コンテンツにスキップ

アデリナ・ソトニコワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アデリナ・ソトニコワ
Adelina SOTNIKOVA
フィギュアスケート選手
生誕 (1996-07-01) 1996年7月1日(27歳)
中央連邦管区
モスクワ
身長 165 cm
選手情報
代表国 ロシアの旗 ロシア
所属クラブ エンジェルズ・オブ・プルシェンコ
開始 2000
引退 2020年3月2日
ISUサイト バイオグラフィ
ISUパーソナルベストスコア
総合224.592014 ソチ
SP75.572015 CS M.オーナメント
FS149.952014 ソチ五輪
記録
ロシア女子シングル初 オリンピック 優勝
大会成績
国際スケート連盟主催大会 1位 2位 3位
オリンピック 1 0 0
欧州選手権 0 2 0
世界ジュニア選手権 1 0 1
ジュニアグランプリファイナル 1 0 0
合計数 3 2 1
国内大会 1位 2位 3位
ロシア選手権 4 0 1
獲得メダル
フィギュアスケート
主要な国際競技会
オリンピック
2014 ソチ 女子シングル
欧州選手権
2013 ザグレブ 女子シングル
2014 ブダペスト 女子シングル
世界ジュニア選手権
2011 江陵 女子シングル
2012 ミンスク 女子シングル
ジュニアグランプリファイナル
2010 北京 女子シングル

アデリナ・ドミトリエヴナ・ソトニコワロシア語: Адели́на Дми́триевна Со́тникова, 英語: Adelina Dmitriyevna Sotnikova, 1996年7月1日 - )は、ロシアの元フィギュアスケート選手(女子シングル)。

2014年ソチオリンピック金メダリスト。2011年世界ジュニア選手権優勝。ロシアフィギュアスケート選手権優勝4回。

経歴[編集]

2010ジュニアグランプリファイナル
2011中国杯
ソトニコワとウラジーミル・プーチン大統領

6歳で近所のリンクでスケートを始めた。翌年には名門クラブCSKAモスクワに移り、2004年からエレーナ・ブイアノワの指導を受け始めた。2014年ソチオリンピック期待の人材と数えられるようになり[1]、2008年のロシア選手権では12歳の若さで優勝した。

ジュニア時代[編集]

2010-2011シーズン、ジュニアデビュー戦となったジュニアグランプリ(JGP)第3戦のオーストリア杯で、2位以下に10点以上の差をつけて優勝。FSは、当時の女子ではイリーナ・スルツカヤ安藤美姫しか跳んでいない3回転ルッツ-3回転ループのコンビネーションジャンプに成功。シリーズ第5戦のJGPジョン・カリー記念でも優勝を果たし、ジュニアグランプリファイナルへの出場を決める。ファイナルではSP、FSともに1位となり完全優勝を果たした。ロシア選手権では2年ぶりの優勝を果たし、世界ジュニア選手権でも優勝。このシーズンの試合を全て優勝で締めくくった。

シニア以降[編集]

2011-2012シーズン、グランプリシリーズ中国杯ロステレコム杯いずれも3位、グランプリシリーズ全体でのポイントランキングが7位となり、グランプリファイナルへは出場できなかった。続くロシア選手権ではグランプリファイナル出場者であるエリザベータ・トゥクタミシェワアリョーナ・レオノワを破って優勝。しかし翌月のユースオリンピックでは、FSのミスが響きトゥクタミシェワに敗北、2位となった。世界ジュニア選手権では3位となった。

2012-2013シーズン、グランプリシリーズ、ロシア選手権と苦戦が続いたが、欧州選手権ではSPで1位、総合では2位となった。初出場の世界選手権では9位。

ロシア女子初のオリンピック金メダル[編集]

