Mr.Children 2005-2010 <macro>

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mr.Children > Mr.Children 2005-2010 <macro>
本来の表記は「Mr.Children 2005-2010 <macro>」です。この記事に付けられたページ名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
Mr.Children 2005-2010 <macro>
Mr.Childrenベスト・アルバム
リリース
ジャンル
時間
レーベル トイズファクトリー
プロデュース 小林武史
チャート最高順位
  • 週間1位(3週連続、オリコン[1]
  • 2012年5月度月間1位(オリコン)
  • 2012年6月度月間7位(オリコン)
  • 2012年度上半期1位(オリコン)[2]
  • 2012年度年間1位(オリコン)[3]
ゴールドディスク
  • ミリオン(日本レコード協会
  • Mr.Children アルバム 年表
    SENSE
    (2010年)
    Mr.Children 2001-2005
    <micro>

    Mr.Children 2005-2010
    <macro>

    (2012年)
    [(an imitation) blood orange]
    (2012年)
    EANコード

    EAN 4988061863979
    (初回限定盤、TFCC-86397)

    EAN 4988061863993
    (通常盤、TFCC-86399)
    テンプレートを表示

    Mr.Children 2005-2010 <macro>』(ミスターチルドレン にせんご にせんじゅう マクロ)は、日本バンドMr.Childrenベスト・アルバム。2012年5月10日にトイズファクトリーより『Mr.Children 2001-2005 <micro>』と2作同時発売された[4]

    概要[編集]

    初回限定盤と通常盤の2形態で発売。初回限定盤はCD+DVD、通常盤はCDのみ。また、初回限定盤には「ライナーノーツ」「ブックレット」「ステッカー」も付属している。本作の発表と同時にドームツアー『MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012』の開催が発表された[4]

    1992年5月10日発売の1stミニアルバムEVERYTHING』によるデビューから満20年となる2012年5月10日に発売された。日本では未発売の『LAND IN ASIA』を含め通算5枚目となるベスト・アルバム。全曲においてテッド・ジェンセンによるリマスタリングが行われている[5]

    本作には27thシングル『四次元 Four Dimensions』を除く2005年から2010年までにリリースされたシングルA面曲全曲と、12thアルバム『I ♥ U』から16thアルバム『SENSE』までのアルバム曲が収録されている。また、発売前には『Mr.Children 2001-2005 <micro>』同様に本作の収録曲に新たにタイアップが付いており、32ndシングル『GIFT』が資生堂MAQuillAGECMソングに起用されている[6]

    ジャケットのイメージは「卵子」であり、『Mr.Children 2001-2005 <micro>』のジャケットのイメージである「精子」と対になっている。桜井は『TOUR POPSAURUS 2012』のMCで「人間の中で、最も大きい細胞が卵子で、最もちっちゃい細胞が精子です。その卵子と精子がーー合わさってさ(笑)、新しい命が生まれてくれたらいいなあって。今日のライブとか、アルバムを聴いたりして、何か心の中で生まれてくれたらいいなと願ってます。」と語っている[7]アートディレクターは同年発売の34thシングル『祈り 〜涙の軌道/End of the day/pieces』に引き続き伊東玄己が担当した。

    チャート成績[編集]

    2012年5月21日付オリコンチャートで初登場1位を獲得、発売初週は木曜日発売であったため集計日数が1日少なかったが約73.2万枚を売り上げた[8]。また、『Mr.Children 2001-2005 <micro>』と共に2週連続で1位・2位を独占し、同一アーティストによる2回目の週間アルバムチャート複数週1位・2位独占はオリコン史上初の快挙となった[9]

    発売3週目の2012年6月4日付オリコンチャートでも1位を獲得。Mr.Childrenのアルバムで3週連続1位を獲得したのは本作が初となる[10][注 1]

    発売4週目の2012年6月11日付オリコンチャートで売上が100万枚を突破し、Mr.Childrenのアルバムでは通算13作目となるミリオンセラーを達成。オリコン集計によるアルバムミリオンセラーは『いきものばかり〜メンバーズBESTセレクション〜』(いきものがかり)が2011年1月10日付で達成して以来1年5か月ぶりで、1990年代・2000年代・2010年代の3年代連続アルバムミリオンセラーは井上陽水が1970年代・1980年代・1990年代の3年代連続で達成して以来2組目(バンド・グループでは史上初)の快挙となった[11]

    『Mr.Children 2001-2005 <micro>』と共に5週連続でTOP5入りを達成し、同一アーティストによる5週連続2作同時TOP5入りはイエロー・マジック・オーケストラが『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』『増殖』の2作で達成して以来31年10か月ぶりで、CD作品では史上初の快挙となる[12]

    2012年度オリコン上半期アルバムランキングで1位を獲得。Mr.Childrenのアルバムが上半期ランキングで1位となったのは6thアルバム『BOLERO』、13thアルバム『HOME』、15thアルバム『SUPERMARKET FANTASY』に続いて4作目となり、これまで1位タイとなっていた井上陽水を上回って男性アーティスト最多獲得回数を更新した。また、『Mr.Children 2001-2005 <micro>』と共に1位・2位を独占し、同一アーティストによる上半期アルバムランキング1位・2位独占は井上陽水が1975年に『氷の世界』『二色の独楽』で達成して以来37年ぶり史上3組目となる[2]

