サラ・マイアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サラ・マイアー
Sarah MEIER
Figure skating pictogram.svg
European Championships 2011 Sarah MEIER – Gold Medal.jpg
基本情報
生年月日 (1984-05-04) 1984年5月4日(36歳)
代表国 スイスの旗 スイス
出生地 スイスの旗 スイスチューリッヒ州ビュラッハ
身長 164 cm[1]
体重 49 kg
選手情報
元コーチ エヴァ・フェアー[1]
マーク・ペッパーデー[1]
元振付師 サロメ・ブルナー[1]
タチアナ・ドルチニーナ[1]
所属クラブ Bülacher EC
引退 2011年
ISU パーソナルベストスコア
合計スコア 171.88 2008 世界選手権
ショート 60.87 2006 欧州選手権
フリー 113.00 2008 欧州選手権
 
獲得メダル
フィギュアスケート
欧州選手権
2007 ワルシャワ 女子シングル
2008 ザグレブ 女子シングル
2011 ベルン 女子シングル
グランプリファイナル
2006 サンクトペテルブルク 女子シングル
世界ジュニア選手権
2000 オーベルストドルフ 女子シングル
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

サラ・マイアードイツ語: Sarah Meier1984年5月4日 - )は、スイスの元フィギュアスケート選手(女子シングル)。

2002年ソルトレイクシティオリンピック2006年トリノオリンピック2010年バンクーバーオリンピックスイス代表、2011年欧州選手権優勝。

人物[編集]

1984年5月4日ビュラッハで生まれる[1]。生家は有名なスケート一族で、叔母はフィギュアスケートコーチ、母は国際スケート連盟審判員、姉はシンクロナイズドスケーティング選手、父やおじ、それに2人のいとこはアイスホッケーの選手である[2][3]

2018年8月3日、トライアスロン選手のジャン・バン・ベルケルと結婚した[4]

経歴[編集]

1999-2000シーズンからスイスフィギュアスケート選手権で7度の優勝を誇る。2002年ソルトレイクシティオリンピック、2006年トリノオリンピックにも出場した。2006-2007シーズンにはロシア杯GPシリーズ初優勝を果たす。GPファイナルにも出場し、スイス女子シングル選手として初の表彰台となる3位に入った。欧州選手権ではスイス女子選手として初めて銀メダルを獲得。翌年の欧州選手権でも再び2位となった。

2008-2009シーズンからは怪我に苦しませられることになる[5]。腰椎椎間板ヘルニアと筋肉の問題で苦しみ、欧州選手権を欠場。世界選手権では9位に入り、バンクーバーオリンピックの出場権を獲得した[6]

2009-2010シーズン、アキレス腱の炎症に苦しむ[7]NHK杯ではSP8位だったが、FSの6分練習を終えた後に、足の痛みを感じ棄権をした[8]。同様の理由で、スケートカナダは出場を辞退した。欧州選手権では5位となり、スイスの連盟が設定したオリンピックの派遣順位が10位以内だったため、それを満たした。バンクーバーオリンピックでは15位。世界選手権では2つのジャンプを失敗し、初めてFSに進出できなかった。

2010-2011シーズン、スケートカナダは靭帯の損傷で演技開始前に棄権[9]。最後の試合として挑んだ地元スイスでの欧州選手権では、SP3位でのスタートとなった。FSでは最終滑走で、スタンディングオベーションを受ける演技をし、地元開催の欧州選手権でスイス人選手で初めての優勝を果たした。スイス人の女子シングルではデニス・ビールマン以来、30年ぶりの優勝であった。

2015年のアート・オン・アイスをもってプロスケーターからも引退。スポーツジャーナリストの仕事を行っている。しかしながら、引退発表後も度々アイスショーで演技を披露している。

主な戦績[編集]

2001-2002シーズン以降[編集]

