ラナ・デル・レイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラナ・デル・レイ
Lana Del Rey
Lana Del Rey @ Grammy Museum 10 13 2019 (49311023203).jpg
ラナ・デル・レイ(2019年)
基本情報
出生名 Elizabeth Woolridge Grant
生誕 (1985-06-21) 1985年6月21日(37歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク・シティ
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州レークプラシッド
ジャンル ドリーム・ポップインディー・ポップバロック・ポップトリップホップ、サッドコア
職業 シンガーソングライターファッション・モデル
活動期間 2008年 -
レーベル インタースコープポリドール、Stranger
公式サイト lanadelrey.com

ラナ・デル・レイLana Del Rey)の芸名で知られるエリザベス・ウールリッジ・グラントElizabeth Woolridge Grant1985年6月21日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州出身のシンガーソングライターである。

自らを「ギャングスタ・スタイルのナンシー・シナトラ」だと名乗っており、彼女がリリースする曲には全体的に悲しみを表現しているものが多い。そのため、自身のジャンルは「サッドコア」だと公言している[1]。2012年にリリースされたメジャー・デビュー・アルバム『ボーン・トゥ・ダイ』がアメリカやイギリスをはじめとした世界各国でアルバムチャート上位を獲得して以降、アルバムリリースごとに堅調なセールスを持続し、2019年にリリースされた6thアルバム『ノーマン・ファッキング・ロックウェル!』が米誌ローリングストーンが発表した「ローリングストーン誌が選ぶ『歴代最高のアルバム』500選」の2020年改訂版において321位にランクインする[2] など批評的にも高い評価を得ている。

人物[編集]

カンヌ映画祭でのラナ・デル・レイ(2012年)

1985年6月21日にニューヨーク・シティで生まれ、レークプラシッドで育つ。15歳の時、コネティカット州の寄宿学校「ケント高校」に預けられた。この時の環境を「外側は整ってるけれど、内側は滅茶苦茶だった」と語っており、かなり辛い日々を送っていたことが後に明らかとなっている。高校卒業後、ニューヨーク州立大学に合格していたが入学せずにパートタイムのウェイトレスとして1年間勤務。その後、ニューヨーク州の名門フォーダム大学に入学し、哲学を専攻した。この頃から音楽活動を本格的に行うようになり、2011年6月にストレンジャー・レコードと契約。直後に、初のオフィシャルシングル「Video Games」をリリースすることとなった。

ラナ・デル・レイの名の所以については本人は「響きが美しいから」としており、女優のラナ・ターナーフォード・モーターの車種フォード・デル・レイから取ったとされるインターネット上の説についてはラナ本人が否定している[3]

音楽的には、ニルヴァーナカート・コバーンからの影響が最も強く、MTVのインタビューにおいて「彼は、私が見た中で最も美しい人。その時は子供だったけど、彼が持つ悲しみに共鳴した。私にとって一番のインスピレーションであり続けている」と語っている[4]。2012年のインタビューでは偉大な人物としてカートの他にエルヴィス・プレスリージェフ・バックリィの名を挙げており、彼らが悲劇的な人生を送ったことに惹かれるのではなく、純粋に彼らの音楽が好きなのだという[5]

来歴[編集]

ライブでのラナ・デル・レイ(2017年)

2008年10月21日、初となる公式音源EP「Kill Kill」を、リリース。この時は現在のアーティスト名ではなく、リジー・グラント名義での発表となっている。

2010年1月4日、インディーズ・アルバム『Lana Del Ray A.K.A. Lizzy Grant』をリリース。

2011年、自主制作のミュージックビデオ「ヴィデオ・ゲーム」「ブルー・ジーンズ」をYouTubeに投稿。「ヴィデオ・ゲーム」はインターネット上で大きな反響を呼び、ストレンジャー・レコードからシングルとしてリリースされた。同年、セカンドアルバム『ボーン・トゥ・ダイ』のリリースのためにインタースコープ・レコーズとポリドールと契約、トリップホップの独自解釈を加えたとされる[6]『ボーン・トゥ・ダイ』は2012年1月31日に全世界リリースされ、11の国のチャートで1位を獲得した。イギリスの音楽メディアNMEで2010年代のベストアルバム10位にランクインする[7] など批評的にも高い評価を得た。本作収録のシングル『サマータイム・サッドネス』は全米最高6位を記録し、アメリカでの自身最高位となっている[8]

