隋文静

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pix.gif 隋文静
Wenjing SUI
Figure skating pictogram.svg
Wenjing Sui Cong Han WJChampionships 2010.jpg
2010年世界Jr.選手権 表彰台での隋文静と韓聰
基本情報
代表国: 中華人民共和国の旗 中国
生年月日: 1995年7月18日(20歳)[1]
出生地: 黒竜江省 ハルビン
身長: 150 cm
パートナー: 韓聰
コーチ: 趙宏博
Bing Hao
元コーチ: 姚濱
欒波
Weibin Cai
振付師: ローリー・ニコル
元振付師: デヴィッド・ウィルソン
マリナ・ズエワ
張威
所属クラブ: ハルビン運動中心
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 224.47 2016 世界選手権
ショートプログラム: 80.85 2016 世界選手権
フリースケーティング: 143.62 2016 世界選手権
 
獲得メダル
フィギュアスケート
世界選手権
2015 上海 ペア
2016 ボストン ペア
四大陸選手権
2012 コロラドスプリングス ペア
2014 台北 ペア
2016 台北 ペア
グランプリファイナル
2010 北京 ペア
2015 バルセロナ ペア
世界ジュニア選手権
2010 ハーグ ペア
2011 江陵 ペア
2012 ミンスク ペア
ジュニアグランプリファイナル
2009 東京 ペア
2011 ケベック・シティー ペア

隋 文静(ずい ぶんせい、中国語: 隋 文静英語: Wenjing SUI ウェンジン・スイ, 1995年7月18日[1] - )は、中華人民共和国出身の女性フィギュアスケート選手(ペア)。パートナーは韓聰

2015年2016年世界選手権2位。2012年2014年四大陸選手権優勝。2010年2011年2012年と世界ジュニア選手権3連覇。

経歴[編集]

2009-2010シーズン、ジュニアグランプリシリーズに始まり、ジュニアグランプリファイナル世界ジュニア選手権で優勝。このシーズンの国際大会では全ての大会でSP・FSでともに1位の完全優勝を果たしている。世界ジュニア選手権では不完全ながらもスロー4回転サルコウを着氷した。

2010-2011シーズン、ジュニアグランプリシリーズ2戦でメダルを獲得。シニアのグランプリシリーズに参戦し、中国杯で2位、スケートアメリカで3位となった。ジュニアグランプリファイナルの出場資格を持っていたが辞退をし、シニアのグランプリファイナルに初出場して銅メダルを獲得した。

2011-2012シーズン、昨シーズンに引き続きジュニア及びシニアグランプリシリーズの掛け持ち参戦となった。ジュニアグランプリシリーズで2戦2勝。シニアでは、スケートカナダ2位、中国杯5位で2年連続シニアのファイナル進出は成らなかったが、ジュニアグランプリファイナルでは、優勝した。四大陸選手権では、201点余りのパーソナルベストで初出場初優勝を飾り、続く世界ジュニア選手権では3連覇を達成した。初出場となった世界選手権では、予選を1位で通過、SPで6位につけ、FSに4回転スローサルコウと4回転ツイストを組み込んだが、リフトの失敗が響いて9位、総合9位となった。

2012-2013シーズン、骨端症のためにグランプリシリーズを欠場[2]世界選手権で試合に復帰し12位。

2013-2014シーズンよりコーチを姚濱趙宏博に変更。スケートカナダでは2位。NHK杯は韓聰の発熱もあり、同じ中国の彭程/張昊組に逆転を許し、グランプリファイナルへの進出を逃した。国内選手権では2位でソチオリンピックの出場はならなかった。四大陸選手権ではSP・FSの両方でパーソナルベストを出し、2位に30点差をつけ2度目の優勝。世界選手権ではSP4位と好発進だったが、FSではジャンプの失敗が相次ぎ6位に終わった。

2014-2015シーズン、4年ぶりに出場したグランプリファイナルでは銅メダルを獲得。四大陸選手権は出場した中国ペアの中で最下位の4位だった。地元中国で初開催の世界選手権では四大陸選手権にも出場した同じ顔ぶれの中国ペアの中で最上位の2位。世界選手権で初のメダルを獲得した。

