恩田美栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pix.gif 恩田 美栄
Yoshie ONDA
Figure skating pictogram.svg
Onda yoshie.jpg
2004年四大陸選手権ショートプログラムの演技を行う恩田美栄
基本情報
代表国: 日本の旗 日本
生年月日: (1982-12-13) 1982年12月13日(35歳)
出生地: 愛知県名古屋市
身長: 158 cm
元コーチ: ジョゼ・シュイナール (2005-2007)[1][2]
門奈裕子[1]
オードリー・ウェイシガー (2004-2005)[1]
山田満知子 (-2004)[1][3]
樋口美穂子 (-2004)[1]
元振付師: ジョゼ・シュイナール
ニコライ・モロゾフ[2]
ローリー・ニコル
クリス・コンテ
オードリー・ワイジガー
デヴィッド・ウィルソン
リー=アン・ミラー
山田満知子[1]
樋口美穂子
引退: 2007年4月
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 166.80 2005 四大陸選手権
ショートプログラム: 58.02 2005 四大陸選手権
フリースケーティング: 108.78 2005 四大陸選手権
 
獲得メダル
フィギュアスケート
四大陸選手権
2001 ソルトレイクシティ 女子シングル
2002 全州 女子シングル
2005 江陵 女子シングル

恩田 美栄(おんだ よしえ、1982年12月13日[2] - )は、愛知県名古屋市出身で日本女子フィギュアスケートコーチ。元プロフィギュアスケーター、元アマチュアフィギュアスケート選手(女子シングル)。

主な競技実績に2002年ソルトレイクシティオリンピック女子シングル日本代表(17位)、2002年世界選手権5位。2002年ボフロスト杯NHK杯各優勝、2002年全日本選手権2005年四大陸選手権各2位など。

人物[編集]

名古屋市立千種台中学校東海女子高校東海学園大学卒業後、同校の職員をしながら競技を続行し2006-2007シーズンをもって引退した。演技が終わった後の大きなガッツポーズと笑顔がファンに強い印象を残した[4]。現在は「スペリオール愛知FSC」でコーチ業に専念している。

高さのあるダイナミックなジャンプを武器としていた[5]。大学に入ってから3回転アクセルに取り組み始め[6]、競技での成功はなかったものの、ソルトレイクシティオリンピックフリースケーティングでも挑戦した[7][8]。身体が固く柔軟性に乏しいため、スパイラルやスピンは苦手としていた[9]

経歴[編集]

5歳でスケートを始め[10][11]、8歳のときグランプリ東海クラブに移り山田満知子コーチの指導を受けた[12][13]。1997-1998シーズンから1999-2000シーズンにかけて全日本ジュニア選手権で3年連続2位。世界ジュニア選手権にも1998年大会、1999年大会と2季連続で出場したが、1998年大会は公式練習中に疲労骨折して途中棄権した[14]

ソルトレイクシティ五輪出場・17位[編集]

1999-2000シーズンの全日本選手権では4位止まりだったが、同シーズン初出場の四大陸選手権で5位となる。四大陸選手権で日本女子シングル代表としては村主章枝(4位)より下位だったものの、フリースケーティングの内容が評価され、1枠しかなかった世界フィギュア選手権代表の座を勝ち取る。恩田にとって初の出場だった2000年世界選手権では、総合12位に入った。

2000-2001シーズンの全日本選手権では自身初めての表彰台となる3位に入る。さらに四大陸選手権でも3位で銅メダルを獲得。但し四大陸選手権は村主が優勝し、また2001年世界選手権の日本女子代表は1枠のみのため、恩田の2年連続の世界選手権選出はならなかった。

2001-2002シーズン、ISUグランプリシリーズ(GPシリーズ)で2戦続けて2位となり、GPファイナルに初進出。同時にソルトレイクシティオリンピック代表選出も内定した。しかしソルトレイクシティオリンピックショートプログラムでは、コンビネーションジャンプの失敗が響き17位と大きく出遅れてしまう。フリースケーティングでも序盤でトリプルアクセルに挑むも転倒してしまい、他のジャンプはほぼ成功させたが芸術点が伸びず結局総合17位に終わった。

