上沼恵美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上沼 恵美子
本名 上沼 恵美子
生年月日 1955年4月13日(61歳)
出身地 日本の旗 日本 兵庫県三原郡福良町
(現:南あわじ市福良乙)
方言 関西弁
コンビ名 海原千里・万里1971年 - 1977年
事務所 上沼事務所
活動時期 1971年 - 1977年
1978年7月 -
現在の代表番組 快傑えみちゃんねる
配偶者  上沼真平

上沼 恵美子(かみぬま えみこ、1955年4月13日 - )は、日本お笑いタレント歌手司会者ラジオパーソナリティである。本名同じ。旧姓、橋本(はしもと)。

兵庫県三原郡福良町(現:南あわじ市福良乙)出身。上沼事務所所属。帝国女子高等学校大和田校(現:大阪国際大和田高等学校)中退。

関西を代表するタレントの1人。主に関西ローカルの番組に出演している。1990年代後半辺りから、彼女の出演するテレビ番組は常に高視聴率を記録している。

既婚、2男あり。夫は元関西テレビ所属のテレビ演出家プロデューサー、常務取締役・制作局長、元メディアプルポ(関西テレビ完全子会社代表取締役会長上沼真平

来歴[編集]

海原千里・万里時代[編集]

銀行員の父が演芸好きだったため、幼少時から姉妹揃って演芸や歌を見たり聞いたりして育つ。祖母は浄瑠璃の師匠、太棹三味線の名手だった。姉は浄瑠璃のものまね、自身は美空ひばりものまねをしていた。歌手志望だったが、漫才コンビとしてデビューするはずだった姉の相方がデビュー前に逃げたため、姉と漫才コンビを組むことになった1971年、中学校卒業後、姉妹漫才コンビ海原千里・万里」の妹海原千里海原お浜・小浜門下)としてデビュー。同年、上方お笑い大賞、銀賞受賞。高校生ながら巧みな話術で一躍スターになり、当時人気アイドルだった天地真理に倣い、「漫才界の白雪姫」と呼ばれていた。1973年、NHK漫才コンテスト、最優秀賞受賞。1975年、「大阪ラプソディー」大ヒット(40万枚売上)。

1975年、20歳の時に、『ドキドキパンチ』で当時関西テレビディレクターだった8歳上の真平と出会う。

解散後[編集]

1977年5月22日、真平と結婚。コンビを解消し芸能界を引退したが出産後の翌年7月に芸能界復帰。1978年4月に長男、1983年5月に次男(構成作家)を出産。 このことについて、後に番組内で「自分には専業主婦は耐えられなかった」と発言。また、『上沼・高田のクギズケ!』内で島田紳助の引退について触れた際、自身の引退時に「番組スタッフとかが離れていく」と寂しい思いをしたことを明した[1]

1994年1995年にはNHKNHK紅白歌合戦』の紅組司会を担当。なお、1996年も番組側から紅組司会を打診されたが、この2回共に両軍司会コンビを組み、同回の白組司会の続投が先に決まっていた古舘伊知郎との確執を理由に拒否した[2][3]

2002年のNHKが実施したタレント好感度ランキングでは、女性部門で久本雅美松嶋菜々子に次いで3位になる。2003年長者番付大阪地区では、明石家さんま、島田紳助などを抑え芸能人としては1位となった。

2007年から2009年まで、『M-1グランプリ』に、大会委員長の紳助本人からの直々の依頼により、初の女性審査員として出演した[4]。ちなみに、夫の真平は初期の『R-1ぐらんぷり』で審査員を務めていた。

2014年2月下旬、急性A型肝炎を患い入院した。

2015年、2人の子供が入籍し、になった。

人物[編集]

関西を中心に多くのバラエティ番組に出演。トーク番組を中心に司会者を務める。

西の女帝[編集]

芸能界の女帝」と呼ばれる和田アキ子に対して、「西の女帝」と呼ばれている。

仕事は基本的に在阪局に絞って行い、あまり在京局やローカル局では仕事をしない。これは芸能界復帰の際に夫・真平と交わした「(仕事をする範囲として)西は姫路、東は京都まで」との約束を守っているためで、これにより本格的な東京進出を断念している[5]。ただし、在阪局制作の全国ネット番組には出演しており、回数こそ少ないものの在京局制作番組にゲスト出演したり、出演する在阪・在名局共同制作番組で時折行われる名古屋収録時に参加することもある。

