タラ・ケイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タラ・ケイン
Tarah Kayne
Figure skating pictogram.svg
2018 Four Continents - Tarah KAYNE Danny O'SHEA - 01.jpg
2018年四大陸選手権での ケイン(左)と
パートナーの オシェイ(右)
基本情報
代表国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1993-04-28) 1993年4月28日(26歳)
出生地 アメリカ合衆国 フォートマイヤーズ
身長 157 cm
選手情報
パートナー ダニエル・オシェイ
コーチ ダリラ・サッペンフィールド
ラリー・イバラ
元コーチ ジム・ピーターソン
アマンダ・エボラ
リンドン・ジョンストン
振付師 パスカーレ・カメレンゴ
チャーリー・ホワイト
元振付師 シェイ=リーン・ボーン
シェイ・ズキウスキー
マッシモ・スカリ
ジム・ピーターソン
ジュディ・ブルンバーグ
所属クラブ Southwest Florida FSC
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア 191.43 2018年 GPフランス国際
ショート 66.34 2019 四大陸選手権
フリー 127.98 2018年 GPフランス国際
 
獲得メダル
フィギュアスケート
四大陸選手権
2014 台北 ペア
2018 台北 ペア
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

タラ・ケイン英語: Tarah Kayne, 1993年4月28日 - )は、アメリカ合衆国出身の女性フィギュアスケート(ペア)選手。パートナーはダニエル・オシェイ

2016年全米フィギュアスケート選手権2018年四大陸フィギュアスケート選手権優勝。

経歴[編集]

2012年4月にシングルから転向してダニエル・オシェイとペアを組み、2012-2013シーズンは全米選手権で7位で、初の国際大会であるチャレンジカップで銀メダルを獲得する。

2013-2014シーズンはUSインターナショナルクラシックで銅メダルを獲得し、四大陸選手権に初出場して銀メダルを獲得する。

2014-2015シーズンは7月に右股関節を手術してエントリーしていたグランプリシリーズを2戦とも欠場するも、全米選手権は3位で初めて表彰台に立った。

2015-2016シーズンはUSインターナショナルクラシックで国際大会では初優勝する。SPを変更して迎えた全米選手権は、SPから首位を維持し続けて初優勝する。初出場の世界選手権では13位。

2016-2017シーズン、夏から右膝の腱炎を抱え、痛みを抱えながら試合に出場していた。全米選手権のSPで、スロー3回転フリップを転倒し5位スタート。FSの滑走順抽選に参加するも、医師から脳震盪の診断を受け、大会を棄権した[1]

主な戦績[編集]

大会/年 2012
-13
2013
-14
2014
-15
2015
-16
2016
-17
2017
-18
2018
-19
2019
-20
世界選手権 13
四大陸選手権 2 8 4 1 6
全米選手権 7 6 3 1 棄権 2 4
GP NHK杯 4 5 6
GPロステレコム杯 4
GP 中国杯 6
GPフランス国際 2
GPスケートアメリカ 6 6
CSゴールデンスピン 3 3 3 TBD
CSフィンランディア杯 5 7
CS USクラシック 3 1 4
CSタリン杯 2
アイスチャレンジ 3
チャレンジカップ 2

詳細[編集]

2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2018年1月22日-27日 2018年四大陸フィギュアスケート選手権台北 3
65.74
1
128.68
1
194.42
2017年12月6日-9日 ISUチャレンジャーシリーズ ゴールデンスピンザグレブ 3
56.38
3
105.88
3
162.26
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年1月14日-22日 全米フィギュアスケート選手権カンザスシティ 5
61.80
- 棄権
2016年11月25日-27日 ISUグランプリシリーズ NHK杯札幌 5
57.02
4
115.18
4
172.20
2016年10月21日-23日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカシカゴ 8
57.93
3
115.57
6
173.50
2016年10月6日-9日 ISUチャレンジャーシリーズ フィンランディア杯エスポー 4
54.65
5
103.46
5
158.11
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年3月26日-4月3日 2016年世界フィギュアスケート選手権ボストン 14
59.27
11
118.96
13
178.23
2016年2月16日-21日 2016年四大陸フィギュアスケート選手権台北 7
59.72
4
122.30
4
182.02
2016年1月15日-24日 全米フィギュアスケート選手権セントポール 1
69.61
1
142.04
1
211.65
2015年12月2日-5日 ISUチャレンジャーシリーズ ゴールデンスピンザグレブ 6
55.58
1
119.38
3
174.96
2015年11月20日-22日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 6
58.78
4
122.45
4
181.23
2015年10月23日-25日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカミルウォーキー 6
58.38
5
107.61
6
165.99
2015年9月16日-20日 ISUチャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 3
54.30
1
116.00
1
170.30
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年2月9日-15日 2015年四大陸フィギュアスケート選手権ソウル 8
57.91
8
108.76
8
166.67
2015年1月17日-25日 全米フィギュアスケート選手権グリーンズボロ 4
61.56
3
123.75
3
185.31
2014年12月4日-7日 ISUチャレンジャーシリーズ ゴールデンスピンザグレブ 3
50.72
3
111.00
3
161.72
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年1月20日-25日 2014年四大陸フィギュアスケート選手権台北 3
62.05
12
119.40
2
181.45
2014年1月5日-12日 全米フィギュアスケート選手権ボストン 7
61.48
6
112.41
6
173.89
2013年11月19日-24日 2013年アイスチャレンジグラーツ 3
53.97
2
103.68
3
157.65
2013年9月11日-15日 2013年USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 4
60.31
3
106.96
3
167.27
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年2月21日-24日 2013年チャレンジカップハーグ 3
54.11
2
113.71
2
167.82
2013年1月20日-27日 全米フィギュアスケート選手権オマハ 9
47.74
7
100.58
7
148.32

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2017-2018 ミュージカル『オペラ座の怪人』より
作曲:アンドルー・ロイド・ウェバー
振付:マッシモ・スカリ
バレエ『白鳥の湖』より
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
振付:シェイ=リーン・ボーン
2016-2017 Will You Still Love Me Tomorrow
Back to Black
曲:エイミー・ワインハウス
振付:ジム・ピーターソン、ジュディ・ブルンバーグ

Take Me to Church
曲:ホージア
インドの歌 歌劇『サドコ』より
作曲:ニコライ・リムスキー=コルサコフ
スラヴ行進曲
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
振付:ジム・ピーターソン、ジュディ・ブルンバーグ
ジョアンナ 映画『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』より
ボーカル:ジェイミー・キャンベル・バウアー
2015-2016 エスパーニャ・カーニ
作曲:パスカル・マルキーナ
Take Me to Church
曲:ホージア
Music of the Night ミュージカル『オペラ座の怪人』より
作曲:アンドルー・ロイド・ウェバー
ボーカル:バーブラ・ストライサンドマイケル・クロフォード
マンハッタン
曲:サラ・バレリス
2014-2015 僕の歌は君の歌 映画『ムーラン・ルージュ』より
作曲:エルトン・ジョン
ボーカル:ユアン・マクレガー
バレエ『スパルタクス』より
作曲:アラム・ハチャトゥリアン
Saturday Night's Alright for Fighting
曲:エルトン・ジョン
2013-2014 ジェームス・ボンドメドレー
作曲:ジョン・バリー
バレエ『ドン・キホーテ』より
作曲:レオン・ミンクス
2012-2013 マイ・フェア・レディ
作曲:フレデリック・ロウ
バレエ『くるみ割り人形』より
作曲:ピョートル・チャイコフスキー

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]