半保護されたページ

阿部寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

あべ ひろし
阿部 寛
阿部 寛
生年月日 (1964-06-22) 1964年6月22日(57歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県横浜市神奈川区
身長 189 cm
血液型 A型
職業 俳優モデル
ジャンル 映画テレビドラマ舞台ファッション
活動期間 1983年 -
活動内容 1983年:モデルデビュー
1983年:コンテストで優勝
1987年:俳優デビュー
配偶者 既婚
事務所 茂田オフィス
公式サイト 阿部寛のホームページ
主な作品
テレビドラマ
TRICK』シリーズ
HERO
できちゃった結婚
最後の弁護人
アットホーム・ダッド
ドラゴン桜』シリーズ
結婚できない男』シリーズ
CHANGE
天地人
白い春
坂の上の雲
新参者
下町ロケット』シリーズ
DCU
映画
姑獲鳥の夏
バブルへGO!!
大帝の剣
自虐の詩
青い鳥
歩いても 歩いても
トリック劇場版
ステキな金縛り
テルマエ・ロマエ』シリーズ
麒麟の翼』シリーズ
ふしぎな岬の物語
柘榴坂の仇討
海よりもまだ深く
護られなかった者たちへ
声の出演
真救世主伝説 北斗の拳
 
受賞
日本アカデミー賞
最優秀主演男優賞
2012年テルマエ・ロマエ
優秀主演男優賞
2014年ふしぎな岬の物語
優秀助演男優賞
2014年柘榴坂の仇討
優秀助演男優賞
2022年護られなかった者たちへ
ブルーリボン賞
主演男優賞
2012年麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』『テルマエ・ロマエ』『カラスの親指
その他の賞
毎日映画コンクール
男優主演賞
2008年青い鳥』『歩いても歩いても
ヨコハマ映画祭
主演男優賞
2012年『テルマエ・ロマエ』
京都国際映画祭
2016年 三船敏郎
テンプレートを表示
あべ ひろし
阿部 寛
プロフィール
愛称 阿部ちゃん
生年月日 1964年6月22日
現年齢 57歳
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市神奈川区
血液型 A型
公称サイズ[いつ?]
身長 / 体重 189 cm / kg
単位系換算
身長 / 体重 6 4 / lb
活動
デビュー 1983年
ジャンル 映画テレビドラマ舞台ファッション
モデル内容 一般
他の活動 俳優 モデル
モデル: テンプレート - カテゴリ

阿部 寛(あべ ひろし、1964年昭和39年〉6月22日[1] - )は、日本俳優茂田オフィス所属。

略歴

モデル時代

神奈川県横浜市神奈川区出生。3人兄弟の末っ子として生まれる。横浜市立三ツ沢小学校横浜市立松本中学校神奈川県立白山高等学校、一浪を経て中央大学理工学部電気工学科(現在の電気電子情報通信工学科)卒業。

大学在学中の1985年、姉に勧められて優勝賞品である車ほしさに「集英社第3回ノンノボーイフレンド大賞」に応募し優勝。以降、雑誌ノンノ』『メンズノンノ』のカリスマモデルとして活躍[1]

不遇の時代

1987年に映画はいからさんが通る』で俳優デビュー[2](理由は、当時人気アイドルで阿部本人も大ファンだった南野陽子と共演できることから。サインをもらったとも話している)。また、アイドルとして1988年にアルバムをリリース。

同年以降は俳優を主として活動するも、ファッションモデル出身という肩書きと顔立ちから、ありきたりな(本人は当時の事を「フェラーリで乗り付けるような」と語っている)二枚目の役しか与えられなかった。更に、背が高すぎるために女性とのツーショットが撮りにくいという問題が浮上。次第にドラマの仕事が減っていき、大きな焦燥感に駆られていった。

3年間は仕事に恵まれず、パチンコで生計を立てていた[3]。この頃に古武術を始め、後の仕事へつながる。この頃、投資用にマンションを購入[1]バブル崩壊による不動産価値下落、自身の人気低下もあり、大借金を抱えてしまう[注釈 1]

追い討ちを掛けるように、「かつて一世を風靡した有名人」を捜索するバラエティ番組あの人は今!?』の取材で捜索対象になってしまい、一念発起した。本人の著作によれば、1992年にNHKドラマ『チロルの挽歌』に高倉健が主演するという話を聞くと、名前のつかない端役にもかかわらず出演を希望、何か小さいことでもヒントを得ようとしたとされる[注釈 2]

