マイ・フェア・レディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
My Fair Lady
マイ・フェア・レディ
MusicalTheater3.jpg
作曲 フレデリック・ロウ
作詞 アラン・ジェイ・ラーナー
脚本 アラン・ジェイ・ラーナー
原作 ピグマリオン
by ジョージ・バーナード・ショー
上演 1956 ブロードウェイ
1957 全米ツアー
1958 ウェスト・エンド
1976 ブロードウェイ
1978 全英ツアー
1979 ウェスト・エンド
1980 全米ツアー
1981 ブロードウェイ
1993 全米ツアー
1993 ブロードウェイ
2001 ウェスト・エンド
2005 全英ツアー
2007 全米ツアー
2018 ブロードウェイ
2019 全米ツアー
2022 ロンドン
受賞 1957 トニー賞 ミュージカル作品賞
2002 ローレンス・オリヴィエ賞再演ミュージカル作品賞
テンプレートを表示

マイ・フェア・レディ』(My Fair Lady) は、1913年のジョージ・バーナード・ショー戯曲ピグマリオン』を原作とした、作詞・脚本アラン・ジェイ・ラーナー、作曲フレデリック・ロウによるミュージカルコックニー訛りの花売り娘イライザ・ドゥーリトル音声学者のヘンリー・ヒギンズ教授から話し方を学び、レディに仕立て上げられる。皮肉屋で女性に無理解でありながら、ヒギンズ教授はイライザと恋に落ちる。

1956年のブロードウェイ公演は批評の上でも観客動員数でも成功し、ミュージカル作品賞を含むトニー賞6部門を受賞した。当時ブロードウェイ・ミュージカルの最長ロングランを記録し、その後のロンドンのウェスト・エンド公演でもヒットした。ブロードウェイ、ウェスト・エンドの双方でレックス・ハリソンジュリー・アンドリュースが主演した。数多く再演され、1964年には、オードリー・ヘプバーン主演で映画化もされ、アカデミー作品賞を受賞した。

ストーリー[編集]

第1幕[編集]

Julie Andrews My Fair Lady.JPG

オペラがはねたばかりのコヴェント・ガーデンオペラハウス前。イライザ・ドゥーリトルという花売り娘が、売れ残りの花をさばくために駆けずり回っている。その姿を見ながら一心にノートを書きなぐる男がいた。彼の名はヘンリー・ヒギンズ教授。一流の音声学者で、下町上がりの成金に上流階級の話し方を教えて生計を立てている。彼が「どんなに下世話な花売り娘でも、自分の手にかかれば半年で舞踏会でも通用するレディに仕立て上げられる」というのを聞き《Why Can't The English? 「なぜイギリス人は英語が話せない?」 》、イライザは猛烈な興味を示す《Wouldn't It Be Loverly?「素敵じゃない?」 》。

翌朝、ヒギンズの家に「下町流」に着飾ったイライザが現れる。「手も顔もちゃんと洗ってきたんだよ」と、自分を一人前のレディに仕立てるよう頼むイライザだが、ヒギンズは最初は袖に振る。しかし、居合わせたヒギンズの友人で言語研究家のピッカリング大佐が、「もし成功したら、イライザの授業費を全額持つ」と言い出したため、ヒギンズは俄然乗り気になり、イライザの教育を引き受けることにする。

数日後、イライザの父アルフレッドが、ヒギンズの家にやってくる《With A Little Bit Of Luck「ほんの少し運が良けりゃ」 》。彼はイライザがヒギンズに囲われたものと思い込み、それをダシに金をせびりにやって来たのだ。一度は追い返そうとしたヒギンズだが、アルフレッドの話を聞くうちに彼の「道徳観」にいたく感じ入り、5ポンドを渡して帰す。そればかりか、アメリカの投資家に彼を「イギリス一の中間階級道徳家」として推薦する手紙までしたためてしまう《I'm An Ordinary Man「僕は普通の男だ」》。

ヒギンズによるイライザの訓練は困難を極めた《Just You Wait「今に見てろ」 》。しかしヒギンズはついに、イライザに上流階級の話し方をマスターさせることに成功した《The Rain In Spainスペインの雨」》。狂喜乱舞するヒギンズとイライザ、そしてピッカリング《I Could Have Danced All Night踊り明かそう」》。彼らは勢いに乗って、ヒギンズの母親がボックスを持つアスコット競馬場に乗り込む《Ascot Gavotte「アスコット・ガヴォット」》。しかし、イライザの社交界デビューは散々なものになった。彼女は上品な話し方こそ身に着けていたが、中身は下品な花売り娘のままだったからだ。イライザの言動のせいで大恥をかき、おまけに母親にまで「人間でお人形遊びをしている」と罵倒され、ヒギンズは雪辱に燃えて自宅へと戻った。だが、ボックスでイライザと同席した貧乏貴族の令息フレディ・アインスフォード=ヒルは、ヒギンズの家まで彼女を追いかけ、彼女に会えるまで玄関の前で待ち続ける決意を固めたのだった《On the Street Where You Live君住む街角」》。

第2幕[編集]

Julie Andrews Rex Harrison Robert Coote My Fair Lady.JPG
Rex Harrison Julie Andrews My Fair Lady.JPG

アスコットでの失敗から6週間後。地獄のような特訓の末、イライザの再デビューの日がやって来た。場所はトランシルヴァニア大使館の舞踏会。ヒギンズやピッカリングの心配をよそに、イライザはトランシルバニア皇太子からダンスの相手に指名されるという快挙をやってのける。途中ヒギンズの弟子だというハンガリー人・カーパシーにゆすりまがいの詮索を受けるも、イライザは見事にだまし通した。イライザは花売り娘からレディへと、鮮やかな変身を遂げていたのだった。

こうして、実験は成功に終わり、賭けはヒギンズの勝利となった。舞踏会から帰宅し、互いの健闘をたたえあうヒギンズとピッカリング《You Did It「でかしたぞ」》。しかしその2人の横で、イライザは静かに唇を噛み締めていた。彼女はまさに今、自分が単なる実験用のハツカネズミであったことに気づいたのだ。実験を通して、彼女の中には一人の人間としての自我が目覚めていた。しかしヒギンズは、彼女を一人の人間として扱ってはくれなかった。そしておそらくこれからも。

一人きりになった実験室で泣き崩れるイライザ。スリッパを取りにヒギンズが戻ってくる。イライザはヒギンズにスリッパを投げつけ、それをきっかけに大ゲンカが始まる。原因がわからないヒギンズ《A Hymn To Him「男の賛歌」》。「この家に自分の居場所はない」。そう感じたイライザは、こっそり家を出て行く。

外に出たイライザは、待ち構えていたフレディと一緒に《Show Me「証拠を見せて」》自分の故郷コヴェント・ガーデンの青物市場に向かう。しかし、昔の花売り仲間たちは、レディとなったイライザに気づくことはなかった。絶望に駆られるイライザの前に現れたのは、ピカピカのモーニングで着飾った父親の姿だった。聞けば、ヒギンズがアメリカの投資家に出した手紙のせいで、彼は投資家の遺産相続人となり、年4,000ポンドの金を受け取ることになってしまったのだ。その上、翌朝には愛人との結婚式まで控えているという。それでも彼は「イライザを引き取ることは出来ない」と言い張る。そしてイライザに「お前なら一人でもやっていける」と、励ましになっていない励ましの言葉をかけるのだった《Get Me To The Church On Time「時間通りに教会へ」》。

