレエ団とは直接の関係はない。東京バレエ団の項目を参照のこと。
  4. ^ 「白鳥の湖」発祥の地に記念碑建立」
  5. ^ allcinema
  6. ^ 東京新聞制定舞踊芸術賞(2010年4月19日閲覧)
  7. ^ 冨田勲の2012年のアルバム『惑星 ULTIMATE EDITION』ブックレットに冨田が寄せた「このアルバムを糸川英夫氏に捧ぐ」より。

外部リンク[編集]