転換期

1993年、つかこうへい作・演出の舞台『熱海殺人事件 モンテカルロ・イルージョン』でバイセクシュアル部長刑事役で主演。

1994年、『しのいだれ』(細野辰興監督作品)で、憧れだった役所広司と共演を果たし、『凶銃ルガーP08』と2本併せて日本映画プロフェッショナル大賞・特別賞を受賞。

1995年のNHK大河ドラマ八代将軍吉宗』で有能な老中松平乗邑役を演じたのを皮切りに、時代劇への出演も増え、特に大河ドラマにはその後『元禄繚乱』(1999年)、『武蔵 MUSASHI』(2003年)、『義経』(2005年)、『天地人』(2009年)などで重要な役どころとして立て続けに出演。

再ブレイク

脇役として一定の地位を確保した2000年、仲間由紀恵と共演したドラマ『TRICK』では、劇中で自身のモデル時代の写真を自虐ネタとして多用するなど、徹底して三枚目の役を演じた。また、2005年に出演した映画『姑獲鳥の夏』がきっかけで京極夏彦の著作である『百器徒然袋――雨』のあとがきを担当。映画に出演しての感想を書いている。

テレビドラマ『結婚できない男』での演技が、「2006年上半期がんばった大賞」で、FNSがんばった大賞を受賞。『結婚できない男』とは逆のホームコメディードラマである『アットホーム・ダッド』でも、主人公を演じる。

バブル当時の人気を買われ、2007年公開の映画『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』に出演。

2006年3月11日公開のアニメ映画『真救世主伝説 北斗の拳 〜ラオウ伝 殉愛の章〜』のケンシロウ役の声優を担当した。

その後の活躍

2012年には、映画『テルマエ・ロマエ』にて、『古代ローマ帝国の浴場設計技師』を演じ、第34回ヨコハマ映画祭 主演男優賞、第55回ブルーリボン賞 主演男優賞、第36回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞を受賞。

2018年2月6日、電気製品発表会イベントのため台湾に滞在していた際、花蓮県沖を震源とするマグニチュード6.0の地震が発生、ホテルなどの建物が倒壊、死者も発生する惨事となったことを受け(2018年花蓮地震)、1000万円を寄付することをイベント司会者を通じ発表し[4]、3月1日に東京都港区の台北駐日経済文化代表処で1000万円を手渡しで寄付した[5]

人物

  • 父親も兄弟も背は高くなく、家族の中で阿部寛だけが高身長である[1]
  • 焼き芋が大好物で、多い時には「1日3~4本食べる」のだと2018年頃から語っている。スーパーに行くたびに大量に買い占めてしまうため、阿部が来店したときは店員から焼き芋を隠されてしまうようになっているという[9]
  • 2022年1月14日放送の『ラヴィット!』で自身のモノマネをしている都留拓也(ラパルフェ)と共演した際、「ちょっともう少し滑舌よく…」と注意しようとしたところ「滑舌」を噛んでしまいスタジオの爆笑を誘った[10]

私生活

40歳を越えてなお独身で、目立った恋愛報道も無いところに主演ドラマ『結婚できない男』での演技が評判となり、そうしたイメージがさらに定着していた中、2007年11月20日、15歳年下の当時28歳の女性との結婚を記者会見で発表した。

会見では、『結婚できない男』にちなみ、「『結婚できない男』が結婚することになりました」と述べて、会場の笑いを誘った。5年ほど前に友人の食事会で出会い、1年前に阿部がメールをしたことから交際に発展、結婚の理由については「僕にとってかわいい人。価値観が合って、年齢差を感じない」とのこと。

2008年2月に入籍。2011年6月23日、第1子(長女)が誕生[11]。2012年11月1日、第2子(次女)が誕生[12]

