アンナ・シェルバコワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンナ・シェルバコワ
Anna Shcherbakova
Russian figure skater pictogram 2.png
2020 12 27 anna shcherbakova.jpg
選手情報
別名 アーニャ
生年月日 (2004-03-28) 2004年3月28日(18歳)[1]
代表国 ロシアの旗 ロシア
出生地 モスクワ
身長 159cm
趣味 裁縫読書
コーチ エテリ・トゥトベリーゼ
セルゲイ・デュダコフ
ダニイル・グレイヘンガウス
振付師 ダニイル・グレイヘンガウス
所属クラブ サンボ70 フルスタリヌイ
開始 2007
世界ランキング 1
シーズンランク 1
シーズンベスト 1
ISUサイト バイオグラフィ
プログラム使用曲
ショート O Doux printemps d'autrefois 作曲:ジュール・マスネ
フリー Morning Passages 作曲:フィリップ・グラス
Big Plans 作曲:Panu Aaltio
Beethoven's Five Secrets 作曲:ピアノ・ガイズ
ISU パーソナルベストスコア
合計スコア 255.95 2022年北京オリンピック
ショート 81.07 2021年世界フィギュアスケート国別対抗戦
フリー 175.75 2022年北京オリンピック
記録
  • シニア女子選手初 4回転ルッツ成功
  • シニア女子選手初 4回転ルッツ-3回転トゥループのコンビネーションジャンプ成功
大会成績
国際スケート連盟認定大会 1 2 3
オリンピック 1 0 0
世界選手権 1 0 0
グランプリファイナル 0 1 0
欧州選手権 0 2 0
世界ジュニア選手権 0 1 0
合計数 2 4 0
国内大会 1 2 3
ロシア選手権 3 0 1
獲得メダル
フィギュアスケート

ロシアの旗 ロシア代表 2018 - 2021

主要国際大会
Olympic rings with transparent rims.svgオリンピック
2022 北京 女子シングル
世界選手権
2021 ストックホルム 女子シングル
欧州選手権
2020 グラーツ 女子シングル
2022 タリン 女子シングル
グランプリファイナル
2019 トリノ 女子シングル
世界ジュニア選手権
2019 ザグレブ 女子シングル
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

アンナ・スタニスラーボブナ・シェルバコワロシア語: Анна Станиславовна Щербаковаロシア語ラテン翻字: Anna Stanislavovna Shcherbakova2004年3月28日 - )は、ロシアモスクワ出身のフィギュアスケート選手(女子シングル)。

2021年世界選手権優勝。2019年グランプリファイナル準優勝。ロシア選手権3連覇。2022年北京オリンピック女子シングル金メダリスト。

経歴[編集]

2004年、三姉妹の次女として生まれる[2]。祖父は物理学教授。父はモスクワ大学を卒業し、地質学者。母もモスクワ大学を卒業し、結晶学者。

ジュニア時代[編集]

2017/2018ロシア杯ジュニア
2019/2020 中国杯

3才の時、姉の影響でフィギュアスケートを始める。7才の時に、サンボ70、フルスタリヌイ(クリスタル)学科に入学した。2013年(9才)から、エテリ・トゥトベリーゼの指導を受ける。モスクワのサンボ70に所属している。

2016年ロシアノービス選手権で優勝する[2]。しかし、その直後に腕を骨折し、復帰してロシアフィギュアスケート選手権で2位になるも、次は足を骨折して2017-2018年シーズンは半分程度欠場した[3]。2018年1月のロシアジュニア選手権は13位に終わったが[4]、2月の国内大会、ロシア杯決勝大会 女子ジュニア・スポーツマスター候補者部門では翌月世界ジュニア選手権を制することになるアレクサンドラ・トゥルソワを抑えて優勝した[5]

2018年8月のジュニアグランプリシリーズ・ブラチスラヴァ大会で国際デビューし、次点に18ポイント差をつけての鮮烈な初優勝で飾った。カナダ(リッチモンド)大会でも優勝。2018/2019 ISUジュニアグランプリファイナルでは珍しくミスを重ね5位と初黒星。それでも続くロシア選手権ではフリーで躍進し、トゥルソワにわずか0.07ポイント差をつけ優勝。2019年世界ジュニア選手権はトゥルソワにリベンジされ準優勝。