2014年1月12日放送の『上沼・高田のクギズケ!』で「来世は東京に行きたい」「東京進出をしないのは、大阪の人と結婚したから。(東京に行ったら)別居になるやん。今度は東京の人と結婚したい!」「NHKから『大河ドラマ』の出演打診があったが、東京収録のため断った」「紅白の司会をした後、在京局から11本に及ぶレギュラー番組のオファーがあったが、夫を優先するため全て断った」と語った[6]

2005年12月18日ニッポン放送のスペシャルウィークの特別番組『上沼恵美子のニッポン放送初上陸!2005年言いたい放題』で久々の在京ラジオ局への出演を果たす。2006年3月23日日本テレビで放送の島田紳助松本人志ダウンタウン)が司会の『松紳ゴールデン!』にゲスト出演し、紳助と初共演を果たす。その際夫の定年を機に「来年引退してハワイに移住する」と発言したが、紳助と松本に説得され、翻意した。

歌手活動[編集]

幼少時から数々のちびっこのど自慢大会に出場し「のど自慢荒らし」と呼ばれていた。当時のライバルは天童よしみで、毎回天童が優勝して、自身は準優勝であったという。

「海原千里・万里」時代、1976年に発売した「大阪ラプソディー」は40万枚の大ヒットを記録している。また同時期に北島三郎のコンサートの前座を務めた際、北島に歌唱力を認められ、北島の下で歌手への転向を勧められたが断ったというエピソードがある。

コンビ解消後も年に1回程は関西地区限定でコンサートを行っている。

つんく♂シャ乱Q)プロデュース曲のリリース、円広志からの楽曲提供、高田純次とのデュエットもある。

『NHK紅白歌合戦』への出場希望があることも語っている[7]

その他[編集]

  • 3人兄妹の末っ子(6歳上の姉、2歳上の兄、自身)。海原千里・万里時代は、事務所の意向で、姉が年齢詐称し4歳違いの姉妹として活動していた。母は2015年12月12日に90歳で死去。なお、父は55歳で病気で亡くなっており、両親は29年連れ添った。義母は2007年に89歳で亡くなっている。
  • 夫・真平からは「自分が定年退職となる時に一緒に仕事を辞めよう」と約束されていたが、真平の定年退職後も仕事を続けている[8]。2014年7月20日放送の『クギズケ!』で「(真平の定年退職時)夫から『一緒にやめようね』って言われて。ちょっと待ってって言いました」「(仕事は)もういいじゃないか、一緒に世界旅行でもしようよという気持ちみたいだったんだけど、あたしはまだ未練があった。コンサートやるって言ったらいい顔はしません」と語っている[9]
  • 愛犬はトイプードルフレンチブル(両方メス)。
  • 学生時代はバスケットボール部に所属していた。
  • 番組に出演する際の衣装は、専属スタイリストによる個人で用意したもので出演するほどのこだわりを持っている。しかし、1997年と2005年の確定申告において、経費として申告した衣装代などが経費にはあたらないと指摘され、申告漏れとして追徴課税されている。
  • 今夜はえみぃ〜GO!!』などで料理の腕前を披露しており、番組からは4冊の料理本を出している。
  • 自身のレギュラー番組において、過去に共演した芸能人を批判することがよくある。またゲスト出演した芸能人に「嫌いな芸能人」等のネタを聞き出すことも多い。その際には、効果音で放送加工され、イニシャルトークで進行される。
  • 2007年下期のNHK連続テレビ小説ちりとてちん』で語りを担当。同作では主人公の老年後という設定での参加だったが、放送されたストーリー分の時代よりも後の時代から回想して語るという設定だったため、実際に本人が主役として画面に登場することはなかった[10]
  • 霊感が強い芸能人としても有名で、怖い話の特番やコーナーでは、自らが体験した恐怖体験を語る。しかし、本人は霊感があることは嫌だと述べており、普段のトークで心霊体験を語ることは少ない。
  • やしきたかじん同様、放送局が「絶対共演させてはいけない芸能人」のブラックリストを把握している。
  • 清水アキラに対し「あんなヤツ、そのうち人気が落ちる」と述べ名誉毀損寸前の騒動に発展したことがある[11]
  • 御堂筋のイチョウの木のライトアップは、彼女が当時大阪市長の西尾正也に提言したことで実現した。
  • 海遊館オープン時の名称選定委員会のメンバーで、海遊館のネーミングは彼女が推したために決定されたものである[12]。(当初は単なる公募に対する一般人からの応募に過ぎなかったが、彼女が推したことがきっかけとなって選定された)
  • 中森明菜のファンであり、過去には自らファンクラブにも入会したり、中森のコンサート会場に花などを贈っている。また松田聖子のファンであることも自身の番組内で度々語っている。
  • 寅さんなどのヒューマン系の映画を好む。
  • 1995年、「つんくと似ている」として話題になった。同年の紅白で2人の初共演が実現した。
  • 1994年の『第45回NHK紅白歌合戦』で紅組司会を担当した際、「上沼恵美子なんて大阪だけのタレントです。それをNHKが紅組の司会に起用したっていうことは風当たりも強かったですし、やはりベテラン歌手にはいびられました」「ベテラン歌手から『あんたみたいなもんが紅組の司会ってなんやの』という態度で迫られた」と語っている。しかし、翌1995年の『第46回NHK紅白歌合戦』での紅組司会の際については「ころっと変わりました。大事にされました」と話している[13][14]
  • また、『第45回NHK紅白歌合戦』での出場歌手との面談の際、「横を向いて目を会わせてくれない方が4、5人いた」と『あさイチ』(NHK総合テレビ、2015年12月25日放送)で語っており、「その人たちは未だに大っキライです」とも述べた[15]
  • NHK総合テレビ『NHK歌謡コンサート』(2015年11月24日放送)「愛あふれるデュエット名曲集」 - NHK大阪ホール - では約15年ぶりに「大阪ラプソディー」を姉と共に芦川百々子・上沼恵美子の名義として熱唱し姉をリードする姿が度々見受けられた[16]
  • かつてレギュラー相談員として出演していたNHK総合テレビ『バラエティー生活笑百科』では、長年ホラ吹きキャラクターを売り物にしていた。淡路島や大阪城を所有しているといった単純な富豪ホラからしばしばシュールに展開するネタで人気を博したが、隣席の桂南光 (3代目)辻本茂雄ら、司会の笑福亭仁鶴 (3代目)による突っ込みも重要な要素であったこともあり、他の場ではそれほど披歴していない。