2012年1月10日、EP『Lana Del Rey』をデジタル配信でリリース。全米ビルボード200にて、初登場20位を記録。

2012年3月8日渋谷の「SHIBUYA DUO MUSIC EXCHANGE」で予定されていたプレミア・ショーケース・ライブが、急きょ中止となった。開催者側は理由として「急激な世界的ヒットにより、アーティストへの需要がかつてないほど高いものになったため」だと発表している[4]

2012年5月28日に渋谷の「SHIBUYA DUO MUSIC EXCHANGE」で予定されていたプレミア・ショーケース・ライブが、急きょ中止となった。[9]

2012年11月12日に3rdEP『パラダイス』をリリース。『パラダイス』は第56回グラミー賞の「ベスト・ポップ・ヴォーカル・アルバム」にノミネートされ[10] 、2012 MTV Europe Music Awardsで最優秀オルタナティブ賞を受賞[11]ブリット・アワードでは2012年にインターナショナル・ブレイクスルー・アーティスト賞[12] 、2013年にインターナショナル女性アーティスト賞を受賞した[13]

2014年6月3日、3rdアルバム『ウルトラ・ヴァイオレンス』リリース。アメリカ、イギリスをはじめとする12の国でチャート1位を記録した。ザ・ブラック・キーズのダン・オーバックと制作された同作ではブルージーなギターロックがフィーチャーされ[6]、前作までよりプログラミングの比重を抑えたソフト・ロック風のサウンドになっている[14]

2015年9月、サード・アルバム『ハネムーン』をリリース。リリースに先立つ2015年5月にはコートニー・ラブ、グライムスらをオープニング・アクトに迎えたツアーThe Endless Summer Tourを開催した。

2016年にはザ・ウィークエンドのアルバム『スター・ボーイ』の収録曲「パーティー・モンスター」にバッキングボーカル、「スターガール・インタールード」でメインボーカルで参加した。ザ・ウィークエンドと共同作曲した「パーティーモンスター」はシングルカットされ、全米20位のヒットとなった。

2017年7月、アルバム『ラスト・フォー・ライフ』を発表。自身2度目となる全米アルバムチャート1位を記録[15]。それまでのアルバムとは異なりザ・ウィークエンドショーン・レノンスティーヴィー・ニックスエイサップ・ロッキー、プレイボーイ・カーティといった多くのゲスト陣を迎え、トラップミュージックの要素も加えた実験的な作品となった[6]。本作は第60回グラミー賞でベスト・ポップ・ボーカルアルバムにノミネートされた[16]

2019年8月、アルバム『ノーマン・ファッキング・ロックウェル!』をリリース。ジャック・アントノフをプロデューサーに迎え、70年代ロックを軸に[6]、サイケデリックポップ、トリップホップなどの要素を加えたサウンドになった[17]。同作はレビュー収集サイトMetacriticで28のレビューの加重平均値で100点中87点を獲得する[18] など高い評価を受け、第62回グラミー賞でアルバムオブザイヤーにノミネートされ、また、同作収録のタイトル曲がソングオブザイヤーにノミネートされた[19]

9月には2019年の映画「チャーリーズエンジェル」のサウンドトラック収録曲として、アリアナ・グランデ、マイリー・サイラスとのコラボレーション曲『ドント・コール・ミー・エンジェル』がリリースされた。

2021年3月19日、7thアルバム『ケムトレイルズ・オーヴァー・ザ・カントリー・クラブ』リリース。前作同様ジャック・アントノフをプロデューサーに迎えた同作ではフォークやアメリカーナにインスピレーションを受けた作風になっている[20]

