スタールイ・オスコル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯51度18分 東経37度51分 / 北緯51.300度 東経37.850度 / 51.300; 37.850

スタールイ・オスコルの紋章

スタールイ・オスコルロシア語: Ста́рый Оско́л))はロシア連邦ベルゴロド州の都市。モスクワから618km南のオスコル川流域にある。 2002年国勢調査によると人口は215,898人、2004年時は217,900人(推定)。

1593年、モスクワの南の防衛の為に要塞都市として作られた。17世紀にはクリミア・タタール人ウクライナ・コサックの略奪を受ける。20世紀以降もロシア内戦第二次世界大戦でも影響を蒙るが、戦後は工業の発展と共に人口が増加した。

世界で最も鉄鉱石の埋蔵量が多い場所の一つとされるクルスク磁気異常Kursk Magnetic Anomaly)の境界に位置する重要な鉱業都市とされ、一年間に800万トン以上の鉄鉱石が採掘されている。そのため市にはモスクワ連邦鋼合金研究所(Moscow Federal Institute of Steel and Alloys)の支部が存在する。

スタールイ・オスコル空港から行くことができる。

姉妹都市[編集]