鉄鉱石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
赤鉄鉱 (Fe2O3)

鉄鉱石(てっこうせき)とは、製鉄原料となる鉱石である。

鉄鉱石の種類[編集]

製鋼過程の例
鉄鉱石
高炉 - 鉄鉱石から銑鉄を取り出す
溶銑予備処理 - 不純物を酸化させる
転炉 - 不純物を取り除き鉄鋼にする
二次精錬 - 成分を微調整する
連続鋳造 - 一定の形の半製品をつくる
圧延 - 半製品を加工して製品にする
出荷

鉄鉱石の主要成分は酸化鉄であり、多く使われる鉄鉱石は赤鉄鉱 (Fe2O3)、磁鉄鉱 (Fe3O4)、褐鉄鉱 (Fe2O3•nH2O)、磁鉄鉱の粒状鉱物である砂鉄などである。他に、針鉄鉱 (FeO(OH))、針鉄鉱と組成は同じだが鉱物としては区別される鱗鉄鉱 (FeO(OH))、菱鉄鉱 (FeCO3) などが存在する。金属光沢のある磁硫鉄鉱 (FeS1-x)、金色に光る黄鉄鉱 (FeS2) は鉄鉱石としての値打ちは無い。

鉄鉱石の利用[編集]

古来、製鉄に使われた鉱石は砂鉄(磁鉄鉱)であった。磁鉄鉱は比重が約5.2と商業的に利用できる鉄鉱石の中で最も大きく、流水による選鉱により純度の高い鉱石が容易に得られた。近代的な溶鉱炉による製鉄技術が確立されるまでは砂鉄を使ったたたら製鉄が主流だった。現在では露天掘りで大量に採取できる赤鉄鉱を使用した高炉による製鉄が主流である。日本では新日本製鐵釜石製鉄所の高炉釜石鉱山から産出される磁鉄鉱を使用していた。

高品質の鉄鉱石は、鉄鉱石の成分のうち50%–65%がFeである。このような鉄鉱石は世界に約2,000億トンあるといわれている。低品質の鉄鉱石は、高品質の鉄鉱石の5倍以上あり、全世界の鉄鉱石の量は1兆トンを超えている。なお、これは地球に存在するのうち、人類が採掘できる地表面のほんのわずかな部分だけである。地球の中心核はほとんどが鉄でできているし、海底には鉄鉱石が無尽蔵にあるといわれている。地表でも、鉄は、酸素ケイ素アルミニウムに次いで多く存在している。鉄鉱石の可採埋蔵量は他の金属と比べて桁違いに多い。ボーキサイトは280億トン、は6億トン、亜鉛は3.3億トン、は1.2億トン、ニッケルは1.1億トンである。

鉄鉱石の形成[編集]

地球の誕生当時、大気、海中の酸素分子比率は極めて低く、酸素原子のほとんどは、水素、炭素などと結びついていた。このため、無酸素状態の酸素還元的な環境や酸性雨によって地表の鉄分は、鉄イオンとして大量に海水に溶解していた。また、海底火山によって地球内部の鉄が噴出して、鉄イオンが海に供給された。

約22–27億年前に、シアノバクテリアストロマトライトのような光合成生物が大量発生し酸素を吐き出したため大気中・海水中の酸素濃度が高まった。この酸素が海水中の鉄イオンと結びつき、それまで海水中に溶解していた鉄イオンを、酸化鉄 (Fe2O3) に変えた。酸化鉄は沈殿・堆積して、広大な赤鉄鉱の鉱床を形成した。

その後、造山運動により海底にあった鉱床隆起し地上に押し上げられた。現在の主要な鉄鉱石鉱山はこのようにして形成された。

酸素が少なく温度の高い地下深くでは、鉄は磁鉄鉱となった。

経済[編集]

産出地[編集]

鉄鉱石は世界中から産出するものの、2006年時点の埋蔵量1,800億トンのうち、ロシアオーストラリアウクライナ中国ブラジルの上位5カ国だけで約73%を占める。コスト・品質の面から商業的な鉱山が操業できるのは、オーストラリア、ブラジル、中国、カナダインド、ロシア、アメリカ合衆国ウクライナなどに限られる。これらの国は、地面から直接鉄鉱石を掘り出す、露天掘りができる。特に、オーストラリアやブラジルの鉄鉱石はFeの占める割合が約65%と高品質である。これら鉱山はほとんどが赤鉄鉱であり、数十億年前の海中に堆積したと考えられている。

産出地別の産出量では、ブラジル (22.3%)、オーストラリア (19.6%)、中国 (16.6%)、インド (10.9%)、ロシア (6.8%)、の上位5カ国が76%を占める(2005年)。なお、第二次世界大戦直前の1937年の統計ではアメリカ合衆国 (68%)とスウェーデンの2国だけで全世界の産出量の85%を占めていた。2005年現在、この2か国の産出量は1937年当時とあまり変化していないが、シェアは5.9%に低下した。これは産出量が9,780万トン(1937年)から8億2900万トン(2005年)に増えているからである。

採掘された鉄鉱石は、ベルトコンベヤーなどの設備によって貨車貨物船(河川用)に積み込まれ、輸出港まで運ばれる。そこから、鉱石運搬船という鉄鉱石専用の貨物船で外国へ輸出される。なお、トラックはコストが高いのであまり使われない。

