エフゲニア・メドベージェワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Pix.gif エフゲニア・メドベージェワ
Evgenia Medvedeva
Figure skating pictogram.svg
Evgenia Medvedeva Podium 2017 World Championships.jpg
2017年世界選手権の表彰式にて
基本情報
代表国: ロシアの旗 ロシア
生年月日: (1999-11-19) 1999年11月19日(18歳)
出生地: 中央連邦管区
モスクワ
身長: 159 cm[1]
コーチ: ブライアン・オーサー
元コーチ: エテリ・トゥトベリーゼ
セルゲイ・デュダコフ
振付師: デヴィッド・ウィルソン
サンドラ・ベジック
元振付師: アレクサンドル・ズーリン
エテリ・トゥトベリーゼ
アレクセイ・ジェレーズニコフ
リュボーフィ・ヤコヴレヴァ
イリヤ・アベルブフ
ダニイル・グレイヘンガウス
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 241.31(WR) 2017 国別対抗戦
ショートプログラム: 81.61 2018 平昌オリンピック
フリースケーティング: 160.46(WR) 2017 国別対抗戦
 
獲得メダル
フィギュアスケート
主要な国際競技会
大会 1 2 3
オリンピック 0 2 0
世界選手権 2 0 0
欧州選手権 2 1 0
グランプリファイナル 2 0 0
世界国別対抗戦 0 1 0
世界ジュニア選手権 1 0 1
ジュニアグランプリファイナル 1 0 1
合計 8 4 2
オリンピック
Olympic rings with transparent rims.svg
2018 平昌 女子シングル
2018 平昌 団体戦
世界選手権
2016 ボストン 女子シングル
2017 ヘルシンキ 女子シングル
欧州選手権
2016 ブラチスラヴァ 女子シングル
2017 オストラヴァ 女子シングル
2018 モスクワ 女子シングル
世界国別対抗戦
2017 東京 団体
グランプリファイナル
2015 バルセロナ 女子シングル
2016 マルセイユ 女子シングル
世界ジュニア選手権
2014 ソフィア 女子シングル
2015 タリン 女子シングル
ジュニアグランプリファイナル
2013 福岡 女子シングル
2014 バルセロナ 女子シングル

エフゲニア・アルマノヴナ・メドベージェワロシア語: Евгения Армановна Медведеваロシア語ラテン翻字: Evgenia Armanovna Medvedeva1999年11月19日 - )は、ロシアフィギュアスケート選手(女子シングル)。なお、姓は「メドベデワ」と表記されることもある。

主要な戦績として、平昌オリンピック銀メダル、世界選手権2連覇(2016年-2017年)、欧州選手権2連覇(2016年-2017年)、グランプリファイナル2連覇(2015年-2016年)、2015年世界ジュニア選手権優勝。ロシア選手権2連覇(2016年-2017年)など。

世界記録は2016年から10度にわたって更新しており、女子シングル競技におけるフリースケーティング(160.46点)、トータルスコア(241.31点)の現世界歴代最高得点記録保持者である。世界ランキング最高位1位。現在の世界ランキングは2位(2017-2018シーズン)。

人物[編集]

アルメニア人の父親と元フィギュアスケーターのロシア人の母親の間にモスクワで生まれたが、両親は離婚したため、母親の元で育てられた。

2017年9月、選手としてはサンボ70所属のままロシア国立体育・スポーツ・青年(青少年)・観光大学英語版ロシア語版に進学した[2][3][4]

日本のアニメをモチーフにしたおもちゃが好きで、宮崎駿の映画がお気に入りである[5]。また、「セーラームーン」も好きで「2016年世界選手権」演技後のインタビューの際、インタビューしているのが日本のテレビ局と知ると「日本のファンを喜ばせたい」と述べ、同作品の主題歌・ムーンライト伝説の日本語の歌詞を朗読・披露した。さらには、2016年のドリーム・オン・アイスにて、セーラームーンのコスプレで演技を披露。原作者の武内直子とも対面を果たした[6]。フィギュアスケートアニメの「ユーリ!!! on ICE」はグランプリファイナルの会場の細かい描写を気に入っており、自身が優勝したバルセロナの会場に「もう一度戻った気がしました」「嬉しかったです」と語っている[4]。最近はSNSへの興味がなくなったが、家族や趣味のための時間が増えたため「良いこと」だとしている[4]