2013-2014シーズン、グランプリシリーズは共に2位。グランプリファイナルではSPで2位だったものの、FSではジャンプの失敗が相次ぎ総合5位に順位を落とした。ロシア選手権では2年ぶり4度目の優勝。欧州選手権ではSP、FS共に自己ベストを更新し2年連続の2位。地元ロシアで開催された2014年ソチオリンピックでは旧ソビエト連邦時代を含めてロシア代表選手として初めて、女子シングルで金メダルを獲得した[2]。なおソチオリンピックが開催された2014年のドーピング検査で陽性反応が出たものの、別の検体では陰性であったため問題視されなかったことを後に明かしている[3]

2014-2015シーズン、ロステレコム杯前週の練習において、フリップジャンプの着氷時に脚を打ち転倒。病院でのMRI検査の結果、靭帯に断裂が見つかったためにグランプリシリーズは欠場した[4]。ロシア選手権も出場は回避した[5]。ロシア選手権を回避したことにより、ヨーロッパ選手権の代表からは外れた[6][7]。結局シーズン全ての試合を欠場した。ロシア1で放送されたダンシング・ウィズ・ザ・スターズに出演し2位に入った。

2015-2016シーズン、モルドヴィアンオーナメントで試合復帰し銀メダルを獲得。ロステレコム杯では銅メダルを獲得した。ロシア選手権では過去最低の6位に終わった。このシーズンを最後に競技会に出ることはなかった。

2016-2017シーズンは、テストスケートで新しいプログラムを披露したが、競技会への出場を見送った。2017年4月に、エフゲニー・プルシェンコとの共闘が発表されプルシェンコのフィギュアスケートアカデミーの「エンジェルズ・オブ・プルシェンコ」に移籍[8]。その後も競技への復帰を模索したが[9]、2020年2月には入院加療中であると報じられた[10]。同年3月2日、現役引退を表明[11]

2020年3月2日、ロシア1のテレビ番組に出演し、現役引退を発表した[12]

人物[編集]

難病の二歳下の妹が1人いる。好きな選手はブライアン・ジュベールステファン・ランビエール浅田真央安藤美姫[13]カロリーナ・コストナー[14]

2013年、将来コーチになるために、ロシアの体育大学に進学した[15]

曽祖父は第二次世界大戦ソビエト空軍に属したエース・パイロットアレクサンダー・コチェトフロシア語版[16]

韓国によるソチ金メダル抗議 [編集]

ソチオリンピックにおいて金メダルを獲得したが、その後大韓体育会などから採点に対する抗議が発生した。FSにおいてソトニコワは、3連続ジャンプの最初の3Fと2Tは成功させた上で2Loのみ躓いたコンビネーション全体としての採点で6人の審判からGOE-1(3人は-2)という評価を受けたが、それ以外はミスなく滑りきった。一方、銀メダルとなったキム・ヨナはミスなく全体を滑りきったが、ステップやスピンでレベル3の評価を受けたことなどから基礎点が57.49点と伸び悩んだ[17]

このような結果を受けて大韓体育会や韓国スケート連盟はISUの懲戒委員会に提訴をし、4月16日に受理された[18]。提訴内容としては、「採点」そのものではなく「審判の構成」に焦点をあて、過去に資格停止を受けた前科のある人物が審判団に1名いたこととロシア連盟事務総長の夫人が審判団にいて試合後にソトニコワと抱擁していたことの2つを主題とし、採点の不公正さについては「疑惑」とした[19]

2014年6月3日、ISUは韓国側の訴えを退けた。これについて韓国スケート連盟副会長は「法律諮問を通して対応したため、法律的な検討を受ける必要があると思う」とコメントした[20]。6月24日、国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)への提訴を正式に断念した[21]が、その後も韓国ではメディアを中心に個人攻撃が相次いだ[22][23]。大会から1年半以上経過した2015年12月にも韓国最大の新聞社である朝鮮日報がソトニコワを攻撃する記事を掲載しており[24]、韓国ではソトニコワを蛍光蛾とするパロディー写真が盛り上がりをみせている[25]。 

