日本の恋と、ユーミンと。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本の恋と、ユーミンと。
松任谷由実ベスト・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル EXPRESS・Capitol Music/EMIミュージック・ジャパン
EMI RECORDS(GOLD DISC Edition)
プロデュース 松任谷由実
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン、336,234枚)
  • 2012年度年間9位(オリコン、549,541枚)
  • 2013年度年間17位(オリコン、265,056枚)
  • 2014年度年間131位(オリコン、42,674枚)
  • 2015年度年間193位(オリコン、25,621枚)
  • 2016年度年間212位(オリコン、22,342枚)
  • 2017年度年間225位(オリコン、21,432枚)
ゴールドディスク
  • ミリオン(日本レコード協会
  • 第28回日本ゴールドディスク大賞
    ベスト5アルバム
  • 松任谷由実 年表
    Road Show
    (2011年)


    POP CLASSICO
    (2013年)
    日本の恋と、ユーミンと。
    (2012年)


    日本の恋と、ユーミンと。-GOLD DISC Edition-
    (2015年)
    ひこうき雲 40周年記念盤
    (2013年)


    宇宙図書館
    (2016年)
    テンプレートを表示

    日本の恋と、ユーミンと。』(にほんのこいと、ユーミンと。)は、松任谷由実(ユーミン)のベスト・アルバム(初回生産限定盤:TOCT-29100/29102、通常盤:TOCT-29103/29105)。2012年11月20日EMIミュージック・ジャパンよりリリースされた。

    解説[編集]

    • デビュー40周年を記念して企画されたベスト・アルバム(厳密にいうとオールタイム・ベスト)。デビューから現在までに発表された全楽曲の中から選び抜かれたラヴ・ソング45曲と、スペシャル・トラック1曲を加えた全46曲を最新リマスタリングを施して収録。中には初収録となる楽曲も数多い。
    • 選曲にユーミン本人は関わっておらず、歴代スタッフやレコード会社の女性社員の意見を参考に選曲されている。ユーミン曰く「私から見ればすべての曲が等しく光っていて、選べなかった」[1]
    • 初回限定盤のみ、秘蔵映像やこれまでのライブの中からベストパフォーマンスを厳選して収録した特典DVD「観るベスト YUMING SUPER PERFORMANCE」付、スペシャルスリーブ仕様となっている。ユーミンのアルバム作品に初めて、特典DVDが付いた。
    • 発売に先駆け、YouTubeではスペシャル・トラックを除く45曲がスライドショーにて一部視聴が可能である。
    • 日本テレビ系ドラマ「ピン女のメリークリスマス」(2012年12月17日・18日・19日)の主題歌・挿入歌をこのアルバムから選曲。
    • 第5回CDショップ大賞 ベスト盤アルバム賞を受賞。
    • 発売翌年の2013年にEMIミュージック・ジャパンがユニバーサルミュージックに吸収合併されたため、EMIからのリリースは本作が最後となった。
    • 2015年、100万枚出荷達成を記念して、11月25日に同作の記念盤「日本の恋と、ユーミンと。-GOLD DISC Edition-」がユニバーサルミュージックから発売。「気づかず過ぎた初恋」のスペシャルバージョン追加収録される。また、初回出荷分には、純金の反射板を使ったゴールドディスク(GOLD CD)がランダムで100セット出荷される[2]
    • 5年後の45周年には、本作収録の裏を対する続編として、初めてユーミン自身が本作未収録曲から45曲厳選に至った “2部作完結編” アナザー・ベストアルバム『ユーミンからの、恋のうた。』が、2018年4月11日にリリースされた[3]

    記録[編集]