樋口新葉とは、お菓子などのお土産を贈り合うほど仲がいい[5]。 できるだけ長く競技生活を続けることが目標とのこと。

技術・演技[編集]

ISUによる略称:
ジャンプ
T トウループ
S サルコウ
Lo ループ
F フリップ
Lz ルッツ
A アクセル

アクセルを除く、5種類の3回転ジャンプをこなす。

コンビネーションジャンプは3回転フリップ-3回転トウループや、3回転サルコウ-3回転トウループなどをプログラムで使用している。練習では3F-3T-3T、3S-3T-3T、3S-3Lo-3T、3S-3T-3T-3Tなどのような高難度のコンビネーションジャンプも披露している。ジャンプの際に片手や両手を挙げて跳ぶタノジャンプを得意としており、高い加点を得ることができる。また、基礎点が1.1倍になる演技後半にジャンプを多く配置することができるため、これも高得点につながっている。特にSPでは全てのジャンプを後半に跳んでいる。一方でルッツジャンプを苦手としており、踏み切り違反を取られることがあるため、SPでは構成から外している。

非常に強靭なメンタルを持ち、試合では常に精神面で安定しているという。アレクセイ・ミーシンは「彼女のジャンプや回転ではなく、持っている自信に驚き感動する」と語っている[7]

経歴[編集]

3歳の頃に、エレーナ・プロスクリナとリュボーフィ・ヤコフレワに指導を受けた。2008年からはエテリ・トゥトベリーゼのチームに加わった[8]。2011-2012シーズンにはロシア選手権に初出場し8位に入った。

2013-2014シーズン、ジュニアグランプリシリーズに参戦。リガ杯、バルティック杯と優勝を重ね、ジュニアグランプリファイナルでは銅メダルを獲得。マリア・ソツコワセラフィマ・サハノヴィッチと共にロシア選手で表彰台を独占した。ロシアジュニア選手権では4位だったが、怪我をしたソツコワの代わりに世界ジュニア選手権に出場[9]エレーナ・ラジオノワとサハノヴィッチと共にロシア選手で表彰台を独占した。

2014-2015シーズン、ジュニアグランプリシリーズは2年連続で2連勝。ジュニアグランプリファイナルでも優勝。ロシア選手権では銅メダルを獲得。世界ジュニア選手権でも優勝し、このシーズン出場したジュニアクラスの試合は全てで金メダルを獲得した。

2015-2016シーズン、シニアクラスへ移行。オンドレイネペラトロフィーでシニアの国際大会で初優勝。グランプリシリーズに参戦し、スケートアメリカで優勝、またロステレコム杯では準優勝し、グランプリファイナルに進出。グランプリファイナルでは自己ベストを大きく更新し、初出場ながら優勝を果たした。ロシア選手権では、参考記録ながら234.88をマークし初優勝。欧州選手権でも初出場で優勝した。世界選手権ではフリースケーティング(FS)の歴代最高得点となる150.10を記録し、総合得点223.86で優勝した。世界ジュニア選手権で優勝した翌年に世界フィギュアスケート選手権を制したのは女子シングル競技史上初となる。

2016-2017シーズン、スケートカナダフランス杯でそれぞれ1位を獲得。フランス杯のSPでは歴代2位の78.52を獲得。そして3シーズンぶりにグランプリシリーズ3連勝がかかったグランプリファイナルで2年連続優勝を飾り、SPでISU歴代最高得点79.21を獲得した。欧州選手権でFSで150.79、総合229.71と2つの世界歴代最高得点を更新し2連覇を達成。世界選手権ではさらにFSで154.40、総合233.41と再び世界記録を塗り替え2連覇を成し遂げた。世界国別対抗戦ではSPで80.85、FSで160.46、総合241.31とSP、FS、総合の全てで世界記録を塗り替えた。このシーズンは出場した全ての試合で優勝し、女子シングル競技における全てのレコードホルダーとなった。

