コンテンツにスキップ

フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
「フラッシュダンス…
ホワット・ア・フィーリング
Flashdance... What a Feeling」
アイリーン・キャラシングル
初出アルバム『ホワット・ア・フィーリン
リリース
規格 7インチシングル、12インチシングル
録音 1983年
ジャンル ポップ・ロック
時間
レーベル カサブランカ・レコード
作詞 キース・フォーシイ
アイリーン・キャラ
作曲 ジョルジオ・モロダー
プロデュース ジョルジオ・モロダー
ゴールドディスク
アイリーン・キャラ シングル 年表
Anyone Can See
(1981年)
Flashdance... What a Feeling
(1983年)
Why Me
(1983年)
ミュージックビデオ
「Flashdance What A Feeling」 - YouTube
テンプレートを表示

フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」("Flashdance... What a Feeling")は、アイリーン・キャラの楽曲・シングル

1983年公開の映画『フラッシュダンス』の主題歌であり、同年のアカデミー賞受賞作品である。

単に「ホワット・ア・フィーリング」と呼ばれることも多いが、「フラッシュダンス」まで含めたものが正式な曲名である。

曲情報

[編集]

「フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」は、1983年にビルボードHOT100で第1位を記録し、プラチナディスクに認定されたのに加えて、1984年にはアカデミー歌曲賞ゴールデングローブ賞 主題歌賞を受賞した。この曲の伴奏には、シンセサイザーが多用されている。

この曲は映画『フラッシュダンス』のオリジナル・サウンドトラック・アルバムと、アイリーン・キャラの2ndソロ・アルバム『ホワット・ア・フィーリン』(What a Feelin')に収録された。

2023年4月12日アメリカ議会図書館より、永久保存録音物として全米録音資料登録簿へ登録されることが発表された[1]

チャート

[編集]

その他

[編集]
  • この曲を編曲したものが、1984年にApple ComputerのカンパニーコマーシャルソングWe are Apple (Leading the way)[43]』として用いられた。この際、メロディーラインと歌詞が『題名に合うように』変更されていた。
  • 12インチシングルバージョンで追加された歌詞が存在する。

日本での反応

[編集]
「What a feeling
〜フラッシュダンス」
麻倉未稀シングル
初出アルバム『Dancin' M
B面 Love Trip
リリース
ジャンル ポップス
時間
レーベル キングレコード/CRYSTAL BIRD
(品番:K07S-454)
作詞 キース・フォーシイ
アイリーン・キャラ
麻倉未稀(日本語詞)
作曲 ジョルジオ・モロダー
チャート最高順位
麻倉未稀 シングル 年表
マジカル サマー
(1983年)
What a feeling 〜フラッシュダンス
(1983年)
それだけの旅
(1983年)
Dancin' M 収録曲
テル・ハー・ノー
(5)
What a feeling 〜フラッシュダンス
(6)
ディスタンス
(7)
TBS火曜8時枠の連続ドラマ主題歌 年表
純愛さがし
高田みづえ
(1983年)
「What a feeling 〜フラッシュダンス」麻倉未稀
(1983年)
NEVER
MIE
1984年
テンプレートを表示

「フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」は、オリコン週間洋楽シングルチャートにおいて1983年7月18日付から21週連続で1位を獲得(1983年度の年間1位も獲得)[45]。1995年にセリーヌ・ディオンの「トゥ・ラヴ・ユー・モア」が更新するまで12年間にわたってオリコン週間総合シングルチャートにおいて1位を獲得した最後の非日本人歌手によるシングル作品であった。また、2008年に同曲をカバーした安室奈美恵と合わせて、2人のアーティストによって同チャート1位を獲得した作品となった。

