キンキーブーツ (ミュージカル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キンキーブーツ
Kinky Boots
作曲 シンディ・ローパー
作詞 シンディ・ローパー
脚本 ハーヴェイ・ファイアスタイン
原作 映画『キンキーブーツ』(2005年)
上演 2012年、シカゴ
2013年、ブロードウエイ
2014年、全米ツアー
2014年、韓国
2015年、トロント
2015年、ウエスト・エンド
2016年、日本
他、海外プロダクション
受賞 トニー賞 ミュージカル作品賞
トニー賞 オリジナル楽曲賞
ウェブサイト http://www.kinkybootsthemusical.com/
テンプレートを表示

キンキーブーツ』(Kinky Boots )は、トニー賞およびグラミー賞受賞者シンディ・ローパーの作詞作曲、トニー賞受賞者ハーヴェイ・ファイアスタインの脚本によるブロードウエイミュージカル。実話を基にしたジェフ・ディーンとティム・フェイスの脚本による2005年の映画『キンキーブーツ』を基にしている。イギリスの倒産しかけている靴工場のお堅いオーナーであるチャーリー、仲が悪いが後に事業の救世主となるドラァグ・クイーンのローラが登場する。チャーリーはこれまでの紳士用フォーマル靴製造から、ドラァグ・クイーン用の靴製造へ移行する計画を立て、その過程で2人は互いにそれほど違いがないことに気付く。

2006年にミュージカル化の計画が始まり、2010年までに製作 チームが決定した。2012年10月、シカゴにあるバンク・オブ・アメリカ劇場にてジェリー・ミッチェルの演出および振付、チャーリー役にスターク・サンズ、ローラ役にビリー・ポーターが配役されてミュージカル『キンキーブーツ』が初演された。2013年にはブロードウエイに進出し、3月3日からのプレヴュウ公演を経て4月4日から正式に上演されている。2014年から全米ツアーが行なわれている。

2013年に公開されたブロードウエイ作品ではミュージカル『マチルダ』が好評であり、『キンキーブーツ』は劇評および興行収入でやや低評価であった。しかし公開から1ヶ月以内に週間興行収入に見る観客数はライバル作品を上回り、その後のトニー賞発表後は爆発的ヒットとなった。トニー賞では年間最多の13部門にノミネートされ、ミュージカル作品賞、ローパーへのオリジナル楽曲賞を含む6部門を受賞した。ローパーにとってブロードウエイ作品の初作曲であり、オリジナル楽曲賞初の単独女性受賞者となった。キャスト・アルバムはビルボードのキャスト・アルバム・チャート初登場第1位、Billboard 200初登場第51位を獲得した。

背景および製作[編集]

ミュージカル『キンキーブーツ』は、1999年のBBC Twoのドキュメンタリー『Trouble at the Top 』のエピソードを基にした同名映画『キンキーブーツ』に着想を得た[1]。実話を基にしており、ドキュメンタリーのエピソードは閉鎖寸前の家族経営の靴工場であるW・J・ブルックス社のスティーヴ・ペイトマンに焦点を当て、再起をかけて紳士靴工場から「Divine Footwear 」というブランドで男性用の個性的な靴を製造する話であった[2][3]。トニー賞受賞プロデューサーのダリル・ロスは[4]、2006年のサンダンス映画祭でこの映画を鑑賞し、そのハートと精神性に心を惹かれた。そのテーマは彼女の心に残り、ミュージカル作品としての見込みがあると考えた。それとはまた別にホル・ラフティグはロンドンでこの映画を鑑賞し、その「ハートと人間性(そして存在感のある「レディ」)はミュージカル化によく合っている」と考えた[5]。年内にロスはトニー賞およびローレンス・オリヴィエ賞受賞プロデューサーのラフティグと組んで舞台化権を手に入れた[6][7]

2008年半ばまでに、ロスとラフティグは将来性のある演出家のジェリー・ミッチェルと会議を重ねたが、まだ脚本家が決まっていなかった[8]。ロスが映画のDVDをミッチェルに送ると、彼はこの作品に夢中になった[9]。ロスとラフティグはミッチェルを演出に、ハーヴェイ・ファイアスタインを脚本に採用した[6][10]。ミッチェルはファイアスタインとシンディ・ローパーが友人であることを知っており、ミュージカル製作の最高のチームになることを確信していた[9]。ファイアスタインはこれに同意し、「ミュージカル化の機会において、音楽性に幅がありショーの音楽と共に「クラブ・ミュージックを書ける人」」を考えて最終的にローパーに作曲を打診した[3][11]。2010年6月、ローパーは製作チームに参加した[12]。『キンキーブーツ』以前、ローパーはアルバム『Memphis Blues 』を手掛け、ファイアスタインは『ニュージーズ』製作中であった[11]。ローパーにとって、2006年にブロードウエイでRoundabout Theatre Company の『三文オペラ』に出演するなど舞台出演経験はあるが、『キンキーブーツ』はローパーにとってミュージカル作品初作曲となった[13][14]。ファイアスタインはこれまで『ラ・カージュ・オ・フォール』、『Torch Song Trilogy 』など、ドラァグ・クイーン関連作品を手掛けたことがあった[15]。ローパーはドラァグ・クイーンに共感すると語っていた[16]

ファイアスタインとローパーはそれぞれの分野で高い称賛を受けている。ファイアスタインは『Torch Song Trilogy 』で男優賞および脚本賞、『ヘアスプレー』で男優賞、『ラ・カージュ・オ・フォール』で脚本賞とトニー賞4部門を受賞した。ローパーはチャート上位に入るシンガーソングライターおよび女優であり、グラミー賞、エミー賞など多くの賞を受賞している[17][18][19]。ファイアスタインは映画の舞台化において、工場再建物語から工場再建を歌い語るドラァグ・クイーン物語に変えると記した[3][9]。彼は大きな違いとして「相反する2人の若者が実は多くの共通点があり、それぞれが父親の呪縛から解き放たれる必要があると気付く」ミュージカルになると語った[9]。ローパーの音楽性の幅は、子供の頃に聴いた両親のレコード『南太平洋』、『ウエスト・サイド物語』からアーロン・コープランドの『アパラチアの春』やポップス歌手のラナ・デル・レイまで幅広く影響を受けている[11]。『ニューヨーク・タイムズ』のパトリック・ヒーリーによるインタビューで、ローパーとファイアスタインは許容および自己受容の問題解決の手段としての父と子の関係性や普遍性のテーマを強調した[20]

