筒井道隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
つつい みちたか
筒井 道隆
本名 筒井 道隆
生年月日 (1971-03-31) 1971年3月31日(51歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都調布市
身長 180 cm[1]
ジャンル テレビドラマ・映画・舞台
活動期間 1990年 -
活動内容 1990年:俳優デビュー
バタアシ金魚』(映画)
著名な家族 風間健(父)
主な作品
テレビドラマ
二十歳の約束
あすなろ白書
君といた夏
王様のレストラン
総理と呼ばないで
私の青空
新選組!
功名が辻
Around40〜注文の多いオンナたち〜
サザエさん
半沢直樹
ミステリと言う勿れ
映画
バタアシ金魚
きらきらひかる
俺は、君のためにこそ死ににいく
BALLAD 名もなき恋のうた
舞台
12人の優しい日本人
 
受賞
日本アカデミー賞
新人俳優賞
第14回バタアシ金魚
その他の賞
高崎映画祭
最優秀助演男優賞
1992年きらきらひかる
テンプレートを表示


筒井 道隆(つつい みちたか、本名同じ、1971年3月31日 - )は、日本俳優東京都調布市出身。堀越高等学校卒業[1]舞プロモーション所属。血液型A型。父は風間健[2]

来歴[編集]

1971年3月31日、キックボクシングの東洋ミドル級チャンピオンだった風間健の長男として生まれる。

高校卒業後すぐに芸能事務所に入り、その後ほどなく映画出演の仕事が舞い込み、その作品がデビュー作の映画『バタアシ金魚』(1990年)である。

20歳代は、『あすなろ白書』や『君といた夏』などの恋愛ドラマで主演して脚光を浴びる[2]。一部からは、「トレンディドラマを代表する俳優の1人」「トレンディ俳優の1人」と評された。当時はアイドル的な人気を博したため[2]、若い女性向け雑誌のインタビューやグラビアなどにもたびたび登場した。

20代前半は上記の出演作の役柄の影響から、「女性にモテるが優柔不断な男性」のイメージを持たれることも多かった。しかし、20代半ばで『王様のレストラン』などの三谷幸喜脚本作品に起用されると、作品自体がヒットしたことで「頼りないが憎めないお人好し」という役柄も得て、コメディー路線も確立。

その後テレビドラマでは警察もの(『ボーダー』、『ゴンゾウ』、『警視庁継続捜査班』など)でのトラウマを持った人物の心理を表現した。

映画では『KT』での自らのルーツに戸惑う韓国人ボディガード、『俺は、君のためにこそ死ににいく』での望まない戦争に身を投じる特攻兵などの厚みのある演技を見せる。その反面、デビュー作『バタアシ金魚』や映画『ブレス・レス』では恋に突っ走る明るい役柄も演じている。

2013年8月、世界的にも過酷な自転車レースとして知られる「オートルート・アルプス」の大会に3人組の「Team TAUGE Japan」(チーム・トーゲ・ジャパン)の一員として出場し、同大会における日本人初の完走者となった(筒井個人としては、男子完走449選手の内368位)[注釈 1][3][4]

2020年のドラマ『半沢直樹』においては、それまでの「好青年イメージ」を大きく覆す悪徳弁護士役を見事に演じ切り、SNS上などで反響を呼んだ[5]

人物[編集]

厳しい父との生活[編集]

子供の頃から、武道家である父親から「何事も死ぬ気でやらなければいけない」と厳しく育てられた。毎朝4時や5時に叩き起こされ、走らされた後筋トレをし、家の中と庭の掃除してから登校していた。運動自体は好きだったが、父親に怒られることはあっても笑い合うような会話は全然なく、家では苦痛を感じながら生活していた[2]

このような親子関係はその後も続き、高校生時代は反抗期を迎える機会もなかったという[6]。役者デビューのきっかけは、高校卒業前に父親から「役者になるか、自衛隊に入るかどちらかを選べ」と言われたため。それまで本人は、デパートにでも就職するつもりだったと語っている[6]

その他のプライベートはあまり語られる機会はないが、年少の頃に妹とスタジオジブリ映画『火垂るの墓』を観て号泣したエピソードを語ったことがあり[6]、妹の存在は明らかになっている。

俳優デビュー後[編集]

俳優デビューから数年間、トントン拍子に仕事が舞い込んだことやアイドル的人気になったのとは裏腹に、本人は戸惑いや悩みを抱えながら活動していた[注釈 2]

先述の父の「何事も死ぬ気で」という考えが影響し、若い頃は「とにかく与えられた仕事を命懸けでやる」との思いで取り組んだ。同時に「自分ごときが仕事を選べる立場じゃない」と思っていたため、周りからの指示や要望を受け入れていた[2]