シニア時代[編集]

2019-20シーズン:シニアデビュー 初優勝[編集]

2019年9月にイタリアで開催された、ISUチャレンジャーシリーズのロンバルディアトロフィーでシニアデビュー。フリーではシニア女子史上初となる4回転ルッツを成功させ、またもデビュー勝利を果たした[6]2019年スケートアメリカISUグランプリシリーズデビューを果たし、ショートプログラムで4位、フリースケーティングで1位を記録し、優勝した。この大会で、国際大会で2つの4回転ルッツおよび4回転ルッツ-3回転トウループのコンビネーションを着氷させた最初の女子選手となった[7]中国杯でも優勝。

1年目で初出場したグランプリファイナルでは、フリーで1位になる奮闘を見せたが、合計ではアリョーナ・コストルナヤの後塵を拝し、シニア初黒星を喫した。しかし、ロシア選手権では、SPでコストルナヤに10点差をつけられるも、2つの4回転ルッツと4回転フリップを成功させる圧巻のフリーで逆転連覇を果たした。女子の演技構成点は男子の5分の4にすぎないにもかかわらず、この時の合計得点は同大会男子のチャンピオンであるドミトリー・アリエフを上回っていた[8]

2020-21シーズン:世界選手権優勝 ロシア選手権3連覇[編集]

2020年11月頃に肺炎を患うアクシデントがあった(ただしCOVID-19ではなかった)ものの、翌月のロシア選手権では盤石のパフォーマンスを見せ、20年ぶりとなる3連覇を成し遂げた[9]世界選手権でもSP1位、フリー2位の累計でトップとなり、世界チャンピオンとなった[10]。2位にエリザベータ・トゥクタミシェワ、3位にトゥルソワとロシア勢が表彰台を独占し、1国が独占するのは1991年のアメリカ勢以来のことだった[11]

大阪府で開催の国別対抗戦の代表入りし、来日。SP・フリーともに1位の演技を見せ、ロシアの優勝に貢献した[12]

2021-22シーズン:北京オリンピック優勝[編集]

6月に足の怪我をしてロシアでの強化合宿を欠席。10月のブダペスト杯では、後輩のマイア・フロミフに敗れて2位に終わった。五輪代表選考が迫る中、11月のGPイタリア大会ではSPの得点が71.73点に留まり、不安を見せた。それでも、フリーでは165.05点の高得点を叩き出し、貫録の逆転勝ちをおさめた[13]

五輪選考会となるロシア選手権では、SPは2位発進したが、フリーは2度のジャンプ転倒があり4位。1位のカミラ・ワリエワと2位のトゥルソワとは点差があるものの、総合3位に入ったため代表入りしたかと思われたが、トゥクタミシェワが良い演技をしたにもかかわらず総合7位だったことから、代表3枠目に関する論争が起きた(4-6位はジュニア選手なので選考外)。レジェンドのエフゲニー・プルシェンコが2人による再選考会開催を主張したり[14]、記者から直接批判されたりするなど[15]重圧がかかる中、欧州選手権に出場する。SPは69.05点で4位と苦しむが、フリーで4回転フリップを成功させて2位で巻き返し、総合2位に食い込んだ。シェルバコワはこの2日間を乗り越え、代表入りを確定させた[16]

北京オリンピックで五輪初出場。SPでは制限下での最高難易度となる3回転アクセルは組み込まない堅実な構成をミスなく遂行し、ワリエワに次ぐ2位となる80.20点をマーク。フリーでは、4回転フリップ2本を組み込んだ高レベルな内容を全要素で加点を得る完璧な滑りで披露。4回転5本のトゥルソワにはわずか及ばずも自己ベストの175.75点を叩き出し、合計255.95点で金メダルに輝いた[17][18][19]

技術・演技[編集]

アクセルを除く5種類の3回転ジャンプを跳ぶことができる。コンビネーションジャンプにおいてはセカンド3回転トウループ、セカンド3回転ループ、サード3回転サルコウの全てを得意としており、特に基礎点の高い3回転ルッツ-3回転ループのコンビネーションは大きな武器である。

