坂東彌十郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ばんどう やじゅうろう
坂東 彌十郎
屋号 大和屋
定紋 三つ大 Mitsu Dai inverted.png
生年月日 (1956-05-10) 1956年5月10日(66歳)
本名 本間ほんま 寿男ひさお[1]
襲名歴 1. 坂東彌十郎[1]
俳名 酔寿すいす
出身地 東京都
坂東好太郎
飯塚敏子(継母)[2]
兄弟 二代目坂東吉彌
坂東新悟

坂東 彌十郎(ばんどう やじゅうろう、1956年昭和31年〉5月10日 - [1])は、日本歌舞伎役者[1]屋号大和屋定紋三ツ大、替紋は花勝見。本名は本間 寿男(ほんま ひさお)[1]。業務提携:松竹エンタテインメント、俳優として映像作品にも出演している。

兄は関西歌舞伎の脇役で活躍した二代目坂東吉彌。長男は坂東新悟

略歴[編集]

坂東好太郎の三男として東京に生まれる。千代田区立麹町小学校を卒業後、暁星中学校に入学。幼少の頃より背が高くサンマというニックネームもあった。また学芸会など演劇に熱心であった。

映画俳優に転じたあと昭和37年(1962年)に歌舞伎俳優に戻った父は伯父の八世坂東三津五郎十四世守田勘彌に稽古をつけてもらっており、テープ係として同行していたという[3]

「どうしても歌舞伎役者になりたい」と望み[4]、八世三津五郎一門に入門。昭和48年(1973年)5月、歌舞伎座『奴道成寺』の所化観念坊で坂東弥十郎[注 1]を名乗って初舞台を踏んだ。しかし昭和50年(1975年)1月に八世三津五郎がフグにあたって不慮の死を遂げ(詳細はこちらを参照)、十四世守田勘彌の門に移るが、2か月後にはその十四世勘彌も急死してしまう。

後ろ盾を失くすかたちとなり、役がつかなくなったため、実家に戻って父のもとで一般演劇にも出演していた。父は亡くなる前に三代目市川猿之助に彌十郎を託し、門下に移ったという[4]

昭和53年(1978年)『五大力恋緘』(五大力)の男芸者、『人情噺文七元結』(文七元結)の鳶の頭で名題昇進

以降は猿之助一座で立役、敵役、老役と幅広い役柄をこなし、平成10年(1998年)に真山青果賞奨励賞を受賞する。三代目猿之助演出のオペラコックドール」(1984年)等で演出助手を務め、坂東玉三郎の「夕鶴」(1997年)の演出も手がけた[5]。しかし澤瀉屋の助手としてではなく、自らもっと海外でやってみたいとの思いが芽生えたことから一門を離れた。その後、同世代の十八世中村勘三郎による「平成中村座」に参加。平成15年(2003年)には中村座ニューヨーク公演『夏祭浪花鑑』「鳥居前」「三婦内」の三婦が好評を得ている。

平成26年(2014年)には長男と自主公演「やごの会」を立ち上げ、平成28年(2016年)にはフランス、スイス、スペインの3ヵ国をめぐるヨーロッパ公演も行っている。

受賞歴[編集]

人物・逸話[編集]

  • 梨園一の長身(183cm)で、その偉丈夫な押し出しを使った力強い芸風を持つ。
  • 趣味は海外旅行で、とりわけヨーロッパ方面の旅を好んでいる。語学も英語仏語に堪能で、歌舞伎の海外紹介に積極的で国際性豊かな歌舞伎役者を目指している。
  • 酔寿(すいす)という俳号を持つ俳人でもあり、折に触れて自作の俳句を専門誌などに発表することもある[7]
  • 同世代の十八世中村勘三郎とは少年期より交友があり、生前の勘三郎の企画に名を連ねることも多かった。
  • 猿翁(三代目猿之助)に自主公演「やごの会」ヨーロッパ公演の報告に行った際に「やっとだね」と声をかけられた。実は猿翁は彌十郎を気にかけ、一門を離れた後もテレビなどで出演している番組は必ず見ていたことを周囲から聞かされたという[4]

