ヴィクトリヤ・シニツィナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pix.gif ヴィクトリヤ・シニツィナ
Victoria SINITSINA
Figure skating pictogram.svg
Nikita Katsalapov and Victoria Sinitsina 2016 2.jpg
2016年世界選手権のFDにて
基本情報
代表国: ロシアの旗 ロシア
生年月日: (1995-04-29) 1995年4月29日(22歳)
出生地: モスクワ州 モスクワ
身長: 168 cm
パートナー: ニキータ・カツァラポフ
元パートナー: ルスラン・ジガンシン
コーチ: アレクサンドル・ズーリン
元コーチ: エレーナ・チャイコフスカヤ
オレグ・ボルコフ
マリナ・ズエワ
ジョニー・ジョンズ
マッシモ・スカリ
オエグ・エスプタイン
スヴェトラーナ・アレクセーエワ
エレーナ・クスタロワ
オルガ・リアビニナ
振付師: マリナ・ズエワ
セミョーン・カウフマン
元振付師: エレーナ・クスタロワ
オルガ・リアビニナ
所属クラブ: Sport School No. 2
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 172.65 2016 欧州選手権
ショートダンス: 70.24 2016 GP中国杯
フリーダンス: 104.32 2016 欧州選手権
 
獲得メダル
フィギュアスケート
世界ジュニア選手権
2012 ミンスク アイスダンス
ジュニアグランプリファイナル
2010 北京 アイスダンス
2011 ケベック・シティー アイスダンス

ヴィクトリヤ・アレクサンドロヴナ・シニツィナロシア語: Виктория Александровна Синицынаロシア語ラテン翻字: Victoria Alexandrovna Sinitsina, 1995年4月29日 - )は、ロシア出身の女性アイスダンス選手。パートナーはニキータ・カツァラポフルスラン・ジガンシン

2014年ソチオリンピックロシア代表。2012年世界ジュニア選手権優勝。2011年ジュニアグランプリファイナル優勝。

経歴[編集]

1995年モスクワ生まれ。1999年にスケートを始める。ルスラン・ジガンシンとカップルを組み、2006年ごろから全国規模の競技会に出場する。

2008年からISUジュニアグランプリ他の国際競技会に出場。2010/2011 ISUジュニアグランプリではファイナルに進出、2位となる。

2011-2012シーズンはジュニアグランプリジュニアグランプリファイナル、ロシアジュニア選手権、世界ジュニア選手権と、出場した試合すべてでSD、FD1位で優勝という成績を残した。

2012-2013シーズン、シニアクラスに移行しグランプリシリーズに参戦。ロステレコム杯では銅メダルを獲得した。ボルボオープンカップではシニアの国際大会で初めて優勝を果たした。

2013-2014シーズン、NHK杯ではSDのリフトで落下し8位スタート。FDでも挽回はならず最下位の8位で競技を終えた。ユニバーシアードでは3位。ロシア選手権の表彰台は過去3年間同じ顔ぶれだったが、エカテリーナ・リャザーノワ/イリヤ・トカチェンコ組を破り銅メダルを獲得。ソチオリンピックの代表権が懸かったヨーロッパ選手権ではロシアで2番目の成績を収める4位となり代表に内定。オリンピックでは16位、世界選手権では自己ベストを更新し7位だった。世界選手権後にはジガンシンとのカップルを解散した[1][2]。4月11日にはニキータ・カツァラポフとのカップルが結成され[3]アメリカミシガン州カントンでマリナ・ズエワの指導を受ける[4]

2014-2015シーズン、ロステレコム杯では4位。NHK杯では2度のリフトの落下もあり7位に沈んだ。ロシア選手権では4位。

2015-2016シーズン、スケートアメリカで銀メダルを獲得。ロステレコム杯では銅メダルを獲得した。ロシア選手権はSDで首位に立つも、FDのシンクロナイズドツイズルでミスを犯し、2位に順位を落とした。欧州選手権では4位、世界選手権では9位となった。