貿易[編集]

ペレット状になった鉄鉱石

鉄鉱石は、貿易上重要な資源の一つである。取引される重量でも石油に次ぐ。2003年度の鉄鉱石の海上貿易量は5億2,000万トンだった。イギリス韓国フランスドイツ日本など主要国は鉄鉱石をほぼ100%、輸入に頼っている中で、アメリカ合衆国は輸入依存度が23%と低い。なお、鉄資源としては鉄鉱石以外にスクラップなどリサイクルされた鉄が約3億トンある。近年の鉄鉱石の需給タイトは鉄鉱石貿易の重要性を改めて示している。主な貿易国であるオーストラリアとブラジルは、地政学的な地位を高めている。中国が2004年にブラジルに対し国家として経済的分野での接近を図ったのは、こうしたブラジルの資源に着目したことも要因のひとつに挙げられている。

輸出[編集]

2005年度の国別輸出量は、オーストラリアが33.4%(2億3940万トン)、ブラジルが31.3%(2億2416万トン)、インドが10.2%(7340万トン)、である。

輸出シェアは、ブラジルのリオドセ、オーストラリア・イギリスのBHPビリトンリオ・ティントの鉄鉱石3大メジャーが約80%を占めている。1990年代に市況低迷による合理化や淘汰が起こった。その結果、業界の再編が加速し、寡占化が進展した。

輸入[編集]

輸入量は、長年日本が世界トップだった。しかし、中国の経済発展より、2003年度に中国が日本を追い越して世界トップになった。中国は自国で鉄鉱石を産出できるが、それらは低品質の鉄鉱石(Feの占める割合が約30%、だいたい40%–50%が必要といわれている)のため、結局はコストが高くなってしまう。よって、高品質の鉄鉱石を輸入に頼っているのが実情である。

2005年度の国別輸入量は、中国が37.5%(2億7526万トン)、日本が18.0%(1億3231万トン)、韓国が5.9%、ドイツが5.3%、フランスが2.7%、イタリアが2.4%、イギリスが2.2%、台湾が2.0%である。東アジアだけで2/3を占めている。

日本は、砂鉄が少量のみ産出されるだけで、ほぼ全量を輸入している。2006年度は、1億3,429万トン輸入した。国別輸入先は、オーストラリアが61%、ブラジルが22%、インドが7%である。

価格[編集]

近年、中国の急激な経済成長より、鉄鉱石が不足してきた。しかし、不足したからといって増産は簡単にできない。鉄鉱石鉱山の開発には、鉱山だけでなく鉄道港湾などの設備も必要なため、完成するには数年単位の時間がかかる。さらに、鉄鉱石メジャー3社(リオドセ社、リオ・ティント社、BHPビリトン)が輸出シェアの80%を占める典型的な寡占業界のため、足元を見て価格を吊り上げている面もある。このため、近年では鉄鉱石価格が暴騰している。

2005年度の価格が日本鉄鋼メーカーと鉄鉱石メジャーとの間で決着し、前年比70%を越える過去最高の価格になった。過去最高の価格だが、日本鉄鋼メーカーにとって他の鉄鋼原材料とあわせて1兆円のコストアップになり、鉄鋼製品への価格転嫁が最終製品への価格転嫁までつながる様相を示している。一般には数年前からの鉱山開発が2006年には稼働するため、その頃には需給改善が行われると見られている。鉄鉱石価格の高騰と、ユーザーによる資源確保は、大手メジャーのあるブラジル・オーストラリアの地政学的な地位を向上させるまでに到っている。

2010年、オーストラリアのギラード首相と業界との間で鉄鉱石に新税を導入する合意が成立した。[1] 実施は2012年7月に予定されており、実施後はオーストラリアからの鉄鉱石の輸入に依存する国の経済への波及が予想される。

商社[編集]

鉄鉱石の安定供給のためには、鉄鉱石鉱山会社と長期契約を結ぶ必要がある。しかし、鉄鉱石鉱山開発は多額の設備投資がかかり、契約交渉にも多大な労力がかかる。鉄鋼生産に集中したい鉄鋼メーカーとしては、その交渉役を商社が務めることがある。日本では、三井物産伊藤忠商事など大手商社が代表的。これは鉄鉱石だけでなく、他の資源も同様である。

生産量[編集]

2007年度

  1. 中国 - 約7億トン(中国は鉄鉱石生産量世界一だが、中国で生産される鉄鉱石は品位が低く、品位を世界平均に調整すると中国の鉄鉱石生産量は約3億3200万トンとなる)
  2. ブラジル - 約3億3700万トン
  3. オーストラリア - 約3億トン
  4. インド - 約2億トン
  5. ロシア - 約1億トン
  6. ウクライナ - 約7700万トン
  7. 米国 - 約5200万トン
  8. 南アフリカ共和国 - 約4200万トン
  9. カナダ - 約3300万トン
  10. スウェーデン - 約2500万トン

10位以下はイラン(約2200万トン)、ベネズエラ(約2000万トン)、カザフスタン(1900万トン)、モーリタニア(1200万トン)、メキシコ(1050万トン)ペルー(800万トン)、チリ(780万トン)など。リベリアはかつて鉄鉱石の輸出国であったが、内戦によって輸出できない状態が続いている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]