同年10月22日、同年2枚目のアルバムリリースとなる8thアルバム『ブルー・バニスターズ』リリース。前作のアメリカーナ路線の延長線上にある作風で、大半がダウンテンポのピアノバラードの作品となった[21]。レビュー収集サイトMetacriticで21のレビューに基づく加重平均値で100点中80点の高評価を獲得している[22]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US
[23][24]
AUS
[25]
AUT
[26]
CAN
[27]
FRA
[28]
GER
[29]
ITA
[30]
NLD
[31]
SWI
[32]
UK
[33]
2010 Lana Del Ray
  • 発売日: 2010年1月4日
  • レーベル: 5 Points
  • フォーマット: digital download, streaming
2012 ボーン・トゥ・ダイ
Born to Die
  • 発売日: 2012年1月27日
  • レーベル: Polydor, Interscope
  • フォーマット: CD, LP, digital download, streaming
  • 全米売上: 110万枚[34]
2 1 1 3 1 1 5 2 1 1
2014 ウルトラヴァイオレンス
Ultraviolence
  • 発売日: 2014年6月13日
  • レーベル: Polydor, Interscope
  • フォーマット: CD, LP, digital download, streaming
  • 全米売上: 52.9万枚[44]
1 1 5 1 2 3 2 5 2 1
  • US: ゴールド[35]
  • AUS: ゴールド[45]
  • AUT: ゴールド[37]
  • CAN: ゴールド[46]
  • FRA: プラチナ[39]
  • GER: ゴールド[47]
  • UK: ゴールド[43]
2015 ハネムーン
Honeymoon
  • 発売日: 2015年9月18日
  • レーベル: Polydor, Interscope
  • フォーマット: CD, LP, digital download, streaming
  • 全米売上: 11.6万枚[48]
2 1 4 3 3 4 2 5 3 2
  • FRA: ゴールド[39]
  • UK: ゴールド[43]
2017 ラスト・フォー・ライフ
Lust for Life
  • 発売日: 2017年7月21日
  • レーベル: Polydor, Interscope
  • フォーマット: CD, LP, digital download, streaming
  • 全米売上: 8万枚[49]
1 1 5 1 3 8 6 6 2 1
    • US: ゴールド[35]
    • FRA: ゴールド[39]
    • UK: ゴールド[43]
2019 ノーマン・ファッキング・ロックウェル!
Norman Fucking Rockwell!
  • 発売日: 2019年8月30日[50]
  • レーベル: Polydor, Interscope
  • フォーマット: CD, LP, digital download, streaming, cassette[51]
  • 全米売上:6.6万枚[52]
  • 全英売上: 3.1万枚
3 4 7 3 4 5 5 5 1 1
  • UK: ゴールド[43]
2021 ケムトレイルズ・オーヴァー・ザ・カントリー・クラブ
Chemtrails over the Country Club
  • 発売日: 2021年3月19日
  • レーベル: Polydor, Interscope
  • フォーマット: CD, LP, digital download, streaming, cassette
2 2 4 5 3 3 7 2 1 1
  • UK: シルバー[43]
ブルー・バニスターズ

Blue Banisters

  • 発売日: 2021年10月22日[53]
  • レーベル: Polydor, Interscope
  • フォーマット: CD, LP, digital download, streaming, cassette
8 3 8 10 7 6 18 8 6 2
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

EP[編集]

  • Kill Kill (2008年、5 Points)
  • Lana Del Rey (2012年、Polydor / Interscope)
  • Paradise (2012年、Polydor / Interscope)
  • Tropico (2013年、Polydor / Interscope)

シングル[編集]