2002年世界選手権長野大会・5位入賞[編集]

しかし、2年ぶりに出場した自国・長野開催の2002年世界選手権では予選3位スタート、ショートプログラムでほぼ完璧な演技を披露し4位につける。最終者滑走だったフリースケーティングでは、3回転アクセルの着氷こそ失敗したものの、その後は殆どミスの無い演技でまとめ結果総合5位入賞と健闘。もう1人の日本女子代表である村主が3位に入ったため、翌2003年世界選手権の女子シングル出場枠は、最大の3人に増えた。

2002-2003シーズンもGPシリーズではボフロスト杯NHK杯で連続優勝するなど好成績を収め、GPファイナル進出も決めていた。全日本選手権では村主に次いで2位に入る。しかしその後、新調したスケート靴が足に合わずに足首などを故障してしまい、さらにケガの影響が長引いた為、四大陸選手権及び、GPファイナルの出場辞退を余儀なくされた(荒川静香が共に代替出場)[15]2003年世界選手権で久々の競技会復帰となったが、総合11位にとどまった。

2004-2005シーズンから練習拠点をアメリカに移し、オードリー・ウェイシガーの指導を受ける[16][17][8]。4年連続でGPファイナルに進出する一方、全日本選手権では7位に沈んだ。2005年四大陸選手権では村主に次ぐ2位となった。

2005-2006シーズンからはカナダトロントに練習拠点を移し、ジョゼ・シュイナールに師事した。全日本選手権では完璧な演技を披露し4位だったものの、トリノオリンピック出場を逃した。四大陸選手権代表に選出されたが「(故障などはないが)試合をやる気持ちになっていない」と辞退する。その後2006年世界選手権は、トリノ五輪金メダリストの荒川が辞退したため急遽繰り上がりで3年ぶりの代表選出となり、調整不足ながらも総合11位となった。

2006-2007シーズン、地元名古屋で行われた全日本選手権は5位に終わり、自国東京で開催の2007年世界選手権の代表入りは果たせなかった。2007年四大陸選手権の出場(6位)を最後に、2007年4月1日にアマチュアからの引退を表明した。

現役引退後[編集]

現役引退後は、かつてプリンスアイスワールドを中心にプロスケーターとして活動していた。2007年6月からは、モリコロパーク・アイスリンクを拠点に指導者としての活動も始めた。2008年5月に「スペリオール愛知FSC」を正式に立ち上げ、現在アイスショーへの出演を休止、コーチ業に専念中。今後は全日本選手権などキス・アンド・クライの座席に、コーチとして選手と共に座る事を目標にしている[18]

主な戦績[編集]

大会/年 96-97 97-98 98-99 99-00 00-01 01-02 02-03 03-04 04-05 05-06 06-07
冬季オリンピック 17
世界選手権 12 5 11 11
四大陸選手権 5 3 3 辞退 8 2 辞退 6
全日本選手権 4 3 2 4 7 4 5
GPファイナル 5 辞退 5 5
GPロシア杯 7 3 3
GPスケートカナダ 2 7
GPスケートアメリカ 3
GPNHK杯 8 2 1 3 4
GP中国杯 2
GPエリック杯 2
GPボフロスト杯 2 1
冬季ユニバーシアード 1
世界Jr.選手権 棄権 17
全日本Jr.選手権 8 2 2 2
JGPSBC杯 5
JGPサルコウ杯 6
JGP中国 1
JGPソフィア杯 6

詳細[編集]

2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年2月7日-10日 2007年四大陸フィギュアスケート選手権コロラドスプリングス 7
49.38
4
103.23
6
152.61
2006年12月27日-29日 第75回全日本フィギュアスケート選手権名古屋 4
58.62
5
104.68
5
163.30
2006年11月24日-26日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 6
45.56
2
98.04
3
143.60
2006年11月2日-5日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダビクトリア 11
43.16
6
103.79
7
146.95


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2006年3月19日-26日 2006年世界フィギュアスケート選手権カルガリー 6
23.39
12
52.49
12
96.58
11
172.46
2005年12月23日-25日 第74回全日本フィギュアスケート選手権東京 - 4
62.20
2
123.86
4
186.06
2005年11月24日-27日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯サンクトペテルブルク - 3
47.56
3
94.84
3
142.40
2005年10月20日-23日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカアトランティックシティ - 2
53.90
3
97.08
3
150.98