翌朝、イライザがいないことに気づいたヒギンズは大慌て。彼女に秘書的な役も負わせていたので、スケジュールが一切わからなくなってしまったのだ。イライザが逃げ込んでいたのは、ヒギンズの母親の家だった。イライザの理解者となってくれる者は、もう彼女しかいなかったのだ。2人が話し込んでいるところに、ついにヒギンズが怒鳴り込んでくる。ヒギンズの母はわざと、息子をイライザと2人きりにした。イライザはヒギンズに「あなたのことは好きだが、人間として扱ってくれない以上、もう一緒にはいられない」と告白する《Without You「あなたなしでも」》。しかしヒギンズは、ますますへそを曲げてイライザを突っぱねる。結局イライザは再びヒギンズの前から姿を消し、ヒギンズは母親の前でイライザを散々馬鹿にしてから家路に着いた。

しかし、ヒギンズは気づいていた。イライザが自分と同等の人間になっていたこと、そして、いつの間にかイライザのことが好きになっていたことに。しかし、自分はイライザを拒絶した。なぜなら、彼にとって女は一人前の人間ではなかったからだ。それでもなお、彼女の面影は頭の中から離れない…《I've Grown Accustomed To Her Face「忘れられない彼女の顔」》。

帰宅したヒギンズは、研究室の椅子で独り想いにふける。録音してあったイライザの声を流しながら。

突然再生が止まり、聞きなれた声がこう言った。「手も顔もちゃんと洗ってきたんだよ」。

ヒギンズは応えた。「私のスリッパはいったい…どこだい?」

登場人物および出演者[編集]

1956年3月15日、ブロードウェイ初演オリジナル・キャストを以下に示す。[1]

登場人物 ブロードウェイ
(1956年)[2]
ウェスト・エンド
(1958年)[3]
ブロードウェイ
(1976年)[4]
ウェスト・エンド
(1979年)[5]
ブロードウェイ
(1981年)[6]
ブロードウェイ
(1993年)[7]
ウェスト・エンド
(2001年)[8]
ブロードウェイ
(2018年)[9]
ウェスト・エンド
(2022年)[10]
イライザ・ドゥーリトル クリスティン・アンドレアス リズ・ロバートソン ナンシー・リンガム メリッサ・エリコ マルティン・マカッチョン ローレン・アンブローズ アマラ・オカーク
ヘンリー・ヒギンズ教授 イアン・リチャードソン トニー・ブリットン レックス・ハリソン リチャード・チェンバレン ジョナサン・プライス
ハリー・ヘイデン・ペイトン
アルフレッド・P・ドゥーリトル ジョージ・ローズ ピーター・ベイリス[11] ミロ・オーシャ ジュリアン・ホロウェイ デニス・ウォーターマン ノバート・リオ・バッツ スティーブン・K・アモス
ヒギンズ夫人 キャスリーン・ネスビット ジーナ・デア ブレンダ・フォーブス アンナ・ニーグル キャスリーン・ネスビット ドロレス・サットン ローズマリー・ハリス ダイアナ・リグ ヴァネッサ・レッドグレイヴ
ヒュー・ピッカリング大佐
ロバート・クート
リチャード・コルディコット ジャック・ギリム パクストン・ホワイトヘッド ニコラス・ルプレヴォ アラン・コードナー マルコム・シンクレア
フレディ・アンスフォード=ヒル ジョン・マイケル・キング レナード・ウィア ジェリー・ラニング ピーター・ランド[12] ニコラス・ワイマン ロバート・セラ マーク・アンバース ジョーダン・ドニカ シャリフ・アフィフィ
ピアス夫人 フィリッパ・ビヴァンズ ベティ・ウルフ シルヴィア・オブライアン ベティ・ポール[13] マリアン・ベイター グリニス・ベル パッツィ・ローランズ リンダ・マグルストン モーリーン・ベティ
ゾルタン・カーパシー クリストファー・ヒューイット マックス・オルデカー ジョン・クラークソン カルマン・グラス ジャック・シヴィア ジェイムス・ヤング セヴァン・ステファン マヌ・ナラヤン カール・パトリック

著名な代役[編集]

ブロードウェイ (1956年–1962年)
ウェスト・エンド (1958年–1963年)
  • ヘンリー・ヒギンズ教授: アレック・クルンズ、チャールズ・ステイプリー
  • イライザ: アン・ロジャーズ
  • ドゥーリトル: ジェイムズ・ヘイター
ブロードウェイ再演 (2018年–2019年)

劇中歌[編集]

背景[編集]

1930年代中期、映画プロデューサーのゲイブリエル・パスカルはジョージ・バーナード・ショーの複数の作品の映画化権を獲得し、その中に『ピグマリオン』があった。しかし原作者のショーは自身の戯曲『Arms and the Man』を基にしたウィーン・オペラ『The Chocolate Soldier』で嫌な経験をしており、『ピグマリオン』のミュージカル化に否定的だった。1950年にショーが亡くなり、パスカルは作詞家アラン・ジェイ・ラーナーにミュージカル化を依頼し、ラーナーとパートナーのフレデリック・ロウは制作を開始した。しかし2人はすぐに、メインストーリーはラブストーリーでなく、脇筋にもラブストーリーはなく、アンサンブルが入る余地もなくミュージカル化は困難であることに気付く[14]リチャード・ロジャースとパートナーを組むオスカー・ハマースタイン2世を含む多くの人々も『ピルグリム』のミュージカル化を試みたがうまくいかず、口々にラーナーにミュージカル化は不可能だと語ったこともあり、ラーナーとロウは2年間作業を中止した[15]

この間、ラーナーとロウは別の道を歩み、パスカルは亡くなった。ラーナーが『Li'l Abner』のミュージカル化を試みていた頃、パスカルの死亡記事を読み、再び『ピグマリオン』について考えるようになった[16]。ラーナーとロウが再会し、再び共に作業していくこととなった。第1幕と第2幕の間に起こる出来事を追加する他、少ない変更のみが必要であることに気付き、2年前に感じた大きな障害はほぼ全て克服した[17]。チェイス・マンハッタン・バンクがパスカルの遺産を管理しており、『ピグマリオン』の権利はラーナー&ロウとMGMの双方が求めたため、MGMの重役はラーナーにMGMと争うのをやめるよう説得した。ロウは、権利のないまま制作を始めていれば、権利者を決める時が来た時にはラーナーとロウがはるかに先に進んでいるため権利を渡さざるを得ない状態になるだろうと語った[18]。ラーナーとロウが制作を再開してから5ヶ月、技術デザインのスタッフを雇い、出演者の検討を始めた。最終的にチェイス・マンハッタン・バンクはラーナーとロウに権利を与えた。