2015-2016シーズン、スケートアメリカでグランプリシリーズ初優勝を飾った。中国杯では2位で、グランプリファイナルへの進出が決まったが、足首の怪我で出場を辞退した。四大陸選手権では、FSでスロー4回転サルコウを成功。3回転サルコウでの転倒はあったが3度目の優勝を果たした。世界選手権では、初の80点台をマークし首位に立った。FSでは、スロー4回転サルコウの転倒もあり順位を落とすも、2年連続で銀メダルを獲得した。

主な戦績[編集]

大会/年 2007-08 2008-09 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14 2014-15 2015-16
世界選手権 9 12 6 2 2
四大陸選手権 1 1 4 1
中国選手権[3] 6 5 1 1 2 2
GPファイナル 3 3
GP中国杯 2 5 2
GPスケートアメリカ 3 1
GPエリック杯 2
GPスケートカナダ 2 2 2
GP NHK杯 3
冬季アジア大会 2
世界Jr.選手権 1 1 1
JGPファイナル 1 1
JGPボルボ杯 1
JGPオーストリア杯 2 1
JGP B.シュベルター杯 1 1
JGPミンスクアイス 1

詳細[編集]

2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年3月26日-4月3日 2016年世界フィギュアスケート選手権ボストン 1
80.85
2
143.62
2
224.47
2016年2月16日-21日 2016年四大陸フィギュアスケート選手権台北 1
78.51
1
143.40
1
221.91
2016年1月26日-29日 中華人民共和国第13回全国冬季運動会ウルムチ 1
82.54
1
154.02
1
236.56
2015年11月6日-8日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 1
74.40
2
141.22
2
215.62
2015年10月23日-25日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカミルウォーキー 2
68.28
1
133.72
1
202.00


2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年4月16日-19日 2015年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 1
71.20
2
139.73
5
団体
2015年3月23日-29日 2015年世界フィギュアスケート選手権上海 3
71.63
2
142.49
2
214.12
2015年2月9日-15日 2015年四大陸フィギュアスケート選手権ソウル 3
69.19
4
129.69
4
198.88
2014年12月11日-14日 2014/2015 ISUグランプリファイナルバルセロナ 3
66.66
5
127.65
3
194.31
2014年11月21日-23日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯ボルドー 2
67.27
2
133.41
2
200.68
2014年10月31日-11月2日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダケロウナ 2
65.22
2
119.42
2
184.64


2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年3月24日-30日 2014年世界フィギュアスケート選手権さいたま 4
72.24
9
119.86
6
192.10
2014年1月20日-25日 2014年四大陸フィギュアスケート選手権台北 1
75.26
1
137.14
1
212.40
2013年12月28日-29日 全国花様滑冰錦標賽2013-2014長春 2
69.67
3
117.56
2
187.23
2013年11月8日-10日 ISUグランプリシリーズ NHK杯東京 2
70.13
5
101.19
3
171.32
2013年10月25日-27日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダセントジョン 3
69.02
1
124.75
2
193.77


2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年3月10日-17日 2013年世界フィギュアスケート選手権ロンドン 11
57.65
13
108.24
12
165.89


2011-2012 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2012年3月26日-4月1日 2012年世界フィギュアスケート選手権ニース 1
116.57
6
63.27
9
116.17
9
179.44
2012年2月27日-3月4日 2012年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ミンスク - 1
59.29
1
116.40
1
175.69
2012年2月9日-12日 2012年四大陸フィギュアスケート選手権コロラドスプリングス - 1
66.75
1
135.08
1
201.83
2012年1月4日-6日 中華人民共和国第12回全国冬季運動会長春 - 3
60.36
3
121.95
3
182.31
2011年12月7日-11日 2011/2012 ISUジュニアグランプリファイナルケベック・シティー - 1
57.43
1
103.00
1
160.43
2011年11月4日-6日 ISUグランプリシリーズ 中国杯上海 - 4
60.00
5
109.47
5
169.47
2011年10月27日-30日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダミシサガ - 4
59.23
2
121.59
2
180.82
2011年9月28日-10月1日 ISUジュニアグランプリ オーストリア杯インスブルック - 1
51.30
1
118.54
1
167.14
2011年9月20日-23日 全国花様滑冰錦標賽2011-2012長春 - 2
58.84
2
118.72
2
177.56
2011年8月31日-9月4日 ISUジュニアグランプリ ボルボ杯ラトビア - 1
54.22
1
97.86
1
152.08