  • "Video Games" (2011年)
  • "Born to Die" (2011年)
  • "Blue Jeans" (2012年)
  • "Summertime Sadness" (2012年)
  • "National Anthem" (2012年)
  • "Blue Velvet" (2012年)
  • "Ride" (2012年)
  • "Dark Paradise" (2013年)
  • "Burning Desire" (2013年)
  • "Young and Beautiful" (2013年)
  • "Once Upon a Dream" (2014年)
  • "West Coast" (2014年)
  • "Shades of Cool" (2014年)
  • "Ultraviolence" (2014年)
  • "Brooklyn Baby" (2014年)
  • "Black Beauty" (2014年)
  • "Big Eyes" (2015年)
  • "Honeymoon" (2015年)
  • "High By The Beach" (2015年)
  • "Terrence Loves You" (2017年)
  • "Music to Watch Boys to" (2015年)
  • "Freak" (2016年)
  • "Love" (2017年)
  • "Lust for Life" (2017年)
  • "Coachella - Woodstock in My Mind" (2017年)
  • "Summer Bummer" (2017年)
  • "Groupie Love" (2017年)
  • "White Mustang" (2017年)
  • "Mariners Apartment Complex"(2018年)
  • "Venice Bitch" (2018年)
  • "Hope Is a Dangerous Thing for a Woman Like Me to Have – but I Have It" (2019年)
  • "Doin' Time" (2019年)
  • "Season of the Witch" (2019年) ※『スケアリーストーリーズ 怖い本』サウンドトラックより
  • "Looking For America" (2019年)
  • "Fuck it I love you" (2019年)
  • "The greatest" (2019年)
  • "Don't Call Me Angel" (2019年)
  • "Let Me Love You like a Woman" (2020年)
  • "Chemtrails over the Country Club" (2021年)
  • "White Dress" (2021年)
  • "Tulsa Jesus Freak" (2021年)
  • "Blue Banisters" (2021年)
  • "Arcadia" (2021年)