ソトニコワ選手は、一連の騒動について「(韓国人を恨んでいないか?という問いに)いいえ。その人たちにとってキム・ヨナ選手がどんな存在か私にはよくわかります。彼らは、彼女をひたすら応援し、彼女のために闘っているのです」と答えた。

技術 [編集]

  • 特徴的で質の高いスピンができ、トラベリング(軸がぶれて、足元が移動してしまうこと)が小さい
  • 高さのあるジャンプにも定評があり、スルツカヤ、安藤美姫に次いで女子フィギュアスケート史上3人目となる3Lz-3Loのコンビネーションジャンプを成功させている[26]

主な戦績[編集]

大会/年 2007-08 2008-09 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14 2015-16
オリンピック 1
世界選手権 9
欧州選手権 2 2
世界国別対抗戦 4 4
ロシア選手権 1 4 1 1 3 1 6
GPファイナル 5
GPロステレコム杯 3 5 3
GPエリック杯 2
GP中国杯 3 2
GPスケートアメリカ 3
CSゴールデンスピン 1 6
CS M.オーナメント 2
ネーベルホルン杯 2
ユースオリンピック 2
世界Jr.選手権 1 3
ロシアJr.選手権 10 1 6
JGPファイナル 1
JGPジョン・カリー記念 1
JGPオーストリア杯 1
NRW杯 6 J

詳細[編集]

2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年12月23日 - 27日 ロシアフィギュアスケート選手権エカテリンブルク 6
69.47
7
128.51
6
197.98
2015年12月2日 - 5日 ISUチャレンジャーシリーズ ゴールデンスピンザグレブ 7
54.43
6
105.37
6
159.80
2015年11月20日 - 22日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 4
65.48
3
119.63
3
185.11
2015年10月15日 - 18日 ISUチャレンジャーシリーズ モルドヴィアンオーナメントサランスク 1
75.57
2
128.32
2
203.89
2015年10月3日 2015年ジャパンオープンさいたま - 4
118.81
3
団体
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年2月6日 - 22日 ソチオリンピックソチ 2
74.64
1
149.95
1
224.59
2014年1月13日 - 19日 2014年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブダペスト 1
70.73
2
131.63
2
202.36
2013年12月22日 - 27日 ロシアフィギュアスケート選手権ソチ 1
72.53
2
140.24
1
212.77
2013年12月5日 - 8日 2013/2014 ISUグランプリファイナル福岡 2
68.38
6
104.92
5
173.30
2013年11月15日 - 17日 ISUグランプリシリーズ エリックボンパール杯パリ 3
60.01
1
129.80
2
189.81
2013年11月1日 - 3日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 1
66.03
3
108.67
2
174.70
2013年10月5日 2013年ジャパンオープンさいたま - 4
105.95
3
団体
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年4月11日 - 14日 2013年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 1
67.13
6
115.97
4
183.10
2013年3月10日 - 17日 2013年世界フィギュアスケート選手権ロンドン 8
59.62
9
116.36
9
175.98
2013年1月21日 - 27日 2013年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ザグレブ 1
67.61
3
126.38
2
193.99
2012年12月24日 - 28日 ロシアフィギュアスケート選手権ソチ 2
66.99
3
123.76
3
190.75
2012年11月9日 - 11日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 5
57.11
7
100.87
5
157.98
2012年10月19日 - 21日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカケント 2
58.93
3
110.03
3
168.96
2012年9月27日 - 29日 2012年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 1
58.48
2
109.75
2
168.23
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年4月19日 - 22日 2012年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 6
56.12
4
113.57
4
169.69
2012年2月27日 - 3月4日 2012年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ミンスク 3
56.57
3
111.88
3
168.45
2012年01月14日 - 22日 インスブルックユースオリンピックインスブルック 2
59.44
3
99.64
2
159.08
2011年12月24日 - 28日 ロシアフィギュアスケート選手権サランスク 1
68.65
2
125.06
1
193.71
2011年12月8日 - 10日 2011年ゴールデンスピンザグレブ 2
51.83
1
110.64
1
162.47
2011年11月25日 - 27日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 3
57.79
3
111.96
3
169.75
2011年11月4日 - 6日 ISUグランプリシリーズ 中国杯上海 3
53.74
3
106.21
3
159.95
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年2月28日 - 3月6日 2011年世界ジュニアフィギュアスケート選手権江陵 1
59.51
1
115.45
1
174.96
2010年12月25日 - 29日 ロシアフィギュアスケート選手権サランスク 2
63.79
1
133.65
1
197.44
2010年12月9日 - 12日 2010/2011 ISUジュニアグランプリファイナル北京 1
57.27
1
112.54
1
169.81
2010年9月30日 - 10月1日 ISUジュニアグランプリ ジョン・カリー記念シェフィールド 1
59.39
1
107.31
1
166.7
2010年9月18日 - 19日 ISUジュニアグランプリ オーストリア杯グラーツ 1
61.32
1
117.65
1
178.97
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年2月3日 - 6日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(サランスク 4
57.28
6
93.50
6
150.78
2009年12月24日 - 25日 ロシアフィギュアスケート選手権サンクトペテルブルク 3
59.77
4
112.92
4
172.69
2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年1月28日 - 31日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(サランスク 1
59.95
1
110.33
1
170.28
2008年12月24日 - 28日 ロシアフィギュアスケート選手権カザン 1
54.93
2
105.62
1
160.55
2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年1月30日 - 2月2日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(ロストフ・ナ・ドヌ 7 13 10
116.62
2007年11月30日 - 12月2日 2007年NRW杯 ジュニアクラス(ドルトムント 3
37.17
6
59.26
6
96.43