2011年10月6日、読み合わせが始まり[21]、ローパーは積極的に音楽の改良を行なった[11]。2012年1月、ロスは1ヶ月以内にワークショップを行なうこと、スターク・サンズとビリー・ポーターが主演に配役されたことを発表した[22][23]。2012年8月、プロデューサーは2013年4月4日にブロードウエイ初演をすることを発表した[24]

あらすじ[編集]

第1幕

チャーリー・プライス少年はノーザンプトンで代々続く靴工場プライス&サンの4代目に成長する。ミッドランズで育った別の少年は、チャーリーが興味のない靴に惹かれるが、赤い女性用のハイヒールだったために厳しい父親に怒られる。数年後、チャーリーの父親は歳を取ったためチャーリーに工場を継いでほしいが、チャーリーは不動産業でのキャリアアップを願い地位にこだわる婚約者のニコラと共にロンドンへの引越を切望している(The Most Beautiful Thing )。

チャーリーがロンドンでアパートをやっと見つけると同時に、父親が急に亡くなる。チャーリーが葬式のために急遽戻ると、工場が実は破産寸前であることを知る。工場は高品質の紳士靴を製造しているが、高価でしかもお洒落ではないためあまり売れていない。チャーリーは父の遺産を引き継ぎ工場を守ることを決心するが、プライス&サンのブランドにはこだわりがない。ほとんどがチャーリーの幼少期から知っている従業員たちはチャーリーの経営方針に懐疑的で反感を持つ。

チャーリーはロンドンに戻り、友人で業界仲間のハリーとパブで会い、工場再建について相談する。ハリーは一時的な解決策しか提案できず、チャーリーに流れに逆らわないことと忠告する(Take What You Got )。パブを出ると、チャーリーは2人の酔っ払いに絡まれている女性を見つける。彼は仲裁しようとするが殴られて意識を失う。彼が目を覚ますとそこは怪しいナイトクラブで、彼が助けようとした女性はこのクラブでバックダンサーのエンジェルズを率いるナンバーワンドラァグ・クイーンのローラであることを知る(Land of Lola )。ローラの楽屋でまだ意識が朦朧としているチャーリーだったが、出演者たちのハイヒールが男性の体重を支えるようにできていないことに気付く。しかしローラは高価でも壊れやすいこのハイヒールが自身の舞台に不可欠であると語る。

チャーリーは工場に戻り、不本意ながらも従業員の解雇を開始する。製造部門のローレンはチャーリーから解雇を告げられると激怒し、他の経営難の靴工場はニッチ市場を開拓して生き残っていると告げる。これによりチャーリーにアイデアが浮かび(Land of Lola (リプライズ))、ローラを工場に招待して男性向けの婦人靴のデザインを依頼する(Charlie's Soliloquy /Step One )。

ローラとエンジェルズが工場に到着し、ローラはチャーリーの第1作目に不満を漏らす。工場の女性陣はすぐさまローラの味方となり、ローラは手早く靴のデザイン画を描き、最重要課題は断然セックス・アピールだと語る(The Sex is in the Heel )。工場長のジョージはローラのデザインを実務的に分析し、ローラに3週間後に控えるミラノで行われる高名な品評会まで滞在し、工場を守るために「キンキーブーツ」(異性靴)ラインのデザインをしてくれるようチャーリーに仕掛ける。男性労働者から悪い態度を取られていたローラであったが、チャーリーにおだてられて渋々了承する。

チャーリーは工場をキンキーブーツ製造に方針転換することを告げる。彼はアイデアをくれたローレンに感謝をし、彼女を昇進させる。ローレンはチャーリーに恋し始めていることに気付く(The History of Wrong Guys )。

翌日、ローラは男性の服装で登場し、現場主任のドンと仲間たちにからかわれる。落胆したローラはバスルームに引きこもり、チャーリーはローラを慰めようとする。ローラは子供の頃父親からボクシングのトレーニングを受けていたが、ドラァグの恰好で試合に登場して勘当されたことを語る。チャーリーとローラは互いに父親へのコンプレックスという共通点に気付き、ローラは自分の本名はサイモンであると明かす(Not My Father's Son )。

ニコラがロンドンから戻り、上司が策案したコンドミニアムへの工場跡地再開発プランを語る。チャーリーは拒否するが、父親が生前、チャーリーは継がないものとしてこの計画に同意していたことを知りショックを受ける。チャーリーは売却を拒否し、直後に労働者たちはキンキーブーツ第1作の完成に歓喜する(Everybody Say Yeah )。

第2幕

労働者の多くはこの大きな方針転換に熱心ではない。うち一部、特にドンはローラに不快感を表す。ローラはドンに言いかえし、女性労働者たちを味方につけ、女性たちにとってドンよりもローラの方が理想的な人物となる(What a Woman Wants )。ローラはドンにどちらが本物の男か、互いの提案による賭けを持ち掛ける。ドンはパブでのボクシング・マッチを提案する。ローラがボクシング経験者であることを知っているチャーリーは不安になる。ローラはドンから簡単に点をとるが、最終的にドンに勝たせる(In This Corner )。後に2人きりになった際、ドンはなぜローラがドンに勝たせたのか尋ね、ローラはドンを仲間の前で恥をかかせたくなかったと語る。ローラの賭けの提案は「誰かをありのままで受け入れる」ことであった。

チャーリーはミラノでの品評会に間に合わせるため自身の金銭を工場に投じ、製品の細かい部分が目につきイライラし、労働者の作業が手抜きだとして怒りにまかせてやり直しを命じる。チャーリーの工場再建への妄想にうんざりしているニコラがやってきて別れを切り出す。ローラは製造についてある計画を練っており、チャーリーの承諾を得ないまま準備を進める。ローラは品評会のランウエイにプロのモデルではなくエンジェルズを登場させようとして、チャーリーは困惑しローラを激しく非難して他の労働者たちの前で恥をかかせる。ローラは出ていき、労働者たちも続いて出ていく。一人になったチャーリーは、工場を続けるのは父親のためなのか自分のためなのか葛藤する(Soul of a Man )。