2019年ロンバルディアトロフィーにおいて、単独の4回転ジャンプ (アクセルを除く) で最も基礎点の高い4回転ルッツに、シニアの女子選手として初めて成功した[6]

2019年スケートアメリカフリースケーティングで、4回転ルッツ2本(4回転ルッツ-3回転トゥループのコンビネーションジャンプ 及び 単独4回転ルッツ)を成功させた[20]。これは、シニアの女性選手として国際戦(公式戦)で初めての記録となった[7]

人物[編集]

記録[編集]

主な戦績[編集]

国際大会 (シニア)
大会/年 2016-17 2017-18 2018-19 2019-20 2020-21 2021-22
冬季オリンピック 1
世界選手権 C 1
欧州選手権 2 C 2
世界国別対抗戦 1
GPファイナル 2
GP中国杯 1 C
GPスケートアメリカ 1
GP ロステレコム杯 WD
GP フランス国際 1
GP 2021年イタリア大会 1
CSロンバルディア杯 1
ブダペスト杯 2
国内大会
ロシア選手権 1 1 1
ロシアJr.選手権 13 3
ロシア杯ジュニア 8 1
ロシアノービス選手権 2 A
国際大会 (ジュニア)
世界ジュニア選手権 2
JGPファイナル 5[23]
JGPカナダ 1
JGPブラチスラヴァ 1
欧州ユースオリンピック 1

詳細[編集]

2021-2022 シーズン
Date Event SP FS Total
2022年3月21日-27日 2022年世界フィギュアスケート選手権モンペリエ    

TBD

2022年2月15日-17日 北京オリンピック北京 2

80.20

2

175.75

1

255.95

2022年1月10日-16日 2022欧州選手権 4

69.05

2

168.37

2

237.42

2021年12月21日-26日 ロシア選手権 2

81.46

4

158.10

3

239.56

2021年11月19日-21日 ISUグランプリシリーズ フランス国際グルノーブル 1

77.94

1

151.75

1

229.69

2021年11月5日-7日 ISUグランプリシリーズ 2021年イタリア大会トリノ 3

71.73

1

165.05

1

236.78

2021年10月14日-17日 2021 ブダペスト杯 1

74.76

2

147.97

2

222.73

2021-2022 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2021年4月15日-18日 2021年世界フィギュアスケート国別対抗戦大阪 1
81.07
1
160.58
1
団体
241.65
2021年3月22日-28日 2021年世界フィギュアスケート選手権
ストックホルム
1
81.00
2
152.17
1
233.17
2019-2020 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2019年12月5日-8日 2019/2020 ISUグランプリファイナルトリノ 3
78.27
1
162.65
2
240.92
2019年11月8日-10日 ISUグランプリシリーズ 中国杯重慶 1
73.51
1
152.53
1
226.04
2019年10月18日-20日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカラスベガス 4
67.60
1
160.16
1
227.76
2019年9月13日-15日 ISUチャレンジャーシリーズ ロンバルディア杯ベルガモ 3
67.73
1
150.47
1
218.20
2018-2019 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2019年3月7日-9日 2019年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ザグレブ 1
72.86
2
147.08
2
219.94
2019年2月10日-15日 欧州ユースオリンピックサラエボ 1
72.57
1
130.22
1
202.79
2019年1月31日-2月4日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(ペルミ 2
77.17
3
146.80
3
223.97
2018年12月19日-23日 ロシアフィギュアスケート選手権サランスク 5
74.09
1
155.69
1
229.78
2018年12月6日-8日 2018/2019 ISUグランプリファイナルバンクーバー 6
56.26
5
125.57
5
181.83
2018年9月12日-15日 ISUジュニアグランプリ JGPカナダリッチモンド 1
65.07
1
130.49
1
195.56
2018年8月22日-25日 ISUジュニアグランプリ JGPブラチスラヴァブラチスラヴァ 1
73.18
1
132.21
1
205.39
2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2018年2月19日-23日 ロシア杯ジュニア(ノヴゴロド 3
68.99
2
141.86
1
210.85[24]
2018年1月23日-26日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(サランスク 8
68.19
16
111.00
13
179.19
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年3月3日-7日 ロシアフィギュアスケートノービス選手権高齢(サランスク 4
61.75
1
127.03
2
242.18[25]
2017年2月13日-17日 ロシア杯ジュニア(サランスク 8
59.55
9
113.26
8
172.81[26]
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年3月3日-7日 ロシアフィギュアスケートノービス選手権高齢(スタールイ・オスコル 3
62.01
1
124.56
1
237.53[27]
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年3月19日-23日 ロシアフィギュアスケートノービス選手権低齢(ノヴゴロド 3
46.52
2
91.80
2
173.68[28]