主なカバー

[編集]
  • 畑中葉子『愛はMUSIC』(1983年) - シングル盤によるリリース(日本語詞:岡田冨美子
  • 山本リンダ『フラッシュダンス』(1983年) - シングル盤によるリリース(日本語詞:麻倉未稀)
  • 麻倉未稀『What a feeling 〜フラッシュダンス』(1983年) - テレビドラマ『スチュワーデス物語』主題歌
    麻倉未稀版「What a feeling」が流れる『スチュワーデス物語』のエンディングでは、日本航空飛行機を背景にして、風間杜夫が演じる村沢浩を先頭に、スチュワーデス訓練生が隊列を組んで行進する映像が流れた。
『What a feeling 〜フラッシュダンス』収録内容
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「What a feeling 〜フラッシュダンス」Keyth Forsey
Irene Cara
麻倉未稀(日本語詞)
Giorgio Moroder清水信之
2.「Love Trip」麻倉未稀大貫妙子清水信之
合計時間:
  • 安室奈美恵WHAT A FEELING』(2008年) - 「Fashion×Music×VS 80年代篇」CMソング(※正確には完全なカバーではなく、原曲の一部をサンプリングした形となっている)

脚注

[編集]

出典

[編集]
  1. ^ 「天国への階段」「イマジン」『スーパーマリオ』テーマ曲、アメリカで永久保存録音物に”. BARKS. 2023年5月13日閲覧。
  2. ^ Kent, David (1993). Australian Chart Book 1970–1992 (illustrated ed.). St Ives, N.S.W.: Australian Chart Book. p. 54. ISBN 0-646-11917-6 
  3. ^ "Austriancharts.at – Irene Cara – Flashdance ...What a Feeling" (in German). Ö3 Austria Top 40.
  4. ^ "Ultratop.be – Irene Cara – Flashdance ...What a Feeling" (in Dutch). Ultratop 50.
  5. ^ "Top RPM Singles: Issue 6299." RPM. Library and Archives Canada.
  6. ^ “Hits of the World”. Billboard 95 (38): 78. (September 17, 1983). ISSN 0006-2510. https://worldradiohistory.com/Archive-All-Music/Billboard/80s/1983/BB-1983-09-17.pdf. 
  7. ^ Pennanen, Timo (2006) (フィンランド語). Sisältää hitin – levyt ja esittäjät Suomen musiikkilistoilla vuodesta 1972 (1st ed.). Helsinki: Kustannusosakeyhtiö Otava. ISBN 978-951-1-21053-5 
  8. ^ TOP Hebdo – 3 décembre 1983”. www.top-france.fr. 2022年6月12日閲覧。
  9. ^ "The Irish Charts – Search Results – Flashdance". Irish Singles Chart. Retrieved January 24, 2021.
  10. ^ Classifiche” (イタリア語). Musica e dischi. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。 Set "Tipo" on "Singoli". Then, in the "Artista" field, search "Irene Cara".
  11. ^ オリジナルコンフィデンス. “歴代洋楽シングル売り上げ枚数ランキング”. 年代流行. 2017年10月29日閲覧。
  12. ^ "Nederlandse Top 40 – Irene Cara" (in Dutch). Dutch Top 40.
  13. ^ "Dutchcharts.nl – Irene Cara – Flashdance ...What a Feeling" (in Dutch). Single Top 100.
  14. ^ "Charts.org.nz – Irene Cara – Flashdance ...What a Feeling". Top 40 Singles.
  15. ^ "Norwegiancharts.com – Irene Cara – Flashdance ...What a Feeling". VG-lista.
  16. ^ VENDAS DE DISCOS EM PORTUGAL: Top Música & Som 1980-1984”. VENDAS DE DISCOS EM PORTUGAL (2016年12月15日). 2022年6月12日閲覧。
  17. ^ SA Charts 1965–1989 (As presented on Springbok Radio/Radio Orion) – Acts C”. The South African Rock Encyclopedia. 2018年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月1日閲覧。
  18. ^ Salaverrie, Fernando (September 2005) (スペイン語). Sólo éxitos: año a año, 1959–2002 (1st ed.). Madrid: Fundación Autor/SGAE. ISBN 84-8048-639-2 
  19. ^ "Swedishcharts.com – Irene Cara – Flashdance ...What a Feeling". Singles Top 100.
  20. ^ "Swisscharts.com – Irene Cara – Flashdance ...What a Feeling". Swiss Singles Chart.
  21. ^ "Irene Cara: Artist Chart History". Official Charts Company.