『ピグマリオン』ミュージカル化には複数の題名案があった。ドミニク・マクヒューによると1955年秋には『マイ・レディ・ライザ』とされ、契約書のほとんどがこの題名が使用されていた[19]。その後、原作者のショーによる『ピグマリオン』の仮題の1つで、童謡「ロンドン橋落ちた」の毎節の最後の歌詞「My fair lady」から『マイ・フェア・レディ』がとられた。アイラ・ガーシュウィンジョージ・ガーシュウィンの1925年のミュージカル『Tell Me More』は試験興行では『マイ・フェア・レディ』という題名であり、同名の曲も使用され、ラーナーはアイラに題名使用を丁重にお願いしたという説もある。また、Mayfair lady(メイフェア・レディ)をコックニー訛りで表現してもじったものである、という説もある。メイフェアは昔は閑静な住宅地、今は高級店舗がならぶロンドンの地区の名前である。原作のPygmalionは『ピグマリオン』とカタカナ表記されるが、英語で発音するときは『ピグメイリオン』なので注意。ピグマリオンはギリシャ神話での発音に従ったものである。fairは「美しい、色白の、金髪の、金髪で色白の」といった形容詞で、皮肉として「口先だけの、うわべだけの」といった意味も持つ。ここでは日本語でしばしば用いられる慣用語での「フェア(公平・公正)」といったニュアンスはさほど観照しない。

ノエル・カワードがヘンリー・ヒギンズ教授役の第一候補となったが、これを断って代わりにレックス・ハリソンを薦めた[20]。慎重に検討した結果、ハリソンはヒギンズ教授役を受けることにした。メアリー・マーティンがイライザ役の配役初期段階で名が挙がったが、マーティンはこれを断った[21]。当時駆け出しのジュリー・アンドリュースが発掘され、制作チームがアンドリュースのブロードウェイ・デビュー作『The Boy Friend』を観にいきイライザ役に配役することになった[22]。モス・ハートは2曲を聴いたのみで演出を了承した。ベテラン編曲家ロバート・ラッセル・ベネットとフィリップ・J・ラングが編曲を担当し、すぐにリハーサルに入った。

ミュージカルの脚本には大使館の舞踏会のシーンや、ショーの原作とは異なる1938年の映画『ピグマリオン』の最後のシーンを含み、ショーが執筆した1938年映画版の複数のシーンが使用されている。イライザのレッスンのモンタージュも拡大され、ラーナーとショーの台詞が合成された。原作とは結末が異なり、ヒギンズとイライザが結ばれることを暗示して終わる。これはミュージカル化の際初めて行われたものと言われることが多いが、実は1938年にレスリー・ハワードが監督・主演し、ウェンディ・ヒラーが共演した映画版『ピグマリオン』にも見られる。台本を書いたアラン・ジェイ・ラーナー自身も、ミュージカル化に際し映画版の要素を多く取り入れたと語っている。オリジナルのブロードウェイのポスターおよびキャスト・レコーディングのジャケットはアル・ハーシュフェルドが手掛け、天国にいる原作者のショーがヒギンズ教授のマリオネットを操り、マリオネットのヒギンズ教授がイライザを操る絵となっている[23]

プロダクション[編集]

オリジナル・ブロードウェイ・プロダクション[編集]

マーク・へリンジャ―・シアターのプログラム

コネチカット州ニューヘイブンにあるシュバート・シアターでブロードウェイ公演前の試験興行が行なわれた。生演奏で歌うことに慣れていなかったレックス・ハリソンは、のちにプレビュー公演初日のオーケストラの32名とは二度と共演したくないと語っている[24]。当日、ハリソンは楽屋に閉じこもり、開幕1時間強前にようやく出てきたのである。カンパニーは一旦解散したが、呼び戻され開幕日の夜の公演は成功を収めた[25]。その後1956年2月15日より、ペンシルバニア州フィラデルフィアにあるアーレンジャー・シアターで4週間上演された。

1956年3月15日、ニューヨークにあるマーク・ヘリンジャー劇場にてブロードウェイ初演された。その後ブロードハースト・シアター、ブロードウェイ・シアターに移行し、1962年9月29日まで上演された。6年半にわたり2717回のロングラン公演を重ね、当時としては記録的なヒットとなった。モス・ハートが演出、ハニヤ・ホームが振付を担当し、レックス・ハリソン、ジュリー・アンドリューススタンリー・ホロウェイに加え、ロバート・クート、キャスリーン・ネスビット、ジョン・マイケル・キング、レイド・シェルトンがオリジナル・キャストとなった[26]。1957年11月にハリソンが降板してエドワード・マルヘアーが配役され、1958年2月にアンドリュースが降板してサリー・アン・ハウズが配役された[27][28]。1959年初頭までに1千万ドルを上げ、当時のブロードウェイ史上最高興行収入となった[29]

1956年4月2日、ブロードウェイ・キャスト・レコーディング『My Fair Lady』がリリースされ、1956年のアメリカ国内でベストセラー・アルバムとなった[30]

また、トニー賞も最優秀ミュージカル賞、主演男優賞(ハリソン)など6部門で獲得している。

オリジナル・ロンドン・プロダクション[編集]

1958年4月30日、ロンドンにあるシアター・ロイヤルにてウェスト・エンド公演が開幕し、ハリソン、アンドリュース、クート、ホロウェイが再演し、5年半で2,281回上演された[31]。エドワーディアン・ミュージカル・コメディのスターであるジーナ・デアがヒギンズ夫人でミュージカル最後の出演となった[32]。レナード・ウィアがフレディ役を演じた。1959年3月にハリソンが、1959年8月にアンドリュースが、1959年10月にホロウェイが降板した。

1970年代、再演[編集]

1976年3月25日、オリジナル公演から20年後、セント・ジェイムズ・シアターにてブロードウェイ再演が開幕し、12月5日まで上演された。12月9日からラント・フォンテイン・シアターに移行して上演され、プレビュー公演7回、本公演377回上演後、1977年2月20日に閉幕した。ジェリー・アドラーが演出し、クランドル・ディールがオリジナルのハニヤ・ホームの振付を基に振付を担当した。イアン・リチャードソンがヒギンズ役、クリスティン・アンドレアスがイライザ役、ジョージ・ローズがアルフレッド・P・ドゥーリトル役に配役され、ロバート・クートがピッカリング大佐役を再演した[26]。リチャードソンとローズがトニー賞 ミュージカル主演男優賞にノミネートされ、ローズが受賞した。

1979年10月、ロンドンのアデルフィ・シアターにてキャメロン・マッキントッシュが出演し、全英ツアー公演に移行した。ヘイマーケット・シアターで上演され、ウェスト・エンド作品のツアー公演のため芸術協議会の新たな契約のもとで上演された。トニー・ブリットンがヒギンズ教授役、リズ・ロバートソンがイライザ役、アンナ・ニーグルがヒギンズ夫人役、ピーター・ベイリスがドゥーリトル役、リチャード・キャルディコットがピッカリング大佐役、ピーター・ランドがフレディ役を演じた。ロビン・ミグリーが演出を担当し[33][34][35]、エイドリアン・ヴォークスが装置デザイン、ティム・グッドチャイルドが衣装デザイン、ギリアン・リンが振付を担当した[36]。ブリットンとロバートソンはどちらもローレンス・オリヴィエ賞にノミネートされた[37]

1981年、1993年、ブロードウェイ再演[編集]

1981年8月18日、ユーリス・シアターにて2回目のブロードウェイ再演が行なわれ、プレビュー公演4回、本公演120回ののち11月29日に閉幕した。レックス・ハリソンがヒギンズ教授役を再演し、ナンシー・リンガムがイライザ役、ジャック・グウィリムがピッカリング大佐役、ミロ・オーシャがドゥーリトル役を演じ、キャスリーン・ネスビットが93歳でヒギンズ夫人役を再演した。パトリック・ガーランドが演出、クランドル・ディールがハニヤ・ホームのオリジナルの振付を基に振付した[26][38]