ローレンはチャーリーを見つけ、工場に戻るよう諭す。工場ではドンが他の労働者たちを呼び戻し、1週間の給料を免除してミラノの品評会のためにブーツを完成させようと奮闘していたのだ。チャーリーは驚くと同時に喜び、ローレンにドンは借りを返してローラを受け入れたのか尋ねる。ローレンはドンが受け入れたのはローラではなくチャーリーだと応える。

ミラノ行きの空港へ向かう時、チャーリーはローラの留守電に心を込めた謝罪を吹き込む。その頃ローラは故郷の老人ホームで慰問公演を行なっていた。ステージを降り、車椅子に乗った父親に語り掛け、心を通わせる(Hold Me in Your Heart )。

チャーリーとローレンはミラノに到着するが、モデルがおらずチャーリー自身がランウェイを歩くことを決心し、ローレンは驚く(The History of Wrong Guys (リプライズ))。品評会は失敗に終わるかと思われたが、ローラとエンジェルズがミラノに到着して危機を救う。チャーリーとローレンは初めてキスを交わし、全員で「キンキーブーツ」の成功を祝う(Raise You Up /Just Be )。

音楽[編集]

ローパーは作曲開始当初、異なるキャラクターそれぞれの一貫性が必要なことを考えた[25]。ローパーは当時の苦労について「いったいどれほどファッション、おかしな関係、人々の心変わり、そして靴のことを広げて書けばいいのよ」と冗談を言った[9]。ローパーが作曲した1曲目は歌声の音域の幅広いオープニングの曲であった[19]。曲が思い浮かぶとiPhoneに吹き込み、編曲家のスティーブン・オレマスが楽譜に起こした[9]。オレマスはその後「ハーモニーにメロディを吹き込み、シーンや歌に合う付随音楽を作成」し、曲を編曲した[26]。音楽性は「個性に合わせた歌詞に合わせたポップ、ファンク、現代風タンゴなど」幅広い[11]。『ニューヨーク・タイムズ』の批評家メリナ・ライジックは「さびや盛り上がる曲が多いが、『キンキーブーツ』の感動的なシーンは双方の親の心情を表すいくつかのバラードであった」と記した[11]。オーケストラではキーボード、パーカッション、ベース、ギター、リード楽器、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、トランペット、トロンボーンの12名で構成されている[27][28]

使用楽曲[編集]

2013年のブロードウエイ公演で使用された楽曲を以下に示す:

‡オリジナル・ブロードウエイ・キャスト・アルバムには含まれていない。

2012年のシカゴ公演で使用された楽曲を以下に示す:

主要な役のオリジナル・キャスト[編集]

役名 オリジナル・ブロードウエイ・キャスト[30] オリジナル全米ツアー・キャスト[31]
チャーリー・プライス スターク・サンズ スティーヴン・ブース
ローラ/サイモン ビリー・ポーター カイル・テイラー・パーカー
ローレン アナリー・アシュフォード リンゼイ・ニコル・チャンバーズ
ニコラ リナ・ホール[32] グレイス・ストックデイル
ミスター・プライス スティーブン・バーガー デイヴィッド・マクドナルド
サイモン・シニア ユージン・バリー・ヒル ホレイス・V・ロジャース
ドン ダニエル・シャーマン ジョー・クーツ
ジョージ マーカス・ニヴァイル クレイグ・ウエルツコ
パット トリー・ロス ボニー・ミリガン
ハリー アンディ・ケルソ マイク・ロンゴ
トリシュ ジェニファー・ペリー アメリア・コーマック
リチャード・ベイリー ジョン・ジェフリー・マーティン ロス・リカイツ
ミラノの舞台監督 アディナ・アレキサンダー アン・トルペギン
チャーリー少年 セバスチャン・ヘッジズ・トーマス アンソニー・ピカレロ
サイモン少年 マーキーズ・ニール アンドリュー・セオ・ジョンソン
マギー キャロライン・ボウマン ブレア・ゴールドバーグ

ブロードウエイ代役:

  • 2014年1月27日、アンディ・ケルソがスターク・サンズの後任でチャーリー・プライス役に配役された。[33]
  • 2014年3月4日、ジェナ・ド・ウォールがアナリー・アシュフォードの後任でローレン役に配役された[33][34]
  • 2014年3月4日、コートニー・ウォルフソンはリナ・ホールの後任でニコラ役に配役された[34]
  • 2014年6月24日から9月30日、ヘイヴン・バートンは一時的にジェナ・ド・ウォールの代役でローレン役に配役された[35]

プロダクション[編集]

シカゴおよびブロードウエイ[編集]

2012年2月6日、『シカゴ・トリビューン』は『キンキーブーツ』のプロデューサーがブロードウエイ公演の試験興行としてイリノイ州での公演を検討していると報じた[36]。2月22日、ブロードウエイ公演前のシカゴ興行が2012年10月に行なわれることが発表された[37][38]。6月28日、シカゴ公演の出演者が発表された[39]。2012年9月、ニューヨークにある新42丁目劇場でリハーサルが行われた。2012年10月2日、シカゴにあるバンク・オブ・アメリカ劇場でブロードウエイ前公演が開幕し、11月4日に閉幕した[9][18][40]。公演はミッチェルによる演出および振付、デイヴィッド・ロックウエルによる装置デザイン、グレッグ・バーンズによる衣装、ケネス・ポズナーによる照明、ジョン・シャイヴァーズによる音響で上演された。音楽監督および編曲はスティーブン・オレマスであった。演出およびデザイン・チームはこれまで高い評価を受けて数々の賞を受賞してきた。ミッチェルは2005年に『ラ・カージュ・オ・フォール』再演でトニー賞を受賞し、バーンズとポズナーもトニー賞に受賞したことがあり、ロックウエルはトニー賞などに複数回ノミネートされたことがあった[17][18][19]

ミッチェルとロックウエルは以前『ヘアスプレー』。『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』、『キューティ・ブロンド』でコラボレートしたことがあった[41]。ミッチェルは『ニューヨーク・タイムズ』に、第1作のキンキーブーツが完成してお祝いのダンスに合わせてブーツがベルトコンベアに乗ってくる『Everybody Say Yeah 』のシーンでは役者がこのベルトを動かすため安全に気を付け改良を重ねなければいけなかったと語った[42]。デザイナーのデレク・マクレーンは『キンキーブーツ』のベルトコンベア・ダンス・シーンのように振付家と装置デザイナーがコラボレートすることはよくあると語った。マクレーンはベルトコンベアは複数で構成され、分割されてあちこちに動き回る様子は4インチ(12cm)のヒールを履いた男たちのダンスにアクセントを付けており物語の背景によく合い、この一連の動きに感銘を受けたと語った。ベルトコンベアに敬意をこめて、彼は「ベルトコンベアがこのように驚きの連続で、実際危険そうな動きでダイナミックに使われることはかつてなかった。私が知っている中で、装置デザインと振付のスリリングなコンビネーションの1つである」と語った[41]