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2021-2022 Dangerous Affairs
Total View 作:en:Inon Zur
振付:ダニイル・グレイヘンガウス

The Songs of Distant Earth 作:Kirill Richter
振付:ダニイル・グレイヘンガウス

Ruska
作曲:アポカリプティカ
Satan's Ball (from The Master and Margarita)
作曲:Igor Kornelyuk|
レクイエム
作曲:モーツァルト
演奏:デイヴィッド・ギャレット
振付:ダニイル・グレイヘンガウス
アヴェ・マリア
演奏:ディマシュ・クダイベルゲン
振付:ダニイル・グレイヘンガウス

6つのグノシエンヌより第1番
作曲:エリック・サティ
演奏:ローランド・ペンティネン


火の鳥
作曲:イーゴリ・ストラヴィンスキー
振付:ダニイル・グレイヘンガウス

2020-2021 Elegie: O Doux printemps d'autrefois
作曲:ジュール・マスネ
演奏:ジョシュア・ベル 振付:ダニイル・グレイヘンガウス
Morning Passages (from The Hours)
作曲:フィリップ・グラス
Forgiveness
(from The Home of the Dark Butterflies)
作曲:Panu Aaltio
Beethoven's 5 Secrets
作曲:ピアノ・ガイズ
振付:ダニイル・グレイヘンガウス
Everybody Wants to Rule the World
(from The Hunger Games: Catching Fire)
演奏:ロード
振付:ダニイル・グレイヘンガウス
2019-2020 映画『パフューム ある人殺しの物語』より
The Girl with the Plums
/ Meeting Laura
/ Laura's Murder
6つのグノシエンヌより第1番
作曲:エリック・サティ
演奏:ローランド・ペンティネン


火の鳥
作曲:イーゴリ・ストラヴィンスキー
Till The AM
作曲:TroyBoi
2018-2019 秋のささやき
作曲:リチャード・クレイダーマン
序奏とロンド・カプリチオーソ
作曲:カミーユ・サン=サーンス
Dreamcatcher
作曲:シークレット・ガーデン
2017-2018 ノクターン 第2番変ホ長調 作品9の2
作曲:フレデリック・ショパン
Dreamcatcher
作曲:シークレット・ガーデン
2016–2017 Sikuriadas
作曲: Sergeant Early and Ghost Dance
Dreamcatcher
作曲: シークレット・ガーデン
2015–2016 Sikuriadas
作曲: Sergeant Early and Ghost Dance
Song of Sheherezade
作曲: デヴィッド・アーカンストーン
2014–2015 Tango
作曲:Leandra Gamine (instrumental)
Song of Sheherezade
作曲: デヴィッド・アーカンストーン