1993年12月9日、ヴァージニア・シアターにて3回目のブロードウェイ再演が行なわれ、ハワード・デイヴィスが演出し、プレビュー公演16回、本公演165回ののち1994年5月1日に閉幕した。リチャード・チェンバレンがヒギンズ教授役、メリッサ・エリコがイライザ役、パクストン・ホワイトヘッドがピッカリング大佐役を演じた。スタンリー・ホロウェイの息子ジュリアン・ホロウェイが父が演じたドゥーリトル役を演じた。ドナルド・サドラーが振付を担当した[26][39]

2001年、ロンドン再演、2003年、ハリウッド・ボウル[編集]

2001年3月15日、キャメロン・マッキントッシュのプロデュースによる再演がロイヤル・ナショナル・シアターで上演され、7月21日にシアター・ロイヤルに移行した。トレヴァー・ナンが演出、マシュー・ボーンが振付を担当し、マルティン・マカッチョンがイライザ役、ジョナサン・プライスがヒギンズ教授役、デニス・ウォーターマンがドゥーリトル役を演じた。ローレンス・オリヴィエ賞においてミュージカル・プロダクション賞、ミュージカル主演女優賞(マカッチョン)、振付賞(ボーン)の3部門を受賞した他、アンソニー・ウォードが装置デザイン賞にノミネートされた[40]。2001年12月、ジョアンナ・ライディングがイライザ役を後継し、2002年5月にアレックス・ジェニングスがヒギンズ教授役を後継し、2003年、ローレンス・オリヴィエ賞においてそれぞれミュージカル主演賞を受賞した[41]。2003年3月、アンソニー・アンドリュースがヒギンズ教授役、ローラ・ミシェル・ケリーがイライザ役を後継し、2003年8月30日に閉幕するまで続けた[42]

2005年9月28日、全英ツアー公演が開幕した。エイミー・ナタルとリサ・オヘアがイライザ役、クリストファー・カザノフがヒギンズ教授役、ラス・アボットとギャレス・ヘイルがドゥーリトル役、オナー・ブラックマンとハンナ・ゴードンがヒギンズ夫人役を演じた[43]。2006年8月12日、全英ツアー公演は閉幕した[44]

2003年、ハリウッド・ボウルで上演され、ジョン・リスゴーがヒギンズ教授役、メリッサ・エリコがイライザ役、ロジャー・ダルトリーがドゥーリトル役、ケヴィン・アーリーがフレディ役、ローリ・ジョンソンがピアス夫人役、キャロライン・ブラキストンがヒギンズ夫人役、パクストン・ホワイトヘッドがピッカリング大佐役を演じた[45][46]

2018年、ブロードウェイ再演、 2022年、ロンドン再演[編集]

リンカーン・センター・シアターとネダランダー・プレゼンテーションズのプロデュースによるブロードウェイ再演がヴィヴィアン・ビューモント・シアターにて2018年3月15日にプレビュー公演が、4月19日に本公演が開幕した。バートレット・シャーが演出、クリストファー・ガテリが振付、マイケル・イヤガンが装置デザイン、キャサリン・ズバーが衣装デザイン、ドナルド・ホルダーが照明デザインを担当した[47]ローレン・アンブローズがイライザ役、ハリー・ヘイデン・ペイトンがヒギンズ教授役、ダイアナ・リグがヒギンズ夫人役、ノバート・リオ・バッツがドゥーリトル役、アラン・コーデュナーがピッカリング大佐役、ジョーダン・ドニカがフレディ役、リンダ・マグルストンがピアス夫人役を演じた[48][49]。 代役にはローズマリー・ハリスがヒギンズ夫人役[50]ローラ・ベナンティがイライザ役[51]、ダニー・バースタインとその後アレキサンダー・ジェミナニがドゥーリトル役となった[52]。プレビュー公演39回、本公演509回上演ののち、2019年7月7日に閉幕した[53]。2019年12月より、このプロダクションによる北米ツアー公演が行なわれ、シェリーン・アームドがイライザ役、ラード・マッキントッシュがヒギンズ教授役を演じた[54]。2020年3月、新型コロナウイルス感染症の世界的流行により上演中止となり、2021年9月に再開し[55]、2022年8月まで上演される予定となった[56]

2022年、ロンドン・コロシアムにてイングリッシュ・ナショナル・オペラにより上演され、5月7日よりプレビュー公演、5月18日より本公演が行なわれ16週間上演ののち8月27日に閉幕した。アマラ・オカークがイライザ役、ヘイデン・ペイトンが再演でヒギンズ教授役、スティーブン・K・アモス がドゥーリトル役、ヴァネッサ・レッドグレイヴがヒギンズ夫人役、マルコム・シンクレア がピッカリング大佐役、モーリーン・ベティがピアス夫人役、シャリフ・アフィフィがフレディ役に配役された[57]。レッドグレイヴは新型コロナウイルス感染症で早期に降板した[58]。2022年9月よりイギリスおよびアイルランドのツアー公演が行なわれ、マイケル・ゼイヴィアがヒギンズ教授役、シャーロット・ケネディがイライザ役、アダム・ウッディアットがドゥーリトル役、ヘザー・ジャクソンがヒギンズ夫人役、ジョン・ミドルトンがピッカリング大佐役、レスリー・ギャレットがピアス夫人役、トム・リギンスがフレディ役に配役された[59]

その他のメジャーなプロダクション[編集]

1961年、ベルリン[編集]

1961年10月1日、ベルリンにあるTheater des Westensにてドイツ語版が開幕し、Karin HübnerPaul Hubschmidが主演し、ブロードウェイ初演と同じフランツ・アラーズが指揮者を務めた。冷戦の緊張が高まる中、西ベルリン東ベルリンの境界線の閉鎖およびベルリンの壁の建設の数週間後、第二次世界大戦後にベルリンで上演された初のブロードウェイ・ミュージカルとなった。これにより『マイ・フェア・レディ』が西ベルリンの文化的復興および抵抗のシンボルとみなされた。現存しない東ベルリンの観客の減少分は西ドイツの観客を「ミュージカル・エア・ブリッジ」と呼ばれる航空機での輸送で一部補填された。ベルリン市民により制作され、2年間上演された[60][61]

2007年、ニューヨーク・フィルハーモニック・コンサートおよび全米ツアー[編集]

2007年3月7日から10日、ニューヨーク・フィルハーモニックリンカーン・センターエイヴリー・フィッシャー・ホールにてフル・コスチューム・コンサートを開催した。ケルシー・グラマーがヒギンズ教授役、ケリー・オハラがイライザ役、チャールズ・キンブロウがピッカリング大佐役、ブライアン・デネヒーがドゥーリトル役を演じた。1964年の映画版でオードリー・ヘプバーンの歌声の吹替を行なったマーニ・ニクソンがヒギンズ夫人役で出演した[62]

2007年9月12日から2008年6月22日、マッキントッシュによる2001年のウェスト・エンド・プロダクションによる全米ツアー公演が開催された[63]クリストファー・カザノフがヒギンズ教授役、リサ・オヘアがイライザ役、ウォルター・チャールズがピッカリング大佐役、ティム・ジェロームがドゥーリトル役を演じ[64]、ヒギンズ夫人役のニクソンはサリー・アン・ハウズに交代となった[65]

2008年、全豪ツアー[編集]