大会/年 2001-02 2002-03 2003-04 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10 2010-11
冬季オリンピック 13 8 15
世界選手権 19 13 14 6 7 6 9 26
欧州選手権 13 10 10 4 2 2 5 1
スイス選手権 1 1 1 1 1 1
GPファイナル 3
GPNHK杯 7 7 2 途中棄権
GP中国杯 6
GPエリック杯 5 4
GPスケートアメリカ 4
GPロシア杯 1
GPスケートカナダ 5 5
フィンランディア杯 9 3
冬季ユニバーシアード 5
ネペラ記念 2

2000-2001シーズンまで[編集]

大会/年 1997-98 1998-99 1999-00 2000-01
世界選手権 12
欧州選手権 16 5
スイス選手権 1 J 2 1 1
ネーベルホルン杯 2
世界Jr.選手権 10 3
JGPファイナル 4
JGPチェコスケート 1
JGPサンジェルヴェ 3
JGPピルエッテン 5
JGPモントリオール 6
JGPハンガリー 4
JGPウクライナ記念 11
JS SNP 10
ユーロユースオリンピック 2 J
ガルデナスプリング杯 7
  • J = ジュニアクラス

詳細[編集]

2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年1月24日-30日 2011年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ベルン 3
58.56
2
112.04
1
170.60
2010年10月2日-日 2010年ジャパンオープンさいたま - 4
92.73
3
団体
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年3月22日-28日 2010年世界フィギュアスケート選手権トリノ 26
45.06
- 26
2010年2月12日-28日 バンクーバーオリンピックバンクーバー 15
56.70
14
96.11
15
152.81
2010年1月18日-24日 2010年ヨーロッパフィギュアスケート選手権タリン 8
54.86
4
102.58
5
157.44
2009年12月11日-12日 スイスフィギュアスケート選手権ルガーノ 1
64.44
1
119.03
1
183.47
2009年11月5日-8日 ISUグランプリシリーズ NHK杯長野 8
45.96
- 棄権
2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年3月23日-29日 2009年世界フィギュアスケート選手権ロサンゼルス 10
58.36
10
105.01
9
163.37
2008年11月5日-9日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 7
48.10
6
94.21
6
142.31
2008年10月9日-12日 2008年フィンランディア杯ヴァンター 4
56.66
2
96.31
3
152.97
2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年4月20日-日 2008年ジャパンオープンさいたま - 2
123.11
2
団体
2008年3月17日-23日 2008年世界フィギュアスケート選手権ヨーテボリ 7
59.49
6
112.39
6
171.88
2008年1月21日-27日 2008年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ザグレブ 4
56.44
1
113.00
2
169.44
2007年12月7日-8日 スイスフィギュアスケート選手権ヴィンタートゥール 1
60.38
1
121.65
1
182.03
2007年11月29日-12月2日 ISUグランプリシリーズ NHK杯仙台 3
59.16
1
104.01
2
163.17
2007年11月15日-18日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 4
53.98
5
93.17
4
147.15
2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年4月29日-日 2007年ジャパンオープンさいたま - 2
111.29
2
団体
2007年3月19日-25日 2007年世界フィギュアスケート選手権東京 9
58.52
8
102.28
7
160.80
2007年1月22日-28日 2007年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ワルシャワ 1
60.49
2
110.79
2
171.28
2006年12月14日-17日 2006/2007 ISUグランプリファイナルサンクトペテルブルク 4
59.46
2
110.82
3
170.28
2006年12月7日-9日 スイスフィギュアスケート選手権ジュネーヴ 1
63.55
1
114.62
1
178.17
2006年11月23日-26日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 3
50.92
1
108.25
1
159.17
2006年10月26日-29日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカハートフォード 4
57.60
3
111.41
4
169.01
2005-2006 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2006年5月14日-日 2006年ジャパンオープンさいたま - - - 3
団体
2006年3月19日-26日 2006年世界フィギュアスケート選手権カルガリー 5
24.64
4
60.51
5
109.96
6
195.11
2006年2月10日-26日 トリノオリンピックトリノ - 10
55.57
8
100.56
8
156.13
