武原はん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たけはら はん
武原はん
生年月日 1903年2月4日
没年月日 (1998-02-05) 1998年2月5日(満95歳没)
本名 同じ
出身地 日本の旗 日本 徳島県徳島市
武原幸江(養女・舞踊家)
受賞
1972年 - 菊池寛賞受賞
1975年 - 勲四等宝冠章受章
1980年 - NHK放送文化賞受賞
1985年 - 日本芸術院会員
1988年 - 文化功労者

武原 はん(たけはら はん、1903年明治36年)2月4日 - 1998年平成10年)2月5日)は、昭和期に活躍した上方舞日本舞踊家である。本名・武原幸子。

生涯[編集]

受賞[編集]

主催の会[編集]

  • 「武原はん 舞の会」
  • 「武原はん 一代の会」

自ら工夫した豪華な衣装も話題となり、その美しく気品に満ちた舞姿は「動く錦絵」と言われた。特に男に捨てられた寂しい女心を舞う地唄『』ははんの代表作となった。

活動方針[編集]

流派に属さず、また自ら流派を立て弟子を取ることもなく個人舞踊家としての身を貫いた。晩年には花柳寿々紫、藤村志保、神崎えんらを膝下に置き、薫陶を与えた。 俳句と文章を高浜虚子に学び、俳号はん女。虚子が名付けた六本木の料亭「はん居」を1982年まで30年間経営した。

著書[編集]

  • おはん 創元社 1953
  • 小鼓 琅かん洞 1954
  • はん葉集 ダヴィッド社 1957
  • 舞 求竜堂 1972
  • のちの雪 光風社書店 1978.10
  • 句集はん寿 武原舞踊研究所 1982.3
  • 私の履歴書 文化人 13 日本経済新聞社 1984.4
  • 武原はん一代句集 武原舞踊研究所 1986.6
  • 舞仏心 武原舞踊研究所 1990.2
  • 武原はん一代 求竜堂 1996.10

家族[編集]

  • 養女、孫にあたる武原幸江。舞踊家で、祖母と同じく流派に属さない個人舞踊家を目指している。

備考[編集]

1992年2月「NHK古典芸能鑑賞会」で、芸風が全く異なる、舞踊家の吾妻徳穂藤間藤子の三人が初めて舞台で共演。荻江「松・竹・梅」を踊る。三人の芸風の違いもさることながら、はん89歳、徳穂83歳、藤子85歳(当時の年齢)という、三人の年齢が高齢ということで話題になった。なお、3人とも没年は1998年である。

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 武原はん一代松岡正剛の千夜千冊0906夜、2003年12月09日
  2. ^ a b c 青山二郎の東京を歩く -2- 東京紅團、008年12月13日

参考文献[編集]

  • 藤田洋『日本舞踊ハンドブック』三省堂、2001年(平成13年)、98頁。
  • 渡辺保・白洲正子「武原はん・片岡仁左衛門 姿」1993年
  • 武原はん「舞いひとすじ」 1996年10月

外部リンク[編集]