フィルモグラフィ[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “LANA DEL REY / ラナ・デル・レイ”. universal-music.co.jp (ユニバーサルミュージック). https://www.universal-music.co.jp/lana-del-rey/ 2012年2月9日閲覧。 
  2. ^ ローリングストーン誌が選ぶ「歴代最高のアルバム」500選 2020年改訂版” (2020年9月23日). 2021年12月8日閲覧。
  3. ^ rockin'on』2012年3月号71ページ
  4. ^ a b ラナ・デル・レイ:ニュース”. ユニバーサル・ミュージック・ジャパン. 2012年2月9日閲覧。
  5. ^ rockin'on 』2012年3月号71ページ
  6. ^ a b c d ラナ・デル・レイを知りそびれた貴方へ 最新作『Blue Banisters』と共に紐解く特異な佇まい” (2021年11月19日). 2021年12月8日閲覧。
  7. ^ The Best Albums of The Decade: The 2010s” (2019年11月29日). 2021年12月8日閲覧。
  8. ^ Chart History Lana Del Rey”. 2021年12月8日閲覧。
  9. ^ https://www.creativeman.co.jp/artist/2012/05lana/
  10. ^ Lana Del Rey”. 2021年12月8日閲覧。
  11. ^ MTV EMA 2012 COMPLETE WINNERS LIST”. 2021年12月8日閲覧。
  12. ^ Brit Awards History 2012”. 2021年12月8日閲覧。
  13. ^ Brit Awards History 2013”. 2021年12月8日閲覧。
  14. ^ 『rockin'on 』2014年8月号148ページ
  15. ^ https://www.billboard.com/music/Lana-Del-Rey/chart-history/billboard-200/song/1036802
  16. ^ Lana Del Rey”. 2021年12月8日閲覧。
  17. ^ 『rockin'on 』2020年1月号37ページ
  18. ^ Norman Fucking Rockwell!”. 2021年12月8日閲覧。
  19. ^ Lana Del Rey”. 2021年12月8日閲覧。
  20. ^ “[http://www.ele-king.net/review/album/008158/ Lana Del Rey Chemtrails Over the Country Club]” (2021年5月12日). 2021年12月8日閲覧。
  21. ^ ラナ・デル・レイを知りそびれた貴方へ 最新作『Blue Banisters』と共に紐解く特異な佇まい” (2021年11月19日). 2021年12月8日閲覧。
  22. ^ Blue Banisters”. 2021年12月8日閲覧。
  23. ^ Lana Del Rey – Chart history: Billboard 200”. Billboard. 2014年6月26日閲覧。
  24. ^ Allmusic: Lana Del Rey (Awards)”. Allmusic. 2015年9月27日閲覧。
  25. ^ Discography Lana Del Rey”. Australian-charts.com. Hung Medien. 2013年3月11日閲覧。
  26. ^ Discographie – Lana Del Rey” (German). Austria: austriancharts.at, Hung Medien. 2012年3月17日閲覧。
  27. ^ Lana Del Rey – Chart history: Canadian Albums”. Billboard. 2014年6月26日閲覧。
  28. ^ Discography Lana Del Rey” (French). lescharts.com. Hung Medien. 2013年3月11日閲覧。
  29. ^ Offizielle Deutsche Charts: Lana Del Rey” (German). 'GfK'. GfK Entertainment. 2015年8月29日閲覧。
  30. ^ Italiancharts.com: Discography – Lana Del Rey” (Italian). italiancharts.com. Hung Medien. 2014年8月11日閲覧。
  31. ^ Discografie – Lana Del Rey” (Dutch). Dutchcharts.com. Hung Medien. 2013年7月19日閲覧。
  32. ^ Discographie – Lana Del Rey” (German). hitparade.ch. Hung Medien. 2012年3月17日閲覧。
  33. ^ Lana Del Rey | Artist”. Official Charts Company. 2012年3月17日閲覧。
  34. ^ Sam Smith's Spotify Gamble: Did It Pay Off?”. Billboard (2014年7月21日). 2014年7月21日閲覧。
  35. ^ a b c RIAA Gold & Platinum Searchable Database: Lana Del Rey”. Recording Industry Association of America. 2013年1月29日閲覧。
  36. ^ Accreditations – 2013 Albums”. Australian Recording Industry Association (2013年). 2013年12月9日閲覧。
  37. ^ a b Gold & Platin” (German). IFPI Austria (2012年). 2012年3月18日閲覧。
  38. ^ "Canadian album certifications – Lana Del Rey – Born to Die". Music Canada. 2012年12月11日閲覧
  39. ^ a b c d SNEP, Les Certifications: Lana Del Rey”. Syndicat National de l'Édition Phonographique. 2015年2月16日閲覧。
  40. ^ "Gold-/Platin-Datenbank (Lana Del Rey)" (German). Bundesverband Musikindustrie. 2012年7月27日閲覧
  41. ^ FIMI: Certificazioni: Lana Del Rey” (Italian). Federazione Industria Musicale Italiana. 2015年4月4日閲覧。
  42. ^ Awards > Search for: Lana Del Rey” (German). 'swisscharts.com'. Switzerland: Hung Medien (2011年). 2012年3月18日閲覧。
  43. ^ a b c d e f BPI: Certified Awards (Enter the keyword "Lana Del Rey" into the box)”. British Phonographic Industry. 2013年9月9日閲覧。
  44. ^ Upcoming Releases - Hits Daily Double”. Hits Daily Double. 2015年9月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年9月17日閲覧。
  45. ^ Accreditations – 2014 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2014年8月18日閲覧。
  46. ^ Ultraviolence”. 2012年12月11日閲覧。
  47. ^ "Gold-/Platin-Datenbank (Lana Del Ray)" (German). Bundesverband Musikindustrie. 2015年3月3日閲覧
  48. ^ http://www.billboard.com/articles/columns/chart-beat/6708140/billboard-200-top-10-debuts-drake-future-lana-del-rey-mac-miller
  49. ^ Caulfield, Keith (2017年8月2日). “Lana Del Rey Debuts at No. 1 on Billboard 200 Albums Chart, Tyler, The Creator and Meek Mill Bow at Nos. 2 & 3”. Billboard. 2017年8月2日閲覧。
  50. ^ Maicki, Salvatore (2019年6月24日). “Lana Del Rey says her new album is coming "in two months"”. The Fader. 2019年7月22日閲覧。
  51. ^ https://store.universalmusic.com/lanadelrey/*/Music/
  52. ^ Caulfield, Keith (2019年9月8日). “Tool's 'Fear Inoculum' Debuts at No. 1 on Billboard 200 Chart With Biggest Week For a Rock Album in Over 1 Year”. Billboard. 2019年9月9日閲覧。
  53. ^ Aswad, Jem (2021年9月8日). “Lana Del Rey Reveals New Release Date for ‘Blue Banisters’ Album, Drops New Video” (英語). Variety. 2021年11月4日閲覧。

外部リンク[編集]