鈴木明子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pix.gif 鈴木 明子
Akiko SUZUKI
Figure skating pictogram.svg
2012 WFSC 07d 1077 Akiko Suzuki.JPG
2012年世界選手権
フリースケーティングでの鈴木
photo by Luu
基本情報
代表国: 日本の旗 日本
生年月日: 1985年3月28日(31歳)
出生地: 愛知県の旗 愛知県豊橋市
身長: 160 cm[1]
体重: 47 kg[1]
元コーチ: 長久保裕[2][3]
成瀬葉里子[2]
川梅みほ[2]
本郷裕子[2]
荻野正子
阿部奈々美[3]
元振付師: パスカーレ・カメレンゴ
マッシモ・スカリ
荻野正子
杉田由香子(旧姓・荻野)
宮本賢二
シェイ=リーン・ボーン
阿部奈々美[3]
本郷裕子
佐藤紀子
アンジェリカ・クリロワ
所属クラブ: 邦和スポーツランド
引退: 2014年3月29日
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 199.58 2013 国別対抗戦
ショートプログラム: 71.02 2014 世界選手権
フリースケーティング: 133.02 2013 国別対抗戦
 
獲得メダル
フィギュアスケート
世界選手権
2012 ニース 女子シングル
四大陸選手権
2010 全州 女子シングル
2013 大阪 女子シングル
グランプリファイナル
2009 東京 女子シングル
2011 ケベック・シティー 女子シングル
2012 ソチ 女子シングル
ジュニアグランプリファイナル
2001 ブレッド 女子シングル

鈴木 明子(すずき あきこ、1985年3月28日[3] - )は、日本の元フィギュアスケート選手(女子シングル)。

主な実績に、2010年バンクーバーオリンピック2014年ソチオリンピック出場。2012年世界選手権銅メダル、2011年GPファイナル銀メダル、2013年全日本選手権優勝など。

人物[編集]

愛知県豊橋市出身。東北福祉大学卒業。愛称はアッコ、アッコちゃん。現在は邦和スポーツランド東邦ガス東邦不動産運営のスポーツクラブ)に所属[4]。趣味は読書ヨガ[5]。特技は書道、料理[5]。女性シンガーMetisの曲を好み、聞きながら練習することがある。Metisとは同じ誕生日で親交も深く、鈴木がMetisのプロモーションビデオに出演したことがある[5]

全日本選手権で初めて表彰台に登り冬季オリンピック初出場が24歳、また全日本選手権初優勝と冬季五輪二度目の出場が28歳と、20代半ばに入った頃から顕著な成績を残しており、日本代表の女子フィギュアスケート選手としては類い稀の非常な遅咲きの選手であった。下記のように、摂食障害などを乗り越えた苦労人でもある。レッドブルの愛飲者である(疲れた時や、頑張りどころと思ったときに飲む)[6]

技術・演技[編集]

スケーティングやエッジワークの巧みさは群を抜く[7]。ジャンプでは主にループサルコウを得意とするが、ルッツフリップがやや苦手で、特にルッツで時折エッジエラー判定を受けることがある[8]

経歴[編集]

大学時代まで[編集]

6歳のころスケートを始めた。名古屋の荻野正子の指導のもと、ノービス時代から頭角を現した。小学6年になるとジャンプの指導に定評がある長久保裕仙台市のリンク(現・アイスリンク仙台)で開催していた1週間の夏合宿に初めて参加し、中学校に上がってからもほぼ毎年参加した[9]。中学1年となった1997-1998シーズン、長野オリンピックを前に1997年10月に初開催された第1回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会[10]のAクラスで3位に入った。

高校1年に上がった2000-2001シーズンは、全日本フィギュアスケートジュニア選手権で2位、全日本選手権で4位。2001-2002シーズンはジュニア特別強化選手に指定され[11]ジュニアGPSBC杯で優勝、ジュニアGPファイナルでは3位となった。全日本選手権で前年に続いて4位となり、四大陸選手権にも出場した。定評のある表現力はこの頃までに身についていたものである。2002-2003シーズンからはジュニア特別強化選手兼シニア強化選手となり[12]、ムラドストトロフィージュニアクラスで1位となった。