    • オリコンでは、初登場1位を記録した。アルバム首位を記録したのは、『sweet,bitter sweet〜YUMING BALLAD BEST』以来、11年ぶりで22作目となった。アルバム総売上枚数は3015.4万枚に到達し、ソロアーティスト並びに女性アーティスト史上初の「アルバム総売上3000万枚」を突破した。今作で首位を獲得したことにより、1970・1980・1990・2000・2010年代による5つの10年代連続で首位を獲得したことになり、アルバムでは徳永英明桑田佳祐山下達郎(3人とも1980・1990・2000・2010年代)が保持していた記録を塗り替えた。また、58歳10ヶ月でのアルバム首位は女性最年長記録。竹内まりやが『Expressions』(2008年10/27付)で記録した53歳7ヶ月を更新した[4]
    • この記録についてユーミンは、「40年、そして3000万枚…デビューした時には想像もしなかった時間と数字です。これは、私の1曲、1枚が、聴いてくれた1人1人と素敵な時間を過ごしてきたという“証(あかし)”なのかなと思っています。感謝とともに」とコメントしている[4]
    • このアルバムの発売5年後に発売されたベストアルバム「ユーミンからの、恋のうた。」が発売された際に、このアルバムの売り上げも伸ばし、「ユーミンからの、恋のうた。」が初登場1位を獲得するした週に8位にランクインされ、ランキングトップ10に2作同時ランクインの記録を打ち立てた[5]。この新作と旧作のベストアルバムの2作同時トップ10入りは、後にサザンオールスターズの「海のOh, Yeah!!」、「海のYeah!!」にも見られた[6]
    • 2018/5/28付オリコン週間アルバムランキングで累積売上枚数が1,001,408枚(2015年11月25日発売の『~ -GOLD DISC Edition-』の累積売上30,699枚を含む)となり、自身通算10作目のアルバムミリオンを達成した[7]

    収録曲[編集]

    • 特記のない限り、作詞・作曲:松任谷(荒井)由実 編曲:松任谷正隆

    Disc 1[編集]

    1. やさしさに包まれたなら (3:11)
      3rdシングル曲、2ndアルバム『MISSLIM』収録曲
      本作にはアルバムバージョンで収録。
    2. 守ってあげたい (4:27)
      17thシングル曲、12thアルバム『昨晩お会いしましょう』収録曲
    3. 卒業写真 (4:11)
      3rdアルバム『COBALT HOUR』収録曲
    4. Hello, my friend (4:32)
      25thシングル曲、26thアルバム『THE DANCING SUN』収録曲
    5. DOWNTOWN BOY (4:01)
      16thアルバム『NO SIDE』収録曲
    6. 恋人がサンタクロース (5:03)
      10thアルバム『SURF&SNOW』収録曲
    7. ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ (4:22)
      19thシングル曲、15thアルバム『VOYAGER』収録曲
    8. ルージュの伝言 (3:05)
      5thシングル曲、3rdアルバム『COBALT HOUR』収録曲
    9. Sunny day Holiday (4:59)
      31stシングル曲、29thアルバム『スユアの波』収録曲、本作にはアルバムバージョンで収録
      ベスト・アルバム初収録
    10. 魔法のくすり (3:58)
      6thアルバム『流線形'80』収録曲
      ベスト・アルバム初収録
    11. acacia [アカシア] (4:13)
      31stアルバム『acacia(アケイシャ)』収録曲
    12. 青いエアメイル (4:19)
      7thアルバム『OLIVE』収録曲
    13. 時をかける少女 (3:38)
      19thシングル曲c/w、15thアルバム『VOYAGER』収録曲
    14. ベルベット・イースター (3:42)
      7thシングル曲c/w、1stアルバム『ひこうき雲』収録曲
    15. 12月の雨 (3:09)
      4thシングル曲、2ndアルバム『MISSLIM』収録曲
    16. A HAPPY NEW YEAR (3:44)
      18thシングルc/w、12thアルバム『昨晩お会いしましょう』収録曲

    Disc 2[編集]

