コンテンツにスキップ

坂本花織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
坂本 花織
Kaori SAKAMOTO
フィギュアスケート選手
生誕 (2000-04-09) 2000年4月9日(24歳)
日本兵庫県神戸市
身長 159センチメートル
出身校 神戸学院大学
選手情報
代表国 日本の旗 日本
カテゴリー 女子シングル
コーチ
所属クラブ シスメックス
練習拠点
開始 2004年
最高ランク 1位(2022–23シーズン)
ISUサイト バイオグラフィ
ISUパーソナルベストスコア
+5/-5 GOEシステム
総合236.092022年世界選手権
SP80.322022年世界選手権
FS155.772022年世界選手権
大会成績
国際スケート連盟主催大会 1位 2位 3位
オリンピック 0 0 1
オリンピック団体戦 0 1 0
世界選手権 3 0 0
四大陸選手権 1 0 0
グランプリファイナル 1 0 0
世界ジュニア選手権 0 0 1
ジュニアグランプリファイナル 0 0 1
合計数 5 1 3
国内大会 1位 2位 3位
全日本選手権 4 2 0
全日本ジュニア選手権 1 1 0
獲得メダル
""オリンピック""
2022 北京 女子シングル
2022 北京 団体戦
世界選手権
2022 モンペリエ 女子シングル
2023 さいたま 女子シングル
2024 モントリオール 女子シングル
四大陸選手権
2018 台北 女子シングル
グランプリファイナル
2023 北京 女子シングル
世界ジュニア選手権
2017 台北 女子シングル
ジュニアグランプリファイナル
2016 マルセイユ 女子シングル

坂本 花織(さかもと かおり、英語: Kaori Sakamoto, 2000年4月9日 - )は、日本フィギュアスケート選手(女子シングル種目)。兵庫県神戸市出身。シスメックス所属。神戸学院大学卒業。マネジメントはIMG TOKYO

主な競技成績は、2022年北京オリンピック銅メダル・団体戦銀メダル、世界選手権3連覇(2022年2023年2024年)、2023年グランプリファイナル優勝、2018年四大陸選手権優勝、全日本選手権優勝4回(2018年・2021年・2022年・2023年)など。

人物[編集]

神戸市立渚中学校神戸野田高等学校を卒業して2019年に神戸学院大学経営学部に入学[1]。2023年には同大学を卒業している[2]。兄弟は姉が2人いる。血液型はB型

2003年のNHK連続テレビ小説てるてる家族』で主人公[注 1]の姉[注 2]がフィギュアスケート選手だったのを見て興味を持ち、4歳でスケートを始めた[3]

特技は水泳長距離走。憧れの選手は鈴木明子で、ライバルとして同じく神戸市出身で1つ年上の三原舞依の名前を挙げている。性格は負けず嫌い、明るい、面白い。フィギュアスケート界では珍しい「お笑いキャラ」で、ボケとツッコミが激しく、誰かがボケたのをすぐに拾ってツッコむ[4]。演技後のガッツポーズもフィギュア選手の中では珍しい[5]

同学年の樋口新葉と仲が良く、北京オリンピックの代表選考がかかった全日本選手権では、ショートの6分間練習前に談笑して緊張をほぐし合ったり[6]、フリー前には「一緒に逃げ切ろう」「行こう」と声を掛け合って励まし合いをしていた[7]

神戸市営地下鉄海岸線の各駅には、海岸線開業にあたって神戸市交通局が募集した2000年生まれの赤ちゃんの「手形・足形タイル」が飾られており、 新長田駅には自身の赤ちゃん時代の手形足形が飾られている[8]

経歴[編集]

ノービス時代[編集]

2012–13シーズン、全日本ノービス選手権Aクラスで優勝し、招待選手として初出場となった全日本ジュニア選手権で9位となった。2013年3月には初めての国際大会である2013年トリグラフトロフィーに出場し、2位となる。2013年4月に日本で開催された世界国別対抗戦のエキシビションに全日本ノービスA優勝者として招待され演技を披露した。

ジュニア時代[編集]

2013–14シーズン[編集]

2013–14シーズンからジュニアクラスに移行し、アジアフィギュア杯のジュニアクラスで優勝する。ジュニアグランプリシリーズに初参戦し、チェコスケートに出場し6位となった。全日本ジュニア選手権では6位に入り、ジュニア招待選手として初出場となった全日本選手権では15位に終わった。チャレンジカップではジュニアクラスで優勝した。

2014–15シーズン[編集]

2014–15シーズン、日本開催であるジュニアグランプリメ~テレ杯に出場し7位となる。全日本ジュニア選手権ではショートプログラム4位からフリーで3位となり、総合で樋口新葉に続く2位に入った。全日本選手権では6位に入り、世界ジュニア選手権の代表に選出された。初出場となった世界ジュニア選手権ではショートプログラムで4位につけ、フリーで6位となり総合6位に入った。

2015–16シーズン[編集]

2015–16シーズン、アジアフィギュア杯のシニアクラスに出場し3位に入る。ジュニアグランプリシリーズのリガ杯では、ショートプログラム・フリーともにパーソナルベストを更新し2位、続くコペルニクススターズでは4位となった。全日本ジュニア選手権では5位となる。全日本選手権では13位となり、リレハンメルユースオリンピックでは6位に入った。4月18日には須本光希とともに台湾選手権にゲスト出演し、フリーを披露した。

2016–17シーズン:世界ジュニア選手権銅メダル[編集]

2017年世界ジュニアにて

2016–17シーズン、ジュニアグランプリシリーズのサン・ジェルヴェで2位、続く横浜大会で優勝しジュニアグランプリファイナル進出を決めた。初出場のジュニアグランプリファイナルでは銅メダルを獲得した。全日本ジュニア選手権では初優勝を飾った。4度目の出場となった全日本選手権では7位となり、世界ジュニア選手権の代表およびアジア冬季競技大会の補欠に選出された。アジア冬季競技大会では宮原知子がケガで欠場となり、補欠として繰り上がり出場の予定であったが、インフルエンザのため欠場となった。2回目の出場となった世界ジュニア選手権では、ショートプログラム・フリーともにパーソナルベストを更新して銅メダルを獲得した[9]