高校時代にジュニアGPシリーズに出場するようになってから、夏休み期間中は仙台に滞在して長久保コーチの指導を仰ぐようになっていたため、2003年春には東北福祉大学(仙台市)に進学し、長久保の自宅に下宿して指導を受けるようになった[9]。初めて親元を離れるなどの環境の変化から引き起こされた摂食障害により健康を害し[13][14][15]、2003-2004シーズンは競技会に出られない日々が続いた。2003年のスケートカナダにエントリーしていたが、出場を辞退している[16][14]

2004-2005シーズンから競技会に復帰した。同シーズンに一度強化選手の指定を解除されていたが[17]、翌シーズンに再指定された[18]。2006-2007シーズンのユニバーシアード冬季大会で優勝。

24歳・バンクーバー五輪8位入賞[編集]

大学卒業後の2007年4月からは長久保コーチのいる名古屋の邦和スポーツランドに拠点を移し、同施設を運営している会社の契約社員になった[9][13][19]。2007-2008シーズン、ゴールデンスピンで優勝。全日本選手権では5位に入った。2008-2009シーズン、ネーベルホルン杯で3位となり、フィンランディア杯では優勝。開催国枠でNHK杯に初出場し、銀メダルを獲得。全日本選手権では4位に入り、7季ぶりに四大陸選手権に出場した。

24歳で迎えた2009-2010シーズン、中国杯GPシリーズ初優勝。初出場のGPファイナルでは3位に入った。全日本選手権では優勝した浅田真央に続いて2位となり、バンクーバーオリンピック代表選出を果たした。四大陸選手権では2位、この大会のSPではスピン・ステップ・スパイラル全てレベル4を獲得した。

2010年2月のバンクーバーオリンピックにおいては、SPでミスが出て11位の発進だったが、フリースケーティングでは7位となり総合で8位入賞を果たす。現役引退で出場辞退した中野友加里に替わり、これも自身初の出場だった同年3月の世界選手権は、SPでジャンプやスパイラルの失敗が目立ち20位と大きく出遅れるも、フリーで挽回し総合11位となった[20]

27歳・世界選手権銅メダル獲得[編集]

2010年中国杯、コーチの長久保裕
2012年世界選手権ショートプログラムの演技

2010-2011シーズン、フィンランディア杯で優勝。GPシリーズでは、中国杯ロシア杯共に2位、2年連続のGPファイナルでは4位となった。全日本選手権ではショートで3回転ルッツが回転不足になるジャンプの着氷ミスが響き4位に終わり、世界選手権代表入りを逃した。3年連続で出場した四大陸選手権も7位と振るわなかった。

2011-2012シーズン、スケートカナダでは2位、NHK杯ではSPで自身初となる3回転トウループ―3回転トウループのコンビネーションジャンプを成功させ、SP及びトータルスコアで当時の自己ベストをマークし2年ぶりのGPシリーズ優勝、3年連続のGPファイナル進出を決めた。そのGPファイナルでは浅田真央が急遽欠場したため、日本女子代表は鈴木一人となったが、優勝したカロリーナ・コストナーに続いて2位に入り銀メダルを獲得。全日本選手権では優勝の浅田に次いで2位、2年ぶり2回目の世界選手権代表入りを決めた。

翌2012年3月の世界選手権は、SPで2回転ルッツがエッジエラーと判定され5位と出遅れたが、フリーでは中盤3連続ジャンプの回転不足や終盤1回転ルッツとなる失敗以外うまくまとめて2位となり、総合3位に入り銅メダルを獲得した。なお27歳で世界選手権のメダル獲得は、日本選手では鈴木が最年長となる(それ以前は村主章枝2006年世界選手権2位・銀メダルを獲得した当時で25歳だった)。初出場となった世界国別対抗戦では、SPでパーソナルベストを更新し2位。フリーも2位だったものの、女子シングルでは総合1位となり日本代表の総合優勝に大きく貢献した。