涙の敗北となった平昌オリンピック

2017-2018シーズン、オンドレイネペラトロフィーにて2回転アクセル以外のジャンプを全て演技後半に配置した新構成のプログラムを披露。しかし、オーバーターンなどのミスが出てしまい思うように点数を伸ばせず、ジャパンオープンより元の構成に戻した『アンナ・カレーニナ』にプログラムを変更した。グランプリシリーズでは、ロステレコム杯NHK杯で2連勝を飾るも、それぞれの大会で転倒などのミスが相次ぎ、僅かな綻びが出始める。その後、診察で右中足骨骨折が発覚。治療のため3連覇が掛かったグランプリファイナルの欠場を余儀なくされた。続くロシア選手権も回復が間に合わず欠場。2ヶ月振りの復帰戦となった欧州選手権でシニアデビュー後全戦全勝の快進撃を続けていた同門のアリーナ・ザギトワとシニア初激突。SPでは2回転アクセルでステップアウトしてしまい2位発進。FSでも予定していた連続ジャンプが単独ジャンプになるなど調子を取り戻せず2位。総合でも2位となりザギトワに敗北。それまで続いていた個人戦の連勝記録は13連勝でストップし、約2年振りの敗戦となった。平昌オリンピックOARの選手として出場。団体戦はSPを滑走し、81.06と世界最高得点をマーク。OARの団体銀メダル獲得に貢献した。シングルはSPで81.61と更に世界最高得点を更新するも、わずか20分後にザギトワが更に上を行く82.92を叩きだし、2位発進となる。逆転を狙ったFSは前半の連続ジャンプを演技後半に配置する構成を発表。しかし、本番では前半に連続ジャンプを飛び、その後ミスなく演技を終えるも得点は156.65でザギトワと同点。SPでの点差を埋めることが出来ず総合2位となり、涙の銀メダルで幕を閉じた。その後、右足の痛みが再発。医師からの勧めによりリベンジ戦となる予定だった世界選手権は欠場し、1~2ヶ月程の休養をとることになった。休養期間は地元ロシア日本のテレビ番組に出演したりアイスショーで演技を披露していたが、現地時間の5月7日、11年間師事してきたエテリ・トゥトベリーゼと決別しブライアン・オーサーへコーチを変更することを発表した[10]

主な戦績[編集]

大会/年 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14 2014-15 2015-16 2016-17 2017-18 2018-19
冬季オリンピック 2
世界選手権 1 1 欠場
欧州選手権 1 1 2
世界国別対抗戦 2|団体
ロシア選手権 8 7 3 1 1 欠場
GPファイナル 1 1 欠場
GP NHK杯 1
GPフランス杯 1 TBD
GPスケートカナダ 1 TBD
GPロステレコム杯 2 1
GPスケートアメリカ 1
CSオータムクラシック 2
CSネペラ杯 1 1
世界Jr.選手権 3 1
ロシアJr.選手権 12 6 4 4 1
JGPファイナル 3 1
JGPチェコスケート 1
JGPクールシュヴェル 1
JGPバルティック杯 1
JGPリガ杯 1
アイススター 1 J
チャレンジカップ 2 |団体
  • J - ジュニアクラス

詳細[編集]