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ロシアフィギュアスケート連盟 代表候補者リスト 2018-2019シーズン を2018年9月20日閲覧。
  2. ^ a b Детство чемпионов. Анна ЩербаковаО Sports.ru
  3. ^ 13-летняя фигуристка, владеющая четверным, пропустила прокаты из-за перелома ноги” [4回転をこなす13歳女子フィギュアスケート選手、足の骨折で演技を欠場] (ロシア語). RIAノーボスチ (2017年8月17日). 2018年3月23日閲覧。
  4. ^ Первенство России среди юниоров 2018 Дeвушки” [ジュニアロシア選手権 2018 女子結果] (ロシア語 (一部英語)). ロシア連邦フィギュアスケート連盟. 2018年3月23日閲覧。
  5. ^ Финал Кубка России - Ростелеком 2017-2018 Дeвушки, KMC Result” [ロステレコム2017-2018ロシア杯決勝女子ジュニア, KMS(スポーツマスター候補者)結果] (ロシア語 (一部英語)). ロシア連邦フィギュアスケート連盟. 2018年3月23日閲覧。
  6. ^ a b 2019_Ladies_FS (英語)2019年9月15日閲覧。
  7. ^ a b アンナ・シェルバコワは2つの4回転ルッツを着氷し、デビュー戦のスケートアメリカを勝利で飾った” (英語). NBCスポーツ. 2019年10月21日閲覧。
  8. ^ シェルバコワ、男子超えの“世界最高V2”に露メディア衝撃「狂気の4回転ルーティン」”. THE ANSWER. 2022年2月19日閲覧。
  9. ^ 肺炎から復帰のシェルバコワ 圧巻演技でロシア選手権3連覇 “鉄の女”トゥトベリーゼコーチも涙”. スポニチ. 2022年2月19日閲覧。
  10. ^ 「ああ、私はもうダメです」 コロナ禍のシェルバコワ初V、ロシア五輪王者が涙した”. THE ANSWER. 2022年2月19日閲覧。
  11. ^ Anna Shcherbakova takes world title in FSR sweep”. Golden Skate (2021年3月26日). 2022年2月19日閲覧。
  12. ^ 日本での演技は「大きな喜び」 シェルバコワが初Vの国別対抗戦を回顧「ここは楽しい」”. THE ANSWER. 2022年2月19日閲覧。
  13. ^ かつて「清楚で地味」だった女王シェルバコワ17歳が見せた妖艶さと凄み…イタリア大会優勝でも気が抜けない〈ロシアの過酷選考レース〉”. Number Web. 2022年2月19日閲覧。
  14. ^ シェルバコワとリーザで「代表3枠目の選考会を」 五輪王者プルシェンコが提案する理由”. THE ANSWER. 2022年2月19日閲覧。
  15. ^ 「4回転で転んだのに」会見でシェルバコワを非難した記者にコストルナヤが苦言!「どうして選手に不満を言うの?」”. THE DIGEST. 2022年2月19日閲覧。
  16. ^ ロシア女子五輪3枠目の懐疑論を一蹴か シェルバコワが「人生最悪の2日間」の重圧吐露”. THE ANSWER. 2022年2月19日閲覧。
  17. ^ シェルバコワ、自己ベストのフリー175・75点、計255・95点で逆転金メダル”. スポーツ報知. 2022年2月19日閲覧。
  18. ^ ロシア17歳コンビ 貫禄…フィギュア 金シェルバコワ 完璧舞・銀トルソワ 4回転5本 – オリンピック”. 読売新聞オンライン. 2022年2月19日閲覧。
  19. ^ 【グラフィック解析】坂本3位、トルソワに逆転許すもワリエワ抜く…フィギュア女子フリー – オリンピック”. 読売新聞オンライン. 2022年2月23日閲覧。
  20. ^ ISU GP 2019 Skate America LADIES FREE SKATING JUDGES DETAILS PER SKATER (PDF)”. 2019年10月21日閲覧。
  21. ^ 14歳シェルバコワ、憧れの選手は「浅田真央」と告白「なぜなら、彼女は…」”. THE ANSWER. 2022年2月19日閲覧。
  22. ^ シェルバコワが「日本からの小包を開けました」とインスタ更新。衣装をモチーフとした手作りギフトが話題!”. THE DIGEST. 2022年2月19日閲覧。
  23. ^ ISUジュニアグランプリ・ニュース (英語)2018年9月27日閲覧。
  24. ^ Финал Кубка России 2018 (Великий Новгород)ロシアフィギュアスケート連盟
  25. ^ Первенство России (мл. вз.) 2017 (Саранск)ロシアフィギュアスケート連盟
  26. ^ Финал Кубка России 2017 (Саранск)ロシアフィギュアスケート連盟
  27. ^ Первенство России (мл. вз.) 2016 (Старый Оскол)ロシアフィギュアスケート連盟
  28. ^ Первенство России (мл. вз.) 2015 (Великий Новгород)ロシアフィギュアスケート連盟

外部リンク[編集]