    2012年度オリコン年間アルバムランキングでも首位となり、『HOME』以来5年ぶりに年間1位となった。また、2位の『Mr.Children 2001-2005 <micro>』と共に1位・2位を独占。同部門の同一アーティストによる年間1位・2位独占は1998年にB'zが『B'z The Best "Pleasure"』『B'z The Best "Treasure"』で達成して以来14年ぶりで、井上陽水、B'zに次ぎ史上3組目の記録達成となった[3]

    収録内容[編集]

    CD[編集]

    1. Worlds end [5:32]
      12thアルバム『I ♥ U』収録曲。
    2. 僕らの音 [5:02]
      12thアルバム『I ♥ U』収録曲。
    3. 箒星 [5:11]
      28thシングル。
    4. しるし [7:10]
      29thシングル。
    5. フェイク [4:54]
      30thシングル。
    6. 彩り [5:25]
      13thアルバム『HOME』収録曲。
    7. 旅立ちの唄 [5:36]
      31stシングル。
    8. GIFT [5:49]
      32ndシングル。
    9. HANABI [5:42]
      33rdシングル。
    10. 花の匂い [5:12]
      1st配信限定シングル。
    11. エソラ [5:06]
      15thアルバム『SUPERMARKET FANTASY』収録曲。
    12. fanfare [6:17]
      2nd配信限定シングル。
    13. 擬態 [5:50]
      16thアルバム『SENSE』収録曲。
    14. 365日 [5:36]
      16thアルバム『SENSE』収録曲。

    初回限定盤付属DVD[編集]

    MUSIC VIDEOS
    1. Worlds end
    2. 箒星
      ショートバージョンでの収録。
    3. しるし
    4. フェイク
    5. 彩り
    6. 旅立ちの唄
    7. GIFT
    8. HANABI
    9. 花の匂い
    10. エソラ

    テレビ出演[編集]

    番組名 日付 放送局 演奏曲
    ミュージックステーション[13] 2012年5月4日 テレビ朝日 Worlds end
    365日
    僕らの音楽[14] フジテレビ ニシエヒガシエ
    End of the day
    365日
    Music Lovers[14] 2012年5月6日 日本テレビ fanfare[注 2]
    祈り ~涙の軌道
    僕らの音楽[14] 2012年5月11日 フジテレビ 名もなき詩
    youthful days
    祈り ~涙の軌道
    Music Lovers[14] 2012年5月13日 日本テレビ 擬態
    End of the day
    くるみ

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ シングルでは『シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜』『君が好き』(年末年始の合算週含む)が獲得している。
    2. ^ キーを半音下げて演奏された。

    出典[編集]

    1. ^ Mr.Children 2005-2010<macro>(初回限定盤) | Mr.Children”. ORICON NEWS. 2020年4月19日閲覧。
    2. ^ a b 【オリコン上半期】ミスチルがアルバム部門1・2位独占 2作ともミリオンは史上初”. ORICON NEWS (2012年6月20日). 2021年5月23日閲覧。
    3. ^ a b 【オリコン年間】ミスチル、アルバム1・2位独占 ベテランのベスト盤6作占める”. ORICON NEWS (2012年12月21日). 2021年5月23日閲覧。
    4. ^ a b Mr.Childrenデビュー20周年記念ベスト2作&全国ツアー決定”. 音楽ナタリー (2012年1月9日). 2020年12月10日閲覧。
    5. ^ Mr.Children、2作同時発売ベストアルバム詳細判明”. 音楽ナタリー (2012年4月6日). 2021年5月23日閲覧。
    6. ^ Mr.Children、“GIFT”が1月21日(土)から資生堂「マキアージュ」のCMでオンエア”. rockinon.com (2012年1月20日). 2021年5月23日閲覧。
    7. ^ Mr.Children @ 東京ドーム”. rockin'on.com (2012年5月23日). 2021年5月23日閲覧。
    8. ^ 【オリコン】ミスチル、ベスト2作で144.7万枚 旧作もTOP10返り咲き”. ORICON NEWS (2012年5月15日). 2021年5月23日閲覧。
    9. ^ 【オリコン】ミスチルが2週連続1・2位独占 2度目の達成は史上初”. ORICON NEWS (2012年5月22日). 2021年5月23日閲覧。
    10. ^ 【オリコン】ミスチル、デビュー20年で初の3週連続首位 きゃりぱみゅが2位”. ORICON NEWS (2012年5月29日). 2021年5月23日閲覧。
    11. ^ 【オリコン】ミスチル、グループ初の3年代連続ミリオン”. ORICON NEWS (2012年6月12日). 2020年12月10日閲覧。
    12. ^ 【オリコン】ミスチル、CD史上初の5週連続2作同時TOP5 2作ともミリオン突破”. ORICON NEWS (2012年6月12日). 2020年12月10日閲覧。
    13. ^ 出演者ラインナップ | ミュージックステーション”. テレビ朝日. 2021年5月23日閲覧。
    14. ^ a b c d ミスチル「僕ら」「Mラバ」計4回で名曲連発ライブ&トーク”. 音楽ナタリー (2012年5月1日). 2020年12月17日閲覧。