2008年5月、オペラ・オーストラリアによる全豪ツアー公演が上演された。レグ・リヴァモアがヒギンズ教授役、タリン・フィービッグがイライザ役、ロバート・グラブがドゥーリトル役、ジュディ・コネリがピアス夫人役を演じた。クィーンズランドではジョン・ウッドがドゥーリトル役、シドニーのシアター・ロイヤルではリチャード・E・グラントがヒギンズ教授役を演じた[66]

2010年、パリ再演[編集]

2010年12月9日から2011年1月2日の27回限定で、パリにあるシャトレ座にてロバート・カーソン演出の英語による新たなプロダクションが上演された。アンソニー・パウエルが衣裳デザイン、リン・ペイジが振付を担当した。サラ・ゲイブリエルとクリスティン・アランドがイライザ役、アレックス・ジェニングスがヒギンズ教授役、マーガレット・ティザックがヒギンズ夫人役、ニコラス・ルプレヴォストがピッカリング大佐役、ドナルド・マックスウェルがドゥーリトル役、ジェニー・ギャロウェイピアス夫人役を演じた[67]

2012年、 シェフィールド・プロダクション[編集]

2012年12月13日から2013年1月26日、シェフィールドにあるシェフィールド・クルーシブルにて新たなプロダクションが上演された。ドミニク・ウェストがヒギンズ教授役、カーリー・ボウデンがイライザ役を演じた。シェフィールド・シアターの芸術監督ダニエル・エヴァンスが演出を務めた[68][69]

2016年、オーストラリア・プロダクション[編集]

2016年8月30日から11月5日、ゴードン・フロスト・オーガニゼーションはオペラ・オーストラリアと共にシドニー・オペラハウスにて上演を行なった。ジュリー・アンドリュースが演出を担当し、1956年の初演のオリヴァー・スミスの装置デザイン、セシル・ビートンの衣裳デザインを採用した[70]。シドニー・オペラ・ハウス史上最高の興行収入となった[71]。シドニー公演は大成功を収め、2016年11月にはシドニー再演の前売チケットが発売され、2017年8月24日から9月10日までキャピトル・シアターにて追加公演が行なわれることとなった[72]。2017年3月12日にブリスベンにて、5月11日にメルボルンにてツアー公演が行なわれた[73]

アレックス・ジェニングス(ブリスベンとメルボルンではチャールズ・エドワーズ)がヒギンズ教授役、アナ・オバーンがイライザ役、レグ・リヴァモアがドゥーリトル役、ロビン・ネヴィン(のちにパメラ・レイブ)がヒギンズ夫人役、マーク・ヴィンセントがフレディ役、トニー・ルウェリン・ジョーンズがピッカリング大佐役、デイドア・ルベンスタインがピアス夫人役、デイヴィッド・ウィットニーがカーパシー役を演じた[72][73][74]

日本公演[編集]

キャスト[編集]
東宝版 公演キャスト一覧
公演年 イライザ ヒギンズ
教授
ピッカリング
大佐
ドゥーリトル ヒギンズ
夫人
フレディ ピアス
夫人
ゾルダン
カーパシー
アインス
フォード
ヒル夫人
トラン
シルバニア
女王
1963年 江利
チエミ
高島忠夫 益田喜頓 八波
むと志
京塚昌子 藤木孝 浦島
千歌子
山茶花究 深緑夏代 打吹美砂
1964年
1月
八波むと志
/小鹿敦
1964年
5月
小鹿敦
1970年 那智
わたる
宝田明 フランキー
丹阿弥
谷津子
沢木順 丸山博一 青木玲子
1973年 上月晃 平幹二朗 南美江 池田稔光 友竹正則 市川牡丹 青木玲子
1976年 雪村
いづみ
宝田明 田中明夫 東郷晴子 松橋登 丸山博一 福田裕子 渡瀬
由美子
1978年 栗原小巻 財津一郎 曾我廼家
鶴蝶
青山孝 友竹正則 藤代佳子
1979年
3月
1979年
10月
フランキー
佐藤和男 谷雅子
1984年 神山繁 坂上二郎 青木純 三上直也 前沢保美
1990年 大地真央 細川俊之 小野武彦 丹阿弥
谷津子
川崎麻世 三田和代 友竹正則 冨田恵子 一の宮
あつ子
1993年 村井国夫 金田龍之介 上條恒彦 羽賀研二 荒井洸子 小野武彦 青木玲子
1994年
1997年
4月
草刈正雄 南風洋子 福井貴一 林美智子 三谷侑未
1997年
5月
1999年 浜畑賢吉 丹阿弥
谷津子
川崎麻世 冨田恵子 菅野
菜保之
麻志奈
純子
2002年
5月
尾藤
イサオ
岡幸二郎 藤堂新二 小笠原
みち子
月丘夢路
2002年
7月
2004年 上條恒彦 ちあき
しん
2005年 石井一孝 羽場裕一 草村礼子 浦井健治 春風ひとみ 藤木孝
2007年 花山佳子 ちあきしん
2009年 モト冬樹 姜暢雄 春風ひとみ
2010年 升毅 上條恒彦 大空眞弓 ちあきしん コング桑田 出雲綾 ちあきしん
2013年 霧矢大夢
/真飛聖
寺脇康文 田山涼成 松尾貴史 江波杏子 平方元基 寿ひずる 港幸樹 麻生かほ里
2016年 高橋惠子 水田航生 麻生かほ里
2018年 朝夏まなと
/神田沙也加
寺脇康文
/別所哲也
相島一之 今井清隆 前田美波里 平方元基 春風ひとみ 伊東弘美
2021年 前山剛久
/寺西拓人

受賞歴[編集]

オリジナル・ブロードウェイ・プロダクション[編集]

Sources: BroadwayWorld[80] TheatreWorldAwards[81]

部門 ノミネート者 結果
1956 シアター・ワールド・アワード Outstanding New York City Stage Debut Performance ジョン・マイケル・キング 受賞
1957 トニー賞 ミュージカル作品賞 受賞
ミュージカル主演男優賞 レックス・ハリソン 受賞
ミュージカル主演女優賞 ジュリー・アンドリュース ノミネート
ミュージカル助演男優賞 ロバート・クート ノミネート
スタンリー・ホロウェイ ノミネート
ミュージカル演出賞 モス・ハート 受賞
振付賞 ハニヤ・ホーム ノミネート
装置デザイン賞 オリヴァー・スミス 受賞
衣装デザイン賞 セシル・ビートン 受賞
指揮者および音楽監督賞 フランツ・アラーズ 受賞

1976年、ブロードウェイ再演[編集]

Sources: BroadwayWorld[82] Drama Desk[83]

部門 ノミネート者 結果
1976 トニー賞 ミュージカル主演男優賞 イアン・リチャードソン ノミネート
ジョージ・ローズ 受賞
ドラマ・デスク・アワード ミュージカル再演作品賞 ノミネート
ミュージカル主演男優賞 イアン・リチャードソン 受賞
ミュージカル助演男優賞 ジョージ・ローズ 受賞
ミュージカル演出賞 ジェリー・アドラー ノミネート

1979年、ロンドン再演[編集]

Source: Olivier Awards[84]

部門 ノミネート者 結果
1979 ローレンス・オリヴィエ賞 ミュージカル主演男優賞 トニー・ブリットン ノミネート
ミュージカル主演女優賞 リズ・ロバートソン ノミネート

1981年、ブロードウェイ再演[編集]

Source: BroadwayWorld[85]