シニア時代[編集]

2017–18シーズン:四大陸選手権優勝、平昌オリンピック6位入賞[編集]

2018年平昌オリンピックにて

2017–18シーズン、ショートプログラムの3本のジャンプを基礎点が1.1倍となる後半に固め、フリーでも7本中5本を後半に飛ぶ高難度の構成に挑戦。シニア国際大会デビュー戦となったアジアフィギュア杯で優勝。ISUチャレンジャーシリーズUSインターナショナルクラシックでは、ショートプログラム・フリーともにミスが出て4位。全日本選手権の出場を目指す近畿選手権で、参考記録ながら自身初の200点超えとなる201.15点を獲得して優勝した。ISUグランプリシリーズに初参戦し、ロステレコム杯ではフリーにミスが出て5位となる。続くスケートアメリカでは、ショートプログラムはスピンで僅かなミスが出るも自己ベストを更新し2位、フリーではミスなくまとめ自己ベストを大きく更新し2位につけた。トータルでも210.59点を獲得し、ISU公認大会初の200点越えを果たし2位表彰台と大きな飛躍を遂げた大会となった。平昌オリンピックの代表選考がかかった全日本選手権ではショートプログラムで自己ベストとなる73.59をマーク。大会3連覇中であった宮原知子を抑え首位発進となる[10]。最終滑走で迎えたフリーでもほぼノーミスで演技を終え、大会4連覇達成の宮原に次ぐ総合2位に。それまで五輪代表有力候補とみられた樋口新葉三原舞依らをかわして、平昌オリンピック・女子シングル日本代表2枠を、優勝の宮原と共に勝ち取った[11]。同じく初選出された四大陸選手権では、同じ日本代表の宮原・三原を抑え初優勝を飾った[12]

平昌五輪・団体戦はフリーに出場した。冒頭のコンビネーションジャンプにミスが出たが、後半のジャンプでリカバリーするなどで本領発揮。しかし思うように得点が伸びず5位、日本代表も前大会と同じく総合5位に留まった[13]。個人戦のショートプログラムでは、後半に集めた全てのジャンプ決め、ステップ、スピンでもレベル4を獲得するなど完璧な演技を見せ、自己ベストを更新する73.18点で5位発進[14]。フリーでは、終盤での3回転ループの着氷でバランスを乱したものの、それ以外は大崩れせずにまとめて6位。総合でも堂々の6位入賞を果たし、シニア1年目で初のオリンピックは、目標の一桁順位を大きく上回る健闘を見せた[15]。演技後「次は自信を持って臨めると思います。4年間やりこんでパーフェクトにしたいです」と4年後を見据えた[16][17]

2018–19シーズン:全日本選手権初優勝[編集]

2018年スケートアメリカにて

初戦のロンバルディア杯やジャパンオープンで満足のいく演技ができず、不安が残る中でグランプリシリーズを迎えた[18]。1戦目のスケートアメリカでは、ショートプログラム・フリーともに大きなミスなく滑り切り、総合2位となった。2戦目のフィンランド大会ではショートプログラム冒頭、連続ジャンプの1本目で転倒、演技後半の3回転ループに3回転トウループを付けリカバリーを試みるも、そこでも転倒してしまい、7位と大きく出遅れた。フリーでは、3回転ルッツの踏切エラー以外はミスのない演技を披露し総合3位、2大会連続表彰台を達成した。この結果により、自身初のグランプリファイナル進出を決めた。グランプリファイナルではショートプログラムで4位発進。フリーでは、演技後半の3連続ジャンプで転倒したものの、フィンランド大会の記録を超える141.45点をマークし、総合4位に入った。

12月に行われた全日本選手権では、ショートプログラムで自己ベストとなる75.65点をマークして2位につけると、前年と同じ最終滑走で迎えたフリーでも自己ベストの152.36点をマーク。総合228.01点を叩き出し、4連覇中の宮原知子、グランプリファイナル覇者の紀平梨花らをかわして初の全日本女王に輝いた[19]四大陸選手権では、ショートプログラムで自己ベストの73.36点を叩き出し2位につけるも、フリーで得点源の3連続ジャンプが抜けるミスを犯し、総合では206.79点の4位に終わった[20][21]。初優勝を目指した世界選手権では、ショートプログラムで76点を超える高得点を叩き出しアリーナ・ザギトワに次ぐ2位につけたが、フリーで後半の3回転フリップが1回転に抜けるミスがあり、総合5位まで順位を落とした。国別対抗戦に出場し、ショートプログラムで世界選手権で出した自己ベストをさらに上回り3位となる。フリーでは細かいミスが目立ったものの再び自己ベストを更新し3位。日本チームは銀メダルとなり二連覇を逃した。

2019–20シーズン[編集]

2019年スケートアメリカにて

初戦のネペラ杯では2位に入ったものの納得のいく演技ではなかった。さらに、9月ごろに痛めた左足首が完治しない中でグランプリシリーズを迎えることとなった。1戦目のスケートアメリカでは、ショートプログラムで大きなミスなく滑り2位発進となるがフリーで、3回転のフリップとサルコウが2回転になるなどのミスがあり、総合では200点を超えるスコアをマークしたが4位と表彰台を逃し、2年連続のファイナル進出は厳しくなった。2戦目のフランス杯では、ショートプログラムで2回転アクセルを転倒し64.08点で6位と出遅れる。巻き返しを狙ったフリーは、大きなミスなく滑りきるも、3つの3回転ジャンプで回転不足を取られて135.16点で4位。総合でも199.24点で4位と、2年連続のファイナル進出は叶わなかった。連覇を狙った全日本選手権はショートプログラムで僅かなミスが出るものの69.95点で3位につける。しかし逆転を狙ったフリーでは、5つのジャンプが回転不足となるほか演技全体に乱れが出て7位。総合は188.26点でシニア転向後ワーストの6位となり、連覇と3年連続の表彰台を逃した。それでも過去の実績が評価されて四大陸選手権の代表に選出された。

