昨晩お会いしましょう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
昨晩お会いしましょう
松任谷由実スタジオ・アルバム
リリース
録音 1981年3月 - 9月
ジャンル J-POP
時間
レーベル EXPRESS
プロデュース 松任谷正隆
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1981年度年間45位(オリコン)
  • 1982年度年間22位(オリコン)
松任谷由実 年表
水の中のASIAへ
1981年
昨晩お会いしましょう
1981年
YUMING BRAND PART.3
1981年
『昨晩お会いしましょう』収録のシングル
テンプレートを表示

昨晩お会いしましょう』(さくばんおあいしましょう)は、松任谷由実(ユーミン)の12枚目のオリジナルアルバム1981年11月1日東芝EMIからリリースされた(LP:ETP-90123、CT:ZH28-1065)。1981年12月17日1982年4月25日に『昨晩お会いしましょう』全国コンサートツアーが行われた。尚、このライブは後にビデオ化され、『1982 Yuming Visual Volume2』というタイトルにて発売された。1985年6月1日に初CD化(CA32-1138)。1999年2月24日LPのブックレットを復刻し、バーニー・グランドマンによるデジタルリマスタリングで音質を大幅に向上したリマスタリングCD(TOCT-10645)とLP(TOJT-10645)をリリース。

解説[編集]

  • タイトルはオペラ「椿姫」からヒントを得た。
  • ジャケットのデザインはイギリスヒプノシスが手がけ、ユーミンに後ろ姿が似たモデルを起用。アイスランドロケ。なお、デザイン提案された絵コンテのうち最後まで迷ったもう一つのジャケット案は、同時期に発表されたピンク・フロイドの『時空の舞踏』に採用されたという。[1]
  • キャッチコピーは「過去、現在、未来、時の流れは 今 ユーミンに止められた。あなたの青春の一場面が息づく。」。
  • 1981年『昨晩お会いしましょう』(12作目)から1997年Cowgirl Dreamin'』(28作目)まで、17年間、17枚連続で、オリジナルアルバムが最高位1位を獲得するという快挙を成し遂げた。

収録曲[編集]

Side A[編集]

  1. タワー・サイド・メモリー
    神戸を舞台にした御当地ソング。タワーとは神戸ポートタワーのことで、当時神戸で行われていたポートピア博覧会も歌詞に織り込まれている。歌詞中のモノレールはこの年に開通したポートライナーと考えられるが、ポートライナーは新交通システム案内軌条式鉄道)であってモノレールではない。阪神大震災で神戸の街が被害にあったときは、自身が担当する『オールナイトニッポン』でほとんど号泣状態だった。コンサートの神戸公演でのアンコールでは、必ず歌われる。
  2. 街角のペシミスト
  3. ビュッフェにて
    ここでの「城下町」とは、金沢のこと。
  4. 夕闇をひとり
    アルバムと同時発売の18枚目のシングル。同じ年の宮崎美子への提供曲。
  5. 守ってあげたい
    1980年代前半のユーミンの最大のヒット曲。角川映画ねらわれた学園』主題歌。第1回日本作曲大賞受賞曲。その年の「ザ・ベストテン」でこの歌を披露した。ユーミン曰く「ピンク色」の曲。その後1998年ミノルタ「"α-sweet"」(アコースティックヴァージョン・未発売)、同年の三菱自動車「新型ミニカ・トッポBJ」、2002年上野の森美術館MoMAニューヨーク近代美術展」などのCMソングに使用された。2007年テレビ朝日系『めぞん一刻』主題歌。1983年原田知世2002年鬼束ちひろがカヴァー。

Side B[編集]

  1. カンナ8号線
    朗々としたエレキ・ギターの演奏で知られるミディアム・ナンバー。ユーミンのライブの定番曲である。誰もが見過ごすような中央分離帯カンナの花にかつての恋心の輝きを投影するという、ユーミンならではの着想が光る[2]。曲名はカンナの花と環状8号線にかけている。ベストアルバム『Neue Musik YUMI MATSUTOYA COMPLETE BEST VOL.1』『SEASONS COLOURS -春夏撰曲集-』にもそれぞれ収録されているが、前者についてはイントロを数秒カットした状態で収録されている。
  2. 手のひらの東京タワー
    ここでいう東京タワーとはおみやげ品のことを指している。1981年石川セリへの提供曲。1993年角川書店「Chou Chou」CMソング。2004年野宮真貴がカヴァー。
  3. グレイス・スリックの肖像
    ジェファーソン・エアプレイングレイス・スリック (Grace Slick) が好きだった頃と今の自分を歌った曲。イントロとアウトロで有名なフランス民謡『フレール・ジャック』を引用している。17枚目のシングル「守ってあげたい」B面。
  4. グループ
  5. A HAPPY NEW YEAR
    18枚目のシングル「夕闇をひとり」B面。映画「私をスキーに連れてって」劇中歌。1999年ゴスペラーズがカヴァー(『Dear Yuming』収録)。2003年にベス・ニールセン・チャップマンがカヴァー(『OVER THE SKY:Yuming International Cover Album』収録)。2007年に短編映画『Yuming Films Project』の一編としてドラマ化された(第3話「新年好!〜A HAPPY NEW YEAR」、監督:渡辺賢一、主演:塚本高史) 。
  • 作詞・作曲 : 松任谷由実 編曲 : 松任谷正隆
  • コーラス・アレンジ、エレキギター:杉真理(6)

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2013年6月28日より放送のインターネットラジオ「松任谷由実 はじめました」(第617回放送)における「ジャケなベイベー!」コーナーにて発言。
  2. ^ 松任谷由実 / ノイエ・ムジーク”. CDJournal. 音楽出版社. 2013年12月8日閲覧。