現在の出演番組[編集]

2013年9月末以降、レギュラー出演する全番組が司会者としての出演で且つ冠番組である。

過去の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

映画[編集]

  • トラック野郎・望郷一番星1976年東映(ドライブインの女将役)同作品で、ゲスト出演の梅宮辰夫の役名があまりに長いため、本人が覚えきれず、梅宮と対決する主人公の一番星桃次郎(菅原文太)に梅宮に代わり「大熊田太郎次郎左右衛門」と教えてあげるシーンがあった。

CDシングル[編集]

  • 大阪ひとり(1995/3/24)
  • 春夏秋冬(1998/4/29)
  • 笑顔を咲かせましょう(2002/4/24)
  • コスモス揺れて(2004/6/23)
  • 泡盛心中/大阪ラプソディー(2005/12/16)
  • あかんたれ(2015/9/9)

著書[編集]

  • 犬も食わない 上沼さんちの夫婦げんか事件簿(2011年7月8日、学習研究社ISBN 978-4054050235 -上沼慎平との共著
  • 犬も食わない 上沼さんちの夫婦げんか事件簿(2014年5月8日、朝日文庫ISBN 978-4022617934 -文庫化に際し、さらなる喧嘩エピソードを4本追加。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デイリースポーツ』2011年8月29日付
  2. ^ [1],日刊ゲンダイ,2015年10月23日
  3. ^ 合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』
  4. ^ 彼女が最終決戦で投票したコンビは必ず優勝していた(共に審査員に起用されたオール巨人も同様)。
  5. ^ 週刊文春』2013年9月26日号
  6. ^ [2],デイリースポーツ,2014年1月12日配信。
  7. ^ [3],goo
  8. ^ 同『週刊文春』2013年9月26日号
  9. ^ [4],デイリースポーツ,2014年7月20日配信。
  10. ^ ただし、『第46回NHK紅白歌合戦』の映像の流用という形で本人役での出演を果たしている。
  11. ^ 『日刊ゲンダイ』2015年10月23日付
  12. ^ 『上沼・高田のクギズケ!』2013年1月27日放送分(Gooテレビ番組情報に放送内容の要約が記載されております。 2013年2月6日閲覧)
  13. ^ [5],デイリースポーツ,2015年10月3日
  14. ^ なお、恵美子をいびったベテラン歌手とは和田アキ子(紅組司会経験者)ではないかと噂されており([6],日刊サイゾー,2015年10月30日)、実際、『第46回NHK紅白歌合戦』を最後に恵美子と和田の共演は業界的にタブーとされている([7],デイリーニュースオンライン,2015年11月8日)
  15. ^ [8],デイリースポーツ,2015年12月25日
  16. ^ 『オリコン歌謡ニュース速報』(2015年11月25日)「人気の音楽番組速報」より。
  17. ^ 司会兼歌手としては2013年で降板したが、2015年は出演歌手専任の立場で出演。

外部リンク[編集]