2012-2013シーズン、スケートカナダ及びNHK杯ではSPが共に5位発進と不本意だったが、フリーでは共に1位の好演技により両大会続けて2位に入り、4年連続のGPファイナル進出となる。特にNHK杯のフリーでは2回の3回転ルッツのエッジエラー判定や3回転ループの回転不足といった細かいミスはあったものの他は完璧の演技を披露。126.62という自己最高得点をマーク。しかしGPファイナルは、フリーで2回ジャンプ転倒が響いて総合3位に留まった。全日本選手権ではSPで首位に立ち、初優勝が期待されたものの、フリーではジャンプのミスや回転不足が重なり、総合4位に終わった。

地元日本・大阪開催の四大陸選手権では優勝の浅田真央に次ぎ、トータルでパーソナルベストを更新し総合2位に入った。2大会連続のメダル獲得なるか注目された世界選手権に出場したが、SPではジャンプの回転不足などで7位と出遅れ、挽回を狙ったフリーでもコンビネーションが抜けるなどミスが重なり、総合12位と振るわなかった。

28歳・全日本選手権初優勝・ソチ五輪8位入賞[編集]

2013-2014シーズン、この頃より、井上智子がスポーツトレーナーとしてサポートに入り、体幹トレーニングを強化。[21]スケートカナダで2位、NHK杯では3位と、惜しくもGPファイナル進出は果たせなかった。しかし、全日本選手権ではSPで2位発進だったが、フリーではGOEでマイナスが一つも付かない会心の演技を披露し、過去13回出場した同大会で悲願の初優勝を果たした。尚全日本選手権の女子シングルで、28歳での優勝と及び冬季オリンピック代表選出は、鈴木が最高齢記録となる。

2014年2月のソチオリンピックにおいては、両足小指に魚の目の痛みに悩まされる中、団体戦のフリースケーティングに出場したが4位、日本代表としては総合5位に終わる。個人戦のSPではミスが出て8位、フリーでも転倒し8位となり総合でも8位入賞に留まったが、前回バンクーバー五輪の8位に続いて、冬季五輪2大会連続入賞の成績を残した。日本の女子シングル選手としては他に伊藤みどり(5・2位)・佐藤有香(7・5位)・村主章枝(5・4位)・浅田真央(2・6位)の4名しか達成していない記録であった。

29歳・世界選手権出場を最後に引退[編集]

通算4回目の出場だった2014年3月、さいたま市での世界選手権では、SPで自身初の70点台を叩き出し4位発進。フリーでは序盤3ルッツからの3連続コンボが2ルッツに失敗、又ジャンプの回転不足が重なるなど点が伸びず総合6位だったが、29歳での世界選手権入賞(8位以内)は日本人最年長記録である。この大会を最後に、フィギュアスケート競技生活からの現役引退を発表した[22][23]

引退後の現在はプロスケーター、スケート関連のテレビ・ラジオ番組出演等を主に活動中である。

30歳・振付師として[編集]

2015-16シーズン、本郷理華選手のショートプログラム(曲はインカンテーション シルク・ドゥ・ソレイユキダム』より)で振付師としてデビューした。前シーズンで自身のアドバイスが本郷選手のグランプリシリーズロシア杯優勝に結びついたことが、きっかけになった[24]

主な戦績[編集]

2004年以降[編集]