しかしその後とある作品で出演を後悔することがあり、「中途半端な覚悟で仕事をするのは相手にも失礼」との考えが生まれた。このため30代半ば頃から、事務所に相談をした上でやりたくない仕事は前もって断り、自分の意見も告げるようになった[2]

当初舞台出演には興味がなかったが、三谷幸喜脚本の『王様のレストラン』への出演や、三谷の舞台を観劇したことがきっかけで、1990年代半ばから舞台に出演するようになった[2]。また、それまでは演じる苦しさを感じながら俳優業をしてきたが、三谷作品やその常連俳優たちのコメディ演技に刺激を受けて、人を笑わせる芝居もあることを知った[2]

自転車、ロードレース[編集]

子供の頃から運動好きだったことや、小学生の頃に日本でスポーツ自転車のロードマン[注釈 3]が流行ったこともあり[7]、自転車で長距離を走ることが好きになった[2]。小学生と中学生の頃にそれぞれ父親から1万円の旅費をもらい、東京の自宅から名古屋にある祖母宅まで(片道約350kmの道のりで[8]、国道1号線を走り箱根越えするルートだった[7])を一日半かけて一人で自転車で往復したことがある[2]

役者デビュー後から仕事場に行く時に自転車を利用していたが、ある時知人から誘われたことをきっかけにロードレーサーに乗り始める。その後ヒルクライムレース[注釈 4]に出場したり、“激坂”として知られる「ふじあざみライン」で走るのも好きになる[7]

このことから自転車・バイク関連の雑誌インタビュー・表紙に登場することも多く、レース出場にも意欲的である。出場した大会の一例として、先述の2013年の『オートルート・アルプス』や、2016年のハワイ・オアフ島で開かれたホノルル・センチュリーライド[9]などがある。

本人は自転車の魅力について、「買い物に行く時には気軽に乗れて、遠くまで行けばいい運動にもなる。他の乗り物に比べて置き場所にも困らないし維持費も安い。かと思ったらツール・ド・フランスのようなハイレベルなレースもあって、幅が広いです」と語っている[7]

その他[編集]

  • 「道隆」という名前は父が少林寺拳法の修練後に開祖宗道臣から授与された僧名「道隆(どうりゅう)」をそのまま名付けられたもので、元々は四国八十八箇所道隆寺(香川県多度津町少林寺拳法本部の近隣)に由来する。2008年4月14日21日放送のNHK鶴瓶の家族に乾杯』に出演し、その「道隆寺」に赴いた。
  • 身長180cm、体重64kg。B96、W73、H89。足のサイズ27.0cm[1]
  • 免許は、普通自動車、大型自動二輪を所有[1]
  • 趣味は自転車、歴史、社会[1]、バイク。2019年頃に「今あるニュースを冷静に判断するには歴史を知らなければ」との思いから、歴史や哲学を学び始めた[8]
  • 酒は、飲まない[8](体質的に飲めないのかは不明)。
  • ボーッとしているのが好きなため、ロケ撮影の空き時間では周りの自然を見てボーッと過ごすことが多い[8]
  • 作家であり俳優でもある筒井康隆とは、一字違いの似た名前だが、何ら関係なし。
  • 実生活において筒井本人が理想とする男性像は、「心の強い人」であるとインタビューで語っている[10]

受賞歴[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ系[編集]

TBS系[編集]

フジテレビ系[編集]

テレビ朝日系[編集]

WOWOW[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

劇場アニメ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 筒井道隆 ヒマラヤをゆく(1994年、フジテレビ系)
  • 聖インダス大巡礼 インダス川2900km全走破(2000年、テレビ朝日系)
  • 筒井道隆のアラスカ冒険旅行(2003年3月9日、テレビ朝日系)
  • 最後の言葉 作家 重松清が見つめた戦争(2003年8月15日、NHK BS1) - 詩の朗読
  • 徹底分解伝説のレーシングバイク・世界最小6気筒エンジンのすべて(2005年、NHKハイビジョン
  • 土曜エンタ!『カエサルの遺伝子 ローマ人の物語への旅』(2007年、WOWOW)
  • ふるさと発スペシャル−ふるさとから、あなたへ−あいたい「初夏の大山 風を感じて」(2010年、NHK)
  • 世界自転車探検部・ベトナムの旅 筒井道隆(2013年12月20日、NHK BS1

ナレーション[編集]

  • 世界の海岸(1999年、TBS)
  • ドキュメンタリー人間劇場「はだかの新米先生」(1999年、テレビ東京)
  • BSスペシャル「あこがれのあの人に会いたい」(1999年、NHK-BS
  • 素敵な宇宙船地球号「病める富士を救え」(2001年、テレビ朝日)
  • ALASKA〜風のような物語〜 星野道夫(2003年)
  • 北九州スペシャル「ここでやり直そう 〜北九州・非行少年を支えるガソリンスタンド〜」(2011年、NHK北九州
  • 地方発ドキュメンタリー「突きつけられたゲンジツ希望退職711人の労働移動」(2013年 NHK)

