ブレイディ・テネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ブラディー・テネル
Pix.gif ブレイディ・テネル
Bradie TENNELL
Figure skating pictogram.svg
Bradie Tennell at 2017 Junior Worlds.jpg
2017年世界ジュニアでのテネル
基本情報
代表国: アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日: (1998-01-31) 1998年1月31日(20歳)
出生地: ウィンフィールド (イリノイ州)英語版
身長: 168cm
コーチ: デニス・マイヤーズ、ジェレミー・アレン
振付師: スコット・ブラウン
ブノワ・リショー
元振付師: シンディ・スチュアート
所属クラブ: Wagon Wheel FSC
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 204.10 2017 GSスケートアメリカ
ショートプログラム: 68.94 2017 平昌オリンピック
フリースケーティング: 137.09 2017 GSスケートアメリカ
 
獲得メダル
フィギュアスケート
オリンピック
Olympic rings with transparent rims.svg
2018 平昌 団体戦

ブレイディ・テネル英語: Bradie Tennell1998年1月31日 - )は、アメリカ合衆国ウィンフィールド (イリノイ州)英語版出身の女性フィギュアスケート選手(女子シングル)。

経歴[編集]

2014-2015シーズン、ジュニアグランプリシリーズに初めて出場し名古屋大会で8位となる。全米選手権のジュニアクラスでは優勝を果たした。

2015-2016シーズン、ジュニアグランプリシリーズのオーストリア大会で11位、全米選手権はシニアクラスに出場し6位。初出場の世界ジュニア選手権では11位となった。

2016-2017シーズン、タリントロフィーに出場し3位。2年連続の出場となった世界ジュニア選手権では7位となる。

2017-2018シーズン、ロンバルディア杯に出場し自己ベストを大幅に更新する196.70をマークするも表彰台にはとどかなかった。初参戦となったグランプリシリーズでは1試合のみの出場となり、スケートアメリカでSP、FS共に減点のない会心の滑りを披露し自身初の200点越えを果たし3位となった。全米選手権でも好調を維持し、合計219.51のハイスコアをマークして初優勝を果たし平昌五輪代表に選出された。平昌オリンピックでは団体戦のSPで自己ベストの68.94をマークし5位、アメリカチームとして団体戦銅メダルを獲得した。個人戦では9位となり、これは今大会の女子シングルにおけるアメリカ人選手の最高位であった。初出場の世界選手権では6位となった。

主な戦績[編集]

大会/年 2013-14 2014-15 2015-16 2016-17 2017-18 2018-19
オリンピック 9
世界選手権 6
全米選手権 4 J 1 J 6 9 1
GPスケートアメリカ 3 4
GPフランス杯 TBD
CSロンバルディア杯 4
CSタリントロフィー 3
世界Jr.選手権 11 7
JGPオーストリア杯 11
JGPメ~テレ杯 8
ガルデナスプリング杯 3 J
  • J - ジュニアクラス

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2017-2018 映画「ブラザーフッド」より
作曲:イ・ドンジュン
振付:スコット・ブラウン
映画「シンデレラ」より
作曲:パトリック・ドイル
振付:ブノワ・リショー
Unstoppable
ボーカル:シーア
2016-2017 リメンバー・ミー
作曲:トーマス・バーガーセン
映画「ミッション」より
作曲:エンリコ・モリコーネ

参考文献[編集]