坂東彌十郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ばんどう やじゅうろう
坂東 彌十郎
屋号 大和屋
定紋 三つ大 Mitsu Dai inverted.png
生年月日 (1956-05-10) 1956年5月10日(62歳)
本名 本間寿男
襲名歴 1. 坂東彌十郎
俳名 酔寿
出身地 東京都
坂東好太郎
飯塚敏子
兄弟 二代目坂東吉彌
坂東新悟

坂東 彌十郎(ばんどう やじゅうろう、1956年(昭和31年)5月10日 - )は歌舞伎役者。屋号大和屋定紋三ツ大、替紋は花勝見。本名は本間 寿男(ほんま ひさお)。

兄は関西歌舞伎の脇役で活躍した二代目坂東吉彌。長男は坂東新悟

来歴[編集]

坂東好太郎の三男として東京に生まれる。千代田区立麹町小学校を卒業後、暁星中学校に入学。幼少の頃より背が高くサンマというニックネームもあった。また学芸会など演劇に熱心であった。八代目坂東三津五郎門に入り、昭和48年(1973年)5月歌舞伎座『奴道成寺』の所化観念坊で坂東弥十郎[1]を名乗って初舞台。

昭和50年(1975年)1月に三津五郎がフグに中って不慮の死を遂げると伯父の十四代目守田勘彌の門に移るが、2か月後にはその勘彌も急死。その後は三代目市川猿之助門下に移る。昭和53年(1978年)『五大力恋緘』(五大力)の男芸者、『人情噺文七元結』(文七元結)の鳶の頭で名題昇進

以降は猿之助一座で立役、敵役、老役と幅広い役柄をこなし、平成10年(1998年)真山青果賞奨励賞を受賞。また、同世代の十八代目中村勘三郎による「平成中村座」にも参加。平成15年(2003年)、中村座ニューヨーク公演『夏祭浪花鑑』「鳥居前」「三婦内」の三婦が好評。積極的な舞台活動を続けている。

受賞歴[編集]

  • 昭和59年(1984年) 歌舞伎座優秀賞
  • 平成10年(1998年) 歌舞伎座賞、真山青果賞奨励賞 

人物・逸話[編集]

  • 梨園一の長身 (183cm) で、その偉丈夫な押し出しを使った力強い芸風を持つ。
  • 趣味は海外旅行で、とりわけヨーロッパ方面の旅を好んでいる。語学も英語仏語に堪能で、歌舞伎の海外紹介に積極的で国際性豊かな歌舞伎役者を目指している。
  • 酔寿(すいす)という俳号を持つ俳人でもあり、折に触れて自作の俳句を専門誌などに発表することもある[2]
  • 同世代の十八世中村勘三郎とは少年期より交友があり、生前の勘三郎の企画に名を連ねることも多かった。

主な出演[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成19年(2007年)1月、表記を「彌十郎」と改める。
  2. ^ “彌十郎『四谷怪談忠臣蔵』泉岳寺で成功祈願” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 歌舞伎総合サイト『歌舞伎美人』, (2010年3月11日), http://www.kabuki-bito.jp/news/2010/03/_photo_62.html 2017年10月19日閲覧。 

外部リンク[編集]