大会/年 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14
冬季オリンピック 8 8
世界選手権 11 3 12 6
四大陸選手権 8 2 7 2
世界国別対抗戦 1 1
全日本選手権 12 12 10 5 4 2 4 2 4 1
GPファイナル 3 4 2 3
GPNHK杯 2 1 2 3
GPスケートカナダ 5 2 2 2
GPロステレコム杯 2
GP中国杯 1 2
フィンランディア杯 1 1 2
トリグラフトロフィー 1
ウィンターゲームズNZ 1
ネーベルホルン杯 3
チャレンジカップ 1
ゴールデンスピン 7 1
ユニバーシアード 8 1

2003年以前[編集]

大会/年 1998-99 1999-00 2000-01 2001-02 2002-03
四大陸選手権 8
全日本選手権 4 4 9
世界Jr.選手権 7
全日本Jr.選手権 3 5 2 5 5
JGPファイナル 3
JGP北京 5
JGPアリゾナ 1
JGPSBC杯 1
JGPチェコスケート 3
JGPピルエッテン 8
JGPウクライナ記念 6
JGPサルコウ杯 7
ムラドスト杯 1 J 1 J
トリグラフトロフィー 2 J

詳細[編集]

2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年3月24日-30日 2014年世界フィギュアスケート選手権さいたま 4
71.02
8
122.70
6
193.72
2014年2月6日-22日 ソチオリンピックソチ 8
60.97
8
125.35
8
186.32
2014年2月6日-22日 ソチオリンピック 団体戦(ソチ - 4
112.33
5
団体
2013年12月20日-23日 第82回全日本フィギュアスケート選手権さいたま 2
70.19
1
144.99
1
215.18
2013年11月8日-10日 ISUグランプリシリーズ NHK杯東京 2
66.03
4
113.29
3
179.32
2013年10月25日-27日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダセントジョン 3
65.76
2
127.99
2
193.75
2013年10月4日-6日 2013年フィンランディア杯エスポー 2
64.57
3
115.97
2
180.54


2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年4月11日-14日 2013年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 2
66.56
1
133.02
1
199.58
2013年3月10日-17日 2013年世界フィギュアスケート選手権ロンドン 7
61.17
13
103.42
12
164.59
2013年2月8日-11日 2013年四大陸フィギュアスケート選手権大阪 2
65.65
2
124.43
2
190.08
2012年12月20日-24日 第81回全日本フィギュアスケート選手権札幌 1
65.09
5
114.94
4
180.03
2012年12月6日-9日 2012/2013 ISUグランプリファイナルソチ 3
65.00
3
115.77
3
180.77
2012年11月23日-25日 ISUグランプリシリーズ NHK杯利府 5
58.60
1
126.62
2
185.22
2012年10月26日-28日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダウィンザー 5
55.12
1
120.04
2
175.16
2012年10月6日-日 2012年ジャパンオープンさいたま - 3
110.07
1
団体


2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年4月18日-22日 2012年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 2
67.51
2
120.28
1
187.79
2012年3月26日-4月1日 2012年世界フィギュアスケート選手権ニース 5
59.38
2
121.30
3
180.68
2011年12月23日-26日 第80回全日本フィギュアスケート選手権門真 3
59.60
1
119.67
2
179.27
2011年12月7日-11日 2011/2012 ISUグランプリファイナルケベック・シティー 2
61.30
3
118.46
2
179.76
2011年11月10日-13日 ISUグランプリシリーズ NHK杯札幌 1
66.55
2
119.43
1
185.98
2011年10月27日-30日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダミシサガ 4
52.82
1
119.44
2
172.26
2011年10月1日-日 2011年ジャパンオープンさいたま - 3
112.46
3
団体


2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年4月7日-10日 2011年トリグラフトロフィーイェセニツェ 1
57.15
2
90.83
1
147.98
2011年2月15日-20日 2011年四大陸フィギュアスケート選手権台北 6
57.64
7
104.95
7
162.59
2010年12月24日-27日 第79回全日本フィギュアスケート選手権長野 7
56.86
4
119.10
4
175.96
2010年12月9日-12日 2010/2011 ISUグランプリファイナル北京 5
58.26
4
115.46
4
173.72
2010年11月19日-21日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 1
57.43
2
115.31
2
172.74
2010年11月5日-7日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 2
57.97
2
104.89
2
162.86
2010年10月7日-10日 2010年フィンランディア杯ヴァンター 2
57.74
1
108.83
1
166.57


