筒井道隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
つつい みちたか
筒井 道隆
本名 筒井 道隆
生年月日 (1971-03-31) 1971年3月31日(49歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都調布市
身長 180 cm
ジャンル テレビドラマ・映画・舞台
活動期間 1990年 -
活動内容 1990年:俳優デビュー
バタアシ金魚』(映画)
著名な家族 風間健(父)
主な作品
テレビドラマ
二十歳の約束
あすなろ白書
君といた夏
王様のレストラン
総理と呼ばないで
私の青空
新選組!
功名が辻
Around40〜注文の多いオンナたち〜
サザエさん
半沢直樹
24 JAPAN
映画
バタアシ金魚
きらきらひかる
俺は、君のためにこそ死ににいく
BALLAD 名もなき恋のうた
舞台
12人の優しい日本人
テンプレートを表示

筒井 道隆(つつい みちたか、本名同じ、1971年3月31日 - )は、日本俳優東京都調布市出身。堀越高等学校卒業。舞プロモーション所属。血液型A型。父は風間健

来歴[編集]

1971年3月31日キックボクシングの東洋ミドル級チャンピオンだった風間健の長男として生まれる。それ以外のプライベートはあまり語られる機会はないが、年少の頃に妹とスタジオジブリ映画『火垂るの墓』を観て号泣したエピソードを語ったことがあり[1]、妹の存在は明らかになっている。父が武道家で厳しかったため、高校生時代は反抗期を迎える機会もなかったという[1]。高校卒業後はすぐに芸能事務所に入り、その後ほどなく映画出演の仕事が舞い込み、その作品がデビュー作の『バタアシ金魚』である。役者デビューするきっかけは、父親に「役者になるか、自衛隊に入るか、どちらかを選べ」と言われたことで、本人はデパートにでも就職するつもりだったと語っている[1]

20歳代は恋愛ドラマで脚光を浴び、「トレンディドラマを代表する俳優の1人」「トレンディ俳優の1人」と評され、『あすなろ白書』や『君といた夏』でアイドル的な人気を博す。若い女性向け雑誌のインタビューやグラビアなどにもたびたび登場し、役柄の影響から「女性にモテるが優柔不断な男性」のイメージを持たれることも多かった。しかし、三谷幸喜脚本作品に起用され、作品自体がヒットしたことで、「頼りないが憎めないお人好し」という役柄も得て、コメディー路線も確立。テレビドラマでは警察もの(『ボーダー』、『ゴンゾウ』、『警視庁継続捜査班』など)でのトラウマを持った人物の心理表現、映画では『KT』での自らのルーツに戸惑う韓国人ボディガード、『俺は、君のためにこそ死ににいく』での望まない戦争に身を投じる特攻兵などの厚みのある演技を見せる反面、デビュー作『バタアシ金魚』や映画『ブレス・レス』では恋に突っ走る明るい役柄も演じている。

実生活において筒井本人が理想とする男性像は「心の強い人」であるとインタビューで語っている[2]

2013年8月オートルートアルプスにTEAM、トーゲの一員として出場し完走を果たす(男子完走449選手の内368位、TEAM総合成績は93TEAM中75位)[3]

人物[編集]

  • 「道隆」という名前は父が少林寺拳法の修練後に開祖宗道臣から授与された僧名「道隆(どうりゅう)」をそのまま名付けられたもので、元々は四国八十八箇所道隆寺(香川県多度津町少林寺拳法本部の近隣)に由来する。2008年4月14日21日放送のNHK鶴瓶の家族に乾杯』に出演し、その「道隆寺」に赴いた。
  • 趣味は自転車、バイク、歴史、社会。自転車・バイク関連の雑誌インタビュー・表紙に登場することも多く、レース出場にも意欲的である。

受賞歴[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ系[編集]

TBS系[編集]

フジテレビ系[編集]

テレビ朝日系[編集]

WOWOW[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

劇場アニメ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 筒井道隆 ヒマラヤをゆく(1994年、フジテレビ系)
  • 聖インダス大巡礼 インダス川2900km全走破(2000年、テレビ朝日系)
  • 筒井道隆のアラスカ冒険旅行(2003年3月9日、テレビ朝日系)
  • 最後の言葉 作家 重松清が見つめた戦争(2003年8月15日、NHK BS1) - 詩の朗読
  • 徹底分解伝説のレーシングバイク・世界最小6気筒エンジンのすべて(2005年、NHKハイビジョン
  • 土曜エンタ!『カエサルの遺伝子 ローマ人の物語への旅』(2007年、WOWOW)
  • ふるさと発スペシャル−ふるさとから、あなたへ−あいたい「初夏の大山 風を感じて」(2010年、NHK)
  • 世界自転車探検部・ベトナムの旅 筒井道隆(2013年12月20日、NHK BS1

ナレーション[編集]

  • 世界の海岸(1999年、TBS)
  • ドキュメンタリー人間劇場「はだかの新米先生」(1999年、テレビ東京)
  • BSスペシャル「あこがれのあの人に会いたい」(1999年、NHK-BS
  • 素敵な宇宙船地球号「病める富士を救え」(2001年、テレビ朝日)
  • ALASKA〜風のような物語〜 星野道夫(2003年)
  • 北九州スペシャル「ここでやり直そう 〜北九州・非行少年を支えるガソリンスタンド〜」(2011年、NHK北九州
  • 地方発ドキュメンタリー「突きつけられたゲンジツ希望退職711人の労働移動」(2013年 NHK)

その他のテレビ番組[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 『starry clip 1994年AUTUMN』(集英社刊)より。
  2. ^ OCN Juicy Style JSインタビューより。
  3. ^ “「一緒に走れて本当によかった」 田代、筒井、大谷がそろって完走を果たす オートルート最終・第7ステージ”. Cyclist(サイクリスト) (産経デジタル). (2013年8月25日). https://cyclist.sanspo.com/90076 2019年12月8日閲覧。 
  4. ^ 松田龍平×松山ケンイチ『歪んだ波紋』制作開始!”. NHKドラマトピックス. NHK (2019年8月23日). 2019年8月24日閲覧。
  5. ^ 『半沢直樹』新キャストに賀来賢人&今田美桜ら 新たな“半沢包囲網”も明らかに”. ORICON NEWS. 2020年3月20日閲覧。
  6. ^ “『半沢直樹』ついに銀行vs国家の戦いへ アンジャッシュ児嶋が大臣秘書役で出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年8月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2169129/amp/ 2020年8月10日閲覧。 
  7. ^ “木村多江&桜田ひよりが唐沢寿明の家族に 『24 JAPAN』追加キャスト発表”. Real Sound (blueprint). (2020年6月24日). https://realsound.jp/movie/2020/06/post-573939.html 2020年6月24日閲覧。 
  8. ^ 有村架純主演ドラマ『海に降る』キャスト追加発表”. ORICON (2015年7月21日). 2015年7月21日閲覧。
  9. ^ “東出昌大が羽生善治役で出演、松山ケンイチ「聖の青春」追加キャスト8名発表”. 映画ナタリー. (2016年6月17日). http://natalie.mu/eiga/news/191153 2016年6月17日閲覧。 
  10. ^ “桜井日奈子×吉沢亮「ママレ」両親s役は中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆”. 映画ナタリー. (2018年1月18日). https://natalie.mu/eiga/news/265591 2018年1月18日閲覧。 
  11. ^ 松重豊葛飾北斎役でアニメ声優初挑戦! 原恵一監督作「百日紅」主要キャスト発表”. 映画.com (2015年2月27日). 2015年2月27日閲覧。

外部リンク[編集]