Mr.Children 2005-2010 <macro>

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Mr.Children > Mr.Children 2005-2010 <macro>
本来の表記は「Mr.Children 2005-2010 <macro>」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
Mr.Children 2005-2010 <macro>
Mr.Childrenベストアルバム
リリース
ジャンル J-POP
ロック
時間
レーベル トイズファクトリー
プロデュース 小林武史
チャート最高順位
  • 週間1位(3週連続、オリコン
  • 2012年5月度月間1位(オリコン)
  • 2012年6月度月間7位(オリコン)
  • 2012年度上半期1位(オリコン)
  • 2012年度年間1位(オリコン)
ゴールド等認定
Mr.Children 年表
SENSE
2010年
Mr.Children 2005-2010
<macro>


Mr.Children 2001-2005
<micro>

(2012年)
[(an imitation) blood orange]
(2012年)
テンプレートを表示

Mr.Children 2005-2010 <macro>』(ミスターチルドレン にせんご にせんじゅう マクロ)は、Mr.Childrenベストアルバム2012年5月10日トイズファクトリーより『Mr.Children 2001-2005 <micro>』と2作同時発売。

概要[編集]

1992年5月10日発売の1stミニアルバム『EVERYTHING』によるデビューから満20年となる2012年5月10日に発売された。日本で未発売の『LAND IN ASIA』を含めて通算6作目となるベストアルバム。初回限定盤と通常盤の2種類でリリースされ、初回限定盤には『Mr.Children 2001-2005 <micro>』と同様に「MUSIC VIDEOS」「ライナーノーツ」「ブックレット」「ステッカー」が付属している。

本作には「四次元 Four Dimensions」を除く2005年から2010年までにリリースされたシングルA面曲全曲に一部アルバム曲が収録されており、『Mr.Children 2001-2005 <micro>』を含めると「ヨーイドン」がシングルA面曲で唯一収録されなかった。また、発売前には『Mr.Children 2001-2005 <micro>』同様に本作の収録曲に新たにタイアップが付いており、「GIFT」が資生堂MAQuillAGE」CMソングに起用されている。

ジャケットのイメージは「太陽」と「卵子」であり、『Mr.Children 2001-2005 <micro>』のジャケットイメージである精子と合わさって新しいものが生まれることを願う思いが込められている[1]。また、桜井は本作と『Mr.Children 2001-2005 <micro>』をあわせた今回のベストアルバムのことを「ミクマク」と呼んでいる[2]

チャート成績[編集]

  • 2012年5月21日付オリコンチャートで初登場1位を獲得、発売初週は木曜日発売であったため集計日数が1日少なかったが約73.2万枚を売り上げた。また、Mr.Childrenのアルバムで3週連続1位を獲得したのは本作が初めてとなる[3]
  • 『Mr.Children 2001-2005 <micro>』と共に2週連続で1位・2位を独占し、同一アーティストによる2回目の週間アルバムチャート複数週1位・2位独占はオリコン史上初の快挙となった。
  • 発売4週目の2012年6月11日付オリコンチャートで売上が100万枚を突破し、Mr.Childrenのアルバムでは通算13作目となるミリオンセラーを達成。オリコン集計によるアルバムミリオンセラーは『いきものばかり〜メンバーズBESTセレクション〜』(いきものがかり)が2011年1月10日付で達成して以来1年5ヶ月ぶりで、1990年代2000年代2010年代の3年代連続アルバムミリオンセラーは井上陽水1970年代80年代・90年代の3年代連続で達成して以来2組目(バンド・グループでは史上初)の快挙となった[4]
  • 『Mr.Children 2001-2005 <micro>』と共に5週連続でTOP5入りを達成し、同一アーティストによる5週連続2作同時TOP5入りはイエロー・マジック・オーケストラが『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』『増殖』の2作で達成して以来31年10ヶ月ぶりで、CD作品では史上初の快挙となる[5]
  • 2012年度オリコン上半期アルバムランキングで1位を獲得。Mr.Childrenのアルバムが上半期ランキングで1位となったのは『BOLERO』『HOME』『SUPERMARKET FANTASY』に続いて4作目となり、これまで1位タイとなっていた井上陽水を上回って男性アーティスト最多獲得回数を更新した。また、『Mr.Children 2001-2005 <micro>』と共に1位・2位を独占し、同一アーティストによる上半期アルバムランキング1位・2位独占は井上陽水が1975年に『氷の世界』『二色の独楽』で達成して以来37年ぶり史上3組目となる。
  • 2012年度オリコン年間アルバムランキングにて1位となり、『HOME』以来5年ぶりに年間1位となった。また、2位の『Mr.Children 2001-2005 <micro>』と共に1位・2位を独占し、同部門の同一アーティストによる年間1位・2位独占は1998年B'zが『B'z The Best "Pleasure"』『B'z The Best "Treasure"』で達成して以来14年ぶりで、井上陽水、B'zに次ぎ史上3組目の記録達成となった[6]

収録曲[編集]

CD[編集]

  1. Worlds end(5:31)
    12thアルバム『I ♥ U』収録曲
  2. 僕らの音(5:01)
    12thアルバム『I ♥ U』収録曲
  3. 箒星(5:11)
    28thシングル
  4. しるし(7:10)
    29thシングル
  5. フェイク(4:54)
    30thシングル
  6. 彩り(5:25)
    13thアルバム『HOME』収録曲
  7. 旅立ちの唄(5:35)
    31stシングル
  8. GIFT(5:49)
    32ndシングル
    本作にはアルバムバージョンで収録。
  9. HANABI(5:42)
    33rdシングル
  10. 花の匂い(5:12)
    1st配信限定シングル
  11. エソラ(5:06)
    15thアルバム『SUPERMARKET FANTASY』収録曲
  12. fanfare(6:17)
    2nd配信限定シングル。シングルバージョンは初収録(『SENSE』に収録されたのはミックス直ししたアルバムバージョン[7])。
  13. 擬態(5:50)
    16thアルバム『SENSE』収録曲
  14. 365日(5:36)
    16thアルバム『SENSE』収録曲

初回限定盤DVD 「MUSIC VIDEOS」[編集]

2005年から2010年までに制作されたPVで「ひびき」のみ収録されなかった。また、「箒星」はショートバージョンが収録されている。

  1. Worlds end
  2. 箒星
  3. しるし
  4. フェイク
  5. 彩り
  6. 旅立ちの唄
  7. GIFT
  8. HANABI
  9. 花の匂い
  10. エソラ

脚注[編集]

  1. ^ MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012』の京セラドーム大阪公演(5月9日・10日)でのMCで桜井本人が語った。macroというタイトルは卵子が人間の細胞で最も大きいことに由来する。
  2. ^ 『MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012』の東京ドーム公演のMCより。
  3. ^ シングルでは「シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜」「君が好き」(年末年始の合算週含む)が獲得している。
  4. ^ 【オリコン】ミスチル、グループ初の3年代連続ミリオン - オリコン・2012年6月5日
  5. ^ 【オリコン】ミスチル、CD史上初の5週連続2作同時TOP5 2作ともミリオン突破 - オリコン・2012年6月12日
  6. ^ 【オリコン年間】ミスチル、アルバム1・2位独占 ベテランのベスト盤6作占める - オリコン・2012年12月21日
  7. ^ 本作(『Mr.Children 2005-2010 <macro>』)のライナーノーツより

外部リンク[編集]