ホームページについて

  • 自身のWebサイトである「阿部寛のホームページ」は、シンプルで軽量かつ全体表示が世界屈指の速さを誇ることで知られ、どのページもほぼ瞬時に表示される[13]。そのため、通信回線の不安定なネットユーザーがベンチマークとしてこのサイトを用いることがある[14][15][16]
  • 元々はファンサイトであったが、そのまま本人と所属事務所から公式に承諾を得たことで公式サイトとなった[17]
  • 2019年には、表示される本人画像がアップデートされただけでニュースになった[18]
  • 2020年には、IPv6に完全対応済みとなった[19]
  • 本人主演のテレビドラマまだ結婚できない男』の公式サイトでは、主人公である桑野信介のプロフィールだけが完全に「阿部寛のホームページ」のオマージュとなっている[20][21]

出演

太字は主演作品。

テレビドラマ

映画

OV・OVA

舞台

  • ある日どこかで(1992年)
  • 熱海殺人事件〜モンテカルロイリュージョン〜(1993-1996年、1998年、2002年)
  • 新・地獄変(2000年)
  • 持ち上げる人(2001年)
  • 新・近松心中物語〜それは恋(2004年、2005年)
  • 道元の冒険(2008年)
  • コースト・オブ・ユートピア - ユートピアの岸へ(2009年)
  • あべ一座「あべ上がりの夜空に」(2009年)
  • シンベリン(2012年)
  • ジュリアス・シーザー(2014年)

ドキュメンタリー

  • TV60関連特集 宇宙への挑戦(2013年8月17日、NHK BSプレミアム) - ナビゲーター
  • ザ・プレミアム 超常現象(NHK BSプレミアム)[49] - ナビゲーター
    • 第1集 さまよえる魂の行方〜心霊現象〜(2014年1月11日)
    • 第2集 秘められた未知のパワー〜超能力〜(2014年1月18日)
  • ローマ街道物語〜全長15万キロの旅〜(2014年5月 - 2015年10月、BSフジ) - ナレーション

バラエティ

TBS

  • アッコにおまかせ!
  • オールスター感謝祭
    • オールスター感謝祭'95超豪華!クイズ決定版この春お待たせ特大号(1995年4月1日)
    • オールスター感謝祭'99超豪華!クイズ決定版この春お待たせ特大号(1999年3月27日)
    • オールスター感謝祭'01超豪華!クイズ決定版21世紀最初の特大号(2001年3月31日)
    • オールスター感謝祭'10超豪華!クイズ決定版この春お待たせ特大号(2010年4月3日)
    • オールスター感謝祭'15秋チーム対抗サバイバル!クイズ王座決定戦!!(2015年10月3日)
    • オールスター感謝祭2018秋(2018年10月6日)
    • オールスター感謝祭2021春(2021年3月27日)

フジテレビ

CM

ラジオ

受賞歴

1994年
2001年
2002年
2003年
  • 第42回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞(『逃亡者 RUNAWAY』)
2005年
  • 第46回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞ドラゴン桜
2006年
2008年
2009年
  • 第61回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『白い春』)
2012年
2015年
2016年
2021年
  • 第108回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『ドラゴン桜
2022年

書籍

作品

アルバム

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 「最近になり(バブル時代に作った数億円の)借金を返し終えた」と映画『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』(2007年)の舞台挨拶で告白した。約20年かけての完済であった。
  2. ^ 『アベちゃんの悲劇』によると、高倉はセリフが一言(「電話です」)しかなかった阿部をエキストラと考えていたため「よろしくお願いします」の型通りの挨拶でその場が終わった。後から周りに教えられた高倉は役者の先輩としての挨拶をしなかった非礼を詫び、激励の言葉と機会があれば共演しようと自分の言葉で伝えた。
  3. ^ 当初は2020年夏に放送の予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期され[24]、2021年4月からの放送となった[25]