    1. 真珠のピアス (5:42)
      13thアルバム『PEARL PIERCE』収録曲
    2. あの日にかえりたい (3:40)
      6thシングル曲
    3. 海を見ていた午後 (4:05)
      2ndアルバム『MISSLIM』収録曲
    4. 中央フリーウェイ (3:40)
      4thアルバム『14番目の月』収録曲
    5. 埠頭を渡る風 (4:37)
      12thシングル曲、6thアルバム『流線形'80』収録曲
    6. ノーサイド (4:43)
      16thアルバム『NO SIDE』収録曲
    7. 青春のリグレット (3:54)
      17thアルバム『DA・DI・DA』収録曲
    8. BLIZZARD (4:32)
      16thアルバム『NO SIDE』収録曲
    9. 幸せになるために (3:47)
      34thシングル曲、31stアルバム『acacia [アケイシャ]』収録曲
    10. シンデレラ・エクスプレス (3:47)
      17thアルバム『DA・DI・DA』収録曲
    11. DANG DANG (5:27)
      13thアルバム『PEARL PIERCE』収録曲
    12. わき役でいいから (4:28)
      11thアルバム『水の中のASIAへ』収録曲
      ベスト・アルバム初収録
    13. 14番目の月 (3:25)
      4thアルバム『14番目の月』収録曲
    14. 翳りゆく部屋 (4:47)
      7thシングル曲
    15. 水の影 (4:02)
      9thアルバム『時のないホテル』収録曲
      ベスト・アルバム初収録

    Disc 3[編集]

    1. リフレインが叫んでる (4:17)
      20thアルバム『Delight Slight Light KISS』収録曲
    2. ダイアモンドダストが消えぬまに (4:36)
      19thアルバム『ダイアモンドダストが消えぬまに』収録曲
    3. 真夏の夜の夢 (5:02)
      24thシングル、25thアルバム『U-miz』収録曲
    4. ANNIVERSARY (4:51)
      23rdシングル曲、21stアルバム『LOVE WARS』収録曲
    5. 春よ、来い (4:44)
      26thシングル、26thアルバム『THE DANCING SUN』収録曲
    6. Happy Birthday to You~ヴィーナスの誕生 (5:06)
      23rdアルバム『DAWN PURPLE』収録曲
      ベスト・アルバム初収録
    7. WANDERERS (4:25)
      21stアルバム『LOVE WARS』収録曲
      ベスト・アルバム初収録
    8. ガールフレンズ (3:59)
      15thアルバム『VOYAGER』収録曲
      ベスト・アルバム初収録
    9. 哀しみのルート16 (3:06)
      34thアルバム『A GIRL IN SUMMER』収録曲
      ベスト・アルバム初収録
    10. SWEET DREAMS (4:03)
      22ndシングル、19thアルバム『ダイアモンドダストが消えぬまに』収録曲
    11. カンナ8号線 (4:46)
      12thアルバム『昨晩お会いしましょう』収録曲
    12. DESTINY (4:39)
      8thアルバム『悲しいほどお天気』収録曲
    13. ダンスのように抱き寄せたい (4:58)
      40thシングル、36thアルバム『Road Show』収録曲
      ベスト・アルバム初収録
    14. ひこうき雲 (3:22)
      2ndシングルc/w、1stアルバム『ひこうき雲』収録曲
    15. 青い影 / Procol Harum feat. Yuming (7:23)
      (作詞・作曲:Keith Reid, Gary Brooker, Matthew Fisher 編曲:Procol Harum)
      ※ 新録
      プロコル・ハルムのカバーで、ユーミン自身が「シンガーソングライターとして生きてゆく道を拓いてくれた曲」と公言する楽曲[1]。プロコル・ハルム自身が演奏で参加している。
      2012年5月に手紙で共演のオファーを出したところ、プロコム・ハルム側がこれを快諾しコラボレーションが実現。9月にアビーロード・スタジオにてレコーディングが行われた[8]
      「『青い影』を収録する事ではじめてこのベスト・アルバムは“私の軌跡”と言えるアルバムになったのかもしれません」とユーミンは語っている[1]
      なお、本作発売直後には、プロコル・ハルムとのスプリット・ツアーが行われた。
    16. 気づかず過ぎた初恋
      ※「日本の恋と、ユーミンと。-GOLD DISC Edition-」に追加収録。
      松任谷正隆が新たなアレンジを施したスペシャル・バージョン[2][9]