その他のテレビ番組[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 走行距離866km、獲得標高2万1400m。トーゲの他のメンバーは、八戸学院大学学長(当時)の大谷真樹と元アテネオリンピック日本代表の田代恭崇。TEAM総合成績は93TEAM中75位。
  2. ^ 本人は後年「親に二者択一で言われて俳優になったので、僕自身は特に有名になりたいとかお金がいっぱいほしかったわけではないです。ただ一生懸命やっていただけでそんな風になっちゃって。正直戸惑って当時は俳優活動として今後どう生きていけばいいのか分からず辛かったです」と回想している[2]
  3. ^ 1974年に発売されたスポーツ自転車の入門モデル。
  4. ^ 山や丘などの上り坂のコースで行うロードレース

出典[編集]

  1. ^ a b c d e [1]「舞プロモーション」の本人プロフィールより。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 筒井道隆「すごく苦しんだ」元キックボクシング選手の父の“教え””. テレ朝POST (2019年2月1日). 2022年3月1日閲覧。
  3. ^ “「一緒に走れて本当によかった」 田代、筒井、大谷がそろって完走を果たす オートルート最終・第7ステージ”. Cyclist(サイクリスト) (産経デジタル). (2013年8月25日). https://cyclist.sanspo.com/90076 2019年12月8日閲覧。 
  4. ^ 大谷真樹オートルート・アルプス日本人初完走の舞台裏。”. ユキパル(八戸発あおもりPRマガジン)のウェブサイト (2013年12月12日). 2022年3月20日閲覧。
  5. ^ “「半沢直樹」筒井道隆“好青年イメージ”一新の敵役にネット反響“顔芸”も披露!次回は机蹴りも”. Sponichi Annex. (2020年8月16日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/08/16/kiji/20200816s00041000446000c.html 2022年2月6日閲覧。 
  6. ^ a b c 『starry clip 1994年AUTUMN』(集英社刊)より。
  7. ^ a b c d 筒井道隆 スペシャルフォト・インタビュー”. MY J:COM(マイジェイコム)のウェブサイト. 2022年3月20日閲覧。
  8. ^ a b c d 筒井道隆、親父役・奥田瑛二と撮影期間中ほとんど視線を合わせなかった理由”. テレ朝POST (2019年2月5日). 2022年3月1日閲覧。
  9. ^ 筒井道隆さん、丹羽なほ子さんがHonolulu Centry Ride 2016に参加”. ホノルル・センチュリーライドのウェブサイト. 2022年3月20日閲覧。
  10. ^ OCN Juicy Style JSインタビューより。
  11. ^ スーパープレミアム 花嵐の剣士〜幕末を生きた女剣士・中澤琴〜”. NHK. 2021年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月19日閲覧。
  12. ^ 松田龍平×松山ケンイチ『歪んだ波紋』制作開始!”. NHKドラマトピックス. NHK (2019年8月23日). 2019年8月24日閲覧。
  13. ^ 『半沢直樹』新キャストに賀来賢人&今田美桜ら 新たな“半沢包囲網”も明らかに”. ORICON NEWS. 2020年3月20日閲覧。
  14. ^ “『半沢直樹』ついに銀行vs国家の戦いへ アンジャッシュ児嶋が大臣秘書役で出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年8月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2169129/amp/ 2020年8月10日閲覧。 
  15. ^ “木村多江&桜田ひよりが唐沢寿明の家族に 『24 JAPAN』追加キャスト発表”. Real Sound (blueprint). (2020年6月24日). https://realsound.jp/movie/2020/06/post-573939.html 2020年6月24日閲覧。 
  16. ^ 有村架純主演ドラマ『海に降る』キャスト追加発表”. ORICON (2015年7月21日). 2015年7月21日閲覧。
  17. ^ “東出昌大が羽生善治役で出演、松山ケンイチ「聖の青春」追加キャスト8名発表”. 映画ナタリー. (2016年6月17日). http://natalie.mu/eiga/news/191153 2016年6月17日閲覧。 
  18. ^ “桜井日奈子×吉沢亮「ママレ」両親s役は中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆”. 映画ナタリー. (2018年1月18日). https://natalie.mu/eiga/news/265591 2018年1月18日閲覧。 
  19. ^ 松重豊葛飾北斎役でアニメ声優初挑戦! 原恵一監督作「百日紅」主要キャスト発表”. 映画.com (2015年2月27日). 2015年2月27日閲覧。

外部リンク[編集]