2006年1月16日-22日 2006年ヨーロッパフィギュアスケート選手権リヨン - 3
60.87
4
106.29
4
167.16
2005年12月9日-10日 スイスフィギュアスケート選手権ビアスカ - 1
53.43
1
100.90
1
154.33
2005年12月1日-4日 ISUグランプリシリーズ NHK杯大阪 - 7
52.46
6
90.10
7
142.56
2005年10月27日-30日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダセントジョンズ - 6
47.80
5
93.98
5
141.78
2005年9月20日-10月2日 2005年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ - 6
44.74
5
86.79
5
131.53
2004-2005 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2005年3月14日-20日 2005年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 7
22.57
20
44.35
10
97.76
14
164.68
2005年1月25日-30日 2005年ヨーロッパフィギュアスケート選手権トリノ - 14
42.71
9
86.92
10
129.63
2005年1月12日-22日 ユニバーシアード冬季競技大会インスブルック - 2 5 5
2005年1月6日-8日 スイスフィギュアスケート選手権ローザンヌ - 1 1 1
2003-2004 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2004年3月22日-28日 2004年世界フィギュアスケート選手権ドルトムント 9 12 13 13
2004年2月2日-8日 2004年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブダペスト - 14 8 10
2002-2003 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2003年3月24日-30日 2003年世界フィギュアスケート選手権ワシントンD.C. 13 20 18 19
2002年12月20日-21日 スイスフィギュアスケート選手権ツーク - 1 1 1
2002年11月28日-12月1日 ISUグランプリシリーズ NHK杯京都 - 9 7 7
2002年11月14日-17日 ISUグランプリシリーズ ラリック杯パリ - 3 5 5
2002年9月26日-29日 2002年オンドレイネペラメモリアルブラチスラヴァ - 1 2 2
2001-2002 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2002年2月9日-21日 ソルトレイクシティオリンピックソルトレイクシティ - 9 16 13
2002年1月14日-19日 2002年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ローザンヌ 6 13 13 13
2001年11月1日-4日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダサスカトゥーン - 6 6 5
2001年10月5日-7日 2001年フィンランディア杯ヘルシンキ - 10 7 9
2000-2001 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2001年3月17日-25日 2001年世界フィギュアスケート選手権バンクーバー 10 11 12 12
2001年1月22日-27日 2001年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブラチスラヴァ 3 5 6 5
2001年1月12日-13日 スイスフィギュアスケート選手権ジュネーブ - 1 1 1
2000年12月13日-17日 2000/2001 ISUジュニアグランプリファイナルエア - 1 5 4
2000年10月19日-22日 ISUジュニアグランプリ チェコスケートオストラヴァ - 2 1 1
2000年9月5日-8日 2000年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ - 2 2 2
2000年8月23日-26日 ISUジュニアグランプリ サンジェルヴェサン・ジェルヴェ - 4 3 3
1999-2000 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2000年3月5日-12日 2000年世界ジュニアフィギュアスケート選手権オーベルストドルフ 3 3 4 3
2000年2月6日-13日 2000年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ウィーン 7 14 16 16
1999年11月11日-14日 ISUジュニアグランプリ ピルエッテンハーマル - 2 5 5
1999年9月29日-10月3日 ISUジュニアグランプリ モントリオールモントリオール - 3 6 6
1998-1999 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
1998年11月22日-29日 1999年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ザグレブ 6 12 10
1999年10月14日-18日 ISUジュニアグランプリ ハンガリーブダペスト 3 4 4
1999年9月23日-27日 ISUジュニアグランプリ ウクライナ記念キエフ 10 11 11
1997-1998 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
1997年10月30日-11月2日 ISUジュニアシリーズ SNPバンスカー・ビストリツァ 12 10 10

プログラム[編集]