2月に行われた冬季国体では、フリーで4回転トウループに初挑戦して転倒したもののその他はミスのない演技で非公認ながら225.95点で自己ベストを更新した。そして1週間後の四大陸選手権では、ショートプログラムで3回転ループの着氷が乱れたものの、演技構成点は全体トップとなるなどシーズンベストの73.07点で4位発進。フリーでは冒頭の4回転トウループでダウングレード判定で転倒し、3回転フリップでステップアウトするなどミスが続いて129.72点、総合ではシーズンベストの202.79点で5位となった。

2020–21シーズン[編集]

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、日本選手のチャレンジャーシリーズへの派遣が中止となったため、坂本を含めた国内を拠点とする日本選手は、国内ブロック大会に出場することとなった。今シーズンの初戦となった、近畿ブロックでは、参考記録ながら、218.35点という自己ベストに迫る点数で優勝し、復活を印象付けた。西日本選手権でも優勝し、全日本選手権の出場を決めた。グランプリシリーズは、コロナウイルスの影響により、ISU非公認という形で1試合のみのエントリーとなった。出場したNHK杯[注 3]では、ショートプログラムで連続3回転のコンビネーションを演技後半にし、単独ジャンプをループから苦手なルッツに難易度を上げた構成をノーミスで滑りトップに立つ。フリーもミスのない演技を披露し、参考記録ながら自己ベストとなる153.91点という高いスコアをマーク。2位に30点近い差をつけて優勝を果たした。2年ぶりの優勝を賭けた全日本選手権では、ショートプログラムでコンビネーションジャンプの2本目が2回転になってしまうが、2位につけた。フリーでは、大きなミスなく滑りきったものの、4サルコウを着氷させて優勝した紀平には及ばなかったものの、総合では220点を超えるハイスコアで2年ぶりの表彰台と、世界選手権代表を手に入れた。2年ぶり2度目の出場となった世界選手権では、ショートプログラム・フリー共に大きなミス無く演技をまとめたが、ルッツでエッジエラーを取られるなど得点が伸びず、総合207.80点で6位となった。

2021–22シーズン:北京オリンピック銅メダル、世界選手権初優勝[編集]

シーズン序盤は、フリープログラムに苦戦した。アジアンオープントロフィーでは、ショートプログラムで自己ベストに迫る演技をするものの、フリーではジャンプのミスが相次いで2位となる。近畿選手権では優勝はしたが、フリーでまたしてもジャンプのミスが相次いだ。2年ぶりの通常開催となったグランプリシリーズの1戦目スケートアメリカでは、ショートプログラムで連続ジャンプの1本目が2回転になり、4位と出遅れる。フリーではシーズンで初めてジャンプを全て決めてシーズンベストを更新した。2戦目のNHK杯では総合でも223.34点で優勝を果たした。結果的にロシア選手以外で唯一のグランプリファイナル進出者となったが、同大会は新型コロナウイルスの影響で中止となった。北京オリンピック最終選考会の全日本選手権では、参考記録ながらショートプログラム・フリーともに自己ベストを上回り、2位に10点以上の差をつけて完全優勝。2大会連続となるオリンピック代表、世界選手権代表に選出された。

2022年北京オリンピックの団体戦フリーでは、148.66点のシーズンベストを出して2位に入り、日本初の団体銅メダルに貢献した。個人戦ではショートプログラムで全ての要素に3以上の加点がつく完璧な演技を披露し、自己ベストを更新する79.84点を記録し3位につける。フリーでも1つのマイナスもつかない演技を披露して153.29点と自己ベストを更新し3位、合計得点は日本女子史上歴代最高の233.13点で総合3位、銅メダルを獲得した。フィギュアスケート日本女子では4人目の五輪メダリストとなった。

北京五輪から1ヶ月後にフランスモンペリエで開催された世界選手権では、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻によってロシア勢が不参加となる中、優勝の本命とされた[22]。ショートプログラムで日本女子2人目となる80点超えの80.32点の自己ベストで首位に立つと、フリーでも自己ベストを更新する155.77点を叩き出し、2位に20点近い差をつける総合236.09点で優勝。日本女子としては2014年の浅田真央以来となる世界女王の座に輝いた[23]。なお総合236.09点は世界歴代6位の記録でロシア勢を除いた女子の歴代最高の得点である。また、3回転アクセル以上のジャンプを実施しない構成の演技としてはロシアのアリーナ・ザギトワの238.43点に次ぐ世界歴代2位の記録である(2022年3月25日現在)[24]

2022–23シーズン:世界選手権2連覇[編集]

先シーズンまでタッグを組んでいたブノワ・リショーと離れ、新たにショートプログラムの振付をロヒーン・ワード、フリーの振付をマリー=フランス・デュブレイユに依頼、4年後のミラノオリンピックに向けて新境地に挑んだ[25]グランプリシリーズスケートアメリカNHK杯の2戦にアサイン。スケートアメリカは、ショートプログラム・フリーともに1位で、海外開催のグランプリシリーズでは初の頂点に立った。この結果により、10月23日付の世界ランキングで1位となった[26][27]。NHK杯では2位に入り、グランプリファイナルへ駒を進めた[28]。グランプリファイナルではショートプログラムでトップに立つも、フリーではミスが響き最下位、総合で5位に順位を落とした[29]

全日本選手権では非公認ながらシーズン世界最高得点を更新し、2年連続自身3度目の優勝を果たした[30]。さいたまで行われた世界選手権では、ショートプログラムでシーズンベストを更新し首位発進[31]。フリーでは後半の3回転フリップからの連続ジャンプが1回転フリップ-3回転トウループになるミスが出るも、結果はフリーで2位、総合1位となり、男女通して日本選手史上初の世界選手権連覇を成し遂げた[32]

2023–24シーズン:キャリアグランドスラム達成、世界選手権3連覇[編集]