出典

  1. ^ a b c d 男の履歴書 阿部 寛”. インライフ. 2014年8月12日閲覧。
  2. ^ 前作超えた『ドラゴン桜』、作品ごとに魅力増す阿部寛の“希少性””. NEWSポストセブン (2021年5月9日). 2021年6月5日閲覧。
  3. ^ 阿部寛 3年間のパチプロ生活を経て『あの人は今』で再起」『女性セブン』2012年11月1日号、小学館、2012年10月28日閲覧。
  4. ^ 阿部寛、台湾地震に1000万円寄付を発表”. mdpr.jp. モデルプレス (2018年2月9日). 2018年2月10日閲覧。
  5. ^ “阿部寛、約束通り台湾の駐日代表に1000万手渡し。現地で賞賛の声”. まぐまぐニュース!. (2018年3月2日). https://www.mag2.com/p/news/351747 2021年6月30日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f 阿部 寛のプロフィール”. 2013年9月11日閲覧。
  7. ^ “仲間由紀恵「人気再熱」”. エンタMEGA. (2020年2月27日). https://entamega.com/33219 2021年6月30日閲覧。 
  8. ^ ″本物の俳優″を目指す阿部寛「50歳まであと2年、あせりますよ」”. HAPPY PLUS(ハピプラ)(livedoor NEWS) (2012年11月29日). 2014年1月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年1月12日閲覧。
  9. ^ ““お芋大好き”阿部寛、大量購入警戒の店が焼き芋隠す”. ナリナリドットコム. (2018年10月13日). https://www.narinari.com/Nd/20181051614.html 2019年10月17日閲覧。 
  10. ^ “あの俳優とは大違い!? 阿部寛、モノマネ芸人とのコラボで際立った「度量」”. アサ芸ビズ. (2022年1月18日). https://asagei.biz/excerpt/37919 2022年1月23日閲覧。 
  11. ^ “阿部寛、第1子女児誕生「妻に感謝」”. ORICON STYLE. (2011年7月31日). オリジナルの2014年7月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140711001115/http://www.oricon.co.jp/news/2000341/full/ 2014年7月11日閲覧。 
  12. ^ 市川遥 (2012年11月27日). “阿部寛、第2子女児が誕生していた!出産にも立ち会い”. シネマトゥディ. オリジナルの2012年11月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121129224052/http://www.cinematoday.jp/page/N0048142 2014年7月11日閲覧。 
  13. ^ 読み込みの速さが話題のサイト「dev.to」に日本伝統のあのサイトが圧倒的勝利を収める【やじうまWatch】”. INTERNET Watch. 株式会社インプレス (2017年11月17日). 2021年6月6日閲覧。
  14. ^ 「通信制限の辛さ」を表した1枚のスクショが…説得力ありすぎ!!”. BUZZmag (2020年11月8日). 2021年6月6日閲覧。
  15. ^ 家のネット回線が遅すぎる。どのくらい遅いかって、“あの”ホームページの読み込みが途中で止まるレベル「嘘だろ…」「遅いなんてレベルじゃない」”. Togetter (2019年8月27日). 2021年6月6日閲覧。
  16. ^ 『阿部寛さんのホームページ』の表示が爆速すぎると絶賛の嵐! ネットの声「WEBデザインの究極完成形」など”. ロケットニュース24 (2017年11月15日). 2021年6月6日閲覧。
  17. ^ “「阿部寛のホームページ」が『ドラゴン桜』出演情報を更新! 事務所が明かす今後のサイト運営”. 週刊女性PRIME (主婦と生活社). (2021年4月25日). https://www.jprime.jp/articles/-/20698 2021年6月30日閲覧。 
  18. ^ 「阿部寛のホームページ」トップの写真が変更 歴史が動くも爆速表示は変わらずネット民歓喜”. ねとらぼ (2019年3月31日). 2021年6月6日閲覧。
  19. ^ ““表示爆速”阿部寛さんのサイト、IPv6にも対応済みだった 「デザインより質」ネットで話題”. ITmedia NEWS (アイティメディア). (2020年3月13日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2003/13/news087.html 2021年6月6日閲覧。 
  20. ^ "まだ結婚できない男". 関西テレビ放送 カンテレ. 2020年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月6日閲覧注:「相関図」の「桑野信介 (53) 阿部寛」をクリックすると表示。
  21. ^ “阿部寛主演「まだ結婚できない男」公式サイトの人物紹介で阿部寛だけなぜか「阿部寛のホームページ」風で「完全に分かってる」と話題に”. ねとらぼ (アイティメディア). (2019年10月6日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1910/06/news026.html 2021年6月6日閲覧。 
  22. ^ 2023年 大河ドラマ「どうする家康」出演者発表”. NHKドラマ. 日本放送協会 (2021年11月29日). 2021年11月29日閲覧。