2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年3月22日-28日 2010年世界フィギュアスケート選手権トリノ 20
48.36
7
111.68
11
160.04
2010年2月12日-28日 バンクーバーオリンピックバンクーバー 11
61.02
7
120.42
8
181.44
2010年1月25日-31日 2010年四大陸フィギュアスケート選手権全州 1
58.88
2
114.84
2
173.72
2009年12月25日-27日 第78回全日本フィギュアスケート選手権門真 4
67.84
2
128.06
2
195.90
2009年12月3日-6日 2009/2010 ISUグランプリファイナル東京 5
57.54
3
116.46
3
174.00
2009年11月19日-22日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダキッチナー 8
53.10
5
94.62
5
147.72
2009年10月29日-11月1日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 4
59.52
1
117.14
1
176.66
2009年8月27日-30日 ウィンターゲームズ ニュージーランドダニーデン 1
59.33
1
99.77
1
159.10


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年2月2日-8日 2009年四大陸フィギュアスケート選手権バンクーバー 9
55.40
8
104.96
8
160.36
2008年12月25日-27日 第77回全日本フィギュアスケート選手権長野 6
57.02
3
116.96
4
173.98
2008年11月27日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯東京 4
55.56
2
112.08
2
167.64
2008年10月9日-12日 2008年フィンランディア杯ヴァンター 1
58.40
1
112.28
1
170.68
2008年9月25日-28日 2008年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 3
55.02
3
91.91
3
146.93


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年3月6日-9日 2008年エイゴンチャレンジ杯ハーグ 1
53.70
1
98.32
1
152.02
2007年12月26日-28日 第76回全日本フィギュアスケート選手権大阪 5
58.66
5
101.27
5
159.93
2007年11月8日-11日 2007年ゴールデンスピンザグレブ 1
55.62
1
101.28
1
156.90


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年1月17日-27日 ユニバーシアード冬季競技大会トリノ 1
50.40
1
97.84
1
148.24
2006年12月27日-29日 第75回全日本フィギュアスケート選手権名古屋 11
48.72
9
96.50
10
145.22


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2005年12月23日-25日 第74回全日本フィギュアスケート選手権東京 12
45.34
15
71.84
12
117.18
2005年11月10日-13日 2005年ゴールデンスピンザグレブ 3
41.69
7
69.23
7
110.92


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2005年1月12日-22日 ユニバーシアード冬季競技大会インスブルック 7 8 8
2004年12月24日-26日 第73回全日本フィギュアスケート選手権横浜 13
42.02
13
71.84
12
113.86


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2003年3月13日-15日 2003年ムラドストトロフィー ジュニアクラス(ザグレブ 1 1 1
2002年12月19日-22日 第71回全日本フィギュアスケート選手権京都 6 9 9
2002年11月23日-24日 第71回全日本フィギュアスケートジュニア選手権名古屋 2 5 5
2002年10月17日-20日 ISUジュニアグランプリ 北京北京 4 5 5
2002年9月19日-22日 ISUジュニアグランプリ アリゾナスコッツデール 1 1 1


プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2013-2014[25] 愛の讃歌
作曲:マルグリット・モノー
演奏:古澤巌、編曲:平沼有梨
振付:マッシモ・スカリ
ミュージカル『オペラ座の怪人』より
作曲:アンドルー・ロイド・ウェバー
振付:パスカーレ・カメレンゴ
Love Dance
シルク・ドゥ・ソレイユ KÀより)
作曲:ルネ・デュプレ
振付:宮本賢二

She
ボーカル:エルビス・コステロ
振付:宮本賢二
2012-2013 BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY
(映画『キル・ビル』より)
作曲:布袋寅泰