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2016-2017 Suite Festiva
振付:ピーター・チェルニシェフ
Never meant to belong
振付:ピーター・チェルニシェフ
2015-2016[27] ある恋の物語
作曲:カルロス・エレータ・アルマラン
バツカーダ・ブラジレイラ
振付:イリーナ・タガエワ
Je suis malade
ボーカル:ララ・ファビアン
振付:イリーナ・タガエワ
バレエ『白鳥の湖』より
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
演奏:デイヴィッド・ギャレット
2014-2015 バレエ『白鳥の湖』より
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
演奏:デイヴィッド・ギャレット
2013-2014[28][29] 歌劇『カルメン』より
作曲:ジョルジュ・ビゼー
振付:ピーター・チェルニシェフ
序奏とロンド・カプリチオーソ
作曲:カミーユ・サン=サーンス
振付:ピーター・チェルニシェフ
オブリビオン
作曲:アストル・ピアソラ
カム・トゥゲザー
ボーカル:ペトラ・マゴーニ
演奏:フェルッチョ・スピネッティ

映画『ブラック・スワン』より
作曲:クリント・マンセル
2012-2013 スペイン奇想曲
作曲:ニコライ・リムスキー=コルサコフ
振付:タチアナ・タラソワ、イリーナ・タガエワ
At Last Blues
映画『バーレスク』サウンドトラック
作曲:クリストフ・ベック
振付:タチアナ・タラソワ、イリーナ・タガエワ
Welcome to Burlesque
映画『バーレスク』より
ボーカル:シェール
ボレロ
作曲:モーリス・ラヴェル
2011-2012 ボレロ
作曲:モーリス・ラヴェル
振付:タチアナ・タラソワ、イリーナ・タガエワ
愛の夢
作曲:フランツ・リスト
振付:タチアナ・タラソワ、イリーナ・タガエワ
ヘルナンドの隠れ家
作曲:ジェリー・ロス、リチャード・アドラー
2010-2011 ワルツ・セレクション
作曲:ヨハン・シュトラウス
序奏とロンド・カプリチオーソ
作曲:カミーユ・サン=サーンス
バレエ『白鳥の湖』より
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
2009-2010 バレエ『シェヘラザード』より
作曲:ニコライ・リムスキー=コルサコフ
2008-2009 バレエ『白鳥の湖』より
作曲:ピョートル・チャイコフスキー