試験興行の後、チームは曲のカットおよび、チャーリーのための新曲とドラァグ・クラブでの2曲目の追加、脚本の修正を行なった[3]。ブロードウエイ公演がAl Hirschfeld Theatre にて2013年3月3日からプレヴュウ公演が行なわれ、4月4日に正式に開幕した[43][44]。シカゴおよびブロードウエイの出演者はローラ役にビリー・ポーター、チャーリー役にスターク・サンズ、ローレン役にアナリー・アシュフォードが配役された[18][45]。ポーターは特に批評家の称賛を受けた[46][47]

『ニューヨーク・タイムズ』は2012年から2013年のシーズンで、ブロードウエイ新作ミュージカルの多くは「映画や本から着想を得ている」[13]、また『キンキーブーツ』は「継続している失業率、財政難、工業の衰退」などを含む問題が現代と重なる部分があると記した[48]。2013年6月9日のトニー賞までに『キンキーブーツ』は興行面で『マチルダ』と競っていた[49][50]。しかし開幕から1ヶ月足らずで『キンキーブーツ』は週の興行収入で上回った[51]。『キンキーブーツ』はトニー賞においてミュージカル作品賞を含む、シーズン最高の6部門で受賞した。翌日、チケットは125万ドル売り上げ、観劇するにはだいぶ先のチケットでも前売券を購入する必要があった[50]。トニー賞受賞数週間後の7月上旬にはチケット購入のための泊まり込みが始まったため、購入権は抽選で決まることになった[52]。『キンキーブーツ』はAl Hirschfeld Theatre におけるチケット売り上げ記録を更新し[53]、30週間の公演で比較的早く1,350万ドルの経費を回収し[54]、近年の大掛かりなミュージカル作品の中でもより速い回収となった[55][56]。2013年10月、ブロードウエイの公演において、『ブック・オブ・モルモン』に続き2番目にプレミア価格の高い作品となった[57]。2015年2月4日現在、1億3,500万ドルの収益を上げた[58]

11月28日、全米で放送されたメイシーズ・サンクスギヴィング・デイ・パレードでフィナーレのシーンが披露されたが、多くの視聴者が家族向けの番組に不適切だとコメントした[59][60]。ファイアスタインはこの放送により偏見が減りLGBTの人々への寛容さが増したと語った[61]

その他のプロダクション[編集]

2014年9月4日、ラスベガスにあるスミス・センターにて全米ツアー公演が始まった[62]。ローラ役はカイル・テイラー・パーカーが配役された[63]

2015年6月、全員カナダ人キャストによるトロント・プロダクションの公演がロイヤル・アレキサンドラ劇場で開幕予定である[64]

2014年11月25日から2015年2月8日まで韓国のソウルにある忠武アートホールで韓国プロダクションによる公演が予定された[65]

2015年にウエスト・エンドプロダクションによる公演が予定され、ミッチェルが会場と交渉中である[66]

批評[編集]

2012年10月のシカゴ公演開幕時、『シカゴ・トリビューン』の批評家クリス・ジョーンズは『キンキーブーツ』について「心温まる、感じの良い、豪華で、涙をそそる、寛大で上品なスケールの」プロダクションであると記した[67]。ブロードウエイ開幕前、他の批評家は音楽、脚本、演出、そしてポーターの演技を称賛し、その後チームはオープニングの曲をより効果的に、第2幕のペースを改良し、「チャーリーとローレンのロマンスの誕生のために、より導入部が必要となった。観客にわかりやすいようにローレン役のアシュフォードに台詞や演技を追加した[47]

ブロードウエイ開幕公演では賛否両論であった。『ロサンゼルス・タイムズ』の劇評家チャールズ・マクナルティは「ファイアスタインの伝えたいことはきちんと伝わってくる」が「商業的でなければとても楽しかっただろう」としながらも、ローパーの音楽について「ストーリーに沿わない」「初歩的な間違い」と批判した[68]。『デイリー・ニューズ』のJoe Dziemianowicz は「この脚本は足に全く合わない靴のように問題がある」としたが、「ミッチェルのプロダクションは全速力で動き」「ポーターにとってローラ役は当たり役」とし、ローパーの「多様な驚くべき楽しい」音楽は工場の靴よりも魅力があり、「この公演の本当の見せ場」は音楽にあることを証明したと記した[46]。『ガーディアン』でデイヴィッド・コートはノーザンプトンが舞台のこの作品にアメリカ人俳優を起用したことについてリアリティを失っていると記した[69]。『ウォール・ストリート・ジャーナル』は「ゲイのダンサーを起用したイギリスの労働階級の偽善的なお涙頂戴のエンディング。『キンキーブーツ』は役者が台詞を言う前にネタバレするようなミュージカルである。音楽も、シンディによる80年代後期の忘れ去られた定番のB面曲」であると批判した[70]。『バーゲン・レコード』のレヴュウでは「致命的な欠点はドラマティックなお約束の結末である。このためひどく退屈なミュージカル」であるとし、「ありふれた」「作り話」と記した[71]。『トーキン・ブロードウエイ』でもネガティヴなレビュウであった[72]。『ヴィレッジ・ヴォイス[73]、『AMニューヨーク』[74]NBCでははっきりした表現は避けた[75]