2016-2017シーズン直前にロシアに帰国し、オレグ・ボルコフの元で練習を始めた。それに加え、エレーナ・チャイコフスカヤの指導も受け始めた。ロシア選手権では3位となり、欧州選手権代表に選出されるも、ロシアカップルの3組中最下位の10位に沈んだ。シーズン終了後、アレクサンドル・ズーリンにコーチを変更した[5]

主な戦績[編集]

大会/年 2014-15 2015-16 2016-17
世界選手権 9
欧州選手権 4 12
ロシア選手権 4 2 3
GP NHK杯 7 5
GP中国杯 4
GPロステレコム杯 4 3
GPスケートアメリカ 2
大会/年 2007-08 2008-09 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14
冬季オリンピック 16
世界選手権 7
欧州選手権 4
ロシア選手権 5 3
GP NHK杯 8
GPロステレコム杯 3
GP中国杯 6
ユニバーシアード 3
アイススター 2
ボルボオープン 1
世界Jr.選手権 1
ロシアJr.選手権 12 7 6 棄権 1
JGPファイナル 2 1
JGPバルティック杯 1
JGPオーストリア 2 1
JGP J.カリー記念 2
JGPクロアチア杯 5
JGPレークプラシッド 5
JGPメラーノ 6
NRW杯 2 J
  • J - ジュニアクラス

詳細[編集]

2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2017年1月25日-29日 2017年ヨーロッパフィギュアスケート選手権オストラヴァ 8
64.67
12
89.84
10
154.51
2016年12月20日-25日 ロシアフィギュアスケート選手権チェリャビンスク 3
73.78
4
104.67
3
178.45
2016年11月25日-27日 ISUグランプリシリーズ NHK杯札幌 4
68.85
5
100.77
5
169.62
2016年11月18日-20日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 4
70.24
4
101.70
4
171.94


2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2016年3月26日-4月3日 2016年世界フィギュアスケート選手権ボストン 9
67.68
10
101.29
9
168.97
2016年1月25日-31日 2016年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブラチスラヴァ 4
68.33
4
104.32
4
172.65
2015年12月23日-27日 ロシアフィギュアスケート選手権エカテリンブルク 1
73.96
3
101.87
2
175.83
2015年11月20日-22日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 3
63.63
3
103.77
3
167.40
2015年10月23日-25日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカミルウォーキー 2
62.76
2
99.45
2
162.21


2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2014年12月24日-28日 ロシアフィギュアスケート選手権ソチ 4
60.79
4
97.78
4
158.57
2014年11月28日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯門真 5
54.94
8
67.37
7
122.31
2014年11月14日-16日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 4
57.96
4
89.59
4
147.55


2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2014年3月24日-30日 2014年世界フィギュアスケート選手権さいたま 8
62.11
8
93.24
7
155.35
2014年2月6日-22日 ソチオリンピックソチ 16
58.01
17
82.65
16
140.66
2014年1月13日-19日 2014年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブダペスト 4
60.63
4
93.10
4
153.73
2013年12月22日-27日 ロシアフィギュアスケート選手権ソチ 3
67.08
3
98.52
3
165.60
2013年12月9日-15日 ユニバーシアード冬季競技大会トレンティーノ 2
57.05
5
85.45
3
142.50
2013年11月8日-10日 ISUグランプリシリーズ NHK杯東京 8
44.34
7
79.89
8
124.23
2013年10月17日-20日 2013年アイススターミンスク 2
63.05
2
97.17
2
160.22


2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2013年1月10日-13日 2012年ボルボオープンカップリガ 1
64.67
1
97.77
1
162.44
2012年12月24日-28日 ロシアフィギュアスケート選手権ソチ 4
60.03
4
93.94
5
153.97
2012年11月9日-11日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 3
60.85
4
84.23
3
145.08
2012年11月2日-4日 ISUグランプリシリーズ 中国杯上海 6
55.09
5
82.37
6
137.46