  • 赤い数字はISU公認国際大会での当時の世界最高得点(国内大会は含まない)。
2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2018年2月21日-23日 2018年平昌オリンピック平昌 2
81.61
1
156.65
2
238.26
2018年2月9日-12日 2018年平昌オリンピック 団体戦(平昌 1
81.06
- 2
団体
2018年1月17日-20日 2018年ヨーロッパフィギュアスケート選手権モスクワ 2
78.57
2
154.29
2
232.86
2017年11月10日-12日 ISUグランプリシリーズNHK杯大阪 1
79.99
1
144.40
1
224.39
2017年10月20日-22日 ISUグランプリシリーズロステレコム杯モスクワ 1
80.75
1
150.46
1
231.21
2017年9月21日-23日 ISUチャレンジャーシリーズオンドレイネペラトロフィーブラチスラヴァ 1
80.00
1
146.72
1
226.72
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年4月20日-23日 2017年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 1
80.85
1
160.46
2
団体
241.31
2017年3月27日-4月2日 2017年世界フィギュアスケート選手権ヘルシンキ 1
79.01
1
154.40
1
233.41
2017年1月25日-29日 2017年ヨーロッパフィギュアスケート選手権オストラヴァ 1
78.92
1
150.79
1
229.71
2016年12月22日-25日 ロシアフィギュアスケート選手権チェリャビンスク 1
80.08
1
153.49
1
233.57
2016年12月8日-11日 2016/2017 ISUグランプリファイナルマルセイユ 1
79.21
1
148.45
1
227.66
2016年11月11日-13日 ISUグランプリシリーズ フランス杯パリ 1
78.52
1
143.02
1
221.54
2016年10月27日-30日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダミシサガ 1
76.24
1
144.41
1
220.65
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年4月22日-24日 2016年コーセー・チームチャレンジカップスポケーン 1
77.56
1
151.55
[11]
2016年3月26日-4月3日 2016年世界フィギュアスケート選手権ボストン 3
73.76
1
150.10
1
223.86
2016年1月25日-31日 2016年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブラチスラヴァ 1
72.55
1
142.90
1
215.45
2015年12月23日-27日 ロシアフィギュアスケート選手権エカテリンブルク 1
79.44
1
155.44
1
234.88
2015年12月9日-13日 2015/2016 ISUグランプリファイナルバルセロナ 1
74.58
1
147.96
1
222.54
2015年11月20日-22日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 3
67.03
1
139.73
2
206.76
2015年10月23日-25日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカミルウォーキー 1
70.92
1
135.09
1
206.01
2015年9月30日-10月4日 ISUチャレンジャーシリーズ オンドレイネペラトロフィーブラチスラヴァ 1
63.68
2
120.26
1
183.94
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年3月2日-8日 2015年世界ジュニアフィギュアスケート選手権タリン 1
68.48
1
124.49
1
192.97
2015年2月4日-7日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(ヨシュカル・オラ 1
70.95
1
134.10
1
205.05
2014年12月24日-28日 ロシアフィギュアスケート選手権ソチ 3
72.57
3
137.24
3
209.81
2014年12月11日-14日 2014/2015 ISUジュニアグランプリファイナルバルセロナ 1
67.09
1
123.80
1
190.89
2014年9月3日-6日 ISUジュニアグランプリ チェコスケートオストラヴァ 2
55.92
1
116.93
1
171.12
2014年8月20日-24日 ISUジュニアグランプリ クールシュヴェルクールシュヴェル 1
61.12
1
118.43
1
179.55
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年3月10日-16日 2014年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 3
63.72
3
114.71
3
178.43
2014年1月22日-25日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(サランスク 4
63.25
4
120.45
4
183.70
2013年12月22日-27日 ロシアフィギュアスケート選手権ソチ 8
62.19
8
119.67
7
181.86
2013年12月5日-8日 2013/2014 ISUジュニアグランプリファイナル福岡 3
58.75
5
104.93
3
163.68
2013年10月17日-20日 2013年アイススター ジュニアクラス(ミンスク 3
62.12
1
118.01
1
180.13
2013年9月18日-22日 ISUジュニアグランプリ バルティック杯グダニスク 1
61.61
1
118.35
1
179.96
2013年8月27日-9月1日 ISUジュニアグランプリ リガ杯リガ 3
55.17
1
114.35
1
169.52
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年2月1日-3日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(サランスク 5
61.35
4
118.84
4
180.19
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年2月5日-7日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(ヒムキ 7
54.86
7
103.64
6
158.50
2011年12月25日-29日 ロシアフィギュアスケート選手権サランスク 11
53.21
8
108.53
8
161.74
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年2月2日-4日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(カザン 13
42.57
12
88.93
12
131.50

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2018-2019[12] オレンジ色の空
ボーカル:ナタリー・コール
振付:デヴィッド・ウィルソンサンドラ・ベジック
ムムーキ
リベルタンゴ
演奏:ヨーヨー・マ
振付:デヴィッド・ウィルソン
2017-2018 夜想曲第20番
作曲:フレデリック・ショパン
演奏:ジョシュア・ベル
振付:イリヤ・アベルブフ
アンナ・カレーニナ
作曲:ダリオ・マリアネッリ
振付:ダニイル・グレイヘンガウス