  23. ^ 岡田准一、有村架純、ムロツヨシ、阿部寛、『どうする家康』出演 松本潤「今から楽しみ」”. Real Sound. リアルサウンドテック (2021年11月29日). 2021年11月29日閲覧。
  24. ^ “ドラマ「ドラゴン桜2」放送延期が決定、阿部寛「地道に準備していきたい」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年6月19日). https://natalie.mu/eiga/news/383866 2021年7月14日閲覧。 
  25. ^ 阿部寛主演『ドラゴン桜』続編、4月から放送 コロナ禍で昨夏から延期”. ORICON NEWS (2021年2月10日). 2021年7月14日閲覧。
  26. ^ 「ドラゴン桜」続編15年ぶり放送 伝説の弁護士・桜木が10年後の龍山高校で東大合格に導く”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2020年3月10日). 2021年6月30日閲覧。
  27. ^ ドラゴン桜4・25初回 人気作家オークラ氏ら脚本”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2021年3月27日). 2021年3月27日閲覧。
  28. ^ 「結婚できない男」続編の製作決定、阿部寛「結婚してなかったんですね、やっぱり」”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年4月26日). 2021年6月30日閲覧。
  29. ^ 阿部寛主演『新参者』、新春SP放送決定”. ORICON NEWS. oricon ME (2013年10月21日). 2021年6月30日閲覧。
  30. ^ 阿部寛、土屋太鳳と初共演で父娘役 連ドラ『下町ロケット』主演”. ORICON (2015年8月19日). 2015年8月19日閲覧。
  31. ^ 阿部寛主演「下町ロケット」続編が秋放送! 「今作も難題に直面」安田顕らも続投”. CinemaCafé.net. 株式会社イード (2018年7月19日). 2021年6月30日閲覧。
  32. ^ 『下町ロケット』年明け1・2にSPドラマ放送 佃製作所の“その後”描く”. ORICON NEWS. oricon ME (2018年12月23日). 2021年6月30日閲覧。
  33. ^ “阿部寛、ウクライナ俳優にそっくり? 香川照之も納得「瓜二つ」”. ORICON STYLE. (2016年8月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2077654/full/ 2016年8月31日閲覧。 
  34. ^ 阿部寛&常盤貴子出演! 山田洋次監督作「遙かなる山の呼び声」をドラマ化”. CinemaCafé.net. 株式会社イード (2018年2月8日). 2021年6月30日閲覧。
  35. ^ 阿部寛、5度目の『日曜劇場』主演 東大受験の次は“水中事件”に挑む”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年7月14日). 2021年7月14日閲覧。
  36. ^ 聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-”. 日曜洋画劇場. 2016年9月7日閲覧。
  37. ^ “阿部寛『麒麟の翼』で6年ぶりの共演の新垣結衣に「お芝居が上手くなった」”. MOVIE WALKER PRESS. (2011年10月28日). https://moviewalker.jp/news/article/25646/ 2022年1月2日閲覧。 
  38. ^ 岡田准一、映画『神々の山嶺』で主演 邦画初エヴェレストでの撮影に挑む”. ORICON (2015年2月19日). 2015年10月30日閲覧。
  39. ^ “是枝監督×阿部寛の無敵タッグ!5・21公開「海よりもまだ深く」”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2015年12月25日). https://www.sanspo.com/article/20151225-2QXVDBIVUFNZVE5WLBNODY4J3U/ 2015年12月25日閲覧。 
  40. ^ “阿部寛&東野圭吾氏再タッグ!大ヒット小説「疾風ロンド」映画化”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年4月13日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/13/kiji/K20160413012394680.html 2016年4月13日閲覧。 
  41. ^ “阿部寛&天海祐希、初の夫婦役に! 『恋妻家宮本』2017年公開”. シネマカフェ (株式会社イード). (2015年11月30日). http://www.cinemacafe.net/article/2015/11/30/36034.html 2015年11月30日閲覧。 
  42. ^ “阿部寛、チェン・カイコー×染谷将太「空海」に安倍仲麻呂役で出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年11月22日). http://natalie.mu/eiga/news/210226 2016年11月22日閲覧。 
  43. ^ “柳楽優弥が“日本の顔”葛飾北斎に!田中泯とW主演、海外配給も視野”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年8月7日). https://www.sanspo.com/article/20190807-5EZXIXQXVNNXXL6WBWIUVEDIGU/ 2019年8月7日閲覧。 