2024年世界選手権の表彰式にてメダルを掲げるメダリストの写真。左からイザボー・レヴィト、坂本花織、キム・チェヨン。
2024年世界選手権の表彰式

ジャパンオープンではフリースケーティングを滑り150点に迫る高得点を叩き出し、日本チームの連覇に貢献した[33]グランプリシリーズ初戦のスケートカナダでは、2位に25点差をつける総合得点226.13点で優勝[34]。2戦目のエスポーグランプリでも優勝し、グランプリファイナル進出を決めた[35]グランプリファイナルでは、ショートプログラム・フリースケーティングともに1位の総合225.70点で初優勝を飾り、これにより坂本は日本女子で2人目となるキャリアグランドスラムを達成した[36]

全日本選手権では大会直前に体調を崩したものの、非公認ながらシーズン世界最高得点を記録し、3年連続自身4度目の優勝を果たした[37]。2月下旬に出場したチャレンジカップでは2連覇を達成[38]。しかし、大会後にはインフルエンザにかかり、筋肉が落ちてしまったという[39]。3月にモントリオールで行われた世界選手権では、ショートプログラムで3回転ルッツの着氷が乱れ、首位のルナ・ヘンドリックスと3.69点差の73.29点で4位発進となる[40]。フリースケーティングでは全てのジャンプを着氷し149.67点、総合222.96点を記録し、女子シングルでは1968年大会ペギー・フレミング以来56年ぶりとなる3連覇を達成した[41]。3度の世界選手権優勝は日本女子では浅田真央に並ぶ最多タイ記録となった[41]

技術・演技[編集]

アクセルを除く5種類の3回転ジャンプを跳ぶことができる。コンビネーションジャンプは、3回転フリップ-3回転トウループ、2回転アクセル-3回転トウループ-2回転トウループを跳ぶことが多い。ルッツジャンプを苦手としており、踏切エラーで減点されることがある。また、本人によればサルコウジャンプを苦手としている。

幅・高さ・着氷後の流れがあるダイナミックなジャンプを得意としており、多くの加点を期待できる。また、3回転アクセルを試合で組み込む構想についても言及している[4]

競技成績[編集]

ISUパーソナルベストスコア[編集]

+5/-5 GOEシステムにおける自己最高得点 [42]
部門 種類 得点 大会
総合 TSS 236.09 2022年世界選手権
SP TSS 80.32 2022年世界選手権
TES 43.25 2022年世界選手権
PCS 37.07 2022年世界選手権
FS TSS 155.77 2022年世界選手権
TES 80.10 2022年世界選手権
PCS 75.67 2022年世界選手権
+3/-3 GOEシステムにおける自己最高得点 [42]
部門 種類 得点 大会
総合 TSS 214.21 2018年四大陸選手権
SP TSS 73.18 2018年平昌オリンピック
TES 40.36 2018年平昌オリンピック
PCS 32.82 2018年平昌オリンピック
FS TSS 142.87 2018年四大陸選手権
TES 74.78 2018年四大陸選手権
PCS 68.11 2018年平昌オリンピック

戦績表[編集]

シニアクラスの戦績
シーズン 2017–18 2018–19 2019–20 2020–21 2021–22 2022–23 2023–24
オリンピック 6位 3位
オリンピック団体戦 5位 2位
世界選手権 5位 6位 1位 1位 1位
四大陸選手権 1位 4位 5位
GP ファイナル 4位 5位 1位
GP NHK杯[注 3] 1位 1位 2位
GP エスポーグランプリ 1位
GP ロステレコム杯 5位
GP フランス杯 4位
GP スケートアメリカ 2位 2位 4位 4位 1位
GP スケートカナダ 1位
GP ヘルシンキ 3位
CS USクラシック 4位
CS ロンバルディア杯 4位 2位
CS ネペラ杯 2位
CS オータムクラシック 1位
冬季ユニバーシアード 2位
チャレンジカップ 1位 1位
アジアフィギュア杯[注 4] 1位 2位
プランタン杯 2位
世界国別対抗戦 2位 3位 3位
全日本選手権 2位 1位 6位 2位 1位 1位 1位
ノービス・ジュニアクラスの戦績
シーズン 2010–11 2011–12 2012–13 2013–14 2014–15 2015–16 2016–17
ユースオリンピック 6位
世界ジュニア選手権 6位 3位
JGP ファイナル 3位
JGP 横浜 1位
JGP サン・ジェルヴェ 2位
JGP コペルニクススターズ 4位
JGP リガ杯 2位
JGP メ~テレ杯 7位
JGP チェコスケート 6位
チャレンジカップ 1位
アジアフィギュア杯 1位 3位 S
トリグラフトロフィー 2位 N
全日本選手権 15位 S 6位 S 13位 S 7位 S
全日本ジュニア選手権 9位 6位 2位 5位 1位
全日本ノービス選手権 24位 B 5位 A 1位 A

詳細[編集]

