瞳はダイアモンド/蒼いフォトグラフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
瞳はダイアモンド/蒼いフォトグラフ
松田聖子シングル
初出アルバム『Canary
B面 蒼いフォトグラフ
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル CBS・ソニー
(8cmCD含む)
ソニー・ミュージックレコーズ
(12cmCDのみ)
作詞・作曲 作詞:松本隆
作曲:呉田軽穂(松任谷由実)
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1983年11月度月間1位(オリコン)
  • 1983年12月度月間1位(オリコン)
  • 1984年1月度月間8位(オリコン)
  • 1983年度年間46位(オリコン)
  • 1984年度年間28位(オリコン)
  • 1位(ザ・ベストテン
  • 1983年度年間41位(ザ・ベストテン)
  • 1984年度年間62位(ザ・ベストテン)
  • 1位(ザ・トップテン
松田聖子 シングル 年表
ガラスの林檎 / SWEET MEMORIES
(1983年)
瞳はダイアモンド / 蒼いフォトグラフ
(1983年)
Rock'n Rouge
(1984年)
収録アルバムCanary
Misty
(4)
Diamond Eyes
(5)
LET'S BOYHUNT
(6)
Party's Queen
(8)
Photograph of Yesterdays
(9)
Silvery Moonlight
(10)
テンプレートを表示

瞳はダイアモンド/蒼いフォトグラフ」(ひとみはダイアモンド/あおいフォトグラフ)は、1983年10月にリリースされた松田聖子の15枚目のシングルである。

品番:07SH 1421(レコード)

解説[編集]

  • 「蒼いフォトグラフ」は宮本輝の原作をドラマ化したTBSドラマ『青が散る』の主題歌となった。発売当初はB面扱いだったが、前作「ガラスの林檎」のB面であったはずの「SWEET MEMORIES」が同時期に大ヒットしていた影響か、発売後まもなく両A面として、ジャケットの文字部分も変更され(「蒼い〜」の文字が「瞳〜」と同等の大きさになった)、販売されるようになった。
  • この後に発売されたオリジナルアルバム『Canary』には、両曲とも英語でのタイトルで収められた(アルバム全曲を英語タイトルで揃えるため)。それぞれ「Diamond Eyes」/「Photograph of Yesterdays」となる。
  • 2004年には紙ジャケット仕様の完全生産限定盤12cmCDとして再びリリースされている。
  • 2008年12月25日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」において、松田聖子の大ファンである矢島美容室のナオミ(DJ OZMA)が自身の最も好きな曲として「蒼いフォトグラフ」を挙げている。

収録曲[編集]

※全て作詞:松本隆/作曲:呉田軽穂(松任谷由実)/編曲:松任谷正隆

  1. 瞳はダイアモンド(4分16秒)
  2. 蒼いフォトグラフ(3分54秒)(TBSドラマ『青が散る』主題歌)

カヴァー・セルフカヴァー[編集]

瞳はダイアモンド
蒼いフォトグラフ

関連作品[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]