ローランド・ペンティネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ローランド・ペンティネン(Roland Peter Pöntinen, 1963年5月4日 ストックホルム - )は、スウェーデンピアニスト

略歴[編集]

父親はレニングラード(現サンクトペテルブルク)近郊イングリアの出身のフィン語話者で、ソ連からの亡命者であった。

アドルフ・フレドリク音楽学校に学び、ストックホルム・スウェーデン王立音楽院にてアラン・グンナル・ハルハーゲンに師事。その後インディアナ大学ブルーミントン校に留学し、メナヘム・プレスラーやジェルジー・シェボク、エリザーベト・レオンスカヤに師事する。

1981年ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団と共演してデビューを果たし、その後欧米や韓国南米オーストラリアニュージーランドの主要なオーケストラと共演してきた。また、チョン・ミョンフンラファエル・フリューベック・デ・ブルゴスネーメ・ヤルヴィパーヴォ・ヤルヴィエサ=ペッカ・サロネンユッカ=ペッカ・サラステレイフ・セーゲルスタムレイフ・セーゲルスタムエフゲニー・スヴェトラーノフフランツ・ウェルザー=メストデイヴィッド・ジンマンら著名な指揮者とも共演している。また、ロンドンプロムスに出演した際には、グリーグリゲティのピアノ協奏曲を演奏した。室内楽奏者としては、今井信子カン・ドンスククリスティアン・リンドベルイらと共演してきた。

録音[編集]

レパートリーは幅広く、ソリストとしてショパンサティスクリャービンラフマニノフシェーンベルクベルクプーランクを、室内楽奏者としてシューマンブラームスグリーグヤナーチェクシェーンベルクヴェーベルンヒンデミットショスタコーヴィチジョリヴェトゥービンシュニトケの作品を含めており、録音数もBISへ非常に多い。

作品[編集]

  • The Girl from Brazil (1981)
  • Camera per trombone e pianoforte (1981) also version for jazz-group
  • Blue Winter for trombone and strings (1987)
  • Tango Plus for clarinet, violin, cello and piano (1993)
  • Capriccio for two flutes and strings (1993)
  • Mercury Dream for clarinet and piano (1994)
  • Concerto for piano and winds (1994)
  • Aiming at the ocean (1997)
  • Sombre seascapes glowing (1997)
    • 作曲活動も行っている。

受賞歴[編集]

  • 1983 – Svenska grammofonpriset för Anders Eliasson – Musik för klarinett (tillsammans med Kjell-Inge Stevensson, klarinett, Savinkvartetten och Ola Karlsson, cello)
  • 1985 – Fonogrampriset för The Virtuoso Trumpet (tillsammans med Håkan Hardenberger, trumpet)
  • 1986 – Fonogrampriset för The Burlesque Trombone (tillsammans med Christian Lindberg, trombon)
  • 2001 – Ledamot nr 940 av Kungliga Musikaliska Akademien
  • 2001 – Litteris et Artibus

外部リンク[編集]