山口小夜子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やまぐち さよこ
山口 小夜子
プロフィール
生年月日 1949年9月19日
没年月日 2007年8月14日
没年齢 57歳(数え59)
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
瞳の色
毛髪の色
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 170 cm / kg
活動
デビュー 1971年
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
他の活動 ファッションデザイナー
モデル: テンプレート - カテゴリ

山口 小夜子(やまぐち さよこ、1949年9月19日 - 2007年8月14日[1])は、日本ファッションモデルファッションデザイナー杉野ドレスメーカー女学院卒業。パリコレクションに出演するなど世界的に活躍し、日本人女性モデルの草分け的存在になった[2][3]

経歴[編集]

京浜女子大学横浜高等学校[4]杉野学園ドレスメーカー女学院卒業後[2]1971年プロのモデルとしてデビューし[3]高田賢三山本寛斎のショーで注目を集める[2]1972年、パリコレクションにアジア系モデルとして初めて起用され[5]、次いでニューヨークコレクションにも出演した。おかっぱ頭に切れ長の目で日本人ブームを起こした[2]。特にヨーロッパで人気が沸騰し、「SAYOKO マネキン」というマネキン人形が発売されたほどだったという。現在でもアナスイニューヨーク店で使用されている。

1973年資生堂の専属モデルとなり、同社のCMに出演。その後も長くモデルとして活動しながら、ファッションデザインや服飾品のプロデュースも幾度となく担当。1977年には、雑誌『ニューズウィーク』の「世界のトップモデル6人」にアジア人で初めて選ばれた[2][5]

晩年はダンスファッションの融合をめざしたパフォーマンスに力をいれていたという。

2007年8月14日に急性肺炎のため死去していたことが、同年8月20日付の各社報道によって明らかになった。葬儀は親族だけで執り行われ、9月19日にお別れの会が開かれた[1]

著書[編集]

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

その他[編集]

関連人物[編集]

参考文献[編集]

書名 発行日 著者 出版社 ISBN 備考
『小夜子』 1984年9月23日 横須賀功光 文化出版局 JP 85004605 山口小夜子の写真集
『月 : 小夜子/山海塾』 1986年2月1日 横須賀功光 PARCO出版局 ISBN 978-4891941215 山口小夜子の写真集
『山口小夜子 未来を着る人』 2015年4月11日 東京都現代美術館 河出書房新社 ISBN 978-4309275888 2015年開催の同名展カタログ

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b
    山口小夜子さん通夜に1000人献花 東京中日スポーツ 2007年9月20日
  2. ^ a b c d e “モデルの先駆け、俳優の山口小夜子さん死去”. 2007年08月20日 (asahi.com). http://www.asahi.com/culture/news_entertainment/TKY200708200131.html 
  3. ^ a b “世界的モデル山口小夜子さんが死去”. 2007年08月20日 (日刊スポーツ). http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20070820-244397.html 
  4. ^ 山口小夜子展 横浜創英中学校・高等学校 校長ブログ
  5. ^ a b “Japanese supermodel dies, aged 57”. RTE. (2007年8月20日). http://www.rte.ie/arts/2007/0820/yamaguchis.html 2007年8月20日閲覧。 

外部リンク[編集]