部門 ノミネート者 結果
1982 トニー賞 再演作品賞 ノミネート

1993年、ブロードウェイ再演賞[編集]

Source: Drama Desk[86]

部門 ノミネート者 結果
1993 ドラマ・デスク・アワード 再演ミュージカル作品賞 ノミネート
ミュージカル主演女優賞 メリッサ・エリコ ノミネート
衣装デザイン賞 パトリシア・ジプロット ノミネート

2001年、ロンドン再演[編集]

Source: Olivier Awards[87]

部門 ノミネート者 結果
2002 ローレンス・オリヴィエ賞 ミュージカル・プロダクション賞 受賞
ミュージカル主演男優賞 ジョナサン・プライス ノミネート
ミュージカル主演女優賞 マルティン・マカッチョン 受賞
ミュージカル助演賞 ニコラス・ルプレヴォ ノミネート
振付賞 マシュー・ボーン 受賞
装置デザイン賞 アンソニー・ウォード ノミネート
衣装デザイン賞 ノミネート
照明デザイン賞 デイヴィッド・ハーシー ノミネート
2003 ミュージカル主演男優賞 アレックス・ジェニングス 受賞
ミュージカル主演女優賞 ジョアンナ・ライディング 受賞

2018年、ブロードウェイ再演[編集]

部門 ノミネート者 結果
2018 トニー賞 再演ミュージカル作品賞 ノミネート
ミュージカル主演男優賞 ハリー・ヘイデン・ペイトン ノミネート
ミュージカル主演女優賞 ローレン・アンブローズ ノミネート
ミュージカル助演男優賞 ノバート・レオ・バッツ ノミネート
ミュージカル助演女優賞 ダイアナ・リグ ノミネート
ミュージカル演出賞 バートレット・シャー ノミネート
振付賞 クリストファー・ガッテリ ノミネート
ミュージカル装置デザイン賞 マイケル・イヤガン ノミネート
ミュージカル照明デザイン賞 ドナルド・ホルダー ノミネート
ミュージカル衣装デザイン賞 キャサリン・ズバー 受賞
ドラマ・デスク・アワード 再演ミュージカル作品賞 受賞
ミュージカル主演男優賞 ハリー・ヘイデン・ペイトン ノミネート
ミュージカル助演女優賞 ダイアナ・リグ ノミネート
ミュージカル演出賞 バートレット・シャー ノミネート
ミュージカル衣装デザイン賞 キャサリン・ズバー 受賞
ドラマ・リーグ・アワード 再演ミュージカル作品賞 受賞
パフォーマンス賞[88] ローレン・アンブローズ ノミネート
ハリー・ヘイデン・ペイトン ノミネート
アウター・クリティクス・サークル・アワード 再演ミュージカル作品賞 受賞
ミュージカル主演男優賞 ハリー・ヘイデン・ペイトン ノミネート
ミュージカル主演女優賞 ローレン・アンブローズ 受賞
ミュージカル助演男優賞 ノバート・レオ・バッツ 受賞
ミュージカル演出賞 バートレット・シャー 受賞[89]
振付賞 クリストファー・ガッテリ ノミネート
装置デザイン賞 マイケル・イヤガン ノミネート
衣装デザイン賞 キャサリン・ズバー 受賞
音響デザイン賞 マーク・ソルツバーグ ノミネート
2019 グラミー賞 ミュージカル・シアター・アルバム賞 ノミネート

翻案作品[編集]

1964年、映画化[編集]

1964年、ジョージ・キューカーが監督し、ヒギンズ教授役に舞台版と同じレックス・ハリソンが配役された。ジュリー・アンドリュースが舞台版のイライザ役を完璧に演じたこと、オードリー・ヘプバーンの歌声がマーニ・ニクソンにより吹き替えられることから、ヘプバーンがイライザ役に配役されたことは舞台ファンの間で議論を巻き起こした。ワーナー・ブラザースの代表ジャック・ワーナーは知名度を重要視しており、映画出演経験のなかったアンドリュースではなく映画スターを起用した方がヒットしやすいと考えた[90][91]。脚本家のアラン・ジェイ・ラーナーは映画版を嫌い、モス・ハートによるオリジナル舞台版の演出には敵わないと考えていた。ラーナーは、ヘプバーンがイライザ役に配役されたこと、希望していたイギリスのロンドンでなくアメリカのワーナー・ブラザースのスタジオで全編撮影されたことも快く思っていなかった[92]。これらの議論に関わらず、映画版は批評的にも興行収入的にもヒットし、作品賞主演男優賞(レックス・ハリソン)、監督賞(ジョージ・キューカー)を含むアカデミー賞8部門を受賞した。

2008年、再映画化の中止[編集]

2008年、コロンビア ピクチャーズは新たな映画化を計画した[93]。2011年までにジョン・マッデンが監督、エマ・トンプソンが脚本を担当することとなったが、2014年までに棚上げとなった[94][95]

ジャズ・アルバムとして[編集]

初公演と同年の1956年8月、ウエストコーストのドラマーであるシェリー・マンは、アンドレ・プレヴィンと組んで、ジャズのリメイク盤をリリースした。このアルバムが好評を博したことにより、その後、『ウエストサイド・ストーリー』をはじめとして、人気のミュージカル・トラックをまるまるジャズレコード化することがブームとなった。

参考文献[編集]

  • Citron, David (1995). The Wordsmiths: Oscar Hammerstein 2nd and Alan Jay Lerner, Oxford University Press. ISBN 0-19-508386-5
  • Garebian, Keith (1998). The Making of My Fair Lady, Mosaic Press. ISBN 0-88962-653-7
  • Green, Benny, Editor (1987). A Hymn to Him : The Lyrics of Alan Jay Lerner, Hal Leonard Corporation. ISBN 0-87910-109-1
  • Jablonski, Edward (1996). Alan Jay Lerner: A Biography, Henry Holt & Co. ISBN 0-8050-4076-5
  • Lees, Gene (2005). The Musical Worlds of Lerner and Loewe, Bison Books. ISBN 0-8032-8040-8
  • Lerner, Alan Jay (1985). The Street Where I Live, Da Capo Press. ISBN 0-306-80602-9
  • McHugh, Dominic. Loverly: The Life and Times of "My Fair Lady" (Oxford University Press; 2012) 265 pages; uses unpublished documents to study the five-year process of the original production.
  • Shapiro, Doris (1989). We Danced All Night: My Life Behind the Scenes With Alan Jay Lerner, Barricade Books. ISBN 0-942637-98-4
  • アラン・ジェイ・ラーナー 千葉文夫訳 『ミュージカル物語:オッフェンバックから「キャッツ」まで』 筑摩書房 ISBN 4480871470
  • 大江麻里子 『マイ・フェア・レディーズ:バーナード・ショーの飼いならされないヒロインたち』 慧文社 ISBN 4905849241