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2005年2月14日-20日 2005年四大陸フィギュアスケート選手権江陵 2
58.02
2
108.78
2
166.80
2005年1月12日-22日 ユニバーシアードインスブルック 3 1 1
2004年12月24日-26日 第73回全日本フィギュアスケート選手権横浜 5
58.28
8
87.59
7
145.87
2004年12月16日-19日 2004/2005 ISUグランプリファイナル北京 4
52.18
6
86.04
5
138.22
2004年11月4日-7日 ISUグランプリシリーズ NHK杯名古屋 6
46.46
3
100.22
4
146.68
2004年10月28日-31日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダハリファクス 3
52.16
2
99.38
2
151.54


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2004年1月19日-25日 2004年四大陸フィギュアスケート選手権ハミルトン 7 7 8
2003年12月25日-26日 第72回全日本フィギュアスケート選手権長野 5 3 4
2003年12月11日-14日 2003/2004 ISUグランプリファイナルコロラドスプリングス 4
54.50
6
98.50
5
153.00
2003年11月27日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯旭川 3
56.38
3
98.04
3
154.42
2003年11月6日-9日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 3
56.48
2
92.31
2
148.79


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2003年3月24日-30日 2003年世界フィギュアスケート選手権ワシントンD.C. 4 12 15 11
2002年12月19日-22日 第71回全日本フィギュアスケート選手権京都 - 1 3 2
2002年11月28日-12月1日 ISUグランプリシリーズ NHK杯京都 - 1 1 1
2002年11月14日-17日 ISUグランプリシリーズ ラリック杯パリ - 1 2 2
2002年11月7日-10日 ISUグランプリシリーズ ボフロスト杯ゲルゼンキルヒェン - 2 1 1


2001-2002 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2002年3月16日-24日 2002年世界フィギュアスケート選手権長野 3 4 5 5
2002年2月9日-21日 ソルトレイクシティオリンピックソルトレイクシティ - 17 14 17
2002年1月21日-27日 2002年四大陸フィギュアスケート選手権全州 - 1 3 3
2001年12月14日-16日 2001/2002 ISUグランプリファイナルキッチナー - 6 6 5
5
2001年11月29日-12月2日 ISUグランプリシリーズ NHK杯熊本 - 4 2 2
2001年11月8日-11日 ISUグランプリシリーズ スパルカッセン杯ゲルゼンキルヒェン - 3 2 2


2000-2001 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2001年2月7日-10日 2001年四大陸フィギュアスケート選手権ソルトレイクシティ 5 3 3
2000年12月8日-10日 第69回全日本フィギュアスケート選手権長野 2 3 3
2000年11月28日-12月3日 ISUグランプリシリーズ NHK杯旭川 9 8 8
2000年11月1日-5日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダミシサガ 7 7 7


1999-2000 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2000年3月26日-4月2日 2000年世界フィギュアスケート選手権ニース 8 12 12 12
2000年2月21日-27日 2000年四大陸フィギュアスケート選手権大阪 - 10 3 5
1999年12月24日-26日 第68回全日本フィギュアスケート選手権福岡 - 6 3 4
1999年11月19日-21日 ISUジュニアグランプリ SBC杯長野 - 9 3 5
1999年11月4日-7日 ISUジュニアグランプリ サルコウ杯ストックホルム - 5 6 6


1998-1999 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
1998年11月22日-29日 1999年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ザグレブ 16 16 17
1998年10月20日-25日 ISUジュニアグランプリ 中国北京 1 1 1
1998年9月17日-20日 ISUジュニアグランプリ ソフィア杯ソフィア 8 8 6


プログラム[編集]