『ニューヨーク・タイムズ』のベン・ブラントリーは「印象を受けた」とし、近年の人気ミュージカルと比較し「『フル・モンティ』(ミッチェル振付)や『リトル・ダンサー』のように、経営不振のイギリスの工場街では失業率が高く、気持ちの高揚が必要である。『ラ・カージュ・オ・フォール』や『プリシラ』のようにドラァグ・クイーンが盛り上げてくれる。また『ヘアスプレー』とトーンが似て、『キンキーブーツ』は観客の情熱を引き出し、偏見を打ち消し、既成概念を超越する」と高評価を記した[76]。ブラントリーはローパーの「感傷的で奇抜な彼女のトレードマークの音楽」と「愛のこもった熱い音楽」に圧倒され、衣装やブーツをデザインしたグレッグ・バーンズは観客を赤いブーツに釘付けにしたと記した。しかしブラントリーはファイアスタインの脚本については特に第2幕で「不快で説教くさい」「お決まりのストーリー」であるとした[76]。『タイム・アウト・ニューヨーク』の劇評家は「現代の著名ミュージカルの典型」と記した[77]AP通信は「自分たちと重ねることができる昔から愛される父子の物語と独特な赤いブーツ。ハーヴェイ・ファイアスタインは舞台に魔法をかけた」としつつも、「第2幕は全く不要であり、おかしな英国訛りでくだらない靴の話がだらだらと続く」とした[78]。『エンターテインメント・ウィークリー』は「シンディ・ローパーの音楽は心に訴えるものがあり称賛に値する」と記した[79]。『ニューヨーク・マガジン』[80]、『ニューヨーク・ポスト[81]、『ワシントン・ポスト』[82]、『バラエティ』からは高評価を得た[83]。『ニューヨーク・タイムズ』、『タイム・アウト・ニューヨーク』、『ニューヨーク・マガジン』による批評家選出作品、および『エンターテイメント・マガジン』による必見作品の1つに選ばれた[84]

受賞歴[編集]

当初『マチルダ』が有力候補とされていたが、『キンキーブーツ』および『PIPPIN』再演が開幕すると激戦となっていった[85]。2013年度初頭、『キンキーブーツ』が優位となりドラマ・リーグ・アワードのミュージカル・プロダクション賞、ポーターおよびサンズがパフォーマンス賞にノミネートされ[86]、プロダクション賞を受賞した[87]。アウター・クリティクス・サークル・アワードにおいて9部門でノミネートされ、新作ブロードウエイ・ミュージカル作品賞、新作楽曲賞、ポーターに対するミュージカル男優賞の3部門を受賞した[88]。ドラマ・デスク・アワードでは2部門しかノミネートされず、ポーターがミュージカル男優賞を受賞した[89]。『ニューヨーク・タイムズ』劇評家のパトリック・ヒーリーはトニー賞投票者が『マチルダ』について「暗く」「やや冷淡」と評していると報じ、「『マチルダ』の緻密なすじは脚本賞に値するが、『キンキーブーツ』の温かさはその得点を覆す可能性がありトニー賞ミュージカル作品賞を獲得するかもしれない」と予測した[90]

トニー賞において『キンキーブーツ』はこの年最高の13部門にノミネートされた[91]。『ニューヨーク・タイムズ』が「批評家からの評判が高い」と評した『マチルダ』は12部門でノミネートされ、うち11部門は『キンキーブーツ』もノミネートされていた[92]。批評家からの評判に加えて『マチルダ』はドラマ・デスク・アワードのミュージカル作品賞を受賞し、またローレンス・オリヴィエ賞史上最多受賞となっていた[93]。にも関わらず『キンキーブーツ』はミュージカル作品賞、ローパーのオリジナル楽曲賞を含むこの年最多のトニー賞6部門を受賞した。なおオリジナル楽曲賞を女性が単独で受賞したのはこの時が初めてであった[94]。製作チームはアメリカ人であり、『ガーディアン』のアメリカ人レヴュウ・ライターであるデイヴィッド・コートは『キンキーブーツ』の受賞について「イギリスの作品である『マチルダ』は、(イギリスが舞台ではあるが)アメリカ発のミュージカルである『キンキーブーツ』のバランスの取れた愛」が勝因だったと分析した[69]。他にポーターに主演男優賞、シャイヴァーズに音響デザイン賞、ミッチェルに振付賞、オレマスに編曲賞が与えられた。ファイアスタイン、サンズ、アシュフォード、演出のミッチェル、他3名のデザイナーはノミネートはされたが受賞には至らなかった[91]。また2013年のアーティオス賞でブロードウエイ・ミュージカルキャスティング賞を受賞した[95]

2016年、ローレンス・オリヴィエ賞・最優秀新作ミュージカル賞、マット・ヘンリーが最優秀主演男優賞、グレッグ・バーンズが最優秀衣裳賞を受賞[96]

収録[編集]

2013年5月28日、ローパー、オレマス、ウイリアム・ウイットマンによるプロデュースのブロードウエイ・オリジナル・キャスト・アルバムが発表された[97][98]。ビルボード初登場時、キャスト・アルバム・チャート第1位、Billboard 200第51位となり[99]、2年前の『ブック・オブ・モルモン』以降、ブロードウエイ・キャスト・レコーディングのチャートで最高となった[100]。シカゴでの試験興行の前、ビルボードのクラブ・チャートにおいて『Sex Is in the Heel 』がトップ10にランクインし、この25年間でブロードウエイの楽曲で初めてのランクインとなった[11]。2013年6月、Wayne G. & LFBにより『Land of Lola 』のダンス・リミックスが発表された[101]。このアルバムは『プレイビル』誌上でスティーヴン・サスキンにより高評価を受け[102]、グラミー賞ミュージカル・シアター・アルバム部門を受賞した[103]

日本での上演[編集]

日本では、2016年に初演[104]

2016年(初演)
主要キャスト
  2016年
チャーリー・プライス 小池徹平
ローラ 三浦春馬
ローレン ソニン
ニコラ 玉置成実
ドン 勝矢
ジョージ ひのあらた
パット 飯野めぐみ
トリッシュ 白木美貴子
ハリー 施鐘泰(JONTE)

脚注[編集]

