山口小夜子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やまぐち さよこ
山口 小夜子
プロフィール
生年月日 1949年9月19日
没年月日 2007年8月14日
没年齢 57歳(数え59)
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
瞳の色
毛髪の色
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 170 cm / kg
活動
デビュー 1971年
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
他の活動 ファッションデザイナー
モデル: テンプレート - カテゴリ

山口 小夜子(やまぐち さよこ、1949年9月19日 - 2007年8月14日[1])は、日本ファッションモデルファッションデザイナー杉野ドレスメーカー女学院卒業。パリコレクションに出演するなど世界的に活躍。世界に通用する日本人女性ファッションモデルの先駆者となり、その特徴的な黒髪のおかっぱ頭と切れ長の目で「日本ブーム」を起こし、1977年にはアメリカのニューズウィーク誌の「世界の6人のトップモデル」の1人に選ばれた[2][3]

経歴[編集]

京浜女子大学横浜高等学校[4]杉野学園ドレスメーカー女学院卒業後[2]1971年プロのモデルとしてデビューし[3]高田賢三山本寛斎のショーで注目を集める[2]。1959年にルイ・フェローに見い出されてアジア系モデルとして初めてパリコレクションに起用され、1960年代にクリスチャン・ディオールのショーで活躍した松田和子や、1960年にピエール・カルダンに見い出され、1967年に出産するまで彼の専属モデルを務めた松本弘子(1935年~2003年)に続き、1972年にパリコレクションに起用され[5]、次いでニューヨークコレクションにも出演した。彼女は1960年代にパリコレクションで活躍した松田和子や松本弘子のような大きな目でキュートな顔立ちのモデルとは違い、切れ長の目と黒髪のおかっぱ髪で登場し日本人ブームを起こした[2]。特に頬骨が高くキツネのような和風の顔に、真っ白なファンデーションを厚く塗り込み、釣り目で切れ長の目を強調するために黒々とした太いアイラインを施した彼女のエキゾチックな顔は、ヨーロッパで熱狂的に支持され、「SAYOKO マネキン」というマネキン人形が欧米のブティックを席巻した。なお現在でもアナスイニューヨーク店で使用されている。

1973年資生堂の専属モデルとなり、同社のCMに出演。その後も長くモデルとして活動しながら、ファッションデザインや服飾品のプロデュースも幾度となく担当。1977年には、雑誌『ニューズウィーク』の「世界のトップモデル6人」にアジア人で初めて選ばれた[2][5]

晩年はダンスファッションの融合をめざしたパフォーマンスに力をいれていたという。

2007年8月14日に急性肺炎のため死去した[2]葬儀は親族だけで執り行われ、9月19日にお別れの会が開かれた[1]

著書[編集]

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

その他[編集]

追悼作品[編集]

関連人物[編集]

参考文献[編集]

書名 発行日 著者 出版社 ISBN 備考
『小夜子』 1984年9月23日 横須賀功光 文化出版局 JP 85004605 山口小夜子の写真集
『月 : 小夜子/山海塾』 1986年2月1日 横須賀功光 PARCO出版局 ISBN 978-4891941215 山口小夜子の写真集
『山口小夜子 未来を着る人』 2015年4月11日 東京都現代美術館 河出書房新社 ISBN 978-4309275888 2015年開催の同名展カタログ

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b
    山口小夜子さん通夜に1000人献花 東京中日スポーツ 2007年9月20日
  2. ^ a b c d e f “モデルの先駆け、俳優の山口小夜子さん死去”. 2007年08月20日 (asahi.com). http://www.asahi.com/culture/news_entertainment/TKY200708200131.html 
  3. ^ a b “世界的モデル山口小夜子さんが死去”. 2007年08月20日 (日刊スポーツ). http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20070820-244397.html 
  4. ^ 山口小夜子展 横浜創英中学校・高等学校 校長ブログ
  5. ^ a b “Japanese supermodel dies, aged 57”. RTE. (2007年8月20日). http://www.rte.ie/arts/2007/0820/yamaguchis.html 2007年8月20日閲覧。 

外部リンク[編集]