酒とバラの日々 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

酒とバラの日々」("Days of Wine and Roses")とは、ヘンリー・マンシーニ作曲の楽曲。

1962年封切りの同名の映画『酒とバラの日々』のテーマ曲で、1962年アカデミー歌曲賞に選ばれている。また、グラミー賞では最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀編曲賞を受賞した[1]。流麗なミディアムスローテンポのメジャー調バラードである。

ジョニー・マーサーの歌詞がつけられている。歌詞は、映画の悲劇的なストーリー(酒を通じての男女の出会いと結婚、夫に加えて妻もアルコール中毒に陥り、家庭が崩壊してゆく)を踏まえて象徴的に描いた二つの文章で構成されている[2]

1963年アンディ・ウィリアムスのレコード録音がヒットし、ビルボードのトップ100チャートで最高26位、同じくアダルトコンテンポラリーチャートで最高9位を記録した。この曲の名前を冠したウィリアムスのアルバムが、ビルボード誌でLP売り上げ第一位に記録されている。また作曲者マンシーニ自身の指揮によるストリングスオーケストラとコーラスのバージョンもイージーリスニングの大ヒットとなった。

ジャズスタンダード・ナンバーとしても知られ、広く演奏されている。曲がヒットして間もない1964年に録音されたオスカー・ピーターソン・トリオのパフォーマンスが有名である。

カバーした有名なアーティスト[編集]

海外のアーティスト
日本のアーティスト

脚注[編集]

  1. ^ Henry Mancini - Awards : AllMusic
  2. ^ Days of Wine and Roses (song) - Wikipedia The song is composed of only two sentences, one for each stanza.

外部リンク[編集]