January Stars
by George Winston
Divenire
by Ludovico Einaudi
The Departure (Lullaby)
by Max Richter
Dona Nobis Pacem 2
by Max Richter
タイスの瞑想曲
作曲:ジュール・マスネ
演奏:ウラディーミル・スピヴァコフ, Sergei Bezrodny
2016-2017 River Flows in You
演奏:イルマ
The Winter
作曲:バルモレイ
振付:イリヤ・アベルブフ
映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
サウンドトラックより
Extremely Loud and Incredibly Close
Piano Lesson with Grandma
作曲:アレクサンドル・デスプラ
振付:イリヤ・アベルブフ
セーラースターソング
ボーカル:花沢加絵
ムーン・プリズム・パワー・メイクアップ!
作曲:有澤孝紀
ムーンライト伝説
ボーカル:DALI
あまい囁き
ボーカル:ダリダ
Moi je joue
ボーカル:ブリジット・バルドー
2015-2016[13][14] 映画『白夜の調べ』より
作曲:イサーク・シュワルツ
振付:アレクサンドル・ズーリン
愛が世界を救う
Dance For Me Wallis 映画『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』サウンドトラックより
作曲:アベル・コジェニオウスキ
Allegro
作曲:ルネ・オーブリー
Charms 映画『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』サウンドトラックより
作曲:アベル・コジェニオウスキ
振付:イリヤ・アベルブフ、イーゴリ・ストレルキン
ステイン・アライヴ
曲:ビージーズ
コープス・ブライド
Tore my heart
ボーカル:ウーナ
Rama Lama (Bang Bang)
ボーカル:ロイシーン・マーフィー
Ostanus
曲:Gorod 312
ユー・レイズ・ミー・アップ
ボーカル:ケルティック・ウーマン
2014-2015 映画『シェルブールの雨傘』サウンドトラックより
作曲:ミシェル・ルグラン
夏の夜の夢
作曲:フェリックス・メンデルスゾーン
演奏:Hans-Gunther Wagener

Tango Tschak
by Hugues Le Bars
水に流して
ボーカル:エディット・ピアフ
ステイン・アライヴ
曲:ビージーズ
2013-2014 Ballet Russe
作曲:フランク・ミルズ
映画『ラ・カリファ』より
作曲:エンニオ・モリコーネ
Never Gonna Miss You
Russian Gypsy Music

脚注[編集]

  1. ^ https://www.nikkansports.com/sports/column/figurekoi/news/201801050000191.html
  2. ^ 旧ロシア国立体育大学、ロシア国立体育アカデミー。大学サイトによると、全日制と通信制がある。
  3. ^ Евгения Медведева стала студенткой РГУФКСМиТ” [エフゲニア・メドベージェワは RGUFKSM&T の学生となった] (ロシア語). sports.ru (2017年9月1日). 2018年3月26日閲覧。
  4. ^ a b c エフゲニア・メドベデワ選手インタビュー 世界最高記録を更新し、世界選手権2連覇「できるだけ長く競技生活を続けたい」”. キヤノン (2017年4月13日). 2018年3月27日閲覧。
  5. ^ a b フィギュアのメドヴェージェヴァ選手がすっかり日本のとりこ Sputnik 日本 2016年2月1日
  6. ^ 氷上のセーラームーンガチ勢・メドベージェワ選手 コスプレで作者の武内直子さんと2ショットで笑顔
  7. ^ 2季優勝し続けるメドベージェワ
  8. ^ Евгения Медведева: «На злости и зависти далеко не уедешь»
  9. ^ Фигуристка Медведева заменила Сотскову на юниорском ЧМ в Болгарии
  10. ^ メドベが発表、羽生結弦のコーチ・ブライアン・オーサー氏に師事
  11. ^ 男女シングルSP団体3位、総合団体2位
  12. ^ “メドベージェワ、新プログラムは「ジャズ&タンゴ」 ファン歓喜「待ちきれないよ!」”. THE ANSWER (Creative2). (2018年7月26日). https://the-ans.jp/news/30991/ 2018年7月26日閲覧。 
  13. ^ Евгения Медведева: в новой произвольной программе, которую поставил Илья Авербух, буду использовать язык жестов
  14. ^ ロシア女子シングル・メドヴェーデワ選手インタビュー

関連項目[編集]

外部リンク[編集]