映画『レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード』より
作曲:ロバート・ロドリゲス
振付:アンジェリカ・クリロワ
O (オー)
(シルク・ドゥ・ソレイユより)
作曲:ブノワ・ジュトラ
振付:パスカーレ・カメレンゴ
映画『シェルブールの雨傘』より
作曲:ミシェル・ルグラン
振付:マッシモ・スカリ
2011-2012 ハンガリアンラプソディー
作曲:フランツ・リスト
演奏:エドウィン・マートン
振付:アンジェリカ・クリロワ
こうもり序曲
作曲:ヨハン・シュトラウス2世
振付:パスカーレ・カメレンゴ
映画『ラヴェンダーの咲く庭で』より
作曲:ナイジェル・ヘス
振付:宮本賢二

映画『バーレスク』より
You Haven't Seen the Last of Me
Show Me How You Burlesque
振付:アンジェリカ・クリロワ
2010-2011 ジェラシー
作曲:ヤコブ・ゲーゼ
振付:宮本賢二
屋根の上のバイオリン弾き
作曲:ジェリー・ボック
振付:パスカーレ・カメレンゴ
Bellezza
作曲:Wibi Soerjadi
振付:鈴木明子

アイス・クイーン
作曲:Paul Dinletir
振付:坂上美紀、JANSU

テネシーワルツ
作曲:ピー・ウィー・キング
振付:鈴木明子
2009-2010[26] アンダルシア、ファイヤーダンス
(『リバーダンス』より)
作曲:ビル・ウィーラン
振付:宮本賢二
ウエストサイドストーリー
作曲:レナード・バーンスタイン
振付:シェイ=リーン・ボーン
リベルタンゴ
作曲:アストル・ピアソラ
振付:宮本賢二

カリブ
作曲:ミッシェル・カミロ
振付:宮本賢二
2008-2009[27][28][29] ラ・カンパネッラ
作曲:フランツ・リスト
振付:宮本賢二
黒い瞳
演奏:ロビー・ラカトシュ
振付:本郷裕子、佐藤紀子
リベルタンゴ
作曲:アストル・ピアソラ
振付:宮本賢二
2007-2008[30][28] ファイヤーダンス
(『リバーダンス』より)
作曲:ビル・ウィーラン
振付:阿部奈々美[31]
映画『タイタニック』より
作曲:ジェームズ・ホーナー
振付:阿部奈々美[31]
映画『タイタニック』より
ジェームズ・ホーナー
2006-2007[32] 月光
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
振付:阿部奈々美[33]
It's A Beautiful Day
ボーカル:サラ・ブライトマン

ノクターン
歌:シークレット・ガーデン
作曲:ロルフ・ラヴランド
2005-2006[3] ボレロ・ファンタジー
演奏:The Planets
振付:阿部奈々美[34]
2004-2005 歌劇『サロメ』より
作曲:リヒャルト・シュトラウス
2003-2004 レッド・ヴァイオリン[35]
2002-2003 序奏とロンド・カプリチオーソ
作曲:カミーユ・サン=サーンス
2001-2002 ピアノ協奏曲第1番
作曲:フレデリック・ショパン
ロミオとジュリエット[36]
作曲:ウィリアム・ウォルトンニーノ・ロータ
セルゲイ・プロコフィエフ
2000-2001 スパニッシュ・フォーク・ミュージック レッド・ヴァイオリン[35]

受賞[編集]

  • 2014年5月13日 豊橋市より「スポーツ特別賞」(今回で5度目)

出演[編集]

テレビ[編集]