2023-2024 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2024年3月18日 - 24日 2024年世界フィギュアスケート選手権モントリオール 4
73.29
1
149.67
1
222.96
2024年2月22日 - 25日 チャレンジカップ 2024ティルブルフ 2
67.76
1
144.67
1
212.43
2023年12月20日 - 24日 第92回全日本フィギュアスケート選手権長野 1
78.78
1
154.34
1
233.12
2023年12月7日 - 10日 2023/2024 ISUグランプリファイナル北京 1
77.35
1
148.35
1
225.70
2023年11月17日 - 19日 ISUグランプリシリーズ エスポーグランプリエスポー 1
69.69
1
135.52
1
205.21
2023年10月27日 - 29日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダバンクーバー 1
75.13
1
151.00
1
226.13
2022-2023 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2023年4月13日 - 16日 2023年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 2
72.69
2
145.75
3
団体
(218.44)
2023年3月20日 - 26日 2023年世界フィギュアスケート選手権さいたま 1
79.24
1
145.37
1
224.61
2023年2月23日 - 26日 チャレンジカップ 2023ティルブルフ 1
76.85
1
151.50
1
228.35
2023年01月12日 - 22日 FISU冬季ワールドユニバーシティーゲームズレークプラシッド 1
78.40
2
139.02
2
217.42
2022年12月21日 - 25日 第91回全日本フィギュアスケート選手権門真 1
77.79
1
155.76
1
233.05
2022年12月8日 - 11日 2022/2023 ISUグランプリファイナルトリノ 1
75.86
6
116.70
5
192.56
2022年11月18日 - 20日 ISUグランプリシリーズ NHK杯札幌 2
68.07
1
133.80
2
201.87
2022年10月21日 - 23日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカノーウッド 1
71.72
1
145.89
1
217.61
2022年10月8日 ジャパンオープン2022さいたま  
-
1
146.66
1
団体
2022年9月15日 - 18日 ISUチャレンジャーシリーズ ロンバルディアトロフィーベルガモ 1
72.93
2
132.40
2
205.33
2021-2022 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2022年3月21日 - 27日 2022年世界フィギュアスケート選手権モンペリエ 1
80.32
1
155.77
1
236.09
2022年2月4日 - 20日 北京オリンピック北京 2
79.84
3
153.29
3
233.13
2022年2月4日 - 7日 北京オリンピック 団体戦(北京  
-
2
148.66
2
団体
2021年12月22日 - 26日 第90回全日本フィギュアスケート選手権さいたま 1
79.23
1
154.83
1
234.06
2021年11月12日 - 14日 ISUグランプリシリーズ NHK杯東京 1
76.56
1
146.78
1
223.34
2021年10月22日 - 24日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカラスベガス 4
71.16
3
144.77
4
215.93
2021年10月13日 - 17日 2021年アジアフィギュア杯北京 1
76.70
2
125.58
2[注 4]
202.28
2020-2021 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2021年4月15日 - 18日 2021年世界フィギュアスケート国別対抗戦大阪 3
77.78
2
150.29
3
団体
(228.07)
2021年3月22日 - 28日 2021年世界フィギュアスケート選手権ストックホルム 6
70.38
5
137.42
6
207.80
2020年12月24日 - 27日 第89回全日本フィギュアスケート選手権長野 2
71.86
2
150.31
2
222.17
2020年11月27日 - 29日 2020年NHK杯国際フィギュアスケート競技大会門真 1
75.60
1
153.91
1
229.51[注 3]
2019-2020 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2020年2月4日 - 9日 2020年四大陸フィギュアスケート選手権ソウル 4
73.07
8
129.72
5
202.79
2019年12月19日 - 22日 第88回全日本フィギュアスケート選手権東京 3
69.95
7
118.31
6
188.26
2019年11月1日 - 3日 ISUグランプリシリーズ フランス国際グルノーブル 6
64.08
4
135.16
4
199.24
2019年10月18日 - 20日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカラスベガス 2
73.25
4
129.22
4
202.47
2019年9月19日 - 21日 ISUチャレンジャーシリーズ ネペラ記念ブラチスラヴァ 4
59.97
2
134.45
2
194.42
2018-2019 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2019年4月11日 - 14日 2019年世界フィギュアスケート国別対抗戦福岡 3
76.95
3
146.70
2
団体
(223.65)
2019年3月18日 - 24日 2019年世界フィギュアスケート選手権さいたま 2
76.86
5
145.97
5
222.83
2019年2月4日 - 10日 2019年四大陸フィギュアスケート選手権アナハイム 2
73.36
4
133.43
4
206.79
2018年12月20日 - 24日 第87回全日本フィギュアスケート選手権門真 2
75.65
2
152.36
1
228.01
2018年12月6日 - 9日 2018/2019 ISUグランプリファイナルバンクーバー 4
70.23
4
141.45
4
211.68
2018年11月2日 - 4日 ISUグランプリシリーズ グランプリヘルシンキヘルシンキ 7
57.26
2
140.16
3
197.42
2018年10月19日 - 21日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカエバレット 2
71.29
2
142.61
2
213.90
2018年10月6日 2018年ジャパンオープンさいたま  
 
2
130.28
1
団体
2018年9月12日 - 16日 ISUチャレンジャーシリーズ ロンバルディアトロフィーベルガモ 9
49.91
2
130.94
4
180.85
2018年四大陸選手権金メダル
2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2018年3月16日 - 18日 2018年プランタン杯ルクセンブルク 1
73.27
2
129.29
2
202.56
2018年2月9日 - 25日 平昌オリンピック平昌 5
73.18
6
136.53
6
209.71
2018年2月9日 - 25日 平昌オリンピック 団体戦(平昌  
 