  22. ^ "Irene Cara Chart History (Hot 100)". Billboard.
  23. ^ "Irene Cara Chart History (Adult Contemporary)". Billboard.
  24. ^ "Irene Cara Chart History (Dance Club Songs)". Billboard.
  25. ^ “Irene Cara Chart History (Hot R&B/Hip-Hop Songs)”. Billboard. https://www.billboard.com/artist/irene-cara/chart-history/bsi/ 2021年1月24日閲覧。. 
  26. ^ Cash Box Top 100 Singles – Week ending May 28, 1983”. Cash Box. 2012年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ2018年9月3日閲覧。
  27. ^ The Cash Box Top 100 Black Contemporary – Week ending July 30, 1983”. Cash Box. 2021年1月24日閲覧。
  28. ^ "Offiziellecharts.de – Irene Cara – Flashdance ...What a Feeling". GfK Entertainment charts.
  29. ^ Kimberley, C. Zimbabwe: Singles Chart Book. Harare: C. Kimberley, 2000
  30. ^ Billboard Japan Hot Overseas – Week of December 7, 2022”. Billboard Japan. 2022年12月7日閲覧。
  31. ^ “National Top 100 Singles for 1983”. Kent Music Report (497). (January 2, 1984). https://i.imgur.com/860ttad.jpg. 
  32. ^ Jahreshitparade Singles 1983” (ドイツ語). austriancharts.at. 2018年8月29日閲覧。
  33. ^ “The Top Singles of 1983”. RPM 39 (17): 10. (December 24, 1983). ISSN 0315-5994. https://www.bac-lac.gc.ca/eng/discover/films-videos-sound-recordings/rpm/Pages/image.aspx?Image=nlc008388.6699&URLjpg=http%3a%2f%2fwww.collectionscanada.gc.ca%2fobj%2f028020%2ff4%2fnlc008388.6699.gif&Ecopy=nlc008388.6699. 
  34. ^ Top Selling Singles of 1983”. Recorded Music NZ. 2021年1月24日閲覧。
  35. ^ Top 20 Hit Singles of 1983”. The South African Rock Encyclopedia. 2018年12月26日閲覧。
  36. ^ Scweizer Jahrehitparade 1983” (ドイツ語). hitparade.ch. 2021年1月24日閲覧。
  37. ^ “Top 50 Singles of 1983”. Music Week (London): 25. (December 25, 1983). ISSN 0265-1548. 
  38. ^ a b c d “Talent Almanac 1984 – Top Pop Singles / Top Black Singles / Top Adult Contemporary Singles / Top Dance/Disco Singles/Albums”. Billboard 95 (52): TA-18, TA-22, TA-26. (December 24, 1983). ISSN 0006-2510. https://worldradiohistory.com/Archive-All-Music/Billboard/80s/1983/BB-1983-12-24.pdf. 
  39. ^ The Cash Box Year-End Charts: 1983 – Top 100 Pop Singles”. Cash Box (1983年12月31日). 2012年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ2018年9月3日閲覧。
  40. ^ The Cash Box Year-End Charts: 1983 – Top 100 Black Contemporary Singles”. Cash Box (1983年12月31日). 2021年1月24日閲覧。
  41. ^ Top 100 Single-Jahrescharts – 1983” (ドイツ語). Offizielle Deutsche Charts. 2021年1月24日閲覧。
  42. ^ “Greatest of All Time Hot 100 Songs”. Billboard. https://www.billboard.com/charts/greatest-hot-100-singles/ 2023年1月13日閲覧。. 
  43. ^ 初代Macintosh発売までのApple社を紹介するような映像に『我々がAppleだ』という団結を歌った内容になっている
  44. ^ オリコン 2006, p. 21
  45. ^ コンピレーション・アルバム『ナンバーワン80s ORICON ヒッツ』の裏ジャケットナンバーワン 70s 80s 90s オリコン・ヒッツも参照。

参考資料

[編集]
  • オリコン『SINGLE CHART-BOOK COMPLETE EDITION 1968-2005』オリコン・マーケティング・プロモーション、2006年4月。ISBN 9784871310765 

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]