ジャスティン・ハーウィッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジャスティン・ハーウィッツ
Justin Hurwitz
生年月日 1985年
職業 作曲家、脚本家

ジャスティン・ハーウィッツJustin Hurwitz)は、アメリカ合衆国の作曲家、脚本家である『ラ・ラ・ランド[1][2][3][4]、『Guy and Madeline on a Park Bench』、『セッション』などデミアン・チャゼル監督映画を作曲したことで知られている。

『ラ・ラ・ランド』ではゴールデングローブ賞作曲賞主題歌賞(「シティ・オブ・スターズ」)を受賞した。また英国アカデミー賞作曲賞も獲得し、さらにアカデミー賞作曲賞歌曲賞(「オーディション(ザ・フールズ・フー・ドリーム)」と「シティ・オブ・スターズ」)にノミネートされた[5]

経歴[編集]

グレンデール英語版ニコレット高等学校英語版に通う[6]ハーバード大学時代にチャゼルと出会ってバンドを組み、以後映画でもコラボレーションすることとなる[4]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

日本語題
原題
役割 備考
2009 Guy and Madeline on a Park Bench 作曲
2014 セッション
Whiplash
作曲
2016 ラ・ラ・ランド
La La Land
作曲

テレビシリーズ[編集]

日本語題
原題
役割 備考
2011 ザ・シンプソンズ
The Simpsons
脚本 第23シーズン第1話「The Falcon and the D'ohman
2011-2015 The League 脚本 計7話担当

参考文献[編集]

外部リンク[編集]