5
131.91
5
団体
2018年1月22日 - 27日 2018年四大陸フィギュアスケート選手権台北 2
71.34
1
142.87
1
214.21
2017年12月20日 - 24日 第86回全日本フィギュアスケート選手権調布 1
73.59
4
139.92
2
213.51
2017年11月24日 - 26日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカレークプラシッド 2
69.40
2
141.19
2
210.59
2017年10月20日 - 22日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 4
68.88
5
125.12
5
194.00
2017年9月13日 - 17日 ISUチャレンジャーシリーズUSインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 5
56.82
4
112.30
4
169.12
2017年8月2日 - 5日 2017年アジアフィギュア杯香港 1
63.70
1
112.41
1
176.11
2017年世界ジュニア選手権銅メダル
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年3月13日 - 19日 2017年世界ジュニアフィギュアスケート選手権台北 3
67.78
3
127.76
3
195.54
2016年12月22日 - 25日 第85回全日本フィギュアスケート選手権門真 6
63.36
9
120.64
7
184.06
2016年12月8日 - 11日 2016/2017 ISUジュニアグランプリファイナルマルセイユ 3
64.48
4
111.85
3
176.33
2016年11月18日 - 20日 第85回全日本フィギュアスケートジュニア選手権札幌 1
67.45
2
124.52
1
191.97
2016年9月9日 - 11日 ISUジュニアグランプリ 横浜横浜 1
65.66
2
122.15
1
187.81
2016年8月24日 - 27日 ISUジュニアグランプリ サン・ジェルヴェサン・ジェルヴェ 2
64.12
2
114.74
2
178.86
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年2月12日 - 21日 リレハンメルユースオリンピックハーマル 5
56.25
6
98.98
6
155.23
2015年12月24日 - 27日 第84回全日本フィギュアスケート選手権札幌 17
53.90
12
111.60
13
165.50
2015年11月21日 - 23日 第84回全日本フィギュアスケートジュニア選手権ひたちなか 5
58.96
6
111.76
5
170.72
2015年9月23日 - 27日 ISUジュニアグランプリ コペルニクススターズトルン 3
56.89
4
101.55
4
158.44
2015年8月26日 - 30日 ISUジュニアグランプリ リガ杯リガ 3
58.75
2
112.20
2
170.95
2015年8月5日 - 8日 2015年アジアフィギュア杯バンコク 3
39.64
3
99.36
3
139.00
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年3月2日 - 8日 2015年世界ジュニアフィギュアスケート選手権タリン 4
58.72
6
107.53
6
166.25
2014年12月25日 - 28日 第83回全日本フィギュアスケート選手権長野 7
57.81
6
109.65
6
167.46
2014年11月22日 - 24日 第83回全日本フィギュアスケートジュニア選手権新潟 4
57.35
3
111.47
2
168.82
2014年9月11日 - 14日 ISUジュニアグランプリ メ~テレ杯長久手 6
52.70
7
93.46
7
146.16
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年3月6日 - 9日 2014年チャレンジカップ ジュニアクラス(ハーグ 1
54.98
2
98.89
1
153.87
2013年12月20日 - 23日 第82回全日本フィギュアスケート選手権さいたま 9
56.29
16
95.56
15
151.85
2012年11月22日 - 24日 第82回全日本フィギュアスケートジュニア選手権名古屋 8
47.14
4
101.64
6
148.78
2013年10月2日 - 6日 ISUジュニアグランプリ チェコスケートオストラヴァ 7
52.80
6
93.69
6
146.49
2013年8月8日 - 11日 2013年アジアフィギュア杯 ジュニアクラス(バンコク 1
53.20
1
102.28
1
155.48
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年3月27日 - 31日 2013年トリグラフトロフィー ノービスクラス(スロベニア 2
37.64
2
77.51
2
115.15
2012年11月16日 - 18日 第81回全日本フィギュアスケートジュニア選手権西東京 13
46.56
7
92.96
9
139.52
2012年10月26日 - 28日 第16回全日本ノービス選手権 Aクラス(京都市  
 
1
90.28
1
90.28
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年10月28日 - 30日 第16回全日本ノービス選手権 Aクラス(西東京市  
 
5
73.95
5
73.95
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年10月29日 - 31日 第16回全日本ノービス選手権 Bクラス(千葉市  
 
24
47.71
24
47.71

プログラム使用曲[編集]

シーズン ショートプログラム フリースケーティング エキシビション
2023–24 Baby, God Bless You
曲:清塚信也
振付:ジェフリー・バトル
Wild is the Wind/Feeling Good
振付:マリー=フランス・デュブレイユ
Trampoline
曲:SHAED, ZAYN
振付:


Elastic Heart
曲:シーア
振付:マリー=フランス・デュブレイユ
2022–23 Rock With U / Feedback
曲:ジャネット・ジャクソン
振付:ロヒーン・ワード
Elastic Heart
曲:シーア
振付:マリー=フランス・デュブレイユ
Love Shack
曲:The B-52's

タンゴ・アモーレ
曲:エドウィン・マートン
振付:佐藤操


Heart Upon My Sleeve
曲:アヴィーチー & イマジン・ドラゴンズ
振付:佐藤有香
2021–22 映画『グラディエーターサウンドトラックより
Now We Are Free
歌:リサ・ジェラルド 作曲:ハンス・ジマー
振付:ブノワ・リショー
ドキュメンタリー映画『WOMAN』より
No More Fight Left In Me
歌:イマニー
映画『ダイバージェント』より
Tris
 曲:ハンス・ジマージャンキーXL 
 振付:ブノワ・リショー
タンゴ・アモーレ
曲:エドウィン・マートン
振付:佐藤操

Lose You to Love Me
歌:セレーナ・ゴメス
振付:ブノワ・リショー
2020–21 バッハ・ア・ラ・ジャズ
振付:ブノワ・リショー
映画『マトリックス』 サウンドトラックより
作曲:ドン・デイヴィス
振付:ブノワ・リショー
映画『ロシュフォールの恋人たち』より
曲:ミシェル・ルグラン
2019–20 No Roots
曲:アリス・マートン
振付:シェイ=リーン・ボーン

曲:月詠-TSUKUYOMI-
振付:佐藤操
2018–19 From my first moment
ボーカル:シャルロット・チャーチ
振付:デヴィッド・ウィルソン
映画『ピアノ・レッスン』より
作曲:マイケル・ナイマン
Wild Side
作曲:ロベルト・カッチャパーリア
振付:ブノワ・リショー
ママには内緒よ ミュージカル『キャバレー』より
ボーカル:ウエスト・エンド・オーケストラ&シンガーズ
愛のシャリオ 映画『天使にラブ・ソングを…』より
ボーカル:ウーピー・ゴールドバーグ

曲:月詠-TSUKUYOMI-
振付:佐藤操
2017–18 月光
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
振付:ブノワ・リショー

死の舞踏
作曲:カミーユ・サン=サーンス
振付:宮本賢二
アメリ
作曲:ヤン・ティルセン
振付:ブノワ・リショー
映画『007 ダイヤモンドは永遠に』より
ボーカル:シャーリー・バッシー
振付:川越正大
2016–17 映画『アーティスト』サウンドトラックより
作曲:ルドヴィック・ブールス
振付:マッシモ・スカリ
メインテーマ 映画『カラーパープル』より
作曲:クインシー・ジョーンズ
振付:マッシモ・スカリ
ブエノスアイレスの春
作曲:アストル・ピアソラ
振付:川越正大
2015–16 マラゲーニャ
作曲:エルネスト・レクオーナ
振付:川越正大
映画『007 ダイヤモンドは永遠に』より
ボーカル:シャーリー・バッシー
2014–15 黒い瞳
振付:川越正大
ロメオとジュリエット
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
振付:中野園子、川越正大、太田由希奈
プレイヤー・イン・ザ・ナイト(サラバンド)
作曲:ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル
2013–14 ミュージカル『エニシング・ゴーズ
作曲:コール・ポーター
映画『アラジン』より
作曲:アラン・メンケン
映画『塔の上のラプンツェル』より
作曲:アラン・メンケン

