Mr.Children 1992-1995

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Mr.Children > Mr.Children 1992-1995
Mr.Children 1992-1995
Mr.Childrenベストアルバム
リリース
ジャンル J-POP
ロック
時間
レーベル トイズファクトリー
プロデュース 小林武史
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続、オリコン
  • 2001年度年間6位(オリコン)
  • オリコン歴代アルバムランキング52位
ゴールドディスク
  • 2ミリオン(日本レコード協会
  • Mr.Children 年表
    Q
    2000年
    Mr.Children 1992-1995
    Mr.Children 1996-2000
    2001年
    IT'S A WONDERFUL WORLD
    2002年
    テンプレートを表示

    Mr.Children 1992-1995』(ミスターチルドレン -)は、2001年7月11日トイズファクトリーより発売されたMr.Childrenベストアルバム。『Mr.Children 1996-2000』と2枚同時発売。

    概要[編集]

    ジャケット写真から通称「」と呼ばれるが、これはファンが勝手につけた呼び名ではなく、CMなどで公式に使われていたものである。ジャケット写真にはサイの写真が採用されており、このサイは、千葉県にある市原ぞうの国にいた「ダイスケ」である[1](2004年に他界)。全曲リマスタリング音源で収録。

    「ベストアルバムは出さない」とかねてから発言していたMr.Childrenだったが[2]、18thシングル「口笛」(2000年)を発売した頃には、ベスト盤の企画が持ち上がっていたが、「今ベストアルバムを出す意義」がわからない状態だったため、リリースが見送られていた。しかし、ファンの作品ごとに区切られた評価に対して、これまでの作品全てを総括して「Mr.Children像」というものが出来ないだろうかということで、リリースに至った。

    収録曲は、それまでに発売されたシングル、アルバムから偏らないように選曲されており、シングル曲はアルバムバージョンが収録された6thシングル「Tomorrow never knows」を除いて全てシングルバージョンが収録されている。新曲やアルバム未収録曲は全く収録されなかったが、これに関連して桜井が「本当はB面集や裏ベスト的なものも作りたかった」といった趣旨の発言をしていることから、裏ベストの企画もあったものと思われる。その後、デビュー15周年の2007年にそれまでの全てのアルバムに未収録だったシングルのB面曲のみを集めた『B-SIDE』が発売された。

    歌詞カードに事細かなライナーノーツが付いているが、初回出荷分は誤植(特に年表の部分)が多く、希望者には改訂版を送るという措置がとられた。

    本作発売後にライブツアー『Mr.Children CONCERT TOUR POPSAURUS 2001』を開催。数年間演奏していなかった初期の曲から最新曲まで、特定の年代に偏ることのないセットリストになっている。

    2017年9月時点でTSUTAYAにおいて累計348万回以上がレンタルされ、同時点でTSUTAYAにおけるベスト盤のレンタル回数では歴代4位である[3]

    チャート成績[編集]

    今作は初動120.2万枚を記録し、2013年10月までに累積237.6万枚を売り上げている。

    Mr.Childrenでは初めてオリコンチャートでの登場週数が300週を突破した作品である。また、発売から約11年後の2012年に発売されたベストアルバム『Mr.Children 2001-2005 <micro>』『Mr.Children 2005-2010 <macro>』が1位・2位を独占した2012年5月21日付オリコンチャートで前週55位から9位へ急上昇し、2001年10月1日付オリコンチャートで10位を記録して以来約10年7か月ぶりにTOP10返り咲きを果たした(翌5月28日付でも10位を記録)[4]

    歌詞カード[編集]

    アルバム紹介のページで5thアルバム『深海』収録曲である「ゆりかごのある丘から」が、「ゆりかごのある丘」になっている。『Mr.Children 1996-2000』も同じ。

    収録曲[編集]

    1. 君がいた夏 (5:53)
      1stシングル。
    2. 星になれたら (5:03)
      2ndアルバム『Kind of Love』収録曲。
    3. 抱きしめたい (5:25)
      2ndシングル。
    4. Replay (4:30)
      3rdシングル。
    5. LOVE (4:06)
      3rdアルバム『Versus』収録曲。
    6. my life (4:28)
      3rdアルバム『Versus』収録曲。
    7. CROSS ROAD (4:34)
      4thシングル。
    8. innocent world (5:46)
      5thシングル。
    9. Dance Dance Dance (4:59)
      4thアルバム『Atomic Heart』収録曲。
    10. 雨のち晴れ (5:36)
      4thアルバム『Atomic Heart』収録曲。
    11. Over (4:43)
      4thアルバム『Atomic Heart』収録曲。
    12. Tomorrow never knows (5:09)
      6thシングル。本作に収録されているのは6thアルバムBOLERO』に収録されていた(アルバムバージョン)音源で収録。
    13. everybody goes -秩序のない現代にドロップキック- (4:38)
      7thシングル。
    14. 【es】 〜Theme of es〜 (5:51)
      8thシングル。
    15. シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜 (4:31)
      9thシングル。

    脚注[編集]

    1. ^ 『別冊カドカワ』 角川書店、2004年4月7日、ISBN 4-04-721507-4
    2. ^ ただし、1996年に『LAND IN ASIA』というベスト盤をアジア地区限定で発売した。
    3. ^ TSUTAYA_TAMADEのツイート(910692749078290432)
    4. ^ 【オリコン】ミスチル、ベスト2作で144.7万枚 旧作もTOP10返り咲き - オリコン・2012年5月15日