書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ソチオリンピック2014 鈴木 明子 (スケート・フィギュアスケート) プロフィール - JOC
  2. ^ a b c d 『フィギュアスケート日本女子ファンブック2009』扶桑社、2008年12月、p.40
  3. ^ a b c d e 『フィギュアスケート選手名鑑 2006』新書館、2005年12月、p.26
  4. ^ 『ファンブック2009』p.40
  5. ^ a b c プロフィール|鈴木明子 -Akiko Suzuki- Official Web Site
  6. ^ 『鈴木明子オフィシャルブログ「shantiな日々」』2012年7月27日付より
  7. ^ 斎藤貴子編『フィギュアスケート07-08シーズンフラッシュバック』実業之日本社、2008年3月、p.38
  8. ^ 『ワールド・フィギュアスケート 35』新書館、2008年12月、p.76
  9. ^ a b c 【鈴木明子のHAPPY SKATING】すっかり長いお付き合いSankeiBiz 2013年9月18日)
  10. ^ 変遷(長野県スケート連盟)
  11. ^ 日本スケート連盟 フィギュアスケート平成13年度強化選手一覧
  12. ^ 日本スケート連盟 フィギュアスケート平成14年度強化選手一覧
  13. ^ a b 『日本女子フィギュアスケートキャラクターブック 2008-2009』マガジンハウス、2008年10月、p.29、p.27
  14. ^ a b 田村明子著『パーフェクトプログラム 日本フィギュアスケート史上最大の挑戦』新潮社、2010年3月、p.87
  15. ^ “摂食障害で「幽霊みたい」…鈴木明子、集大成へ”. yomiDr. (読売新聞社). (2014年2月20日). http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=93264 2014年2月20日閲覧。 
  16. ^ 『ファンブック2009』p.38
  17. ^ 日本スケート連盟 フィギュアスケート平成16年度強化選手一覧
  18. ^ 日本スケート連盟 フィギュアスケート平成17年度強化選手一覧
  19. ^ 「邦和スポーツランドを経営している、東邦不動産の社員」と記す資料もあるが(『フィギュアスケートDays Plus 2008-2009女子シングル読本』ダイエックス出版出版、2008年9月、p.30)、勤務先が邦和スポーツランドであることについては一致している。
  20. ^ 鈴木明子、世界選手権に繰り上げ出場…フィギュア『スポーツ報知』2010年3月2日更新、同年3月3日閲覧
  21. ^ [1]
  22. ^ 明子引退 2度の五輪ともに8位入賞「悔しいところもある」(スポニチ)
  23. ^ 鈴木明子さん 引退届提出を報告 プロとして「表現者に」(スポニチ)
  24. ^ 中村有花 (2015年11月4日). “フィギュア:選手から職人へ…鈴木明子さん、振付師の道に”. 毎日新聞. 2015年11月4日閲覧。
  25. ^ 鈴木明子オフィシャルブログより 7月1日投稿 プログラム
  26. ^ 『フィギュアスケートDays Plus 2009-2010女子シングル読本』ダイエックス出版、2009年9月、pp.16-19
  27. ^ 『2008-2009女子シングル読本』p.30
  28. ^ a b 『日本女子フィギュアスケートキャラクターブック 2008-2009』pp.27-29
  29. ^ 『ファンブック2009』p.90
  30. ^ 『2008-2009女子シングル読本』pp.30-32
  31. ^ a b 「フィギュアスケート振付師ファイル」『フィギュアスケートDays vol.8』ダイエックス出版、2009年2月、pp.76-77
  32. ^ 境田優「2006全日本フィギュアスケート選手権レポート」『フィギュアスケートDays vol.2』DAI-X出版、2007年3月、pp.36-47
  33. ^ 第75回全日本フィギュアスケート選手権パンフレット
  34. ^ 青嶋ひろの「振付師に聞く 第4回 阿部奈々美」『フィギュアスケートDays vol.3』DAI-X出版、2007年5月、p.66-69
  35. ^ a b 「スタンダードナンバー大比較 アランフェス協奏曲」『フィギュアスケートDays vol.9』ダイエックス出版、2009年4月、pp.54-57
  36. ^ 『ファンブック2009』p.85

外部リンク[編集]