    初回特典DVD『観るベスト YUMING SUPER PERFORMANCE』[編集]

    1. 翳りゆく部屋 (ミュージック・クリップ)
      初映像化。
    2. REINCARNATION
      1981 Yuming Visual Volume1」より。初DVD化。
    3. WANDERERS
      WINGS OF LIGHT "THE GATES OF HEAVEN" TOUR
      INTO THE DANCING SUN
      YUMING SPECTACLE SHANGRILA II
      THE LAST WEDNESDAY TOUR 2006~HERE COMES THE WAVE~」 より。
    4. 真夏の夜の夢
      「INTO THE DANCING SUN」
      YUMING SPECTACLE SHANGRILA 1999
      YUMING SPECTACLE SHANGRILA III〜A DREAM OF DOLPHINE〜」 より。
    5. 時のないホテル
      「WINGS OF LIGHT ”THE GATES OF HEAVEN” TOUR」より。
    6. あの日にかえりたい
      Yumi Arai The Concert with old Friends」より。
    7. 心のまま
      YUMING SURF & SNOW in Zushi Marina Vol.16」より。
    8. 夕涼み
      「THE LAST WEDNESDAY TOUR 2006~HERE COMES THE WAVE~」より。
    9. 人魚になりたい
      「YUMING SPECTACLE SHANGRILA 1999」より。
    10. SWEET DREAMS
      「YUMING SPECTACLE SHANGRILA II」より。
    11. Happy Birthday to You〜ヴィーナスの誕生
      「YUMING SPECTACLE SHANGRILA III~A DREAM OF A DOLPHIN~」より。
    12. 卒業写真
      「Yumi Matsutoya~The Session at Stellar Ball」より。初映像化。

    参加ミュージシャン[編集]

    オリジナルアルバムを参照。

    『青い影/Procol Harum feat. Yuming』
    • ピアノ : Gary Brooker
    • ハモンドオルガン : Josh Phillips
    • ギター : Geoff Whitehorn
    • ドラム : Geoff Dunn
    • ベース : Matt Pegg

    出典[編集]

    1. ^ a b c 40周年記念ベスト・アルバムにむけて ~My Songs, Your Best~
    2. ^ a b 松任谷由実「日本の恋と、ユーミンと。」100万枚出荷の記念盤リリース”. 音楽ナタリー (2015年10月29日). 2015年10月29日閲覧。
    3. ^ この様なアーティストで同じようなベストと裏ベスト作品を出すのは、DREAMS COME TRUEが2015年(DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム)と2016年(DREAMS COME TRUE THE ウラBEST! 私だけのドリカム)の2部作完結編として立て続けにリリースされたベストアルバムと同じ傾向に基づく。
    4. ^ a b ユーミン、40周年ベスト首位 ソロ初のアルバム総売上3000万枚!、オリコン、2012年11月27日。
    5. ^ 【オリコン】ユーミン、45周年ベスト初登場1位 女性アルバム最多首位記録24作に更新、オリコン、2018年4月17日
    6. ^ サザン新アルバム「海のOh, Yeah!!」、オリコンランキング2週連続1位 サンケイスポーツ、2018年8月14日、同日閲覧
    7. ^ “【オリコン】ユーミン、史上最長キャリア45年11ヶ月でミリオン達成 アルバム10作目” (日本語). ORICON NEWS. https://www.oricon.co.jp/news/2111892/full/ 2018年5月30日閲覧。 
    8. ^ ユーミン×プロコル・ハルムが初コラボ
    9. ^ ユーミン、ベスト盤100万枚達成 お宝企画「純金CD100枚」出荷”. スポーツ報知 (2015年10月29日). 2015年10月29日閲覧。

    外部リンク[編集]