2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2012年2月27日-3月4日 2012年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ミンスク 1
63.78
1
90.03
1
153.81
2012年2月4日-8日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(ヒムキ 1
66.28
1
91.95
1
158.23
2011年12月8日-11日 2011/2012 ISUジュニアグランプリファイナルケベック・シティー 1
60.47
1
87.06
1
147.53
2011年9月28日-10月2日 ISUジュニアグランプリ オーストリアインスブルック 1
61.74
1
89.36
1
151.10
2011年9月14日-18日 ISUジュニアグランプリ バルティック杯グダニスク 1
56.83
1
83.48
1
140.31


2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2010年12月9日-10日 2010/2011 ISUジュニアグランプリファイナル北京 1
55.58
2
79.04
2
134.62
2010年10月1日-2日 ISUジュニアグランプリ ジョン・カリー記念シェフィールド 2
53.52
2
80.34
2
133.86
2010年9月16日-17日 ISUジュニアグランプリ オーストリア杯グラーツ 2
50.46
2
76.16
2
126.62


2009-2010 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2010年2月3日-6日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(サランスク 7
31.25
5
52.14
5
77.12
6
160.51
2009年10月8日-10日 ISUジュニアグランプリ クロアチア杯ザグレブ 4
29.41
4
45.38
5
68.00
5
142.79
2009年9月3日-5日 ISUジュニアグランプリ レークプラシッドレークプラシッド 3
29.87
7
43.50
5
69.03
5
142.40


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2009年1月28日-31日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(サランスク 7
27.06
7
47.59
7
72.70
7
147.35
2008年10月31日-11月2日 NRW杯 ジュニアクラス (ドルトムント 2
28.73
2
47.47
1
70.73
2
146.93
2008年9月3日-7日 ISUジュニアグランプリ メラーノメラーノ 7
25.39
5
43.74
6
66.04
6
135.17


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2008年1月30日-2月2日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権(ロストフ・ナ・ドヌ 12 12 12 12
126.93


プログラム使用曲[編集]

シーズン SD FD EX
2016-2017 ブルース:Love Creole
作曲:デューク・エリントン
スウィング:It Don't Mean A Thing
ボーカル:トニー・ベネットレディー・ガガ
Tango Ballet
作曲:アストル・ピアソラ
Going To The Run
曲:ゴールデン・イヤリング
2015-2016 ワルツ、マーチ、ポルカ:バレエ『白鳥の湖』より
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
イオ・チ・サロ
ボーカル:アンドレア・ボチェッリ
演奏:ラン・ラン
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ
映画『戦場のピアニスト』サウンドトラックより
作曲:フレデリック・ショパン
2014-2015[6] フラメンコ:Toitas las Mares
ボーカル:マノロ・カラコール
パソドブレ:The Dance
作曲:ミシェル・ルグラン
Did You Ever Feel Lonely
The Messiah Will Come Again
作曲:ゲイリー・ムーア
2013-2014 スウィング:Let The Good Times Roll
クイックステップ:Swing Baby
歌劇『ノルマ』より
作曲:ヴィンチェンツォ・ベッリーニ
クレイジー
曲:エアロスミス
2012-2013 ワルツ:テネシーワルツ
ボーカル:エヴァ・キャシディ
カントリーポルカ
Spiagge lontane
演奏:セルジォ・カンマリエーレ
2011-2012 サンバ:カーニバルの朝
ボーカル:エリゼッチ・カルドーゾ
チャチャ:Bla Bla Bla Cha Cha Cha
曲:Petty Booka
オペラ座の怪人
作曲:アンドルー・ロイド・ウェバー
歌劇『サムソンとデリラ』より
作曲:カミーユ・サン=サーンス
2010-2011 ワルツ:Algo pequeñito
曲:ダニエル・ディヘス
歌劇『サムソンとデリラ』より
作曲:カミーユ・サン=サーンス

脚注[編集]

参考文献[編集]