  1. ^ Cyndi Lauper-Harvey Fierstein Musical Kinky Boots Opens in Chicago Oct. 17; Broadway Is Next”. playbill.com. Playbill (2012年10月17日). 2013年2月9日閲覧。
  2. ^ "Kinky Boot Factory", BBC Two, accessed November 11, 2013
  3. ^ a b c d Ferri, Josh. "Fetish Footwear, Acclaimed Film & Rockin' Broadway Musical: Explore the Many Steps of Kinky Boots", Broadway.com, March 16, 2013, accessed November 14, 2013
  4. ^ "Daryl Roth", Internet Broadway Database, accessed December 16, 2013
  5. ^ Jones, Kenneth (2008年7月8日). “Kinky Boots, the Musical, Walking Toward Broadway”. Playbill. 2013年12月17日閲覧。
  6. ^ a b Gerard, Raymond (2013年1月7日). “Kinky Boots: A New Musical is Born”. BroadwayDirect.com. 2013年11月22日閲覧。
  7. ^ Hal Luftig: Producer, Production Crew”. The Broadway League. 2013年12月17日閲覧。
  8. ^ Jones, Kenneth (2008年7月8日). “Kinky Boots, the Musical, Walking Toward Broadway”. Playbill. 2012年10月5日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g Jones, Chris (2012年9月27日). “Cyndi Lauper working out the kinks in Kinky Boots”. Chicago Tribune. 2012年10月5日閲覧。 (subscription required)
  10. ^ Healy, Patrick (2012年8月15日). “‘Kinky Boots’ Sets April 4 Broadway Opening”. The New York Times. http://artsbeat.blogs.nytimes.com/2012/08/15/kinky-boots-sets-april-4-broadway-opening/ 2013年12月15日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f g Ryzik, Melena (2013年3月14日). “So Unusual for a Theater Tunesmith”. The New York Times. 2013年11月7日閲覧。
  12. ^ Cyndi Lauper Walks Into Creative Team for Broadway-Bound Kinky Boots”. Broadway.com (2010年6月23日). 2013年11月10日閲覧。
  13. ^ a b Healy, Patrick (2012年8月15日). “‘Kinky Boots’ Sets April 4 Broadway Opening”. The New York Times. 2013年11月8日閲覧。
  14. ^ Brantley, Ben (2006年4月21日). “'Threepenny Opera' Brings Renewed Decadence to Studio 54”. The New York Times. 2013年11月11日閲覧。
  15. ^ Parsi, Novid (2012年9月26日). “Harvey Fierstein – Interview: Fierstein’s new musical, Kinky Boots, stars a man in a dress”. Time Out Chicago. 2013年11月13日閲覧。
  16. ^ Henderson, Kathy (2012年10月1日). “Why Kinky Boots Composer Cyndi Lauper Is Like a Drag Queen and More Juicy Tidbits From Her New Memoir”. Broadway.com. 2013年11月14日閲覧。
  17. ^ a b Hetrick, Adam (2012年7月11日). “Cyndi Lauper Musical Kinky Boots May Stomp Broadway's Al Hirschfeld Theatre”. Playbill. 2012年10月5日閲覧。
  18. ^ a b c d Kinky Boots Chicago Premiere: Cyndi Lauper, Harvey Fierstein Musical Begins Pre-Broadway Run”. The Huffington Post (2012年10月2日). 2012年10月5日閲覧。
  19. ^ a b c Gardner, Elysa (2013年3月29日). “'Kinky Boots' fits Lauper and Fierstein to a T”. USA Today. 2013年11月12日閲覧。
  20. ^ Healy, Patrick (2013年4月17日). “New York Times Talks: Kinky Boots, the Musical (video)”. The New York Times. 2013年12月15日閲覧。
  21. ^ Cyndi Lauper, Harvey Fierstein's KINKY BOOTS Receives 10/6 Reading”. Broadwayworld.com (2011年8月16日). 2013年11月10日閲覧。
  22. ^ Jones, Kenneth (2012年1月11日). “Stark Sands and Billy Porter Will Try On Broadway-Bound Kinky Boots, With Songs by Cyndi Lauper”. Playbill. 2013年11月10日閲覧。
  23. ^ Healy, Patrick (2012年1月11日). “‘Leap of Faith’ Hopes to Land on Broadway This Spring”. The New York Times. 2013年11月10日閲覧。
  24. ^ Healy, Patrick (2012年8月15日). “‘Kinky Boots’ Sets April 4 Broadway Opening”. The New York Times. http://artsbeat.blogs.nytimes.com/2012/08/15/kinky-boots-sets-april-4-broadway-opening/ 2013年12月15日閲覧。 
  25. ^ Peeples, Jase (2013年5月14日). “Cyndi Lauper: She’s Still So Unusual”. The Advocate. 2013年11月12日閲覧。
  26. ^ Reich, Ronni (2013年3月17日). “Livingston native Stephen Oremus learns 'Lauper-ese' for 'Kinky Boots'”. NJ.com. 2013年11月12日閲覧。
  27. ^ Kinky Boots”. Internet Broadway Database. 2013年6月7日閲覧。
  28. ^ Inside the Playbill: Kinky Boots Opening Night at Al Hirschfeld Theatre”. playbillvault.com. Playbill. pp. 4. 2013年6月7日閲覧。
  29. ^ After previews, a song called "What Else Can I Do?/Bad Girl" was replaced by "The Land of Lola" (reprise).Kinky Boots”. Playbill. 2013年6月9日閲覧。
  30. ^ Inside the Playbill: Kinky Boots Opening Night at Al Hirschfeld Theatre”. playbillvault.com. Playbill. pp. 5. 2013年6月1日閲覧。
  31. ^ US National Tour Cast Announced
  32. ^ Ferri, Josh (2013年7月16日). “From Celina Carvajal to Lena Hall: The Kinky Boots Rocker Explains Her Recent Name Change”. Broadway.com. 2014年3月4日閲覧。
  33. ^ a b Hetrick, Adam (2014年1月27日). “Andy Kelso Joins Broadway Cast of Kinky Boots Jan. 27”. Playbill. 2014年1月31日閲覧。
  34. ^ a b Hetrick, Adam (2014年3月2日). “Annaleigh Ashford and Lena Hall Step Out of Broadway's Kinky”. Playbill. 2014年3月4日閲覧。
  35. ^ Kinky Boots' Jeanna de Waal to Take Summer Hiatus for Finding Neverland; Haven Burton Will Step In”. broadway.com (2014年6月3日). 2014年6月22日閲覧。