シーズン SP FS EX
2006-2007[19] Love Dance
シルク・ドゥ・ソレイユ Kà より)
振付:ローリー・ニコル

春の海
作曲:宮城道雄
振付:ローリー・ニコル
映画『レッド・バイオリン』サウンドトラック
作曲:ジョン・コリリアーノ
振付:ローリー・ニコル
Because We Believe
ボーカル:アンドレア・ボチェッリ
スパニッシュ・ダンス
by Mela Tenenbaum
2005-2006[20][2] ワルツ 映画『ボヴァリー夫人』より
作曲:ロージャ・ミクローシュ
振付:ジョゼ・シュイナール
平和の王国
演奏:ZADE
振付:ニコライ・モロゾフ

道 映画『』サウンドトラックより
作曲:ニーノ・ロータ
振付:ジョゼ・シュイナール
ハートバーン
ボーカル:アリシア・キーズ
振付:ジョゼ・シュイナール
2004-2005[21] 自由
演奏:女子十二楽坊
振付:オードリー・ウェイシガー
ピアノ協奏曲「メモ・フローラ」、「白い風景」より「III.雪消」
作曲:吉松隆
振付:クリス・コンテ
2000 Watts
ボーカル:マイケル・ジャクソン
振付:ルス・ランセル
2003-2004[22] 3つの前奏曲
作曲:ジョージ・ガーシュウィン
振付:樋口美穂子
God Moving Over The Face Of The Waters
作曲:モービー
振付:リー=アン・ミラー、樋口美穂子
ハレム
ボーカル:サラ・ブライトマン
振付:樋口美穂子
2002-2003[22][23] ラヴ・イン・スローモーション
演奏:The Planets
振付:デヴィッド・ウィルソン
チェロ協奏曲
作曲:ドヴォルザーク
学生王子のセレナーデ
作曲:シグマンド・ロンバーグ
チェロ協奏曲第2番
作曲:カミーユ・サン=サーンス
振付:デヴィッド・ウィルソン
シーサイド・ランデブー
ボーカル:クイーン
2001-2002[22] ドラムボーン
演奏:ブルーマン
振付:リー=アン・ミラー
志願兵のためのファンファーレ
演奏:マーク・オコナー
振付:リー=アン・ミラー
ジャスト・ウェイブ・ハロー
ボーカル:シャルロット・チャーチ
2000-2001[22] Red
作曲:ジェシー・クック
アルツィーラ
作曲:ジュゼッペ・ヴェルディ
歌劇『ジャンニ・スキッキ』より
作曲:ジャコモ・プッチーニ
ジャンヌ・ダルク
-

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『日本女子フィギュアスケート オフィシャル応援ブック2006』実業之日本社、2005年10月、p.51
  2. ^ a b c d 『フィギュアスケート選手名鑑 2006』p.19
  3. ^ 山田満知子著『素直な心が才能を伸ばす!』青春出版社、2007年4月
  4. ^ 松岡修造著『Stay Gold フィギュアスケート編』ナナ・コーポレート・コミュニケーション、2003年4月、p.76、および『little wings 新世代の女子フィギュアスケーター8人の素顔』双葉社、2003年12月、p.40
  5. ^ 『little wings』p.47
  6. ^ 『Stay Gold』p.89
  7. ^ 八木沼純子著『日本フィギュアスケート 氷上のアーティストたち』日本経済新聞社、2005年11月、p.50
  8. ^ a b 『素直な心が才能を伸ばす!』p.62
  9. ^ 『Stay Gold』p.91
  10. ^ 『Stay Gold』p.74
  11. ^ 『little wings』p.41
  12. ^ 『氷上のアーティストたち』p.54
  13. ^ 『素直な心が才能を伸ばす!』p.60
  14. ^ 『氷上のアーティストたち』p.53
  15. ^ 『little wings』p.46
  16. ^ 『日本女子フィギュアスケート オフィシャル応援ブック』実業之日本社、2004年11月、p.53
  17. ^ 『氷上のアーティストたち』p.57
  18. ^ 『ワールド・フィギュアスケート 36』新書館、2009年2月、p.81
  19. ^ 境田優「06-07シーズン振付師相関図」『フィギュアスケートDays vol.2』DAI-X出版、2007年3月、pp.32-35
  20. ^ 『応援ブック2006』p.92
  21. ^ 『応援ブック』p.92
  22. ^ a b c d 『little wings』pp.130-131
  23. ^ 『little wings』p.44

外部リンク[編集]