村山リウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村山 リウ(むらやま りゅう、女性、1903年4月1日 - 1994年6月17日)は、日本の評論家。

香川県仲多度郡琴平町生まれ。1923年日本女子大学校国文科卒、1930年岡山医科大学副手の村山高と結婚、1936年頃から地域婦人活動を行う。1943年から大阪に住み女子挺身隊関連の仕事で大阪府庁に勤める。戦争で大阪の家を焼かれ、戦後、大阪市社会教育委員など各種婦人団体の役員をつとめ、新聞の身の上相談や社会時評などで、婦人問題評論家として活動。戦後、『源氏物語』の研究を始めてその解き語りを関西を中心に始め、「村山源氏」として知られ、1959年にはテレビでその現代語訳の朗読を行った。1954-91年源氏物語講座(婦人民生クラブ主催)講師。大阪ユネスコ協会副会長、大阪市選挙管理委員長なども歴任、市川房枝の選挙協力も行った[1][2]

著書[編集]

  • 「源氏物語』創元社 1960-61
  • 『源氏物語のすすめ』講談社現代新書 1966
  • 『源氏物語 ときがたり』主婦の友社 1968
  • 『私の源氏物語』日本放送出版協会 1977
  • 『わたしの中の女の歴史』人文書院 1978
  • 『女の自立 『源氏物語』から学んだこと』共同ブレーンセンター 1982
  • 『村山リウ説き語り「源氏物語」』講談社 1983 のち文庫
  • 『私とつれあい』人文書院 1984
  • 『私の歩いた道』創元社 1984
  • 『はなやぐ老い』人文書院 1989

脚注[編集]

  1. ^ 20世紀日本人名事典
  2. ^ 『私の歩いた道』