受賞歴[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ モデルは歌手・女優のいしだあゆみの実妹で元歌手の石田ゆりである。
  2. ^ モデルは1968年グルノーブルオリンピック日本代表の石田治子である。
  3. ^ a b c 2020–21シーズンのグランプリシリーズは非公認大会。新型コロナウイルスの影響で変則開催の為、ISUの公認記録に反映されない。また世界ランキングのポイントも付与されない。各大会の出場者を地元選手や開催国に拠点を置く選手らに制限しており、公平性を保つため[43]
  4. ^ a b 2021–22シーズンのアジアフィギュア杯は非公認大会。ISUチャレンジャーシリーズの条件に満たない為[44]

出典[編集]

  1. ^ 坂本花織、涙の卒業式「リボンがびしょびしょに」/フィギュア サンスポ 2019年2月21日
  2. ^ 坂本花織、半年遅れの卒業式 大学卒業で今後は「フリーター・スケーターです」”. デイリースポーツ (2023年9月30日). 2023年10月3日閲覧。
  3. ^ 疲労骨折乗り越え、ひたすら跳ぶ フィギュア・坂本花織 朝日新聞
  4. ^ a b 「トリプルアクセルを絶対に跳びたい」シニアデビュー控える17歳・坂本花織
  5. ^ 視線で「ノックアウト」した坂本花織 全日本女王を手繰り寄せた最後のパーツ”. スポーツナビ. 2019年2月14日閲覧。
  6. ^ 坂本花織、SPで自己ベストを上回る79・23点!「(樋口)新葉と談笑して緊張をほぐし合ったのが良かった」
  7. ^ [1]
  8. ^ この赤ちゃんがフィギュア五輪代表に 神戸の駅に坂本花織の手足形”. 神戸新聞NEXT. 神戸新聞社 (2018年2月1日). 2023年12月19日閲覧。
  9. ^ 未来のフィギュア界を担う!世界ジュニアフィギュアスケート選手権とは”. 【SPAIA】スパイア (2016年9月8日). 2020年11月18日閲覧。
  10. ^ フィギュアショートプログラム首位の坂本、会場どよめく初の70点超え 朝日新聞デジタル、2017年12月21日付
  11. ^ 坂本花織が女子フィギュア代表2枠目に決定 スポーツ報知
  12. ^ 坂本花織、四大陸フィギュア初Vが平昌五輪でメダル獲得への追い風に Sportiva Web2018年1月27日
  13. ^ 坂本花織フリー5位、日本団体5位のままでメダル消滅 日刊スポーツ2018年2月12日
  14. ^ 宮原4位、坂本5位 日刊スポーツ2018年2月21日
  15. ^ 心折れない坂本花織の強さ、メダル取るレベルにない 日刊スポーツ2018年2月22日
  16. ^ 坂本花織「4年後はパーフェクトに」ライバルとかなえた初五輪ホロ苦6位.デイリースポーツ2018年2月24日
  17. ^ 坂本花織、北京へ羽ばたくフィギュアスケーター|GQ JAPAN”. GQ JAPAN (2018年10月23日). 2019年2月14日閲覧。
  18. ^ 坂本花織悔し涙「やってしまった」新ショートプログラムもミス連発 日刊スポーツ2018年9月13日
  19. ^ 【全日本女子フリー】坂本を逆転優勝に導いたもの 読売新聞2018年12月23日
  20. ^ フィギュアスケート四大陸選手権で紀平梨花が逆転初V 三原舞依は3位、坂本花織は4位|ニフティニュース”. ニフティニュース. 2019年2月14日閲覧。
  21. ^ 紀平梨花の逆転優勝に終わった四大陸。三原舞依、坂本花織らの思い――。(田村明子)”. Number Web - ナンバー. 2019年2月14日閲覧。
  22. ^ 優勝候補で臨む坂本 ロシア不在で追われる立場―世界フィギュア 時事通信 2022年3月22日
  23. ^ 坂本花織、日本勢6人目の世界女王 14年浅田真央3度目V以来8年ぶり スポニチ 2022年3月26日
  24. ^ ISU Personal Best Scores Statistics Total Women ISU 2022年3月25日
  25. ^ フィギュア坂本、新たな振付師と「一緒に作り上げ、新鮮」 新機軸フリー、カナダで楽曲選びから”. 神戸新聞NEXT. 神戸新聞社 (2022年6月28日). 2022年10月9日閲覧。
  26. ^ 坂本花織、フィギュア世界ランキング1位浮上 鍵山優真と男女ともに日本勢が頂点に”. THE ANSWER. Creative2 (2022年10月26日). 2022年10月26日閲覧。
  27. ^ ISU World Standings 2022/2023”. International Skating Union (2022年10月23日). 2022年10月26日閲覧。
  28. ^ 坂本花織は2位でGPファイナル進出も 苦悩吐露「天使と悪魔が戦っている」 女王の重圧、思い交錯」『デイリー』、2022年11月19日。2023年12月27日閲覧。
  29. ^ 坂本花織「この結果は受け入れるしかない」SP首位から悪夢5位」『スポニチ』、2022年12月11日。2023年12月17日閲覧。
  30. ^ 坂本花織が非公認ながらSP、フリー、合計のすべての得点で今季世界最高上回る【フィギュア全日本選手権】」『中日スポーツ』、2022年12月24日。2023年12月27日閲覧。
  31. ^ 坂本花織が「点数的な限界」と戦ってきた1年。世界フィギュア好発進も演技後に漏らした不満のわけ”. 集英社 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva (2023年3月23日). 2023年12月27日閲覧。
  32. ^ 坂本花織が涙の世界選手権2連覇「何のために練習してきたのかと」日本史上初の快挙!三原は5位」『デイリー』、2023年3月24日。2023年12月27日閲覧。