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ロシアスケート連盟会長インタビュー 2007年10月
  2. ^ アデリーナ・ソトニコワ、フィギュア女子五輪チャンピオンに(フォト) Voice of Russia 2014年2月20日付
  3. ^ “14年ソチ五輪金メダリストのソトニコワさん ドーピング検査での陽性告白「裁判受けなければならなかった」も別検体で無罪に 露報道”. デイリースポーツ. (2023年7月6日). https://www.daily.co.jp/general/2023/07/06/0016554450.shtml 2023年7月6日閲覧。 
  4. ^ Torn ligament knocks Sotnikova out of Grand Prix
  5. ^ Фигуристка Аделина Сотникова не выступит на чемпионате России - Коган
  6. ^ ソチ五輪「金」のソトニコワが代表外れるnikkansports.com 2014年12月29日1時23分
  7. ^ Погорилая едет на чемпионат Европы вместо Сотниковойsportbox.ru 28 декабря 2014 10:41
  8. ^ Постановщиком программ фигуристки Сотниковой будет канадец Эмануэль Сандю - Плющенко
  9. ^ “ソトニコワ 競技復帰の意欲、フィギュアの「怪物たち」、プルシェンコとの仕事を語る”. Sputnik 日本. スプートニク. (2019年7月1日). https://sputniknews.jp/20190701/6420324.html 2020年3月2日閲覧。 
  10. ^ “五輪金メダリストのアデリナ・ソトニコワ氏がモスクワで入院”. Sputnik 日本. スプートニク. (2020年2月19日). https://sputniknews.jp/20200219/7116242.html 2020年3月2日閲覧。 
  11. ^ “ソチ五輪金メダリストのソトニコワが引退宣言”. Sputnik 日本. スプートニク. (2020年3月2日). https://sputniknews.jp/20200302/7234117.html 2020年3月2日閲覧。 
  12. ^ Аделина Сотникова объявила о завершении карьеры
  13. ^ Sotnikova on track for Junior WorldsGolden Skate,February 6, 2011
  14. ^ Аделина Сотникова: Прежде меня столько на руках не носили2015年4月1日
  15. ^ Tatjana Flade (2013年9月7日). “All grown up, Sotnikova enrolls in university”. goldenskate.com. 2014年2月21日閲覧。
  16. ^ Регина КИРИЛЛОВА (2014年2月24日). “У Аделины Сотниковой победа – в крови: Ее прадед Герой СССР из Чувашии”. www.kp.ru. 2014年2月28日閲覧。
  17. ^ 採点表
  18. ^ キム・ヨナの五輪採点めぐりISUに提訴=韓国聯合ニュース 2014年4月16日
  19. ^ ISUの提訴受理で盛り上がる韓国、ソトニコワを誹謗中傷「私が間違いを犯したの?」zakzak 2014年4月26日
  20. ^ “キム・ヨナ判定議論”ISUが提訴を棄却k-style 2014年6月4日
  21. ^ キム・ヨナ判定問題 韓国側が提訴断念デイリースポーツ 2014年6月24日
  22. ^ キム・ヨナ銀の恨み? 韓国メディアがソトニコワを“一斉攻撃”サンスポ 2014年7月23日
  23. ^ <フィギュア>ソトニコワが“尻もちショー”…色褪せるソチ金メダル中央日報 2014年7月24日
  24. ^ (朝鮮日報日本語版) フィギュア:本当に五輪金メダリスト? ソチでヨナ破った19歳ソトニコワに衰え朝鮮日報 2015年12月17日
  25. ^ ソトニコワ、'蛍光蛾'パロディー写真大放出 “シンクロ率100%” ikoreadaily 2015年10月20日
  26. ^ Олимпиада Сочи 20142014年2月20日
  27. ^ Фигуристка Сотникова оставит произвольную программу прошлого сезона - тренер
  28. ^ Sotnikova announces Olympic short program
  29. ^ All grown up, Sotnikova enrolls in university

外部リンク[編集]