小鹿番

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こじか ばん
小鹿 番
本名 小鹿 敦
生年月日 (1932-06-18) 1932年6月18日
没年月日 (2004-04-29) 2004年4月29日(満71歳没)
出生地 日本の旗 日本, 東京都
民族 日本人
ジャンル 俳優
活動期間 1957年 - 2004年
主な作品
テレビドラマ
前略おふくろ様
白い巨塔
しおり伝説〜スター誕生〜

小鹿 番(こじか ばん、1932年6月18日 - 2004年4月29日)は、日本俳優東京都出身。本名および旧芸名・小鹿 敦(こじか あつし)。主に舞台俳優として活躍した。

来歴・人物[編集]

浅草合羽橋に生まれる。大宮高校時代から演劇を志す。明治大学文学部演劇学科卒。1957年、劇団東宝現代劇に1期生として入団。1993年の『ゆずり葉』で第19回菊田一夫演劇賞を受賞。

林芙美子原作・森光子主演の舞台『放浪記』で菊田一夫を演じ、『ラ・マンチャの男』ではサンチョ役を演じる。舞台を中心に活動する一方、映画やテレビドラマでも味のある名脇役として数々の作品に出演した。

2004年4月29日、急性腎不全のため死去。71歳没[1]。同年3月2日 - 3月29日、つまり死の1か月前まで名古屋市にある中日劇場で公演を行っていた。また、晩年はフジテレビ系のバラエティ番組『痛快! 知らぬはオトコばかりなり』のレギュラーとして、妻と一緒に出演していた。

芸名は、童話やディズニー映画のバンビから。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

etc.

バラエティ[編集]

映画[編集]

etc.

舞台[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 名脇役者・小鹿番さん死去…「放浪記」など出演”. ZAKZAK (2004年4月30日). 2017年4月8日閲覧。

外部リンク[編集]