シーズン SP FS EX
2010-2011 Samba Para Una Sola Nota
作曲:ミシェル・ルグラン
映画『コレラの時代の愛』サウンドトラックより
作曲:アントニオ・ピント
映画『アメリ』サウンドトラックより
作曲:ヤン・ティルセン
2009-2010 サンバ
ブラジリアンス[10]
作曲:スティーヴ・スティーヴンス
映画『ロミオとジュリエット』より
作曲:ニーノ・ロータ
バレエ『ロメオとジュリエット』より
作曲:セルゲイ・プロコフィエフ
アイ・ガット・リズム
作曲:ジョージ・ガーシュウィン
サンバ
作曲:ミシェル・ルグラン
2008-2009 黒のラフォリア[11]
秋の紅
作曲:新実徳英
黄河協奏曲[10]
作曲:洗星海
演奏:ラン・ラン
映画『アメリ』サウンドトラックより[12]
作曲:ヤン・ティルセン
2007-2008 チルドレンズ・ワード 映画『パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』より[12]
作曲:マーク・シャイマン
黒のラフォリア
秋の紅
作曲:新実徳英
メモリー ミュージカル『キャッツ』より
ボーカル:ノエミ・ ナーデルマン
A Love Like Tides
by Lovebugs
2006-2007[13] アランフエス協奏曲第1楽章
アンダルシア協奏曲第2楽章
作曲:ホアキン・ロドリーゴ
振付:サロメ・グァダラマ
The Rain 映画『菊次郎の夏』より
作曲:久石譲
ジョージアーナ、ネザーフィールド荘園 映画『プライドと偏見』より
作曲:ダリオ・マリアネッリ
振付:サロメ・グァダラマ
2005-2006 たこ揚げ、夢の初日 映画『ネバーランド』より[1]
作曲:ヤン・A・P・カチュマレク
ヴァイオリンとオーケストラのためのボレロ[1]
作曲:ウォルター・タイエブ
演奏:ヴァネッサ・メイ
にくい貴方
by Melanie Bernhard
2004-2005 Big Love Adagio
曲:ボンド
Guitarra Latina
作曲:エドウィン・マートン
Instrumental
作曲:カルロス・サンタナ
2003-2004 Pure Mood
作曲:スパイロ・ジャイラ
No Woman, No Cry
Could You Be Loved
作曲:ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ
サテンの夜
曲:ムーディー・ブルース
The Voice Within
ボーカル:クリスティーナ・アギレラ
2002-2003 ノスタルジア
作曲:ヤニー
演奏:ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
映画『アンナと王様』より
作曲:ジョージ・フェントン
鼓童
Starlight
by Trace
2001-2002 リフレクション 映画『ムーラン』より
演奏:ヴァネッサ・メイ
ミュージカル『ミス・サイゴン』より
作曲:クロード=ミシェル・シェーンベルク
オールウェイズ・ラヴ・ユー
ボーカル:ホイットニー・ヒューストン
2000-2001 ロード・オブ・ザ・ダンス
作曲:ローナン・ハーディマン

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 『フィギュアスケート選手名鑑 2006』新書館、2005年12月、p.106
  2. ^ 斎藤貴子編『フィギュアスケート07-08シーズンフラッシュバック』実業之日本社、2008年3月、p.47
  3. ^ 『フィギュアスケートDays Plus 2008-2009女子シングル読本』ダイエックス出版、2008年9月、p.64
  4. ^ Eisprinzessin Sarah Meier heiratet ihren Prinzen Jan
  5. ^ Swiss ice skaters considered rink outsiders
  6. ^ Sarah Meier: "I cried every day in the dressing room"
  7. ^ ISUよりサラ・マイアーのバイオグラフィー
  8. ^ Sarah Meier musste aufgeben
  9. ^ Sarah Meier: The Bern Miracle
  10. ^ a b 『ワールド・フィギュアスケート 35』新書館、2008年12月、p.77
  11. ^ 「女子シングル」『フィギュアスケートDays vol.9』ダイエックス出版、2009年4月、pp.12-14[巻頭特集 2009世界選手権レポート]
  12. ^ a b 「Color of Costume」『フィギュアスケートDays vol.9』ダイエックス出版、2009年4月、pp.58-61
  13. ^ 境田優「06-07シーズン振付師相関図」『フィギュアスケートDays vol.2』DAI-X出版、2007年3月、pp.32-35

外部リンク[編集]