  44. ^ 佐藤健、連続殺人事件の容疑者役で映画主演 刑事役に阿部寛、林遣都”. ORICON NEWS. oricon ME (2020年3月28日). 2020年4月17日閲覧。
  45. ^ ““容疑者”佐藤健と“刑事”阿部寛が対峙 「護られなかった者たちへ」ビジュアル完成&21年秋公開”. 映画.com. (2020年12月10日). https://eiga.com/news/20201210/5/ 2020年12月10日閲覧。 
  46. ^ 佐藤健×阿部寛『護られなかった者たちへ』公開日が10月1日に決定 特報&新ビジュアルも”. ぴあエンタメ情報. ぴあ (2021年4月8日). 2021年6月30日閲覧。
  47. ^ 阿部寛と北村匠海が重松清原作の映画「とんび」で初共演、監督は瀬々敬久”. 映画ナタリー (2021年1月28日). 2021年2月2日閲覧。
  48. ^ 阿部寛、新作映画で内田英治監督とタッグ!『異動辞令は音楽隊!』製作決定”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2021年6月30日). 2021年6月30日閲覧。
  49. ^ ザ・プレミアム 超常現象 - NHK名作選 NHKアーカイブス”. NHK. 2021年3月26日閲覧。
  50. ^ “阿部寛、パラパラ漫画風CMで爽やかスマイル”. ORICON NEWS (oricon ME). (2009年5月27日). https://www.oricon.co.jp/news/66445/full/ 2021年6月30日閲覧。 
  51. ^ “コカ・コーラ初のレモンサワー「檸檬堂」がついに本日28日(月)全国発売! 「前割りレモン製法」採用の鬼レモン、はちみつレモンなど4つの味~阿部寛出演の新TVCMも”. ネタとぴ (株式会社インプレス). (2019年10月28日). https://netatopi.jp/article/1215306.html 2021年6月30日閲覧。 
  52. ^ “阿部寛、指原莉乃が出演する「綾鷹」新CM ナレーションは吉岡里帆”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2021年4月2日). https://www.cinra.net/news/20210402-ayataka 2021年6月30日閲覧。 
  53. ^ 阿部寛:広瀬アリスの一言に動揺? 初共演の新CM公開”. MANTANWEB (2017年12月15日). 2018年8月7日閲覧。
  54. ^ “ようやく見つけたヘアサロンはまさかの「○○専門」だった!阿部 寛がアフロヘア―!?『ホットペッパービューティー』新TV-CM 3月25日(日)より放送スタート” (プレスリリース), 株式会社リクルート, (2018年3月22日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000663.000011414.html 2021年6月30日閲覧。 
  55. ^ ““阿部 寛×広瀬 アリス”のタッグ再び 広瀬 アリスが予言者に!? 阿部 寛も驚愕のお告げとは?” (プレスリリース), 株式会社リクルートライフスタイル, (2018年6月28日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000713.000011414.html 2021年6月30日閲覧。 
  56. ^ “歯周病菌はハグキ細胞内にも侵入する ガム・ウェルプラス 新CM「ペースト・リンス篇」” (プレスリリース), サンスターグループ, (2020年3月17日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000270.000005120.html 2021年6月30日閲覧。 
  57. ^ 1997年青春アドベンチャー”. 青春アドベンチャー倉庫. 2014年7月9日閲覧。
  58. ^ “橋本愛への「デートは?」の問いに、樹木希林が「楽しかったです」と助け舟”. cinemacafe.net. (2013年5月10日). https://www.cinemacafe.net/article/2013/05/10/16947.html 2022年1月21日閲覧。 
  59. ^ a b 第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2022年1月21日閲覧。
  60. ^ 第87回ドラマアカデミー賞”. WEBザテレビジョン. KADOKAWA. 2022年1月21日閲覧。
  61. ^ “『京都国際映画祭2016』が閉幕 阿部寛が三船敏郎賞を受賞「これからも映画とともに」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年10月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2079986/full/ 2022年1月21日閲覧。 
  62. ^ “世界に見せたい日本のドラマ 『あさが来た』『赤めだか』がグランプリ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年11月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2081070/full/ 2022年1月20日閲覧。 
  63. ^ “『第45回日本アカデミー賞』受賞者・作品発表 司会は羽鳥慎一&長澤まさみ”. ORICON NEWS (株式会社oricon ME). (2022年1月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2221334/full/ 2022年1月19日閲覧。 
  64. ^ 2007年5月上旬号”. KINENOTE. 2014年7月10日閲覧。

外部リンク