主な出演[編集]

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

映画[編集]

  • 書かれた顔(1996年、坂東玉三郎を追ったドキュメンタリー)
  • やじきた道中 てれすこ (2007年)
  • 審判(2018年) - 殴る男 役(特別出演)[11]

シネマ歌舞伎[編集]

歌舞伎名作撰[編集]

  • 「スーパー歌舞伎 ヤマトタケル」 (2004年)(※1995年新橋演舞場上演) - 熊襲兄タケル/伊吹山の山神[12]
  • 「野田版 研辰の討たれ」 (2007年) (※シネマ歌舞伎と同内容)
  • 「棒しばり・年増・共奴」 (2007年) - 『棒しばり』曽根松兵衛 役(※収録しているのはシネマ歌舞伎と同内容の2004年4月歌舞伎座公演[13][14]
  • 「女殺油地獄」(※シネマ歌舞伎と同内容)

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 平成19年(2007年)1月、表記を「彌十郎」と改める。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 読売年鑑2013』P.600(読売新聞東京本社,2013年3月27日刊行)
  2. ^ 坂東彌十郎、@yajurobando 2022年8月7日の発言
  3. ^ 彌十郎、「歌舞伎夜話」で語った思い出の数々”. 歌舞伎公式総合サイト『歌舞伎美人』 (2016年3月23日). 2020年12月30日閲覧。
  4. ^ a b c 第14回 坂東彌十郎(歌舞伎俳優) 脇役に人生あり。与えられたお役に真摯に向かい、より高みを目指す”. 大人未来. 三井住友トラスト不動産 (2017年). 2020年12月30日閲覧。
  5. ^ 坂東 彌十郎 プロフィール”. www.shochiku-enta.co.jp. 松竹エンタテインメント. 2020年12月30日閲覧。
  6. ^ 会員一覧”. www.kabuki.or.jp. 伝統歌舞伎保存会. 2020年10月30日閲覧。
  7. ^ 彌十郎『四谷怪談忠臣蔵』泉岳寺で成功祈願”. 歌舞伎公式総合サイト『歌舞伎美人』 (2010年3月11日). 2017年10月19日閲覧。
  8. ^ Inc, Natasha. “渡辺大×北乃きい「シネコンへ行こう!」従業員役に芹澤興人ら、ゲストに坂東彌十郎(コメントあり)” (日本語). 映画ナタリー. 2022年6月24日閲覧。
  9. ^ “平野紫耀主演「クロサギ」人たらしのシロサギは山本耕史、坂東彌十郎は最大の敵に”. 映画ナタリー. (2022年9月16日). https://natalie.mu/eiga/news/493902 2022年9月16日閲覧。 
  10. ^ “平野紫耀の「クロサギ」ビジュアル解禁、井之脇海と中村ゆりも出演”. 映画ナタリー. (2022年9月17日). https://natalie.mu/eiga/news/494062 2022年9月17日閲覧。 
  11. ^ The Trial 審判 | A John Williams Film”. shinpan-film.com. 2020年12月29日閲覧。
  12. ^ 歌舞伎名作撰 ヤマトタケル(DVD) | 松竹DVD倶楽部
  13. ^ 歌舞伎名作撰 棒しばり・年増・供奴(DVD) | 松竹DVD倶楽部
  14. ^ 喜撰/棒しばり | 作品一覧 | シネマ歌舞伎 | 松竹
  15. ^ 坂東彌十郎と見る「鎌倉殿」と歌舞伎”. NHK (2022年5月27日). 2022年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月3日閲覧。
  16. ^ “『第73回紅白歌合戦』ゲスト審査員発表 松本潤&羽生結弦&森保一監督ら10人【プロフィールあり】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年12月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2261565/full/ 2022年12月21日閲覧。 

外部リンク[編集]