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b "'My Fair Lady' Synopsis, Cast, Scenes and Settings and Musical Numbers" guidetomusicaltheatre.com, accessed December 7, 2011.
  2. ^ My Fair Lady: Mark Hellinger Theatre”. Internet Broadway Database. 2022年9月11日閲覧。
  3. ^ My Fair Lady West End Cast”. Broadway World. 2022年9月11日閲覧。
  4. ^ My Fair Lady: St. James Theatre”. Internet Broadway Database. 2022年9月11日閲覧。
  5. ^ McHugh, Dominic (2014). Loverly: The Life and Times of My Fair Lady (1st ed.). Oxford University Press. p. 187. ISBN 9780199381005. https://books.google.com/books?id=1DtpAgAAQBAJ 2022年9月11日閲覧。 
  6. ^ My Fair Lady: Uris Theatre”. Internet Broadway Database. 2022年9月11日閲覧。
  7. ^ My Fair Lady: Virginia Theatre”. Internet Broadway Database. 2022年9月11日閲覧。
  8. ^ My Fair Lady West End Revival Cast”. Broadway World. 2022年9月11日閲覧。
  9. ^ Who's Who”. Lincoln Center Theater. 2022年9月11日閲覧。
  10. ^ Cast complete for London Coliseum My Fair Lady”. Playbill. 2022年9月11日閲覧。
  11. ^ Barnes, Peter (2002年8月4日). “Obituary: Peter Bayliss”. The Guardian. 2022年9月11日閲覧。
  12. ^ Following Onstage Collapse, Peter Land Departs RUTHLESS! Off-Broadway”. Broadway World (2015年7月30日). 2022年9月11日閲覧。 “...the Alan Jay Lerner-directed My Fair Lady (Freddy Eynsford-Hill)...”
  13. ^ “Betty Paul: Stage and screen actress and writer of ITV's first rural soap opera”. The Independent (London). (2011年4月12日). オリジナルの2022年6月18日時点におけるアーカイブ。. https://ghostarchive.org/archive/20220618/https://www.independent.co.uk/news/obituaries/betty-paul-stage-and-screen-actress-and-writer-of-itvs-first-rural-soap-opera-2266758.html. "Paul returned to acting for a two-year run in the West End as Mrs Pearce, the housekeeper, in My Fair Lady (1979-81)." 
  14. ^ Lerner, p. 36.
  15. ^ Lerner, p. 38.
  16. ^ Lerner, p. 39.
  17. ^ Lerner, pp. 43–44.
  18. ^ Lerner, p. 47.
  19. ^ Dominic, McHugh. Loverly: the life and times of My fair lady. Oxford University Press. pp. 20–48 
  20. ^ Morley, Sheridan. A Talent to Amuse: A Biography of Noël Coward, p. 369, Doubleday & Company, 1969.
  21. ^ "Extravagant Crowd: Mary Martin" Archived 2010-06-15 at the Wayback Machine., Beinecke Library, Yale University, accessed December 9, 2011.
  22. ^ Dame Julie Andrews”. Academy of Achievement. 2022年4月26日閲覧。
  23. ^ David Leopold, My Fair Lady: Pygmalion and beyond, https://www.alhirschfeldfoundation.org/piece/my-fair-lady-2 
  24. ^ Lerner, p. 104.
  25. ^ Schreiber, Brad (May 2, 2017). Stop the show!: a history of insane incidents and absurd accidents in the theater. Hachette Books. pp. 137–138. ISBN 978-0306902109. https://books.google.com/books?id=8W-8DgAAQBAJ&q=harrison 
  26. ^ a b c d Suskin, Steven. "My Fair Lady, 1956, 1976, and 1981", Show tunes: the songs, shows, and careers of Broadway's major composers (2010, 4th ed.), Oxford University Press, ISBN 978-0195125993, p. 224.
  27. ^ Vallance, Thomas. "Obituary: Edward Mulhare" The Independent (UK), May 27, 1997.
  28. ^ "A Fiery 'Fair Lady' Takes Over" Life, March 3, 1958, p. Front Cover, 51–54.
  29. ^ “'Fair Lady' Radiant $10,000,000”. Variety 213 (1): pp. 1, 92. (1958年12月3日). http://www.archive.org/stream/variety213-1958-12#mode/1up 2019年5月22日閲覧。 
  30. ^ "Billboard Albums, 'My Fair Lady'", AllMusic, accessed December 5, 2011.
  31. ^ "My Fair Lady Facts" Archived 2011-11-27 at the Wayback Machine., Myfairladythemusical.com, accessed December 5, 2011.
  32. ^ "Zena Dare" Archived 2012-04-26 at the Wayback Machine., The-camerino-players.com, accessed December 5, 2011.
  33. ^ "International News", The Associated Press, October 26, 1979 ("Twenty-one years after Eliza Doolittle first straightened out her A's to the delight of Professor Higgins, "My Fair Lady" reopened in London Thursday night to rave notices.")
  34. ^ Borders, William. "A New Fair Lady Delights London Theatergoers", The New York Times, November 26, 1979, p. C15.
  35. ^ "'My Fair Lady', 1979", Phyllis.demon.co.uk, accessed December 7, 2011.
  36. ^ "0 Questions With...Liz Robertson", Whatsonstage.com, April 22, 2002.
  37. ^ "Olivier Winners 1979" Archived 2012-01-12 at the Wayback Machine., Olivierawards.com, accessed December 5, 2011.
  38. ^ Gussow, Mel (August 19, 1981). "The Stage: 'My Fair Lady' Returns"The New York Times, p. C17.
  39. ^ Simon, John (January 3, 1994). "This Lady Is For Burning" New York p. 63-64.
  40. ^ "Olivier Winners 2002" Archived 2012-01-12 at the Wayback Machine. olivierawards.com, accessed December 5, 2011.
  41. ^ "Olivier Winners 2003" Archived 2012-01-12 at the Wayback Machine. olivierawards.com, accessed December 5, 2011.
  42. ^ "'My Fair Lady', 2001–2003" Archived 2010-09-17 at the Wayback Machine., Albemarle-london.com, accessed December 5, 2011.
  43. ^ Langley, Sid (September 16, 2005). "Finding The Fair Lady Twice OVER", Birmingham Post, p. 13.
  44. ^ Bicknell, Gareth (July 21, 2006). "Gareth Hale is in My Fair Lady at Wales Millennium Centre from Tuesday, July 25 to Saturday, August 12". "Change of pace for versatile actor Hale", Liverpool Daily Post, p. 24.
  45. ^ Miller, Daryl H. (2003年8月5日). “This 'Fair Lady' is exceptional”. Los Angeles Times. https://articles.latimes.com/2003/aug/05/entertainment/et-miller5 
  46. ^ Gans, Andrew (May 19, 2003). “Rosemary Harris will play Mrs. Higgins in the upcoming Aug. 3 concert of My Fair Lady at the Hollywood Bowl”. Playbill. http://www.playbill.com/article/rosemary-harris-joins-cast-of-hollywood-bowl-my-fair-lady-concert-com-113264. 
  47. ^ "First New Production of 'My Fair Lady' in 25 Years to 'Dance All Night' on Broadway Next Spring" Broadway World, March 6, 2017
  48. ^ McPhee, Ryan (October 5, 2017). "Broadway's New 'My Fair Lady' Finds Its Stars in Lauren Ambrose and Harry Hadden-Paton", Playbill.
  49. ^ Fierberg, Ruthie and Adam Hetrick (April 19, 2018). "Read Reviews for Broadway’s Latest Revival of 'My Fair Lady', Starring Lauren Ambrose", Playbill.