  36. ^ Jones, Chris (2012年2月6日). “'Honeymoon in Vegas' picks Toronto, Kinky Boots eyes Chicago”. Chicago Tribune. 2013年11月10日閲覧。
  37. ^ Harvey Fierstein and Cyndi Lauper's Kinky Boots to Get Pre-Broadway Premiere in October”. Broadwayworld.com (2011年2月22日). 2013年11月10日閲覧。
  38. ^ Healy, Patrick (2013年2月23日). “Artsbeat; Kinky Boots Musical Has Tryout in Chicago”. The New York Times. 2013年11月7日閲覧。
  39. ^ Jones, Chris (2012年6月28日). “Kinky Boots announces full cast”. Chicago Tribune. 2013年11月10日閲覧。
  40. ^ Gordon, David (2012年9月12日). “Harvey Fierstein, Cyndi Lauper, Billy Porter, Stark Sands Preview Kinky Boots”. TheaterMania.com. 2012年10月5日閲覧。
  41. ^ a b Simon, Lizzie (2013年3月13日). “Curtain Raisers: The Belts Match the Boots”. The Wall Street Journal. 2013年11月12日閲覧。
  42. ^ Piepenburg, Erik (2013年4月3日). “Anatomy of a Number: Kinky Boots (video)”. The New York Times. 2013年11月13日閲覧。
  43. ^ Kinky Boots”. The New York Times. 2013年3月14日閲覧。
  44. ^ Isherwood, Charles (2013年2月21日). “Hard Times Come Again, With Song”. The New York Times. 2013年3月14日閲覧。
  45. ^ Jones, Chris (2012年6月28日). “Kinky Boots announces full cast”. Chicago Tribune. 2012年10月5日閲覧。
  46. ^ a b Dziemianowicz, Joe (2013年4月4日). “Kinky Boots: Theater review: Cyndi Lauper and Harvey Fierstein's musical about a struggling shoe factory is tuneful and joyful”. Daily News. 2013年4月29日閲覧。
  47. ^ a b Bullen, Robert (2012年10月19日). “Delightful Kinky Boots Kicks Up Its Heels in Pre-Broadway Engagement”. huffingtonpost.com. The Huffington Post. 2013年2月9日閲覧。
  48. ^ Isherwood, Charles (2013年2月21日). “Hard Times Come Again, With Song”. The New York Times. 2013年11月7日閲覧。
  49. ^ Matilda opened on Broadway on April 11, 2013, one week after Kinky Boots.
  50. ^ a b Healy, Patrick (2013年6月11日). “Tony Win Gives Box Office Boost to Kinky Boots”. The New York Times. 2013年11月9日閲覧。
  51. ^ Broadway Box Office Grosses”. Broadwayworld.com. 2013年12月18日閲覧。
  52. ^ Hetrick, Adam (2013年7月3日). “Tony-Winning Musical Kinky Boots Announces New Ticket Lottery Policy”. Playbill. 2013年11月7日閲覧。
  53. ^ Meadows, Megan. “Broadway Grosses: Kinky Boots Fans 'Say Yeah!' at the Box Office, Break Record”. Broadway.com. 2013年12月18日閲覧。
  54. ^ Healy, Patrick (10/3/13). “These Boots Are Made for Walking to the Bank: ‘Kinky’ Recoups Its $13.5 Million”. The New York Times. http://artsbeat.blogs.nytimes.com/2013/10/03/these-boots-are-made-for-walking-to-the-bank-kinky-recoups-its-13-5-million/ 2013年12月18日閲覧。 
  55. ^ Tony-Winning KINKY BOOTS Recoups on Broadway in 30 Weeks!”. Broadwayworld.com. 2013年12月18日閲覧。
  56. ^ Gans, Andrew (2013年10月3日). “Tony-Winning Musical Kinky Boots Recoups Initial Investment”. Playbill. 2013年11月7日閲覧。
  57. ^ Healy, Patrick (2013年10月3日). “These Boots Are Made for Walking to the Bank: ‘Kinky’ Recoups Its $13.5 Million”. The New York Times. 2013年11月9日閲覧。
  58. ^ [1], Playbill Vault, accessed September 30, 2014
  59. ^ Twitter Erupts Over Kinky Boots Performance on NBC”. Broadwayworld.com (2013年11月28日). 2013年11月29日閲覧。
  60. ^ Beard, Lanford (2013年11月28日). “Macy's Thanksgiving Day Parade 2013: EW's minute-by-minute rundown”. Entertainment Weekly. 2013年11月29日閲覧。
  61. ^ Page Six Team (2013年11月30日). “'Kinky Boots' walks tall in Macy's after parade controversy”. New York Post. http://pagesix.com/2013/11/30/kinky-boots-walks-tall-in-macys-after-thanksgiving-parade-controversy/ 2013年12月15日閲覧。 
  62. ^ Hetrick, Adam (2013年12月20日). “Kinky Boots Tour Plans September 2014 Las Vegas Launch”. Playbill. 2013年12月20日閲覧。
  63. ^ Cling, Carol (2014年8月28日). “Tony-winning musical ‘Kinky Boots’ launches national tour at The Smith Center”. Las Vegas Review-Journal. 2014年8月28日閲覧。
  64. ^ ‘Kinky Boots’ to have Canadian premiere in June 2015”. Global News. Shaw Media (2014年2月19日). 2014年2月21日閲覧。
  65. ^ 뮤지컬 <킹키부츠> 캐스팅 오디션”. CJ E&M. CJ &M. 2014年3月10日閲覧。
  66. ^ Hewis, Ben (2014年1月23日). “Kinky Boots heading to the West End in 2015, says Mitchell”. whatsonstage.com. Whats On Stage. 2014年1月23日閲覧。
  67. ^ Jones, Chris (2012年10月17日). “'Kinky Boots' kicks up its colorful heels in pre-Broadway premiere”. Chicago Tribune. 2013年3月14日閲覧。
  68. ^ McNulty, Charles (2013年4月4日). “Review: 'Kinky Boots' is unsteady in its Broadway walk”. Los Angeles Times. 2013年4月29日閲覧。
  69. ^ a b Cote, David (2013年6月10日). “Tony awards 2013: Matilda left wanting as Kinky Boots dances to victory: Tony voters stuck to the American side of Broadway – even if Kinky Boots came with an English pedigree”. The Guardian. 2013年11月9日閲覧。
  70. ^ Teachout, Terry (2013年4月4日). “The Who-Cares Test”. The Wall Street Journal. 2013年12月16日閲覧。
  71. ^ Feldberg, Robert (2013年4月5日). “Theater review: Kinky Boots”. The Bergen Record. 2013年12月16日閲覧。