2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年2月28日-3月6日 2011年世界ジュニアフィギュアスケート選手権江陵 1
59.16
1
107.85
1
167.01
2011年1月30日-2月6日 第7回アジア冬季競技大会アスタナ 2
59.22
2
118.32
2
177.54
2010年12月23日-24日 全国花様滑冰錦標賽2010-2011チチハル 1
62.25
1
123.00
1
185.25
2010年12月9日-12日 2010/2011 ISUグランプリファイナル北京 4
61.49
3
117.55
3
179.04
2010年11月12日-14日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカポートランド 4
57.53
3
112.54
3
170.07
2010年11月5日-7日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 2
59.58
2
111.89
2
171.47
2010年10月6日-9日 ISUジュニアグランプリ ブラエオン・シュベルター杯ドレスデン 1
55.32
1
111.81
1
167.13
2010年9月15日-18日 ISUジュニアグランプリ オーストリア杯グラーツ 2
51.87
2
93.80
2
145.67


2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年3月9日-10日 2010年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ハーグ 1
60.94
1
109.77
1
170.71
2009年12月3日-4日 2009/2010 ISUジュニアグランプリファイナル東京 1
56.80
1
103.65
1
160.45
2009年10月2日-3日 ISUジュニアグランプリ ブラオエン・シュベルター杯ドレスデン 1
57.40
1
107.44
1
164.84
2009年9月24日-26日 ISUジュニアグランプリ ミンスクアイスミンスク 1
50.67
1
101.88
1
152.55
2009年9月4日-5日 全国花様滑冰錦標賽2009-2010北京 5
46.49
1
96.18
1
142.67


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年4月9日-10日 中華人民共和国第十一回全国運動会青島 8
46.40
4
90.79
5
137.19


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年1月18日-21日 中華人民共和国第11回全国冬季運動会チチハル 7
41.06
6
74.66
6
115.72


プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FP EX
2015-2016 禁じられた遊び
編曲:クリス・ヘイゼル
振付:ローリー・ニコル
あなたの声で心は開く 歌劇『サムソンとデリラ』より
作曲:カミーユ・サン=サーンス
振付:ローリー・ニコル
シャンパーニュ
ボーカル:アンドレア・ボチェッリ
2014-2015 Stray Cat Strut
演奏:ストレイ・キャッツ
振付:デヴィッド・ウィルソン
幻想曲『フランチェスカ・ダ・リミニ
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
振付:デヴィッド・ウィルソン
Plants VS Zombies
2013-2014 映画『』より
作曲:ニーノ・ロータ
振付:マリナ・ズエワ
カリンカ
作曲:イワン・ペトローヴィチ・ラリオーノフ
振付:マリナ・ズエワ
Painted on My Heart
曲:ザ・カルト
2012-2013 ある恋の物語
作曲:カルロス・エレータ・アルマラン
演奏:デイヴィッド・ギャレット
振付:マリナ・ズエワ
ミュージカル『シカゴ』より
作曲:ジョン・カンダー
振付:マリナ・ズエワ
2011-2012 カントリーダンス
by ジョシュ・ターナー
振付:張威
The Soul of Flamenco
演奏:Michael Laucke
振付:マリナ・ズエワ
映画『テラコッタ・ウォリア 秦俑』より
作曲:ジェームズ・ウォン
2010-2011 街の灯
作曲:アルフレッド・ニューマンチャーリー・チャップリン
振付:張威
Puppetry
2009-2010 ロシア民謡 バリーニャ
振付:張威

脚注[編集]

  1. ^ a b 資料により生年、中国体育局の各種選手名簿(十一冬会代表单位 2009-2010年度花样滑冰注册运动员汇总表 2010-2011全国冬季项目注册运动员合格名单 (运动项目 花样滑冰))では1995年生、国際スケート連盟による 隋文静、韓聰組のバイオグラフィーでは1995年生となっている。
  2. ^ 姚滨直言庞佟状态还不够好 隋文静受骨骺炎困扰
  3. ^ 中国では全国選手権として複数の大会が行われている。ここでは、国内順位として国際スケート連盟に報告された大会の結果を記載している。08-09シーズンは複数の大会結果を総合して付けられた国内順位が報告されたため、総合順位を付ける際にもっとも比重の高かった全国運動会の結果を記載している。

参考文献[編集]