  50. ^ Clement, Olivia (August 2, 2018). "Rosemary Harris to Join the Cast of Broadway’s ‘My Fair Lady’", Playbill.
  51. ^ Fierberg, Ruthie (August 23, 2018). "Laura Benanti Will Star as Eliza Doolittle in Broadway’s ‘My Fair Lady’", Playbill; and Fierberg, Ruthie (February 11, 2019). "Laura Benanti Extends Run in Broadway’s 'My Fair Lady'", Playbill
  52. ^ McPhee, Ryan (October 16, 2018). "Danny Burstein to Join Broadway's My Fair Lady Revival", Playbill; and Fierberg, Ruthie (March 27, 2019). "Tony Nominee Alexander Gemignani to Join Broadway's My Fair Lady", Playbill
  53. ^ Fierberg, Ruthie. "My Fair Lady Revival Starring Laura Benanti Closes on Broadway July 7", Playbill, July 7, 2019
  54. ^ Robinson, Mark A. (July 9, 2019). "Lincoln Center Theater's My Fair Lady to Tour", Broadwaydirect.com; and Fierberg, Ruthie (December 18, 2019). "Take a Look at the North American Tour of My Fair Lady", Playbill
  55. ^ "Review Roundup: My Fair Lady" National Tour Resumes Performances; Read the Reviews!, November 10, 2021
  56. ^ "My Fair Lady", accessed November 10, 2021
  57. ^ Gans, Andrew. "Amara Okereke, Harry Hadden-Paton, Vanessa Redgrave Will Star in My Fair Lady at the London Coliseum", Playbill, February 25, 2022
  58. ^ Wood, Alex (2022年8月5日). “Vanessa Redgrave exits My Fair Lady in the West End”. www.whatsonstage.com. 2022年8月29日閲覧。
  59. ^ Millward, Tom. "My Fair Lady UK and Ireland tour announces casting", WhatsOnStage.com, August 24, 2022
  60. ^ Müller, Peter E. (2006年7月31日). “Karin Hübner (1936-2006)”. Die Welt. https://www.welt.de/print-welt/article232500/Karin-Huebner-1936-2006.html 2017年2月11日閲覧。  (ドイツ語)
  61. ^ Von Birgit, Walter (2011年10月22日). “Theater des Westens Ein Million für diese Lady” (ドイツ語). Berliner Zeitung. https://www.berliner-zeitung.de/kultur/theater-des-westens-ein-million-fuer-diese-lady-10784912 2017年2月13日閲覧。 
  62. ^ Lawson, Kyle (June 10, 2008). "Marni Nixon in My Fair Lady" The Arizona Republic (Phoenix).
  63. ^ US Tour information Archived 2007-08-10 at the Wayback Machine. MyFairLadyTheMusical.com
  64. ^ Tim Jerome bio Archived 2007-10-12 at the Wayback Machine.
  65. ^ Gans, Andrew (August 28, 2007). "Marni Nixon to Join My Fair Lady Tour in Chicago" . Playbill.
  66. ^ My Fair Lady”. AusStage. 2017年9月8日閲覧。
  67. ^ My Fair Lady listing (in French), Chatelet-theatre.com, retrieved December 15, 2010; and Hetrick, Adam. "Show Boat, Sweeney Todd, and My Fair Lady to play Théâtre du Châtelet", Playbill, July 22, 2010
  68. ^ My Fair Lady sheffieldtheatres.co.uk
  69. ^ "Crucible's 'My Fair Lady', Starring Dominic West and Carly Bawden, Aiming for West End, May 2013?" broadwayworld.com, January 3, 2013.
  70. ^ Spring, Alexandra (August 4, 2015). "Julie Andrews to direct Sydney Opera House production of 'My Fair Lady'" The Guardian (London).
  71. ^ Boyd, Edward (October 6, 2016). "‘My Fair Lady’ musical by Julie Andrews sold more tickets than any other production in history", The Daily Telegraph.
  72. ^ a b "My Fair Lady: Capitol Theatre, Sydney", Opera Australia, accessed 1 July 2019
  73. ^ a b "My Fair Lady: Regent Theatre, Melbourne", Opera Australia, accessed 1 July 2019
  74. ^ "My Fair Lady: Sydney Opera House", Opera Australia, accessed 1 July 2019
  75. ^ CBSイブニングニュースの1963年9月2日放送分に、日本初のブロードウェイミュージカル公演として取り上げられており、その中で舞台の映像が数分間放送されている。
  76. ^ 小藤田千栄子『ミュージカル・コレクション』 講談社 1986年11月4日
  77. ^ “「マイ・フェア・レディ」イライザ役は朝夏まなと&神田沙也加”. ステージナタリー (ナターシャ). (2017年12月25日). https://natalie.mu/stage/news/262573 2017年12月27日閲覧。 
  78. ^ ミュージカル「マイ・フェア・レディ」”. Gran Arts. 2021年12月19日閲覧。
  79. ^ ミュージカル『マイ・フェア・レディ』12月25日(土)以降の公演に関する重要なお知らせ”. 東宝株式会社. 2021年12月21日閲覧。
  80. ^ "Tony Awards, 1957", Broadwayworld.com, accessed December 6, 2011.
  81. ^ "Previous Theatre World Award Recipients, 1955–56", Theatreworldawards.org, accessed December 6, 2011.
  82. ^ "Tony Awards, 1976", Broadwayworld.com, accessed December 6, 2011.
  83. ^ "1975–1976 22nd Drama Desk Awards", Dramadesk.com, accessed December 6, 2011.
  84. ^ "Olivier Winners 1979" Archived 2012-01-12 at the Wayback Machine. olivierawards.com, accessed December 6, 2011.
  85. ^ "Tony Awards, 1982" Archived 2015-04-02 at the Wayback Machine., Broadwayworld.com, accessed December 6, 2011.
  86. ^ "1993–1994 40th Drama Desk Awards", Dramadesk.com, accessed December 6, 2011.
  87. ^ "Olivier Winners 2002" Archived 2012-01-12 at the Wayback Machine. olivierawards.com, accessed December 6, 2011.
  88. ^ Norbert Leo Butz was ineligible for this award for his performance as Alfred Doolittle, as he had already won the award in a previous year
  89. ^ Tied with Tina Landau for SpongeBob SquarePants
  90. ^ Roman, James W. "My Fair Lady" Bigger Than Blockbusters: Movies That Defined America, ABC-CLIO, 2009, ISBN 0-313-33995-3, pp. 125–126.
  91. ^ 同年、アンドリュースは『メリー・ポピンズ』に主演し、アカデミー賞およびゴールデングローブ賞の双方で主演女優賞を獲得した。
  92. ^ Lerner, The Street Where I Live pp 134–6.
  93. ^ Gans, Andrew (June 2, 2008). “Columbia Pictures and CBS Films to Develop New My Fair Lady Film”. Playbill. オリジナルの2008-06-07時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080607075158/http://www.playbill.com/news/article/118417.html 2008年6月6日閲覧。. 
  94. ^ Lyttelton, Oliver (2011年2月18日). “Colin Firth Again Being Pursued For 'My Fair Lady' Remake; Carey Mulligan Still Attached”. IndieWire. オリジナルの2016年3月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160304111551/http://blogs.indiewire.com/theplaylist/colin_firth_again_being_pursued_for_my_fair_lady_remake_carey_mulligan_stil 2020年7月22日閲覧。 
  95. ^ “Cameron Mackintosh Says Film Remake of My Fair Lady Has Been Shelved”. Playbill. オリジナルの2014-05-06時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140506014913/http://www.playbill.com/news/article/190762-Cameron-Mackintosh-Says-Film-Remake-of-My-Fair-Lady-Has-Been-Shelved 2020年7月22日閲覧。. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]