  72. ^ Murray, Matthew (2013年4月4日). “Kinky Boots”. Talkin' Broadway. 2013年12月16日閲覧。
  73. ^ Feingold, Michael (2013年4月10日). “Kinky Boots Kicks Up Some Familiar High Heels”. Village Voice. 2013年12月16日閲覧。
  74. ^ Windman, Matt (2013年4月4日). “Theater Review: Kinky Boots – 2.5 stars”. AM New York. 2013年12月16日閲覧。
  75. ^ Kahn, Robert (2013年4月5日). “Cyndi Lauper and Harvey Fierstein Don Their Kinky Boots”. NBC New York. 2013年12月16日閲覧。
  76. ^ a b Brantley, Ben (2013年4月4日). “High Spirits, Higher Heels: 'Kinky Boots,' the Harvey Fierstein-Cyndi Lauper Musical”. The New York Times. 2013年4月29日閲覧。
  77. ^ Feldman, Adam (April 4, 13). “Kinky Boots”. Time Out New York. http://www.timeout.com/newyork/theater/kinky-boots 2013年12月15日閲覧。 
  78. ^ Kennedy, Mark (2013年4月4日). “Sweet 'Kinky Boots' An Ode To Love, Shoes”. The Big Story. http://bigstory.ap.org/article/review-sweet-kinky-boots-ode-love-shoes 2013年12月15日閲覧。 
  79. ^ Geler, Thom (2013年4月9日). “Stage Review: Kinky Boots (2013)”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/ew/article/0,,20364394_20688531,00.html 2013年12月15日閲覧。 
  80. ^ Bonanos, Christopher (2013年4月4日). “Kinky Boots: Critics' Pick”. New York Magazine. http://nymag.com/listings/theater/kinky-boots/ 2013年12月15日閲覧。 
  81. ^ Vincentelli, Elisabeth (2013年4月5日). “You’ll get a kick out of ‘Kinky Boots’”. New York Post. http://nypost.com/2013/04/05/youll-get-a-kick-out-of-kinky-boots/ 2013年12月15日閲覧。 
  82. ^ Marks, Peter (2013年4月4日). “Lauper's 'Boots' were made for Broadway”. The Washington Post. http://articles.washingtonpost.com/2013-04-04/entertainment/38276148_1_kinky-boots-annaleigh-ashford-stark-sands 2013年12月15日閲覧。 
  83. ^ Stasio, Marilyn (2013年4月4日). “Legit Review: ‘Kinky Boots’”. Variety. http://variety.com/2013/legit/reviews/legit-review-kinky-boots-1200333293/ 2013年12月15日閲覧。 
  84. ^ Kinky Boots Musical Website”. 2013年12月15日閲覧。
  85. ^ Healy, Patrick (2013年6月7日). “Curtain’s Up on a Real Race”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2013/06/07/theater/theaterspecial/predictions-from-tony-award-voters.html 2013年12月15日閲覧。 
  86. ^ Gans, Andrew (2013年4月25日). “Nominees Announced for 79th Annual Drama League Awards”. Playbill. 2013年4月27日閲覧。
  87. ^ Gans, Andrew (2013年5月17日). “Kinky Boots, Pippin, Vanya and Sonia, Virginia Woolf and More Win Drama League Awards”. Playbill. 2013年5月17日閲覧。
  88. ^ Gans, Andrew (2013年5月13日). “Is Big Winner of 2012-13 Outer Critics Circle Awards Pippin Is Big Winner of 2012-13 Outer Critics Circle Awards”. Playbill. 2013年5月13日閲覧。
  89. ^ Hetrick, Adam (2013年5月19日). “Billy Porter, Andrea Martin, Pippin, Matilda, Vanya and Sonia Win Drama Desk Awards”. Playbill. 2013年5月20日閲覧。
  90. ^ Healy, Patrick (6/6/13). “Curtain’s Up on a Real Race: Tony Predictions From Patrick Healy, With Voters’ Help”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2013/06/07/theater/theaterspecial/predictions-from-tony-award-voters.html 2013年12月18日閲覧。 
  91. ^ a b Purcell, Carey (2013年6月9日). “Kinky Boots, Vanya and Sonia, Pippin and Virginia Woolf Are Big Winners at 67th Annual Tony Awards”. Playbill. 2103年6月10日閲覧。
  92. ^ Healy, Patrick (2013年4月30日). “It’s Kinky Boots vs. Matilda in Tony Nominations”. The New York Times. 2013年11月10日閲覧。
  93. ^ Matilda musical breaks Olivier awards record”. BBC (2012年4月15日). 2013年11月20日閲覧。
  94. ^ Healy, Patrick (2013年6月10日). “Kinky Boots Dances to the Top of the Tonys”. The New York Times. 2013年11月9日閲覧。
  95. ^ "Artios Awards", Casting Society of America, accessed November 20, 2103
  96. ^ “マーティン・マクドナーの新作が最優秀プレイ賞を受賞 2016年ローレンス・オリヴィエ賞が決定”. シアターガイド. (2016年4月4日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2016/04/04_02.php 2016年4月5日閲覧。 
  97. ^ Kinky Boots Cast Album Coming Soon!”. masterworksbroadway.com. Masterworks Broadway (2013年3月8日). 2013年6月7日閲覧。
  98. ^ Hetrick, Adam (2013年5月28日). “"Everybody Say Yeah": Kinky Boots Broadway Cast Album Released May 28”. playbill.com. Playbill. 2013年6月7日閲覧。
  99. ^ Kinky Boots Broadway Cast Album Debuts at #1 on Billboard Chart”. playbill.com. Playbill (2013年6月7日). 2013年6月7日閲覧。
  100. ^ Kinky Boots Debuts At No 1 On Billboard Cast Album Chart”. top40-charts.com. Top 40 Charts (2013年6月7日). 2013年6月7日閲覧。
  101. ^ Hetrick, Adam (2013年6月28日). “Kinky Boots' "Land of Lola," With Billy Porter, Released as Dance Remix”. Playbill. 2013年11月7日閲覧。
  102. ^ Suskin, Steven (2013年8月4日). “On the Record: The New Broadway Cast Album of Kinky Boots and Audra McDonald's "Go Back Home"”. Playbill. 2013年11月7日閲覧。
  103. ^ Hetrick, Adam (2014年1月26日). “Kinky Boots Wins Grammy Award for Best Musical Theater Album”. Playbill. 2014年1月27日閲覧。
  104. ^ a b c 「キンキーブーツ」日本人キャストで初上演、小池徹平と三浦春馬がW主演”. ステージナタリー (2016年2月9日). 2016年2月9日閲覧。

外部リンク[編集]