  33. ^ ジャパンオープンで連覇を果たした日本チーム 坂本花織、島田高志郎、友野一希が滑った“挑戦”のプログラム」『Sportsnavi』LINEヤフー、2023年10月11日。2022年10月26日閲覧
  34. ^ 阿部健吾「【フィギュア】今季の決めぜりふ決定!?坂本花織が「フィーリンググッド」な圧勝劇でGP4勝目」『日刊スポーツ日刊スポーツ新聞社、2023年10月29日。2023年12月19日閲覧
  35. ^ フィギュアGPシリーズ第5戦 坂本花織が優勝 GPファイナルへ」『NHKニュース』日本放送協会、2023年11月19日。2023年12月19日閲覧
  36. ^ 坂本花織がGPファイナル初制覇 主要国際3大会全て制する『キャリアグランドスラム』達成【フィギュア】」『中日スポーツ』中日新聞社、2023年12月9日。2023年12月19日閲覧
  37. ^ 「毎回吐きそうになる」坂本花織、不調をみじんも感じさせない強さで4度目の女王」『読売新聞オンライン』読売新聞社、2023年12月9日。2023年12月27日閲覧
  38. ^ 坂本花織、合計212・43点で優勝 今季国際大会全勝 青木祐奈は合計209・37点で2位 チャレンジカップ」『スポーツ報知報知新聞社、2024年2月25日。2024年3月23日閲覧
  39. ^ 阿部健吾「【中野園子コーチの言葉】坂本花織の逆転Vは「神様が決めた」/世界選手権」『日刊スポーツ日刊スポーツ新聞社、2024年3月23日。2024年3月26日閲覧
  40. ^ 坂本花織、SP4位発進 ジャンプに乱れ73・29点、演技終了直後は苦笑い【世界フィギュア】」『中日スポーツ』中日新聞社、2024年3月21日。2024年3月23日閲覧
  41. ^ a b 坂本花織「うれしい」号泣3連覇!世界選手権女子56年ぶり快挙 SP4位から意地のフリーで逆転」『Sponichi Annex』スポーツニッポン、2024年3月23日。2024年3月23日閲覧
  42. ^ a b "Personal Bests - Kaori SAKAMOTO (JPN)" [パーソナルベスト - 坂本花織(日本)]. ローザンヌ: 国際スケート連盟. 2024年2月26日. 2024年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月27日閲覧
  43. ^ “フィギュア、今季GPは得点非公認 変則開催で”. 日本経済新聞. (2020年10月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK20048_X21C20A0000000/ 2020年11月29日閲覧。 
  44. ^ フィギュア北京五輪テスト大会に鍵山優真、紀平梨花ら派遣 10・13開幕”. 日刊スポーツ (2021年9月13日). 2021年11月28日閲覧。
  45. ^ a b c 一般財団法人 上月財団 | 「上月スポーツ賞」受賞者一覧”. www.kozuki-foundation.or.jp. 2022年5月5日閲覧。
  46. ^ 兵庫県. “北京冬季オリンピック競技大会にかかる兵庫県スポーツ賞「特別選手賞」の贈呈”. 兵庫県. 2022年5月2日閲覧。
  47. ^ 兵庫県. “兵庫県文化賞・科学賞・スポーツ賞・社会賞及び芸術奨励賞受賞者の決定”. 兵庫県. 2024年2月1日閲覧。
  48. ^ フィギュア世界選手権3連覇の坂本花織、兵庫県スポーツ賞特別賞受賞 要望通り練習施設に女子更衣室完成」『スポーツ報知報知新聞社、2024年4月22日。2024年4月25日閲覧。
  49. ^ 神戸市:坂本花織選手への「神戸栄誉賞」「神戸市スポーツ特別賞」贈呈式および三原舞依選手への「神戸市スポーツ特別賞」贈呈式について”. www.city.kobe.lg.jp. 2023年1月25日閲覧。
  50. ^ 女子フィギュアスケート 坂本花織選手・三原舞依選手『神戸市スポーツ特別賞』受賞”. Kiss PRESS(キッスプレス) | Kiss FM KOBEが発信する地域情報サイト. 2023年1月25日閲覧。
  51. ^ 「神戸市スポーツ特別賞」の贈呈決定および贈呈式の開催について”. 神戸市 (2023年8月8日). 2023年8月11日閲覧。
  52. ^ 日本スケート連盟が北京五輪スピード金の高木美帆、フィギュア銅の坂本花織にJOC杯:中日スポーツ・東京中日スポーツ”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 2022年5月2日閲覧。
  53. ^ 坂本花織が最優秀賞「評価してもらえてうれしい」日本スケート連盟年間表彰」『Sponichi Annex』スポーツニッポン、2024年4月24日。2024年4月25日閲覧。
  54. ^ 神戸新聞社 | 社会貢献・神戸新聞平和賞”. www.kobe-np.co.jp. 2023年1月25日閲覧。
  55. ^ 【関西スポーツ賞】団体にオリックス&大阪桐蔭 個人に蟬川泰果、坂本花織らが受賞 - プロ野球 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2023年1月25日閲覧。
  56. ^ 田口真一郎. “関西スポーツ賞の受賞者決まる 団体賞に阪神、オリックス、J1神戸など選出 - プロ野球 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2024年2月1日閲覧。
  57. ^ 第56回テレビ朝日ビッグスポーツ賞 受賞者”. テレビ朝日. 2023年12月14日閲覧。
  58. ^ JOC - JOCについて | JOCスポーツ賞 年度賞・特別栄誉賞”. 日本オリンピック委員会(JOC). 2024年2月1日閲覧。
  59. ^ 陸上女子やり投げの北口榛花にJOC最優秀賞 特別栄誉賞は坂本花織と江村美咲」『産経ニュース』産経新聞社、2024年4月23日。2024年4月25日閲覧。

外部リンク[編集]